エージェント・オブ・シールド Agents of S.H.I.E.L.D. シーズン4 第6話 救いの手 Ghost Rider: The Good Samaritan

第6話 救いの手 Ghost Rider: The Good Samaritan

脚本/Jeffrey Bell
監督/Billy Gierhart

スポンサーリンク
レンタグル大336

【これまでのあらすじ】

ナディールはメイス長官に対してシールドのメンバーが殺人犯
を匿っているのではないかとして刑務所での顛末を防犯カメラ
映像で見せる。ロビーはゲイブはオレの夜の仕事のことを知ら
ないんだから言うなとデイジーに口止めする。イーライは
ルーシー・バウワー博士・・ジョセフの奥さんだという。
ヒューゴは下手したら何時間もあのままだったんだと語る。
ルーシーは私たち何年もあそこにいたのだという。フレデリ
ックは【ダークホールド】を使わなければ良かったんだと語る。
ヒューゴは君があんな本に拘ったのがいけないという。
コールソンは正体は分からないが悪の手に本を渡してはいけな
いという。メイは彼をどうするのか?というとルーシーは体に
やりかけたことを戻すのを終わらせることをしているという。

【ストーリー】

■モーメンタム研究所・過去

ジョセフはヴィンセントらみんなに最終確認をせよと語る。
イーライがやってくると伝言は聞いたが何故だ?としベータ・
テストも何ヶ月も先の筈だろうと。突破口が見つかったのだ
というルーシー。ジョセフが作ったものだという。これが僕
らに足りないものだとしてそれを見せる。ヒューゴは何か
知っていたのか?ヴィンセントはイーライにサングラスを渡す。
「システム起動」。しかし稼働させるも電力が足りずショー
トしてしまう。しかし失敗とは言わずそこには完成したもの
が存在しておりフレデリコはそれは何かとジョセフに尋ねる
と「炭素」だという。あり得ないというが、今日からは何でも
あり得るんだと。「吸収するとそれが分解されて量子状態の
まま蓄積される。そのの永久に保存も出来る。もう一度チェ
ンバーに戻せば物質に変換させることも出来る」という。量子
の動力電池って所だと。ヒューゴはよく実現できたなと
するとヴィンセントも信じられないという。論文も発表する
前にキューブの複製を作ってチェンバーのスケールアップし
なければいけないが計画が正しければゆくゆくは複合化合物
も生み出せる。そうすれば有機物質も作れると。「小麦」「米」
など・・飢餓をなくせるかもしれないというジョセフ。

しかしイーライは何だか変だとし始めより終わりの方が
エネルギー量が大きいこと。【熱力学の法則に反する】。
何もない所から物質を作るなんて・・と。
それは本のお陰で分かったことだというルーシー。ジョセフ
に本とは何かと尋ねるが僕のものだという。君たちは僕のいう
通りにすれば良いと語る。

■モーメンタム研究所・現在

メイはエージェントが倒れていると語る。室内を調べようと
語る。ルーシーが来たのだろうと。フィッツはチェンバーに
繋がっているケーブルをもう一度写して見せてと語る。前に
見た時の状態とは違うという。無くなってる部品もあると。
コールソンはルーシーは本と装置を手に入れたので実験の手順
を逆行させるのだとし、元に戻る為にと語る。イーライはメン
バーの一人で彼にしか出来ないことがあるのかもと。モーメンタム
研究所は僕らに奪われたので別の場所が必要だという
フィッツ。それを突き止めるというコールソン。

ゲイブはカネロ社長に兄のロビーの件で電話する。
今日は仕事に出て居るか?2、3日前に出て行ったきりだという。
そんなゲイブの前にデイジーがやってくると兄派何処なのか
と問われる。本人に聞いてくれとデイジー。

シモンズはメイスにタイしてネイサンソンでは駄目なのか?
と問うとメイスはこれは用事というよりも任務だという。
君の目と耳にだけ留めておいてくれとし極秘任務だという。
シモンズは今のシールドは透明性が売りではないのか?
セキュリティレベルは色分けされていること。これはアメリカ
政府の為だというメイス。それなら任務内容を・・・と
シモンズは言うが「インヒューマンズに関する君の科学的知識
が求められてる。トップレベルの人に・・」と。新時代の
私やアメリカそしてシールドを助けてくれと。シモンズは
支度に2、3時間かかるとするが今すぐにいくという。せめて
行き先を教えてというシモンズ。
するとバロウズがやって来てクインジェットはokですという。
クインジェットはメイスの任務用でありシモンズはこっちだ
として顔には布を被せられる。

