殺人を無罪にする方法 How to Get Away With Murder シーズン2 第14話 すべての発端 There’s My Baby

リンク広告 テスト




第14話 すべての発端 There’s My Baby

監督/Stephen Williams 脚本/J.C. Lee
Erika Harrison

【これまでのあらすじ】

アナはフィリップに盗撮されていることをデンバー検事補に
訴え、データを渡す代わりに私たちへの前面免責を求める。
しんしデンバーは何故免責が必要なのかと問う。ローレルはフラ
ンクに対してあなたは罪のない人間(ライラ)を屋上で絞め殺した
として毛嫌いする。ローレルはアナの元に行くとウェスの件で
本当の事を言ってとし、ウェスが本当に母親が殺したのかと
問う。ウェスはダルトン医師のセラピーを受ける中、あなたが
母親を殺したと思っていることは報告書を読んだことによる
「虚偽記憶」が関係しているのだという。イヴはウェスがニュー
ヨークの私のマンションに来ているとアナに電話。そのアナは
ウェスの元に居たがすぐに警察に連絡して欲しいと訴える。
ウェスの家にはなんとフィリップが居てアナに襲いかかってくる。
なんとかしてフィリップから逃れて警察署に行くアナ。

【ストーリー】

警察署でイヴはアナの元に駆けつけると無事で良かったという。
ウェスは?というアナに対してイヴは一緒に来ていると語る。

■10年前
クリーブランドでアナとイヴはクリストフの件で大変なことに
なったことを語り合う。ローズはアナの前で息子を頼んだわよ
として自殺していた。イヴはマホーニーの所にいたとすると、
彼は訴追されたのか?と問うがまだだという。

目の前ではFBI捜査官のケインがクリストフに話を聞いていた。
クリストフは自殺したと分かったらボクは変になると思っている
と言うがケインはそんなことはないという。お母さんは今は
病院だというと、クリストフは見つけた時には死んでいるように
見えたと語る。

そんな光景を見てイヴはアナに私たちは何をしたのかと問う。
アレは自殺よとしあんな子に母親を刺し殺せると思うのかという。
しかしイヴは子供を残して自殺する理由なんて有るのかと問う。
必死になって息子を守ろうとしていたこと。アナは人の心なんて
分からないのよと語る。

ケインにアナは語る。
ケインは現場を見ていない人に何が分かるのかとアナに告げる
と報告書を読んだとしどう見ても自殺だという。FBIは本木で
母を失ったばかりの子を投獄する気なのか?あの子がやったとは
思っていないとしでも自殺の証拠もないのだという。彼女の死を
望む人に心当たりが有るでしょ?というケインに対して、アナは
彼女は私の依頼の唯一の証人なのだから殺すハズはないという。
でも出廷を拒否していること。依頼人に会いに行くと伝えてと
ケイン。

■現在
アナはみんなの所に戻る。
フィリップに襲われたが私は大丈夫だとみんなに伝えるアナ。
彼が捕まるまでは単独行動は避けてと語る。ローレルは何故
イヴが居るのか?と問う。コナーは何故フィリップがウェスの
部屋に居たのかと塔。ミカエラはウェスに対して何か知っている
のでしょとして話してというが、ウェスは寝ていないので寝かせて
くれと語る。

アナとイヴ。
デートはどうだったのかと問うアナ。イヴは遊びの相手だという。
それよりもウェスのことだとし、真実を伏せたいのなら何故資料
を渡したのかと問う。負い目を感じているのでしょうが彼も子供
じゃないので真実を受け止められるわというイヴ。どうしてこう
なったのかとアナは頭を抱える。普通の人間だからよとイヴ。
彼女はアナに一緒にニューヨークに来てとし、私のマンションは
24時間警備が付いていると語る。しかしアナはネイトが守って
くれるからという。
そんなアナたちの元にボニーがやってくる。ネイトが来た・・と。

ミカエラはネイトに対してどういうことなのかと問う。警察は
フィリップが街に居ると知っていたハズだと。ミカエラは
先生のせいだとし警告できたのに止めたこと。ケイレブが消えた
のも全部フィリップのことを言わせなかった先生のせいだという
ミカエラ。

