[N] Major Crimes ~重大犯罪課 シーズン5 第1話 理想の家族 Present Tense

第1話 理想の家族 Present Tense

脚本/Damani Johnson
監督/Sheelin Choksey

スポンサーリンク
レンタグル大336

【ストーリー】

高校生のゲイブ・ヤング (Leo Howard)は下級生で彼女の
アマンダ・ポンド (Madison Thompson)のことをスマホで動画
撮影する。アマンダは辞めてよと語る。時に化粧中、時に
友達と遊ぶ時の映像を撮影。
そんな折り、アマンダは行方不明になりホームレス支援施設の
ケア・ファーストでチラシを貼って捜す。
その現場には失踪課のロビー・オデルノ (Brandon Barash)
刑事だけでなく、重大犯罪課の面々も早々にやってくる。
オデルノは失踪後まだ48時間は経っていないとし管轄の指揮官
は家出ではないかと言っているとのこと。アマンダには8ヶ月
前にも両親と言い争いが有って家を飛び出していたことが
有ったからだった。サイクスは言い争いの原因って彼氏の
ことなのかと問うとオデルノはよく分かったなと驚く。
年の差が原因だとして恋人のゲイブ・ヤングは高校3年生。
アマンダは今日16歳になったばかりだという。恋人は何処に
いるのか?とプロベンザは尋ねると今週末は友達とジョシュア
ツリーでキャンプに行ったという。サイクスは本当に居るか
確かめたのかと問うと携帯の信号で現地警察が確かめたことを
語る。アマンダも一緒だろうとのこと。

ケア・ファーストの責任者のジェーン・ウルフ
(Anne-Marie Johnson)はやっと来たのかと語る。この地区は
いつも後回しにされるとし警察はなかなか来ないのだと
いう。ウルフが運営するホームレス支援施設・ケア・ファー
ストでアマンダはボランティアをしていたのだというフリン。
失踪したのは金曜日の夜でケア・ファーストで働くスタッフ、
利用者、アマンダの学校の生徒が両親と一緒にアマンダが最後
に居るのを目撃された場所を探しているとのこと。ゴミ箱
からはアマンダのものだと思われるバッグや携帯が見つかった
というタオ。携帯は電源が切られてバッテリーも抜かれている
とのこと。サンチェスはケア・ファーストのカードもあるが
ヒモが切られているとのこと。バズに失踪時は配っていた
歯ブラシセットも有るとのことだった。15歳の症状を見覚えも
ないホームレスに近寄らせていたのか?夜間の夜のロサンゼル
スで・・とフリン。ウルフはゲイブも一緒だったが、二人は
この日ケンカしたのだという。アマンダの誕生日にゲイブが
キャンプに行くと言ってケンカが始まったとのこと。

ジェニー・ストラットン(Cherion Drakes) ホームレス支援
“ケア・ファースト”主任は、10代のボランティアは必ず大人
のスタッフと組ませているという。金曜日の夜に一緒に
組んだのはデビッド(Brandon Calvillo)とタッカー
(Jesse McCartney)が同行していたとのこと。タッカーに
よるとホームレスに衛生セットを配った映像を撮影したと
いう。デビッドはその撮影したものをサイトにアップして寄付
を募るのだという。【金曜日の夜最後に撮った映像】がある
とのこと。

その映像を見るとゲイブとのケンカシーンは途中までしか
撮影されていなかった。ゲイブはお前の為に迎えに来たんだ
としてアマンダと言い争いをしていてそれを拒否していた
感じだった。プライベートの会話だと思い撮るのを辞めた
とのこと。アマンダが何処かに行ったのでゲイブが追いかけて
いたとのこと。アマンダが戻ったら俺たちが送っていこうと
していたという。親とは関係が上手く行かずに迎えを嫌がって
いたという。大人の男が10代少女を家に送っていたのかと
フリン。バズは動画をダウンロードしてくれとし、オデルノ
にはジョシュアツリーの地元警察に連絡、ゲイブの携帯から
改めて居場所の特定、サイクスは証人から事情を聞いて
ゲイブの両親への連絡も取ってくれという。アマンダの両親
はどこに居るのかというとオフィスだという。フリンにロス
市警に連行してくれとプロベンザ。ジェニーに対して例の
バッグを見つけてくれたホームレスは何処かと問うと、提督
(Richard Wharton)は警察をあまり隙じゃないと言うと
サンチェスが付き添うという。タオはアマンダが使っている
ソーシャルメディアを確認する為にこの携帯にアクセスしな
いといけないとし16歳ならば親がパスワードを知って居るだ
ろうという。