ゲイブをロビーの元に連れて行く。
そこはゼファーの内部だった。無事で良かったと語る。
何でこんなに凄い秘密を隠しているのか?夜中に出かけ服には
血がついていれば言われなくても分かるというゲイブ。
ロビーは話そうと思っていたこと。弟には言えないだろうと
すると、ゲイブは彼がシールドだと考えて居た。デイジーが
そこに愛の手をさしのべ秘密なので言う訳にはいかないのだと
いう。ゲイブは凄いとしホッとしたとして【違う想像】を
していたから・・・それは凄く悪いことだという。ここに
連れてきたのは安全の為。叔父さんが刑務所から連れ去られ
て同じ犯人がお前を襲う可能性があるという。イーライは
見つけるという。

イーライはチェンバーには問題がないという。
ルーシーは私を救うには動力電池が必要だとして本には何が
書いて有るのか?と問う。イーライは何故前の実験が失敗した
のかというと、ルーシーは失敗ではなく妨害されたのだという。
装置は完成したが電力が足りなかったこと。だからここに来た
のかとイーライ。2万ワット近い発電が可能。しかし1つ間違え
ば数千の命が奪われると。ルーシーは知ったことではないと。

コールソンはルーシーとイーライについての情報をデイヴィス
に尋ねる。まだ分かって居ないというがしかしクインジェット
が近づいているという。メイスからコールソンに逃亡者二人
を匿っているのは分かって居るとし【クェイク】と
【炎を操る能力者】の二人の身柄を引き取りに来たという。
今から乗り込むというメイス。

■感想

メイス長官はあくまで上のものとしてマニュアル通りの対応
を見せ、犯罪者だとされるデイジーとロビーを確保しようと
する。コールソンは当初そんな人物は居ないとしながらも、
見つかった際には、あくまで優先すべきは、ルーシー
たちが行おうとしている不吉な行動を止めるべきだと主張する。
ルーシーを倒せるのはロビーだけ。そのルーシーは現在イー
ライを拉致して彼らは禁断の本「ダークホールド」を使い、
モーメンタム研究所で過去に行っていた実験を再度行おうと
しているだろうことを掴んで行く。

■ヒーローとは何か。

そんな討論がそれぞれの価値観の中から浮かび上がって来た。
ゲイブが持つヒーローの定義。ロビーが持つもの。
そしてメイスとコールソンの対立。
基本的には「大切なものを守る為のもの」がそれに該当する
ものなのだろうけど、必ずしもそうではない事はたぶんに
有ったりする。

ロビーは自分の中に二つの人格があることを認識していて、
悪い事をしているのは悪魔化したような人格の方だと逃げて
いる部分があるけれど、ゲイブは復讐など望んでいないこと。
そしてゲイブはロビーがシールドで戦っていると知った時に
はまさに尊敬する兄の姿が有ったけど、次第に事情が変わって
いく。

またメイスとコールソンの間では、誰もが好きだとされる
ハン・ソロを引き合いに出す。
「反骨心に溢れ掟破りの一匹狼」は誰もが好きでヒーローだ。

ただメイスはそれはヒーロー像ではなく自分本位なだけで
チームプレイとは献身さであることを告げる。

「個人的にはアクバー提督が影のヒーローだと前々から思
っていた。帝国軍との戦いで活躍した戦略家」
「シールドが帝国軍で君(コールソン)たちが反乱軍か」

■過去のエピソード

今回は過去のエピソードが描かれましたね。

・モーメンタム研究所で起きたことの顛末

あくまでこの中でのイーライは脇役で、ジョセフが突然
作った人間の英知ではまだまだ及んでいないものを
“本”の中の知識が補ってそれを完成させる。しかしこの
中でも足りないとされたのは電力だった。

何もない容器の中から炭素が作られて
【チェンバー】に戻せば物質に変換出来るもの。
論文を発表する前にキューブの複製を作ってスケールアップ
させることを語る。

しかし彼らがやろうとしているのは熱力学の法則に反する
もので、まるで神の意思に反するようなことをしていると
ばかりのことだった。

実験のゴールが見えないとしてイーライは元々は「何も無い
所から物質を作る目標」
ではなくなっていることを指摘。

・ロビーがゴーストライダーとなった事

ゲイブの代わりにロビーが働き学校に通わせている。
伯父のイーライも頭が良いようだが、仕事人間で良い車が
購入出来るのに対してそれを乗る時間が無いことが語られる。
学歴を得たからと言っても必ずしも幸せだとは限らないし
人生が楽しいとは言えない。