■10年前
フランクはアナのホテルの部屋の前で何処に行っていたのかと
問う。アナは疲れているのだから眠らせてと語る。
しかしそんな中ウォレスがやってくるとアナはフランクに席を
外してくれという。アナは彼女の家に行ったらもう警察が来て
いたという。ウォレスは息子の裁判に負けたことを謝罪しない
のかと問うと、アナはまだ負けていないという。どう勝つつもり
なのかと問うと唯一の証人が死んだのだという。アナはあなた
のせいだとすると彼女はあなたを恐れていたのだという。しかし
ウォレスはあの女は事件の夜にチャールズを見たのに証言を拒んだ
という。アレは嘘だというアナは、あなたは嘘をつくと分かって
いたのでしょと。ウォレスはローズの死の直前に君が彼女の家に
行ったことを知っているのは私だけだとし、今後そんな口を聞い
たら首にすると語る。

■現在
ネイトは安全だというがイヴはそんな彼に噛みついて文句を言う。
それをアナが止める。イヴはもう帰るわと告げる。この件が落ち
着いたらウェスの母の件は話すという。ボニーはデンバーから電話
が有ったとし動画の件で学生たちに聴取したいと言っているとい
う。

デンバー検事補との聴取。
その際にはボニーが弁護士としてそれぞれに生徒の横に付いてい
た。

・コナーに質問する。
何が有ったのか?シンクレア検事補の死んだ夜のことを覚えて
いないのか?そこには日付が入っていないとしあの夜とは断言
出来ないと語る。
証言の見返りは何だ?というと免責だとし、この件に限らずあら
ゆる件の免責を与えるという。
コナーは俺を落とすことは出来ないとしあなたは私のタイプでは
ないからだという。

・ミカエラに質問する。
君は優秀だろうとし倫理に反すると承知で依頼人と関係したのか?
というとミカエラは元依頼人だという。裁判が終わった後で交際
を始めたという。ケイレブに聞いても同じように答えるか?
というと、それならば彼を捜し出してという。
検事補が居なくなった夜、ケイレブは君の家に行ったが供述では
君が行くような語っていること。この時点で恋愛関係でないなら
何故君の家に一人で行ったのか?という。
ミカエラはこうしている間にもフィリップはケイレブを斬ろうと
してのだという。

・ローレルに質問する。
出身は何処か?。質問の意図が分からないので逆に質問する権利
があるというが、ボニーに言われて話す。メキシコだけど入学前
にはフロリダにいたという。
仲間に裏切られる前に手を組まないかというデンバー。ラテン系
同士だからってそんな手には乗らないという。
解決した事件を掘り返すことは出来ないハズだという。

・ウェスに質問する。
何故居場所を聞くのか?君の部屋に容疑者がいて昨夜に限り偶然
君は街を離れていたからだという。ボニーは取り調べならば失礼
するという。ウェスはあの日はニューヨークにいたとし行きたか
っただけだと語る。
何故アナリーズが部屋に居たのか?それはアナリーズに聞いてくれ
という。無断で学生の部屋に入る人が何処に居るのか?と。

聴取が終わるとみんなキーティング法律事務所へ。
アッシャーはどうだったかというが、大成功だったという。
アッシャーはボニーに対して間違っているとし元々は俺のせいだ
という。フランクは心配するなとしいずれ自分の番が来るという。
発端はライラよというボニー。何もかも全てライラを殺した人が
悪いのだというボニー。サムかレベッカってことなのか?という。
アッシャーはそれでも今回は俺が悪いんだという。

■感想

2話連続での放送だけどまだこの書き込みをしている時点では
最終話は見ていないです。
「BONES」の時も終盤は2話連続での放送をしたよね。

正直ラス前だけどあんまり意外性のある展開は用意されていなか
った。ただ隠し事の多いドラマなので、何が何処と繋がりが
有るのかということを知る上では重要なエピソードだった。

酒を飲むとみんな要らない事を口にしてしまう。
今回はとりわけローレルがそのパターンに陥っていた。
アナがまたアルコールを飲んで幻覚でも見始めてうっかり検事
たちの前で要らないことでも語るのかと思ったけどね。

それにしてもアメリカの交通事故。
絶対そんなぶつかり方をすれば死んでるよってくらいの衝撃が
あるよね。それなのに意外とアナは元気だったりして。
今回アナの車に横から赤信号を無視した車にぶつかってきたけど
このドラマを見ているとこの車さえも誰かの差し金じゃないか
って疑いを持って見てしまうのだが(笑)

