シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察 Shades of Blue S2 第5話 慕情 Sweet Caroline

リンク広告 テスト




第5話 慕情 Sweet Caroline

監督/Paul McCrane 脚本/Wolfe Coleman
Jessica Grasl

【Previously on ..】

手をあげろ!とローマン。しかしハーリーはこれには訳が
有るという。押収金を強奪しているようにしか見えない
というローマン。監察官のドニーにやらされているのよ
とハーリー。ロニーはウォズの元に行くとドニーが居た。
警部補ならば室内にいるという。見せたいものがあると
してローマンを室内に入れる中、ドニーが襲ってきた
為にローマンは射殺する。ウォズはお前のしたいように
しろとして選択肢を与えて彼を助ける。テスはハーリー
が押収金の件で何かを知って居る事を悟り文句を言うと
逆にハーリーもチームにヒビを入れたりしない様告げる。
現在情報が漏れていると。するとテスは私が仲間を裏切
ったと思っているのかとすると誰にでも限界が有るという
ハーリー。キャディが押収金を地下で守ってくれていた。
クリスティーナの元にスタールが接触する。パパから連絡
が有ったらメールしてもらえるか?として名刺をもらう。
ミゲルからクリスティーナに午後23時にメールが有り近く
にいるとのこと。ナヴァ検事補の家に元婚約者のキャロ
ラインが来る。帰りがけにハーリーはエントランスの所
でキャロラインと遭う。素知らぬ振りをして出て行く。
ジュリアとトミーの店でウォズとハーリーと遭う。この
レベルの政治は代価は付きものだという。例えばビアンキ
だと。ビアンキはハーリーに私をはめようとしたヤツ
の名前を教えろと迫るが匿名の通報だと語る。ハーリー
の車のランプが壊されると隠していた銃が盗まれる。

【STORY】

エスパーダは潜入捜査で偽造IDを製造する
人物(Jacob A. Ware)と接触する。普通に市販されている
コレを使うが問題はホログラムの再現でこれが難しいと
いう。しかしそれをグラフィック処理して上手く運転免許
証を作成してエスパーダに渡す。これなら検問も入れると
語ると、次の瞬間NYPDだとして一斉に査察が入る。
男に偽造IDの製造場所/部屋番号について尋ねる。
12号室から16号室だという。ハーリーはエスパーダにその
まま現場を押さえていてというとトゥフォと共に部屋を
調べに行く彼女。するとハーリーは部屋に女性がいて
パソコンの前に座っていた。置かれていたIDを見ると
女性の名前はデビー・ラミレス(Monica Rae Summers
Gonzalez)。デビーは彼はから画像編集するだけの良い
バイトがあると言われたという。ハーリーは芸術大学のID
であることを知って良い学校なのだから学費ならは別の
ことでも稼げるでしょという。学校は辞めたのだとしこの
子の為に・・と赤ちゃんが脇にいるのを見せる。
放課後のバイトでは良い生活をさせてあげられないから
だという。ハーリーは見逃す代わりにあなたの学校に
見に行くことを語る。学校には戻りなさいとし大事なのは
良い暮らしではなく尊敬出来る母親だという。
チャンスをあげるから棒に振らないでと語る。

エスパーダとトゥフォは10万ドルはあるぞと語る。
しかしハーリーは証拠品だとして手を出さないでと語る。
エスパーダは強奪の報酬が無くなったんだぞと語る。
オレは友人とバーを開く予定だったのだというエスパーダ。
トゥフォは母のローンの弁済をするハズだったという。
君もアテにしていただろうとし3人で山分けしようという。
しかしハーリーはちゃんと押収してと語る。

64分署のウォズの元にジュリアがやってくる。
夕べはトミーにチップを弾んだのでしょうねとジュリア。
今の所被害届けは出していないという。仕事で来たのか?
というウォズ。マクマナス警部に説明に政策のことで
説明に来たのだという。しかしウォズは嘘は分かる
として問い詰める。あなたの様子が気になったという。
私たちの仲だとすると、何か有ったのかと尋ねる。
リンダが出て行ったし腰が痛いしメッツは冴えないと
いう。妻にダニーのことが知られたというと、ジュリア
は他にもあるんでしょとし更に追求してくる。
すると突然ウォズの窓硝子が割れる。ここの崩壊が始まった
のだという。

トウフォとエスパーダは押収金の紙幣番号を入力する作業。
トゥフォたちは町中で犯罪が起きているのにこんな番号
入力をしているだけでいいのかと問う。ハーリーはパス
ポートの方の入力をするか?としてブルガリアのパスポート
だからアルファベッドが英語よりも10個くらい多いわと
いう。するとヴェルコがやってくると、キリル文字だから
4つだよと語る。ヴェルコの姿を見ると誰が檻の扉を開けた
のか?と。ゴミ処理チームがマジメに紙幣番号を入力して
いるのか?と驚きを見せる。天と地がひっくり帰ったのか?
というヴェルコ。それよりそのネクタイは禁止条例が居るぞ
とトゥフォ。君たちに限って後ろめたいことはしていない
だろうなと問うと、ハーリーはヴェルコに手伝う気が無い
ならば大人しくデスクに座っててと語る。