ロビーは伯父の車を借りてレースをする。
そこで賭けをして賞金を稼いでいた。しかしカモだと思って
いた相手は5丁目ギャング。案の定相手は走行中のロビーたち
に発砲してきて横転してしまった。
車内に取り残されたゲイブは下半身不随になった。
そしてロビーは横転と共に車の外に投げ出されて、死への
カウントダウンのスローモーション時に願った思いが結果と
して死ではない何かに生まれ変わった様子。

「オレは神に祈った、宇宙に祈った。誰でも良いから弟を
助けてくれ。お前が助かるなら何でもする」
「もしチャンスを与えられたら弟を傷つけられた奴らに罰を
与えるか?殺された復讐をするか?」

あの悪魔は果たして何なのか。

・SSR時代の名残

モーメンタム研究所で見つけた装置の中にアイソダイン社の
製品が有ったこと。
アイソダインと言えばペギー・カーターが居た頃の1940年代
に捜査していた会社。
【ゼロマター】は人間に乗り移って黒くなっていったし、
【ダークフォース】のことに言及していた。
ただ1950年代にアイソダイン社はなくなりロクソンコーポ
レーションが買収している。正確には1952年10月13日と書か
れていた。
ロクソン発電所は安全面で閉鎖されているがそこは電力を
生み出すには最適の場所だということでルーシーたちが居る
事を知る。

■時間の無駄

ワイルダーたちがフィッツの実験室に入ってきた。
「それなら顕微鏡の下と冷蔵庫の中身見て。インヒューマン
ズは油断ならないから」。

「長官に言って置いて。これは”スナーク”狩りだ」と。
「イギリスでは”時間の無駄”って意味だよ」

・あっさり見つかる

ゼファーには何度も乗っているメイスはモジュール一つ無く
なればすぐに分かる事を告げる。

そんなモジュールの中にロビーは居たけど、なんと彼は
モジュールをこじ開けていたぞ。これってインヒューマンズ
でも開けられないものではないのか?

メイス対ロビーの対決も見物だったけどロビーの方が力は
強そうだ。インヒューマンズよりも悪魔と契約した人物が
強いのか。でも弟の言葉にはかなわない。

■力や知識は天使か悪魔か

文明の利器は明らかに人の生活を豊かにした。しかしその
反面弊害は多分に存在する。
「本」は今の地球人には扱いきれないほどの力を持つモノ。
それは勿論インヒューマンズの能力も同様だと思う。

イーライは少しずつ毒されていき、科学者・技術者ならでは
の限界を超えた力というものを生み出していきたかったのか。

正直イーライを演じているのがJose Zunigaだしね。
何かあるだろうとは思った。

■その他

・フィッツとマック

「誰かさんたちは長官に見つかってない?」
「何の話かな?」

・コールソンの車

69年式のチャージャーについてメイスはミニカーを持って
いたという。そんな彼に実物にはかなわないだろうとご満悦の
コールソン。

■使用された曲

■出演者

フィル・コールソン (Clark Gregg) S.H.I.E.L.D.の捜査官
メリンダ・メイ (Ming-Na Wen) エースパイロットで兵器の専門家
デイジー・ジョンソン (Chloe Bennet) S.H.I.E.L.D.、能力者
レオ・フィッツ (Iain De Caestecker) 兵器技術を専門
ジェマ・シモンズ (Elizabeth Henstridge) 生命科学に精通
アルフォンソ・マッケンジー (Henry Simmons) “マック”、メカニック

ホールデン・ラドクリフ (John Hannah) GT農薬、寄生生物関係の研究
ロビー・レイエス (Gabriel Luna) “ゴーストライダー”
イーライ・モロー (Jose Zuniga) ロビーのおじ
ルーシー・バウワー (Lilli Birdsell) 博士、幽霊
ジョセフ・バウワー (Kerr Smith) ルーシーの夫、病院
ゲイブ・レイエス (Lorenzo James Henrie) ロビーの弟、車イス
フレデリック (Dan Donohue) 幽霊
ヒューゴ (Ward Roberts) 幽霊
ヴィンセント (Usman Ally) 幽霊、メガネ
ジェフリー・メイス (Jason O’Mara) シールド長官
デイヴィス (Maximilian Osinski) エージェント
バロウズ (Patrick Cavanaugh) エージェント
ワイルダー (Shaun Clay) TAC Agent

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336