アナとウェス。
10年の時を経て全く状況は違うけど、行動が似ている所も有って
何だか本当の母子みたい。

また過去に於ける富豪の息子の殺害事件と今回のハプストール家
の家庭の事情は何処か似ているところが有る。
金持ちになると結婚と離婚率が高いと言われるけどね。

■ザ・告白

みんな真実を告白したくて仕方が無いという感じも受ける。

ローレルなんてオリバーを巻き込みたくない為に、ちょっぴり
嘘をついて彼がそれを聞いた時のその反応を試していた。
もちろんフランクがアナを撃ったのではなくウェスだけど、
それを知っているのはローレルとアナとウェスだけだよね。

アッシャーは罪悪感も有って、みんなが協力してくれることに
感謝していた。
ミカエラは今の所正義を果たそうとしている彼に一瞬でも
惹かれたのか?
ミカエラって貞操は相当固かったのに、一体どれだけシーズン2
でその倫理感を失ってしまったのだろうか?

■アナリーズの行動

・子供を見過ごせない態度

今回交通事故でアナの子が死亡したシーンが描かれた。
正直本当に自分の子が欲しいのかどうか疑問視していたんだけ
ど・・・

ただその後虐待されていたボニーを助けているし、
そしてウェスのことも助けてくる。
ウェスの件ではローズの件も有るので助けなければならない
気持ちになるのは分かるけど・・・

・反省していないアナの弁護方針

アナは今回証言するものに脅迫的態度を見せることで死なせて
しまっている。ただその後のアナの弁護方針は、勝てば良い
みたいなシーンも多く、他人に恨まれてもおかしくないような
事を繰り返している。
裏の裏を読んで無罪にする為の行動だったとしても、ネイトは
あれだけ怒っていた訳だし、アナのことを知らない人ならば
相当怒ってしかるべきではないのか。

■真実を知るものたち

・ウェスは母の死の原因・理由を知る

アナから呼び出されて話をされた。これまでアナから何度も
嘘をつかれているので何処まで信用出来るのかどうか。
特に最初にアナがウェスにローズの自殺した理由を語った時には
自分が証言を無理に頼んだからとしていたけれど、それだけで
自殺するとは考えられない。これはウェスだけでなくイヴも
同様に考えていた。

結局の所ローズが自殺したのはウォレスに暴行された結果出来た
子供がクリストフではないかということ。

そのウォレスが2009年8月2日付けの署名記事の中では
「マホーニー投資ファンド、マンハッタンへ」
「ウォール街の新たな巨星」

として取り上げられているのを知る。

ウェスは父親がウォレスだと知りどういう行動を取るのか。
これはある意味では上述したがハプストール家の事情にも
精通するところが出てくるのかも。

・ローレルがアナに真実を語る

アナがかつてウェスに撃たれた時に鎮静剤を撃ちすぎて
幻覚を見ていたよね。薬にはヴァイコディンって書いて有った
記憶が有るけど、「Dr.HOUSE」のハウスがパクパク飲んでいた
薬だったよな。日本では承認されていない薬みたいだけど・・
その時アナは何を言うのか心配だったけど、寧ろ自分の中で
封印しているように記憶に悩まされるかのような姿が有った。
ボニーはその時赤ちゃんは居ないとしていたけど、アナが10年前
に赤ちゃんが死亡した際にはサムと居た事実がある。

ローレルはバーで酔った後にアナに対してウェスに何を言った
のかを聞きに来た。どうやってきたのかは謎だけど、酔った状態
で車にでも乗ったのか?
ローレルは先生がフランクにライラを撃ち殺させたのでしょと
し、フランクはあなたの指示で撃ったと言っていたと嘘をついた。
このローレルって子は人を試してリアクションで真意を探る
ところが有るのかな。フランクは殺したことは言っていたけど
決して何故殺したのかは言っていなかった。

ただ今回過去のエピソードの中で、フランクとアナリーズとの
関係がある程度判明していたけどね。

■アッシャーはどれだけピンチ?