・NYPD重犯課オフィス
アマンダの両親を呼ぶと母・ベラ(Tanya Clarke)から娘の
携帯のパスワードを聞く。”9566″だという。チェックに日課
だったこと。料金は私たちが払っているので当然だとし
ゲイブから一度いやらしいメールが来ていたことがあると
いう。携帯が見つかったのであれば娘には何か有ったのか?
と問われる。シャロンは以前家出した時に携帯は持っていっ
たのかを問うと、持っていかなかったという。でも今回は
あの時とは違うと語る。

父親のダレン(Larry Poindexter)から事情を聞くのはフリン
だった。交際相手について尋ねるとアマンダとは言い争って
いたとか聞いたという。ヤツは4月に18歳だとし手を出した
ら法的にレイプだろうと語る。ゲイブ以外で両親と問題は
有ったのか?と問うと、妻は医者で私は建築家なので娘の誕生
日に車を買ったこと。嫌われ者の金持ちらしく・・と自虐す
る。娘は嫌がらせでホームレスのボランティアをしたのだ
という。恋人と駆け落ちした可能性は?と尋ねると今はゲイブと
一緒に居てくれたらと良いと初めて思っていると語る。

■事件

アマンダ・ポンドという未成年の女性が失踪する。
今日で16歳になったばかり。友達も多くソーシャルメディア
には楽しそうに友達と遊ぶ映像なども掲載されている。
しかし失踪課のオデルノ刑事によると彼女は8ヶ月前にも
家出していた為に地元の捜査官は失踪ではなく家出の線も
考慮に入れていた。失踪後48時間が経過していないことも
有り所轄の捜査官が動けない中、重犯課が捜査に乗り出す。

■感想

いよいよ始まりましたMajor Crimesのシーズン5。

初回は何と言っても前シーズンに比べて何が変わったのかと
いう所に着眼点を持って見てしまうものですが、まず目に
入るのは何と言っても男性重犯課の皆さんビシッとスーツ着て
派手でカラフルなネクタイをしめていることかな。

そして何よりもオフィスが様変わりしているね。
特に作戦ルームは近代化されていて巨大モニターにタオや
バズなどが状況を表示出来るようになっている。
今までプロベンザがコピー機使用代金を取っていた甲斐が
有ったのか(笑)

人物的に変わったのは短髪にしたラスティかな。

アマンダは両親との仲が悪いことや年上の男性との付き合い
などがあることから素行の悪さが有るのかと思いきや、
ケア・ファーストと呼ばれるホームレスシェルターでボラン
ティア活動している。ただホームレスが居る所は当然と
言っては何だけど治安が良いわけは無い。最近もハワイで
日本人カップルがホームレスだったかドラッグ中毒者によって
暴行されたけどそんな所に15歳(16歳)の少女が出入りして
いることは良いハズはない。

今回のエピソードは如何にもラスティの流れと対比させる
流れが有る。一歩間違えればラスティも今回の犯人やシェル
ターにたむろするような状況が有ったこと。
またガスとの関係だけどラスティは人前でゲイだという事は
証したくないようで、その件でガスとは仲違いするシーンが
有る。今回の被害者の恋人カップルも突然キレて仲違い
するというシーンがあり、そのことがきっかけで死のロード
へと進む事になってしまう。

■初動的捜査

最後に目撃されたのはそんなホームレスシェルター”ケア・
ファースト”。現場にはアマンダのものだと思われるバッグ
がゴミ箱から見つかっており、携帯とケア・ファーストの
ボランティアカード、そして彼女が配っていたホームレス用
のケアセットが落ちている。それを見つけたのは”提督”と
呼ばれるホームレス。

恋人のゲイブ・ヤングとケンカしていたという目撃証言が
有る。

取りあえず関係者から話を聞く。

■関係者からの聞き込み

・ベラとダレン

アマンダの両親。
ベラから事情を聞くのはシャロンで、ダレンから事情を聞いた
のはフリンだった。

両親によると恋人のゲイブは上級生で4月には18歳になる生徒
のようで、一度携帯に嫌らしい写真を送ってきていたので
それを機会に娘の監視を強めていた様子。

ただ両親は母親は医者で父親は建築家。

娘は嫌がらせでホームレスのボランティアを始めたとのこと。

恋人と一緒に居て欲しいと願う両親。

母親はアマンダのことに関して
「天使のような子でハエも殺さない」(Bella Pond)
「チャールズ・マンソンの母もそう言っていたぞ」(Provenza)

