[未] クイーン・メアリー ~愛と陰謀の王宮~ Reign シーズン2 第21話 宿命の戦い The Siege

リンク広告 テスト




第21話 宿命の戦い The Siege
(aka.クーデター)

脚本/Adele Lim
Lisa Randolph
監督/ Andy Mikita

【これまでのあらすじ】

バッシュはデルフィーヌに君の才能か?それともクスリが効い
たのかと問う。命を救っているのよとデルフィーヌ。レイスは
グリアに対して結婚しないならば別れることを告げる。グリア
は今の生活を捨てられず結婚は出来ないと断る。ルノード将軍
はケナに二人なら上手く行くというと、ケナは確かめてとして
彼と寝る。メアリーはルイがエリザベスの特使と会って
いたことをフランシスに告げる。それを聞いた彼は君はそれ
を知っていたのか?ルイとイギリス女王の結婚話を。
メアリーはそうするしか彼には選択肢が無かったのだとし私と
別れたからだと。ルイを助ければエリザベスがフランスに
乗り出して来るんだという。ルイの軍は個人に忠誠を誓って
いる。ヤツがイギリス女王の夫になればフランスは国内に敵
の軍を入れることになるのだとし、君はこれまでで一番危険
なことをしでかしたのだというフランシス。陛下はルイとの
結婚に期待しているとして後ろ盾も与えるという特使。
あなたがフランスの王になれば良いとしてルイのことを支援
する貴族たちは酒場で盛り上がる。

【ストーリー】

ルイの目撃情報だが捜索しても見つからないという衛兵。
最後の目撃情報から4週間が経過しているというメアリー。
君が逃亡を助けてからだろうというフランシス。ルイはもう
国内には居ないのかもというメアリー。しかしイギリスや
他の国のスパイからは渡航したとする連絡はないこと。恐ら
くまで国内にいるというフランシス。彼の兵をブコンヌの森
で見たという情報が有ったという部下。兵を招集してるかも
知れないので森を探せと命じる。

ルイは脅威なのか?何故?と問う。全てを失い処刑の令状も
出ているとメアリー。僕なら復讐を考えるというフランシス。
しかし復讐を考える人ではないというメアリー。君に対して
の復讐心ではないとし令状に署名したのは僕だというフラン
シス。あなたに刃向かい何か出来るのか?というメアリーに
対して、「王位」だという。彼は王族だし王冠を被る為に
邪魔なのは僕の首だけだと。弟は幼いし、貴族は母カトリーヌ
を摂政にしたくないというフランシス。ルイはクーデターを
起こしたのか?とメアリー。絶好のチャンス
だとしフランスの混乱させたがるイギリスの女王がついてい
るし、折良く我が軍は君の王位を守る為国を開けている。
本当に危ないなら彼らを呼び戻してとし私の王位なんてフラ
ンスが倒れたら無意味だという。軍を引き上げるには時間が
かかるというフランシス。義理の弟に助けを求めたら?
同盟国スペインのフェリペ王だと。彼には既に頼んでいると
し、派兵を快諾だとされたが緊急事態の時だけ。妻の元愛人
がクーデターを起こすだけじゃないかという不安と憶測だけ
ではダメだというフランソワ。私に腹を立てるのは無理もない
という。ホントに申し訳ないというメアリー。しかし謝るな
として君の言葉はもう意味がないと一蹴される。

ケナはルノードがさよならを言わずに出て行くことを知って
彼の前に現れる。陛下が許してくれないとすると、フランシス
はあなたを頼りにしているので出世も近いわとケナ。
本当に綺麗だとし本気になって二人の生活を想像したという。
なんとかなる・・あなたが勝って帰れば状況を変えられると
いうケナ。

・市場
レイスを見かけたグリアは声を掛ける。
連絡がないので私を避けているのかと思ったという彼女に
避けていたんだというレイス。でもクロード妃がどうしても
買い物がしたいと言ったこと。我が儘の王女だからと。ホント
に悪かったというグリアはあんな終わり方をしたこと。
商売はどうか?という彼に順調・・いや絶好調で金は返せると
語る。しかしレイスは返さなくても良いとし今は使い道がない
という。

クロードはレイスに結婚式のプランはどうなのか?と問う。
婚約者が娼館マダムならきっと豪華なパーティーでしょう。
仕事熱心ねと。しかしレイスが静かなことに気がつく。
前はノロケ話だらけだったこと。披露宴は娼館なのか?
招待客や司祭も娼婦なのか?是非招待してと言ってと語る。
しかしクロードはその後冗談よとするが、でも式には興味が
有るので詳しく教えてとしてこれは命令だという。どんな
命令でも応じるが王女でも許されないことがありますと語る。

・森
バッシュとデルフィーヌは共に散策していた。デルフィーヌ
はトラヒの樹皮があるとしてこれは感染症と風邪に効果が
あるという。

■使用曲

・Scotland by The Lumineers
・Reign End Credits Theme
Written by Trevor Morris
・Stay Still by Secret Sun
・Take It All (feat. Ruelle) by Sam Tinnesz

■出演者

Queenメアリー・スチュアート (Adelaide Kane) スコットランド女王
Queenキャサリーン・デ・メディチ (Megan Follows) カトリーヌ王妃、イタリア系
Baronセバスチャン・デ・ポワティエ (Torrance Coombs) “バッシュ” フランソワの異母兄。庶子
Kingフランソワ2世 (Toby Regbo) フランス国王
グリア・キャッスルロイ (Jenessa Grant) SC。メアリ女官
Baroness ケナ・デ・ポワティエ (Caitlin Stasey) SC。バッシュの妻
Lady ローラ (Anna Popplewell) SC。メアリー女官

レイス・バヤール (Jonathan Keltz) 衛兵
Lord ルイ・コンデ (Sean Teale) フランシスと縁遠いが一族
Lord ステファン・ナルシス (Craig Parker) コンデと国王に会う父
Princess クロード・ヴァロワ (Rose Williams) 王妃、カトリーナの娘

ルノード将軍 (Vince Nappo) 民兵を率いる。ナルシスの知人
デルフィーヌ (Alexandra Ordolis) 予言力有り、ペイガン
マーセル (Jon Rhys)
(Michael Dufays) コンデの副官
(Krystina Bojanowski) ローラの乳母、スパイ
(John Fleming) Munitions Guard
(Darryl Flatman) Royal Riding Guard
(Tayves Fiddis) 城の守衛
(Matthew Bradley) フランシスのガード
(Drew Moss) ルノードの兵士
ベルトロー (Brandon Tarczy) ルノードの息子、人質

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336