そもそもアッシャーの父親の件はどうなったって感じ。
本当に自殺だったのか。
この流れがまた10年前のウェスと似た様な状況になっている
けど・・
アッシャーは何度となく話す機会をうかがっていたので、
デンバーに話してしまうのかなと思っていた。

アッシャーは不安だけどアナからは
「あなたは意外と賢い」という言葉で励ました。
8話前後辺りでアッシャーって誰も学生には分からなかったこと
を解いていたからね。

駐車場でアッシャーの姿を見たものが居る。
ボニーが打ち合わせでよく行くとは言っていたが・・・

■ボニーが気がついた

ボニーは先週盗聴器でフランクがライラを殺したのをローレル
との会話で聞いていた。
この地下室は、みんなご休憩のHする場所だと勘違いされている
よな(笑)

ボニーがライラ殺害にフランクを利用したことに矛盾を感じた
のは、もしもそれを彼に依頼したならその後レベッカを弁護
するハズはないということ。
サムの指示なのねというとフランクは否定せず彼女には言うな
と語っていた。

■その他

・10年前のボニーとフランク

現在のボニーは10年前のフランクのようにアナからはぞんざいに
扱われているところがある。

ボニーがぞんざいに扱われているのはサムとの関係があるので
仕方が無いのかな。
ただ10年前のボニーは消極的存在のためにサムに相談して
好きな相手と付き合いたい為にロールプレイをして実生活に
活かそうとしていた。
その時にアナの事故の知らせを聞くことになるんだけどね。

フランクの件では10年前の話によると
「サムに拾われて来たあなたをお情けで雇って可愛がっている。
不満なら貧しい白人のままで居なさい」

とアナから言われていた。

・アナの現実逃避への誘い

イヴからニューヨークへの誘いがある。綺麗な夜景。

またアナは今回最後に母親のオフィーリアに会いに行った。

ただアナの元には現在の所ネイトも居るしね。
ネイトがどれだけアナのことを恨んでいるのか許しているのか
分からないのだけど(笑)

・オリバーが仕事を辞めた

コナーとしてはオリバーを巻き込みたくないので遠ざけようと
するが、オリバーは今の仕事を辞めてしまった。そこでオリバー
はアナの元で働きたいと思っている様子。

・ケイレブはいずこへ?

ウェスの家にフィリップが居た事で、手を組んでいるのかとも
思えないこともない。ただ真実を知った今ではアナに対する
ウェスの嫌疑も晴れたので、今更手を組む必要はないけど、
この二人はどちらも金持ちの親を持っている。

・ウェスの次なる一歩は?

ウォレスが父親だと知り、ローズを殺したのは実質的にウォレス。
そのウォレスは存命でしかもマンハッタンで大金持ち。
果たして復讐していくことになるのか。
それよりも先ずはハプストール家の解決をしてから新しい展開を
求む。

■使用された曲

・Into the Sun by Bassnectar
・Zvvl by Chvrches
・Undercover (feat. Matthew Dear) by Lane 8
・Skinless, Pt. 1 by Deco Child
・Insomnia by IAMX

■出演者

アナリーズ・キーティング (Viola Davis) 弁護士
ネイト・レイヒ (Billy Brown) 刑事、アナリーズの浮気相手
ウェスリー・ギビンズ (Alfred Enoch) 学生、”クリストフ”
コナー・ウォルシュ (Jack Falahee) 学生、ゲイ
ミカエラ・プラット (Aja Naomi King) 学生
アッシャー・ミルストーン (Matt McGorry) 学生、”鉄面皮”
ローレル・カスティロ (Karla Souza) 学生
フランク・デルフィーノ (Charlie Weber) アソシエイト
ボニー・ウィンターボトム (Liza Weil) アソシエイト

オリバー・ハンプトン (Conrad Ricamora) IT部門、ゲイ
サム・キーティング (Tom Verica) セラピスト、アナの夫

トッド・デンバー (Benito Martinez) 地方検事補
フィリップ・ジェサップ (Jefferson White) 26歳、ヘレナの隠し子
ウォレス・マホーニー (Adam Arkin) チャーリーの父
イヴ・ロスロ (Famke Janssen) 弁護士
リサ・キャメロン (Emily Swallow) 10年前、フランクが一夜の相手
ケイン (Julie Dretzin) FBI捜査官
Dr.リラ (Kiran Deol) 10年前、アナの子を帝王切開
オフィーア・ハークネス (Cicely Tyson) アナリーズの母
— (Fredella Calloway) Pediatric Nurse
— (Folake Olowofoyeku) Desk Nurse
— (Donn Swaby) Nurse
— (Toni French) 医者
ローズ・エドモンド (Kelsey Scott) 清掃係、クリストフの母

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336