殺人を無罪にする方法 How to Get Away With Murder シーズン2 第8話 いとこのフィリップ Hi, I’m Philip

第8話 いとこのフィリップ Hi, I’m Philip

監督/Jennifer Getzinger 脚本/Tanya Saracho

スポンサーリンク
レンタグル大336

【これまでのあらすじ】

オリバーはゲイの出会い系サイトにフィリップが登録している
ので遭う約束をした事を語る。カフェのカップからDNAを取って
照合すれば良いとするがコナーはダメだとして行くなという。
アナはフランクに対して今すぐに中止することを告げる。
フランクはローレルにバラしたなと告げる。しかしフィリップ
はオリバーの自宅へ直接やってくる。
ボニーはアッシャーが虐待の件を知っていた事を受けてアナが
話したのねと語る。ハプストール家の上からシンクレアが落下。
そこにはボニーが居た。

【ストーリー】

ハプストール家。
ローレルは逃げられるとでも思ったかと問う。ミカエラは文句
ならコナーに言ってよと語る。コナーはお前こそよく平気だなと
告げ言い争いをしているとボニーが現れる。逃げる気だったのか
とすると言い訳しようとする彼らに阿蘇は辞めなさいという。
もうやると決まったのだとしあなたは黙って従えば良いと語る。
次に死ぬのはあなたになるわよとコナーを脅す。そして銃を
貸してとボニーは受け取る。

— 3日前 —
ボニーはお湯を浴びながらシャワールームで放心状態だった。
ボニーはアナに対してアッシャー教えたのねというと、ああする
しかなかったのだという。貴方は起こる相手を間違っていると
し、あれで成功したのだというアナ。
ボニーの元には心配したアッシャーから電話が鳴るが出ようと
もしない。アナに対してボニーは死んで欲しいわとし、殺された
のがサムではなく貴方なら良かったというボニー。

アナは写メを撮ると母宛にメールして遭いたいと送る。
そんな中すぐに返信の音。しかし相手はネイトからのもので今
家の前にいるという。アナはネイトに対して大丈夫なのかと問う
と当然だろうという彼。中に招き入れるとコーヒーでも飲むか
と告げる。ネイトは服を脱いでソファーに座る。

オリバーはフィリップに対して住所を知っていたんだねと。
騙したことを謝罪し、君が魅力的だから会いたかったと嘘をつく。
そして写真はコナーという友人のもので決して悪気は無かった
こと。三人で出来ればと思ったとし、殺さないでくれと語る。
フィリップは殺す気は無いと語る。

フィリップと接触作戦に失敗し、帰宅する車の中・・
ローレルはフランクに対して密告の罪で殺したらと語る。
ホントは自尊心を傷つけられて怒っているだけでしょと。
フランクは腹が立つとし君がMAPみたいに告げ口をするからだと
いう。コナーはマップって何かと問うと、ローレルは
“エムエーピー”、メキシコ系アメリカ人のプリンセスの略だと
いう。

アナに対してネイトは動揺しているのかと問う。君はどんな時
でも上手く隠すという。私を良く知っているでしょというが
俺は君を知らないというネイト。

ローレルはあなたに反対したらお姫様扱いなのかと。
君が人を見下すのは城の中で育ったからだというフランク。
ミカエラはローレルって大金持ちなのかと問うと、そうみたいだ
とローレルは告げこの偉そうな男がそういうならばと。フランク
は金に囲まれて育ったんだろうと。
コナーはオリバーの自宅前で車から降りると、男女のカップルは
子を持つべきじゃないよと語る。

ネイトはアナに対して君は人を操るとし、よくもこんな目に合わ
せてくれたなという。アナはきっとバチが当たったのねと。
君を殺したい・・せめて苦しめてやりたいというネイト。しかし
今日はただ遭いに来ただけだという。何故なのかと問うと壊れて
いるんだという。いいえ寂しいだけよとし、いつでも私の所に
遭いに来てという。ネイトはアナに対してこっちに来いと声を
荒げると、私を許すかどうか決めてからにしてと。悪かったと
思っているが償いのために寝るつもりはないというアナ。

コナーは帰宅するとドアのカギが壊されドアが開けっ放しなこと
に気がつく。オリバーを探すが冷蔵庫が開けっ放しで携帯も置き
っぱなし。そして牛乳までこぼれていた。オリバーが消えたと
してコナーはアナの家にやってくる。