そんな中エスパーダのパソコンからアラート音が鳴る。
麻薬取締局(DEA)の警報だとし奴らが追跡している事件に
引っかかったのだという。事件NO.は「15-C-877」。
ハーリーはそれで調べると強奪事件の時の紙幣が使われて
いる事が分かる。誰かが奪ったのか?というとハーリーは
私たちだという。

■Impression

いよいよハーリーもウォズもテコ入れせざるを得ない状況
が訪れた感じだね。

ジュリアが仲介しない限りはマフィアのボスのビアンキの
暴走が止まりそうにない。かなりハーリーが不利な状況に
陥る中で、ウォズもハーリーに偽証させた手前無視する
ことは出来ない状況となる。
また今回はもう一つの大きな流れとして、シーズン1の最後
に麻薬の儲けの押収金強奪の件で盗まれた金が使われた
というDEAからの警報が鳴る。一応分署のみんなの前では
金は受け取って(奪い取って)いないことになっているので
ハーリーとしてもウォズとしてももどかしい状況になって
いる。
分署のことを監視する人物が、マフィアのビアンキ、
内務捜査のヴェルコ、そしてFBIのスタールとかなり面倒
なことになっていることは確かだ。
こういっては何だけど、スタールの事はビアンキに話して
はダメなのか?(笑)あまりにこの人はやり方が気持ち悪すぎ
て嫌悪感しかない。

ヴェルコはローマンを孤立させようとしているし、
ハーリーとテスの間の不信感など色々と山積している。

このドラマの面白いところは真実を知って居るものが
真実を語れない状況に有る事。
それぞれの場面で事実ではないことを知って居るのに
それが言えずに無駄な捜査をさせてしまっているところが
有ったりするんだよね。

■事件発生!

今回は大きく分けて2つの新たな事件が発生した。
もちろんその事件はこれまでの事件を浮かび上がらせて
しまうかも知れない恐怖のサインみたいなものだけど。

1) ID偽造を取り締まる

エスパーダとトゥフォは10万ドルがあることを知って欲し
がる。

偽造IDを作っている中には女性・デビー
(Monica Rae Summers Gonzalez)がいた。バイトだけでは
子供に良い暮らしをさせられないということで、彼氏
に言われて画像編集の仕事をしたけど、それが偽造IDを
製造するものだったこと。

悪い人に出逢ってしまったりタイミングが悪いとこうなっ
てしまうのね。

良い学校に行かせようとして必死のハーリーとしては
彼女に語る言葉は自らに跳ね返ってくるものではないのか。

「子供にとって大事なのは良い暮らしではなく尊敬出来る
母親。」

しかしすぐに証言でバレる気がするんだけど・・

・10万ドルを欲しがる

押収した金について、ハーリーはダメだと語る。
ある意味この行動は正解で下手に金を入手していたら
DEAがマークしていた金を入手してエスパーダかトゥフォが
使うハメになっていたかも知れない。ただそれも今後
押収されたらの話なんだろうけどね。

突然押収金が表に出て来てしまったことで不味い状態だ。

2) キャロラインの死

プロスペクト公園の西側で殺された。

ドラマとしてはこの件は相当厄介なことになりそう。
何と言っても先日ハーリーの車が壊されたなと思っていた
流れはなんと隠して有る銃を抜き取ったもの。

テスとハーリーがケンカしている状況なので相当面倒だ。

ナヴァからは自殺かどうかを尋ねられる。
テスもハーリーもナヴァを尋問するような言葉を言ったから
ね。
ナヴァはハーリーと一緒に居ると厄介事ばかりなの
でこの件で別れる事を告げる。

■嘘は分かるものと分からないものがある

ウォズとジュリアの間では嘘をついてもわかり合う所が
ある。リンダと別れたことを話したけどFBIに脅されて
いることは話さない。

キャロラインの死と凶器は40口径
ハーリーのトランクの中にはモンフォルティーノという
ワインが入っている。銃が無くなっている。
ビアンキのリストに乗ったのは私だとハーリー。

・ナヴァと付き合っている

キャロラインの死と凶器に関しては正直に話すので
ベストだったけど、それが出来ない理由・問題が
有った。ハーリーの銃であり、ナヴァとハーリーが
付き合っている。

更に不利なことに何者か内通者がいてヴェルコに情報を
流している。
スタール同様に監視カメラをつけて居るのか。
それとも一番怪しいのはローマンだけどジュリアという
可能性も否定は出来ない。ただキャロラインが殺された
後にヴェルコはローマンを寝返らせようとして必死に
説得していたからな。

テスはナヴァが嘘をついていることを疑っている。

・この事件では問題が山積

キャロラインの件では

・薬莢にハーリーの指紋がついている。
・ナヴァのアパートの防犯カメラにはハーリーが写って
いる。
・未だにハーリーの銃はビアンキに握られている。

(マガジンには9発入っていた・・残りは8発あるぞとビアンキ
には脅される。)

