[未] HAWAII FIVE-O シーズン7 第2話 悲しみのスパイ No Ke Ali’i Wahine A Me Ka Aina (For Queen and Country)

リンク広告 テスト




第2話 悲しみのスパイ No Ke Ali’i Wahine A Me Ka Aina (For Queen and Country)

脚本/David Wolkove
Matt JL Wheeler
監督/Sylvain White

【これまでのあらすじ】

アイラナ・リード、児童保護局はチンが預かっているサラ
の叔父・叔母と連絡が取れたとしメキシコにいることを告げ
彼らはサラを引き取る手続きをしているという。一ヶ月程度
だろうとのこと。マホエ州知事はどの事件も連続殺人犯に
よる仕業なのかと問う。男は同じホテルに宿泊していた客を
4人殺し自分も殺された。ノエラニは遺体の口の中に何かが
あるのを見つけ蹴る。ジェリーによると11世紀のチェスの
ピースのレプリカでポーンだという。ヘインとラーソンを
殺したヤツはゲームのつもりなのかとルー。ピエール・ショー
が落下して一連の事件は被疑者死亡で終了したから思われた
が帰宅したスティーヴの自宅にはチェスの駒・ナイトが
置かれていたことが分かる。

【ストーリー】

●マノア / アリシア・ブラウン邸
スティーヴとダノはアリシアを尋ねる。彼女は元FBI捜査官
の分析官で一連の連続殺人の件で相談に来ていた。
誰かがヘインとラーソンに殺人を強要していたこと。多分
ピエール・ショー(Jesse La Flair)も道具にされていたの
だろうこと。黒幕は他に居るはずだと。警察も総動員して
いるが一週間何も進展がないとし、長年FBIで分析官をして
いたアリシアに協力を求める。しかし彼女はもう引退している
ことを理由に協力は拒む。ただこういう時間ではある程度
ガマンが必要になること。ただ待つだけだとアドバイスを
受ける。スティーヴは自分の家に置いてあったチェスの駒は
オレのことをあざ笑っているのか知りたいという。
しかしアリシアはその反対だとしてあなたを称賛している
こと。ナイトは国を守るものでチェスに於いては最強の武器。
犯人にとっては危険な敵だという。他の駒のポーンは使い捨て
の兵だと。しかしダノはチェスの駒だけでそこまで読むのは
深読みしすぎではないかという。犯人はそこまで頭が良い
のかと問うと、犯人を過小評価しないことだという。彼らに
画像を送らせているレベルの高さがあると。政府からは必要
なことは何でもやれと言われていることを告げるスティーヴ
だが私はもう引退したと再度断る。罪のない人が殺されている
こと。家族が居る人だとして何か感じるのではないかと
スティーヴは悟る。室内には家族写真が有ったのを咄嗟に
見て取ったスティーヴ。
残念ながら断られた二人は立ち去るが、アリシアはスティーヴ
がナイトの駒を置いていったことに気がつく。

●ワイキキ / ラッキー・モラドのペントハウス

男・ハリー・ラングフォード (Chris Vance)がカジノの
メダルを見せて中に入る。そこでモデルのカスタと目配せ
する中、酒を飲みつつピッキングでモラドのオフィスに
入っていく。額の裏には壁に金庫が有り、そのロックを解除
して中に有るものを探す。しかし目的のものがなく置物だけ
を持ち去る。モラドのガードに見つかりパーティー会場に
紛れ込む。ハリーはカスタに置物を渡す中、ボディガード
3人はハリーはオフィスに連れて行く。一人が銃を取りだした
瞬間に全員を一瞬にして倒すのだった。

●マノア / チン・ホー・ケリーの自宅

チンはサラの為に髪の毛を編むがフランス風にしたつもりが
ハワイ風になる。サラはチンに対してどうして私は知らない
家に行くのか?サラの親戚であり家族の元に行くんだと語る。
しかしチンおじさんも家族でしょ?とし一緒に居たいという
サラ。なるべく早く会いに行くと約束する。

●ホノルル / カスタ・ミッチェルのアパート

コノに呼び出されたファイヴオーの面々。
コノによると被害者はカスタ・ミッチェル (Michelle Vawer)
22歳・大学生。地元のモデル事務所に入っていること。
部屋を荒らされているが金銭や宝石は手つかずだという。
犯人は何かを探していたのだろうと。死因は窒息だとコノ。
今回はチェスの駒はないようだとダノ。パーティーにでも
行っていたのか。バッグの中に手がかりがあるという。
ホルスの目のチャーム・・これはエジプトでは幸運をもたらす
と言われている。でも亡くなったのでは効果は無かったと。

●検視官室

ノエラニは抵抗していること。犯人の手をどかそうとして
自分を引っ掻いた跡と爪の中には本人以外のDNAが検出されて
いるという。国際警察(インターポール)によると、ハリー・
ラングストン (1971/6/3・イギリス国籍)。MI6の元エージェ
ント。見つけ次第殺すか拘束しろとの指令が出ていること。
組織を裏切ったイギリスのスパイかとダノ。カスタの
アパートに余程大事なものが有ったのか?