アナはフランクがやったことのツケが回ってきたと考え、あなたは
だから弁護士になれないのだという。常識に欠けているからだと。
まだ事件とは決まっていないとすると、牛乳がこぼれて携帯も
残っていたのだという。どうして警察に通報しないのかという
コナー。ウェスは警察ならここにいるとしてネイトを見る。
コナーは俺たちはある容疑者のパソコンをハッキングしていた
とし、それがバレてオリバーが誘拐されたのだという。ローレル
はまだ一時間でしょというがコナーは命は一秒で奪われるのだ
という。オリバーの為冷静になるように告げる。オリバーのことは
巻き込みたくなかったのにフランクが無理矢理にさせたという
コナー。ミカエラは彼は楽しんでいたとするが、コナーは彼は
危険性を分かっていなかったのだという。仕事が新鮮に見えただけ
だという。何か有ったら絶対に許さないという。アナは通報して
としいつも通り何とかするからと語る。

■感想

めっちゃ忙しくて時間がないのでかなり急いでドラマを見た
ことも有り忘れていることや間違えていることが沢山有るかも
知れないことは予めご了承を。

ドラマではここに来て小刻みにハプストール家の件で起きて
いることが描かれた。前回のエピでは未来から引き戻される
時間は4日前だったが、今回は3日前。

益々アナを憎む相手が多くなってきた印象だ。
ボニーが冒頭では完全にグロッキー状態で、シャワー室で一人
水を浴びている状態。
ボニーが未来の映像の中で何かをしているというのであれば
シンクレアというよりもアナという感じがするしね。

15話構成だということを考えると8話の段階で何処まで何を
明かすのかは気になるし、最後までハプストールの件を
取り上げ続けるのかは分からない。そこまでネタがあるんでし
ょうか。

フランクにしても珍しくオリバーの一件では判断ミスを犯した。
アナからは見下される役目けど、これまでアナが怒りのはけ口に
していたのはボニーが居ない分だけ、フランクにしわ寄せが
回ったか。
アナはフランクを卑下してローレルを意図的に持ち上げる。
フランク自身そんな行動が無くてもローレルは人を見下す傾向が
あるとして、彼女の件について言及するシーンが有ったけど、
ローレルの実家は本当に金持ちだったりするのだろうか?

少なくともフランクとかボニーほどの人ならば生徒たちの
ことくらいは調べ尽くしている気がするんだけどね。

また今回は暫く蚊帳の外に置かれていたアッシャーが良い仕事を
繰り返し行ったことで株をあげる姿が有る。

■フィリップの正体は?

誰もが一番気になっているのはこの人の素性と当時の行動か。
人を殺せるような人物なのか。
一体何故オリバーたちを監視出来ていたのか。

フィリップは元々ゲーマーだとしていたけど、そういう人に限っ
てコンピューターのスキルは高い。

オリバーが襲われた・拉致されたのではないかということで、
コナーは完全に自分を見失ってはいたが、結果としては向かいの
店で話をしていただけだという。オリバーが知っている情報を
話したみたいだけど、彼は大した情報を持っているハズもない。

フィリップの産みの親はアイオワに住むジムとジョーン・マイヤー
フィールドで遭ったことはないとしていたけど、最後に発覚した
DNAを見る限りでは、ヘレナと殺された兄グラントの子供だった。

そのDNAは現場で見つかった第三者の謎のDNAの持ち主だったこと。

ジュディに調べてもらった検査によると、フィリップのDNAが
現場のものと99.4%が一致。異型接合性の欠如が見られるとし
それは近親交配の産物だとされた。

■今回の事件 / 司法取引

シンクレアが突然ケイレブとキャサリンに司法取引を持ちかけ
てきた。第一級殺人なら終身刑。しかしここで認めれば15年。
模範囚なら8年で出られる。
負けた時のリスクが大きくて賭けに出られないこと。
アナは私が弁護するので0年だとは言うけど、それもまた信用
出来ない。

以前にシンクレアはアッシャーにも司法取引を申し出ている
し、早く片付けたい案件であることは明らかな感じ。

アナたちの捜査が検事局には筒抜けになっていて妨害工作をされ
ている。アッシャーは過去グラバー判事の元で、キーティング宅
の盗聴令状発布に関して審査する非公開審査が行われていた
ことを思いだし、そのことを告げる。

その為に行動を先回りされることが多かった。

DNA検査ではシンクレアの妨害でフランクが頼もうとして大金を
積んだ検査官のジュディから検事局からの急な依頼が入ったと
言われる。

シンクレアの違法な捜査は多い。
弁護人を通さずに依頼人・被告人と取引しようとして話有って
いること。
そして当時盗聴令状が正式に出たものか分からないけど、今回
はペン型の盗聴器が仕掛けられていた。