・提督

アマンダの荷物を発見したホームレス。
何だか気難しいことを言っていたが名前の通り何かにかぶれ
ている感じ。
アマンダは心優しい子だったとか。
家によく招待してくれたと語る。
見返りにサンドイッチをもらっていた。

・ゲイブ

アマンダという彼女がいるのに誕生日に友達とジョシュア
ツリーに行ってしまうという不届きなヤツ。
ただ更に調べていくと彼はメキシコのティファナのパーティー
に行っていたとのこと。
国際指名手配にしてFBIに連行してもらうことになる。

ゲイブの行動を時系列的に調べていた。
国境を越える際にアマンダは車に乗っていないのは国境監視
カメラ映像でも確認されている。
友達三人、カイル・デーヴィス、ブロック・ローブ
ダレン・ピーターソン。車からアマンダの血液反応は無し。
アデロールという違法薬物が検出された為に長く拘束して
話が出来ることになる。

ジョシュアツリーに行ったのは友達に預けた携帯だけ。
母親にバレルのが嫌だったらしい。
アマンダが死んだと言ったら嘔吐していた。

「人は愛する者を傷つける。そして愛するもののバッグと
携帯を捨てる」(Provenza)

■捜査

・先進捜査

顔認証ソフトを使って駅の防犯カメラ映像と照合、ソーシャ
ルメディアをリアルタイム監視する光景が有る。バズとタオ
がそれを語る中、プロベンザはちょっぴり驚き顔。

「ロス市警も進んだろ」(Tao)
「隕石が落ちてくるのを遠くから眺めている恐竜の気分だ」
(Provenza)

・もう一つの家

ポンド家にはもう一つの家がウエストウッドに有る。
92年に購入し99年に引っ越し。貸し家にしていたが10ヶ月前
から空き屋になっている。

調べに行くとアマンダが軒下で遺体として見つかる。
床下に遺体を入れていてその入口は意図して塞いで有った。
床下にスペースがあることを知って居る人物ということで
この屋敷の構造を知って居る人物が犯人ということになる。

■検視・捜査

ケンダルによると金曜深夜や土曜の早朝に死亡。
モラレスによると気管切開の跡が有るという。
気管が潰されていて、肋骨が折れているのは心臓マッサージ
をしている。人工呼吸をしたのではないかとするが唾液は
拭き取られているとのこと。
それだけのことを出来るのはまさにアマンダの両親に思われる。
母親は医者だし父親は建築家だ。

・おもちゃの意味は?

アマンダが殺された遺体の床下にはオモチャが落ちていたが
何れもアマンダが生まれる前のもの。
その中にはゲームボーイが有った。そのゲームに親指の指紋
はイーサン・ヤムのものが付着。拳銃密売。消防局の救助員
として12年間勤務、救命措置の訓練を受けている。

・イーサン・ヤム

養子を預かっていたとのこと。アメリカでは養子を預かり
国の支援金で生計を立てている人が居る事はドラマによく
出てくる。
ゲームボーイはケヴィンという養子が持っていたもので
死んだ父が買ってくれたものとのこと。ある日別の養子に
盗まれたと語っていた。その子は別の家に引き取られたとの
こと。

・ゲームボーイ

ゲームボーイ自体が時代性を感じるものだけど、ゲームの
ハイスコアの名前はDTYだった。シャロンは長男が持っていた
との事でスコアが残ることを知って居たけど、ゲームボーイ
本体にはスコアが残る様な記憶メモリーは積まれていない。
ゲーム自体に大抵は電池が入っていてその中に記憶される
ものだ。ただ電池が切れたらスコアは消える。
任天堂のネジは星形のものが多いのでゲームボーイは普通の
工具で空いたっけか。

■結末

少年は6歳から10歳まで養子がいた。
手続き完了までに時間がかかるのでその間に両親の間には
実の子供が妊娠される。
児童保護局に連れて行かれたのはドーソン・タッカー・
イェール(DTY)。

タッカーが施設で働いている事が分かる。
問題は計画性があるかどうか。

南カリフォルニア大の医学部に通っていたが盗作で退学に
なってしまったとのこと。
ケア・ファーストで働くことになり、何度もアマンダを
家に運んでいったがポンド夫妻は自分に気がついていなかっ
た。