・ウォズが銃器鑑定について手伝ってくれるようだ。
(支給品の銃ではないのをローマンに見られる)
(ウォズがモルグにいって銃弾を遺体に埋め込む)

・防犯カメラを何とか回収にいくハーリー
(2016年10月26日20時48分頃にハーリーが写っていた)
(でもパスワードで消せず・・)
(警備員に問い詰めらそうになるとテスが助けられる)
(銃弾を盗んだこともハーリーが取ったこともバレる)
(それでも協力を求められる)
(ビアンキがHDDを見ると全て消されていると指摘される)

■スタールは相変わらず監視

・クリスティーナにUSBを渡す

渡した時点で絶対にスパイウェアが仕込まれていると
思った。案の定このUSBのせいでサントス家は筒抜けの
状態
になっている。しかも既に先日ミゲルの実家に行った
時にもモニカ (Kristina Reyes)の携帯をハックしている。

ハッキングされているのはPCと携帯のようだ

・キャディ

キャディからクリスに封筒が渡される。言われた通り大人
しくしていると語る。その光景をスタールは見て居た。

■過去が浮かび上がる

・押収金

金を使ったことが誰なのか。
ウォズがハーリーに渡した金はミゲルに渡したとするが
基本的には金を隠していたのはキャディだったよね。
その後あの大金ってキャディとミゲルに渡した意外の
金はどうなっているんだっけ?ミゲルに渡した金は燃やして
しまっていた気がするが・・

・ドニーの死

押収金の件では全容を知って居る人がハーリーだけという
現実が有る。その為にドニーはまだ生きて居ると思って
いる人が居るのも確かだ。押収金が使われたと知って
ローマンはエスパーダに語るとドニーが使いまくっている
として怒っていたが、ローマンは彼を殺した居る張本人
なのでなんとも言えないでいる。

ドニーと付き合っていたのがウォズだということが
ローマンにも伝わり、またウォズ自身にもヴェルコが伝え
ていた。

■その他

・アメリカの自動販売機

私はyoutubeが好きで、好きなジャンルは外国人が日本
に来る動画と、日本人が外国に行く動画。
そして日本に滞在している外国から来た人たちのものだ。
来日した外国人がファーストインプッションと言えば確実に
取り上げられるのは、自動販売機ことvending machineで
ある。日本の豊富で色んなところにある自販機は珍しい
ようで必ず紹介される。アメリカの自販機は金を入れたの
に出てこないことがあると文句を言う人も多いがエスパー
ダが今回それにハマった。大抵は「叩く」と出てくるよね(笑)

私のように昔からゲームセンターによく通っているもの
にとっては「飲まれる」というゲームセンター用語が
ある。金を入れたのにCREDITが1として認識されないこと、
金だけがBOX内に入ったことを指すのだけど・・今は認識
もよくなって飲まれることも無くなったのかな。

・リンダとウォズ

リンダは荷物を取りに来た。
関係が修復出来ることはあるのかな。
でも最後にジュリアとウォズが関係されそう。

■Used songs

・Kiss the Sky by Jason Derulo
・Blame (feat. Elliphant) by Zeds Dead & Diplo
・Do You Remember (feat. Raury) by Jarryd James

■Cast

ハーリー・グレース・サントス (Jennifer Lopez) NYPD
マット・ウォズニアック (Ray Liotta) NYPD・警部補
ロバート・スタール (Warren Kole) FBI
マイケル・ローマン (Dayo Okeniyi) NYPD・新人
テス・ナザリオ (Drea de Matteo) NYPD・金髪

マーカス・トゥフォ (Hampton Fluker) NYPD
ジェームズ・ナヴァ (Gino Anthony Pesi) 検事補
ジュリア・エアーズ (Anna Gunn) NY市警->議員へ
リンダ・ウォズニアック (Margaret Colin) ウォズの妻
マイケル・ビアンキ (Ritchie Coster) マフィアのボス
カルロス・エスパーダ (Vincent Laresca) NYPD
トム・ヴェルコ (Dov Davidoff) 監査官
クリスティーナ・サントス (Sarah Jeffery) ハーリーの娘・音楽学校

マイケル・ビアンキ (Ritchie Coster) マフィアのボス
カーティス・デヴィル (Michael Laurence) “キャディ”
キャロライン・ウィンストン (Mimi Michaels) ナヴァ検事の元フィアンセ
(J.D. Mollison) 共同弁護士 / ナヴァを呼びに来る
デビー・ラミレス (Monica Rae Summers Gonzalez) 子持ち偽造ID
(Douglas De Souza) ジャンキー・男
(Julia Kathryn Hays) ジャンキー・女
(Leopold Lowe) ビルの守衛
モニカ (Kristina Reyes) ミゲル家の娘
(Linden Tailor) ホテルのフロント
(Shelley Thomas-Harts) 救命士#1
(Ernest Williams Jr. ) 救命士#2
(Jacob A. Ware) 偽造ID
(Yan Xi) ナヴァの裁判の証人
(Alex Perez) NYPD Core Officer

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336