ゲームシェイカーズ Game Shakers シーズン2 第3話(23) ミイラの呪(のろ)い? The Very Old Finger

第3話(23) ミイラの呪(のろ)い? The Very Old Finger

脚本/Dan Schneider、Jake Farrow
監督/David Kendall

スポンサーリンク
レンタグル大336

【ストーリー】

ゲームジェイカーズにダブたちを呼び寄せ新作ゲームのデモンス
トレーションをする。ダブにはジョンジャエール、ルースレスには
ライムソーダ、バニーにはシュリンプカクテル。
見せたい新しいゲームとは何かと尋ねると、名前は「クレイジー
ビーチ・ミイラ(Psycho Beach Mummies)」。今からデモンストレ
ーションをするという。
すると奥から用意していたミイラのコスプレをしたトリプルGと
ハドソンが出てくる。このミイラがビーチに現れてミニセグウェイ
に乗って人を襲うもの。ミイラのゴールはライフガートをやっつけ
て食べることだという。ライフガード役のケンジーがやってくる。
ミイラに応戦する方法として”アンチ・ミイラ・ガス”と”ブースト・
ジュース”が有るという。それを試そうとした際に想定外のアクシ
デントが起きてケンジーは宙づりになってしまう。ハドソンは
今から助けるという。
基本的にアイデアとしてはどうか?というと、ダブは悪くないという
がバニーたちはお代わりが欲しいとかシュリンプカクテルにソース
が必要だとして真剣にはゲームのことは考えて居なかった。

ビーチミイラのコスプレはどうか?
すると意外にもバニーとルースレスはは考古学的に間違っていると
語る。ミイラはビキニはしないという。ルースレスたちは歴史
博物館でミイラを見て来た事を告げると、ファード王のものか?
3000年以上前の王だとすると、ベイブはみんなで見に行こうと語る。
ケンジーを助けに行ったハドソンも逆さ吊りになりみんな携帯で
撮影する。

博物館へ。
ケンジーはファード王のことを解説する。エジプト史によると
ファードは若くしてファーダイトの王になったこと。父のハマス
王がラクダに踏まれて亡くなってしまったからだと。王の遺体は
ラクダが食べてしまったという。ラクダに踏まれて死ぬなんて嫌
だなとトリプルG。みんないつか死ぬんだよとハドソン。
そこにミイラが天智されていた。紀元前1500年前頃のもの
だというケンジー。ハドソンは突然その頃トウモロコシは有った
のか?と問うとケンジーは何でそこでトウモロコシ?と問う。
ミイラは体の水分が全てなくなった状態だとすると、ミイラは
人間ビーフジャーキーなのかという。ハドソンがミイラに触れよう
としているのを見た警備員をしているブレンダ(Jaime Moyer)が
やってきてミイラには近づくなと警告する。年を取るとミイラか
鬼になると語る。墓から見つかった他の出土品を見ようとする
中、ファード王を骨格再現した絵から見てダブに似ていることを
知る。

■感想

新しいゲームを制作し、完成直前。新しいアイデアとして取り込む
べきものはないかということでデモンストレーションを通して
ダブたちに意見を求める。ゾンビが人を襲う今時のゲームだが・・

そもそもミニセグウェイで砂浜を走るという設定時点で終わって
いる気がするが・・。砂浜にはタイヤの付く乗り物は余程動力源が
強くないと機能しない。

ドラマの完成度を高めようとしたのか、ミイラゲームを作る前に
本物ミイラを見に行く。

貴重そうなミイラなのにセキュリティがゆるゆる。
ハドソンが近づいた時には嫌な予感がしたけど、やっぱりねと
いう感じ。
ハドソン大丈夫か?
毎度悪い事をしてもケラケラ笑って精神的に悪びれた様子が
ないことを見ると、この子ヤバイとしか思えないのだけど、今回
はかなりビビっていたので一応善悪の区別は出来そうだ。

帰りの電車の中で凄い汗をかいていたので、何か病気にでもかかっ
てしまったのかと思った。
隣のおじさんのナプキンを取って指をくるんでいたのでハドソン
ならば隣のおじさんに食べさせてしまうのではないかと心配も
した。

ミイラに触れると呪われるとする流れはイマイチ気の利いた流れ
になったのかは分からないけどね。

ケンジーは昔の王のこの指が触れたものに対してナイル川の水に
触れたのではないかとロマンチック。恐竜を触っていたりしてと
ベイブも話を合わせる。

ババを引いたのはトリプルGでモニタが落ちて下敷きになっていた。
いつも可哀想な役だよな。

翌日また博物館に戻り接着剤を使って指をくっつけようとして
計画を立てる。人は多くいるのでダブを使って視線を反らした
上でケンジーが接着剤で指をつけようとする。

博物館には子供たちが見学に来ていた。
ダブが来ると案の定博物館はパニックとなるが、接着剤が効きす
ぎてケンジーの指がミイラにくっついてしまう。
それを取ろうとする今度は頭蓋骨で転がってきた為に、バニーと
ルースレスが踏んづけてしまった。
修復不能で2000万ドルの寄付金で訴えられることはなかったけれど
金の力で何かしたようで何か嫌だな。

途中でハドソンが意味不明な発明の話をしていたが、博物館で
出会った少年クリスにその話をした所、「シャーク・バンク」
という番組に子供が乗れる犬用の蔵だとして大金を儲けていた
ようだ。犬に人が乗らせるというアイデアもあまりに酷い。

■使用された曲

主題歌:「Drop Dat What」 ケル・ミッチェル

■出演者

ベイブ・カラーノ (Cree Cicchino) 生徒
ケンジー・ベル (Madisyn Shipman) 生徒、メガネ
トリプルG(グローバー) (Benjamin Flores Jr.) 12歳、ダブの息子
ハドソン・ギンブル (Thomas Kuc) 生徒
ダブルG (Kel Mitchell) “ダブ”、歌手”ゲイル・J・グリフィン”
ルースレス (Sheldon Bailey) ダブのスタッフ
バニー (Bubba Ganter) ダブのスタッフ

クリス …… ウィーホーケンから来た生徒
Mrs.カールトン …… 博物館を案内する教師、赤毛
キム …… 生徒、テイラー・スウィフトが好き
アーサー …… 接着剤チューバーグルーを持ってくる
ブレンダ …… 博物館の警備員
コーテス …… 地下鉄に居る捜査官
ウィリアム …… 生徒
ベン・ジェニングス …… AH Newsアンカー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336