アマンダは彼氏の家に行きたがり、家には帰ろうとしていな
かった。家に帰りたくないと考えるアマンダに怒るように
なった。タッカーは家に連れて行こうとするがアマンダは
それを嫌がり車から飛び降り大変なことになる。
助けようとしたことは確か。

「執着心が強いタイプ」(Sykes)
「誰にも執着されなかったからだ」(Sanchez)

■30年前の殺人事件

どうやらバズの親と叔父が殺害されたようで・・
プロベンザに頼んで未解決事件班から借りてきたという
資料がある。

箱には「被害者 ワトソン兄弟」と書かれていて名前を見ると
見づらかったけど、Jan WatsonとSteven Watsonと書かれて
いたようだった。1986年2月15日?に発生した事件。

この事件って何か裏が有ったりするのかな。
プロベンザが写真を抜き取っていたのは現場写真の被害者の
映像が酷かったからかな。

再捜査をして欲しいとのこと。

■その他

・フリンとシャロンの関係

これも気になる要素の一つかな。途中でディナーに誘う姿が
有ったりフリンがシャロンの家に近くシルバーレイクに
引っ越すか同棲しようとしてアプローチする姿が有る。

もっと時間をかけて関係を考えたいというシャロン。

・ラスティとガスの関係

パームスプリングに行こうとしてていた二人。しかしケンカ
していた。シャロンからのアイデアでメールではなく手紙に
書いて気持ちを伝えるとガスが会いに来る。
ガスは何故ラスティがゲイだということを隠したいのか
分からないという。逆に分かってやれって感じがするけど。

泊めることは出来ないのでパームスプリングスに一緒にいく
ことに。

・ラスティの新聞記事

“アイデンティティ”について書こうとしているみたいだ。
読んでいた記事には
「ATMの強盗事件で兄弟2人が射殺」と書かれていた。
これはバズの父親と弟のことを指している事件なのかな。

プロベンザに相談する。
自分の記事に関係してバズのことを取りたいとのこと。

・サンチェスの優しさ

養子を取ろうと考えて居るサンチェス。
サンチェスには怒りを抱えているところがあるが、それでも
ヤムよりはマシだろうと語る。

■使用された曲

■出演者

シャロン・レイダー (Mary McDonnell) FIDから特捜班へ
ルイス・プロベンザ (G.W. Bailey) ベテラン
アンディ・フリン (Tony Denison) プロペンザの相棒
マイク・タオ (Michael Paul Chan) 分析力
フリオ・サンチェス (Raymond Cruz) ギャング捜査に強い
バズ・ワトソン (Phillip P. Keene) カメラ、特捜班
エイミー・サイクス (Kearran Giovanni) 特捜班から異動
ラスティ・ベック (Graham Patrick Martin) 母親が失踪中
Dr.フェルナンド・モラレス (Jonathan Del Arco) 鑑識
ラッセル・テイラー (Robert Gossett) 副本部長
ケンダル (Ransford Doherty) 検視官

アンドレア・ホッブス (Kathe Mazur) 地方検事

ロビー・オデルノ (Brandon Barash) 失踪課、捜査官
ガス・ウォレス (Rene Rosado) ラスティの友
ドーソン・タッカー・イェール (Jesse McCartney) 里子、ボランティア
ベラ・ポンド (Tanya Clarke) アマンダの母、医者
アマンダ・ポンド (Madison Thompson) 16歳、失踪者
ダレン・ポンド (Larry Poindexter) アマンダの父、建築家
デビッド (Brandon Calvillo) ホームレス支援”ケア・ファースト”職員
ジェーン・ウルフ (Anne-Marie Johnson) ホームレス支援”ケア・ファースト”責任者
ゲイブ・ヤング (Leo Howard) アマンダの彼氏、18歳
イーサン・ヤム (Jonathan Schmock) 拳銃の密売の前科者
(Richard Wharton) 提督 / ホームレス
アマラ・サンドゥ (Nitya Vidyasagar) 弁護士
ジョー (Gev Kalian) ホームレス
ジェニー・ストラットン (Cherion Drakes) ホームレス支援”ケア・ファースト”主任
(Pamela Drake Wilson) 隣人
ダレン・パダーソン (Nick Beckwith) darrennout
カイル・デーヴィス …… kyliente_96
ブロック・ローブ …… brocklobster52

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336