その頃ハリーは置物を壊すと中からは高価なダイヤが見つか
る。

●ファイヴオーの本部

ハリーは元イギリス陸軍特殊空挺部隊に居て2006年に
情報部に入った優秀なエージェントだが数年前に国の極秘
情報を売ったというスティーヴ。組織から縁を切られて
逃亡したのかとチン。運輸保安局のデータベースで調べた
結果2日前に偽名を使ってハワイに来ているというルー。
コノはカスタの携帯にこんなメッセージがあるとして読み上
げる。

「日が入ってくれる。ドレスアップしていつもりように慎重」
ルーシー・ミツからのメッセージで、女の子をセレブの
パーティーやイベントに派遣するモデル事務所を経営している
人物からだという。ラッキー・モラドのパーティーに行って
いること。モラドはエジプト生まれのビジネスマンで総資産
は9桁、国際的なプレイボーイを欲しいままにしているとコノ。
ミツにハリーの写真を見せたらパーティーに居たとのこと。
モラドのボディガードと揉めていたこと。ハリーが何かを
を盗んでボディチェックをされていたこと。ハリーは捕まる
前にカスタと話していたという。彼女を利用して外に持ち出
したのかと。そして彼女を殺して盗品を奪い取ったこと。

●チェコ共和国・プラハ

●パキスタン・カイパル・パクトゥンクワ州・ペシャワル

●イギリス・来たロンドン・セントアダムズ墓地

●バッキンガム宮殿

■感想

そろぞれに問題を抱えてきました。
その中でもこのシーズンのメインとなっていきそうなのは
「チェスの駒」を残して行く連続殺人事件。

一難去ってまた一難って感じだけど、何もハワイを狙わなくて
も良いのに・・これが相当凶悪な事件だとすれば、ファイヴ
オーだけの問題では済まなくなり、FBIなんかが介入しても
おかしくはない事件のように思う。

今回のエピソードではMI6のエージェント・ハリー役として
Chris Vanceが登場。彼とのカーチェイスシーンを見ると
完全に「トランスポーター ザ・シリーズ」(Transporter)
状態。

MI:6 vs アメリカのシールズの対決はなかなか興味深いもの
が有った。
「クワンティコ」でもレオン・ヴォンスはMI:6のメンバー
だったし、ここの所、MI:6がアメリカ国内で関わってくる
ことが多いよな。

■ハイテク装置

今回ハリーがMI:6の潜入捜査官だったということで相当
ハイテク装置が装備品の中に含まれていた。
ダノが語る様に「007」シリーズを意識しているところも
あるのか。アメリカ人が持つイギリス人のイメージは007の
ジェームズ・ボンドに集約されるのだろうか。

ダノはボンドの中でも3代目ボンドのロジャー・ムーアの
作品を好きだという。ハリーはショーン・コネリーの名を
挙げていたけどね。

そんな中、ハリーの素性が分かる前(偽名をダニエル・クレ
イグとしていた)に捕まえた時に、ジェリーは彼が持つハイ
テク装置を調べていた。

・GPS付きのカフス
・ナイトビジョン付きサングラス
・時計は携帯電波妨害付き
・万年筆には酸が注入されていた。

■犯人はハイテク装置のやりとりをしていた

何だか「24:リブ・アナザー・デイ」を彷彿とさせるような
設定だな。ハイテク装置である”グレイストーン”というもの
が闇社会でやりとりされている。それはあらゆる機器のハッキ
ングが可能なものだという。それを使って何をするのか。

■使用された曲

・Hazey by Glass Animals
・Boom by Outasight

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹
ルー・グローヴァー (Chi McBride) SWAT隊長からファイブオーへ

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 検死官
ジェリー・オルテガ (Jorge Garcia) 謎の陰謀論者
カマコナ・トゥプオラ (Taylor Wily) 友達、エビ店
Dr.ノエラニ・カンハ (Kimee Balmilero) 検視官

ハリー・ラングフォード (Chris Vance) MI6のエージェント
ラッキー・モラド (Faran Tahir) エジプト生まれビジネスマン
アリシア・ブラウン (Claire Forlani) 元FBI捜査官
サラ・ディアズ (Londyn Silzer) チンが面倒を見ている子
(Wolf Lee Counsel) ガード
(Brad Kalilimoku) ガード
タジ (Vishesh Chachra)
カスタ・ミッチェル (Michelle Vawer) 22歳・大学生・モデル
クララ・スラヴィク (Julia Ubrankovics) 国際警察
アミール・ラバブ (Alavi Rumi) モロッコ人
ピエール・ショー (Jesse La Flair) 殺人鬼
ルーシー・ミツ …… モデル事務所
フィリップ・ラウ …… ホノルル警察の殺人課
ヘイン …… 殺人犯
ラーソン …… 殺人犯
ナシド・エル・ハマディ …… 2012年マドリードのイギリス大使館爆破

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336