・司法取引

最初はケイレブが妹の為に取引しようと考える。一人で罪を
被ろうとしていること。

しかしケイレブが取りやめたかと思えば今度はキャサリンが
取引しようとしていた。いつも助けられてばかりなので助けたい
とのこと。

■今回の事件 / 行き過ぎた捜査

盗聴・盗撮の件では、シンクレアにしてもオリバーのフィリップ
の件でも明らかに行き過ぎた行為に思う。

日本のドラマ「嘘の戦争」でも六車によって、草薙のオフィスに
盗聴器が仕掛けられていて、それを逆手に行動を起こしたことが
有る。

シンクレア側にはヘレナの証言しかなく、その証言も突いていけ
ば不利な事は明らかだった。
そこで盗聴を元に凶器がハプストール家の地下室にあることを
告げて、警察に調べさせた。
「修正第4条」を盾に理由もなく家宅捜査などできないとして、
判事を呼ぶとしていたけど、判事が来るまでに凶器が出るとして
いたシンクレア。ただ令状無く捜査して見つかった凶器が法廷
で使えるのか謎。今までこの手の法廷ドラマではこの手の証拠
は排除されることが多かったからな。

■その他

・ネイト

この人の行動も分からない。ボニーと同じくアナを殺したい
ところが有るんだろうけどね。犯歴のデータベースを調べて
似たような症状の人物を見つける。スコット・フラーなる人物
は1989年2月20日奇異行動・妄想を行っている統合失調症患者
だということで、フィリップとフラーの名前を書き換えてしまっ
た。これが後にどういうことを引き起こすのか。

ネイトはアナに対して怒りから、今度はシンクレアに対する
怒りに変わっていた。真意は分からない。でも自分を苦しめた
シンクレアに報復を・・と語る。

・リードとラモス

フィラデルフィア警察でこの二人が登場。ラモスは上司のリード
から相手に紹介してもらおうとしているのか。

・キャサリンに対する嫌疑

キャサリンは肖像画を描くのが得意だ。
ウェスに対してアドバイスされたことで感謝して肖像画を送って
いたけど、誰の絵だったのか?
ただキャサリンのそんな絵がフィリップを盗撮した際の映像の
部屋の中に写っている。

更にキャサリンの部屋からは凶器の銃が見つかる。

・アナのほほえみ

・母親に対して写メを送る際に作り笑いをしていた。
・またシンクレアに対してイニシアチブを取った際にアナは
嬉しそうな顔をしていたね。

・また胸を使う時よ

アナがミカエラに言った言葉。
今まで気がつかなかったけど、ミカエラさんボイーン(笑)
服の上からその胸の大きさが分かるというくらいだから凄い。
勿論盛っている可能性はあるけど。

・ウェスのこころの闇

今まで今でもレベッカの件でアナたちに厳しい態度を見せている
のかと思ったけど、彼は元々サムの件で真実を話していれば
良かったとして後悔している。
心の整理が付くまでこの件からは外れて・・
って前回も捜査からハズしていたじゃんか(笑)

ただウェスは「銃」を持っている唯一の人物だ。
ウェスと今回キャサリンに繋がりが出来たところを考えると、
キャサリンの部屋から見つかった銃は果たしてこの銃なのか。

フランクは先日キャサリンに罪をなすりつけようとして血痕
のついた服のまま置き去りにしていたけど、実際には本当に
彼女の異常性を掴んで、それでも証拠がないので
無理に証拠/罪をなすりつけたのではないかと勘ぐってしまう。

■使用された曲

・Ghost by The Acid
・Don’t Understand (feat. Jeppe Kjellberg) by Tomas Barfod
・Dead In This House by IAMX
・Indian Summer by Jai Wolf
・Open Eye Signal by Jon Hopkins

■出演者

アナリーズ・キーティング (Viola Davis) 弁護士
ネイト・レイヒ (Billy Brown) 刑事、アナリーズの浮気相手
ウェスリー・ギビンズ (Alfred Enoch) 学生
コナー・ウォルシュ (Jack Falahee) 学生、ゲイ
ミカエラ・プラット (Aja Naomi King) 学生
アッシャー・ミルストーン (Matt McGorry) 学生
ローレル・カスティロ (Karla Souza) 学生
フランク・デルフィーノ (Charlie Weber) アソシエイト
ボニー・ウィンターボトム (Liza Weil) アソシエイト

オリバー・ハンプトン (Conrad Ricamora) IT部門、ゲイ
エミリー・シンクレア (Sarah Burns) ネイト事件の検事補

ケイレブ・ハプストール (Kendrick Sampson) 長男
キャサリーン・パプストール (Amy Okuda) 長女
フィリップ・ジェサップ (Jefferson White) 26歳、ヘレナの隠し子
レネ・ギャレット (April Grace) 判事
ジュディ (Dalila Ali Rajah) DNA検査
ラナ・ラモス (Misha Gonz-Cirkl) 女性捜査官
ポール・リード (Ron Rogge) 捜査官、ラモスの上司
— (Michael Christian Alexander) Flinty Detective
— (Chiquita Fuller) Delivery Woman
— (Margaret Newborn) Courtroom Audience
— (Easton Alexeyev) Courtroom Atmosphere
キース・バイナー (Michael Petrone) 捜査官
ジム・マイヤーフィールド ()
ジョーン・マイヤーフィールド ()

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336