エージェント・オブ・シールド Agents of S.H.I.E.L.D. シーズン5 第3話 奪われる命 A Life Spent

リンク広告 テスト




第3話 奪われる命 A Life Spent

脚本/Lilla Zuckerman
Nora Zuckerman
監督/Kevin Hooks

【Previously on ..】

ディークは生きて行くには溶け込まないといけないことを
語る。その為には【メトリック】がないと働くことも
出来ない。テスは誰もが【ライトハウス】を崩壊させない
為の役目を担っているという。メイに堪えるよう告げる。
カサイアスは「命が奪われ命を得る」と唱える。エヴァや
シナラに連れてこられたシモンズは自分の代わりに殺された
人を見てどうかしていると主張。カサイアスはシモンズに
沈黙を与えるとして耳から何を入れる。するとシモンズの
耳は聞こえなくなる。ヴァージルは何かを知っていた。
彼の部屋に行くなら私も連れていってくれとコールソン。
どういう計画が有ったか分かるかも・・と。テスはヴァー
ジルは【トローラー】に乗せていたという小さな地球の形
の模型を見せる。いつか世界を戻したいとしていたこと。
ディークはあんな地球を戻せると思うのか?とし
「もう遅いよ・・だってクェイクが壊しちゃったから」
と語る。それを聞いたデイジー。

【STORY】

シモンズはカサイアス(Dominic Rains)の部屋にいた。
カサイアスはこれから面会者と会うので中央で流行中の柄
のジャケットに着替える。
シナラ(Florence Faivre)に大切な客人を待たせて過ぎて
いると告げる。

使者(Doug Simpson)がやってくる。
カサイアスはかなり低姿勢で使者を丁重に扱う。おもてなし
として地球人が「マティーニ」と呼んでいる酒を用意した
というが、レディ・バーシャ(Rya Kihlstedt)の伝言を
言付かってきたという。「残念ながら・・」と。しかし
カサイアスは最高級の地球料理を用意してあると説得する。
使者はレディ・バーシャは食事は自分の船でされる主義だ
と語る。気分を害されたか?という使者。ただセレモニーの
方は楽しみにしているとし大いに期待していると語る。
タイ(Max E. Williams)に対して良い知らせをするなら
今だぞというが・・タイは何も言えず。大使が居なくなった
途端カサイアスは憤怒して当たり散らす。
カサイアスはシモンズにタイして問題発生だとし君自身の
為にも解決して欲しいと語る。

グリル(Pruitt Taylor Vince)は【リニューアル】のせいで
時間と稼ぎが無駄になったと憤る。お前らがここでピッチ
をあげないと俺がリニューアルするという。そんな発言を
聞いてグリルを信用したのが失敗だったなとコールソン。
エレナは失敗所ではないとするが、マックはこうでも
しなければ撃たれて居たんだと語る。デイジーだけでも
無事で良かったと語る。ヴァージルがこの手帳をなぜ隠して
いたのか理由がしりたいというコールソン。こんな所に閉じ
込められているとみんなおかしくなるからよとエレナ。

そんな中ゼヴ(Kaleti Williams)はコールソンらにノロノロ
するなとして手元のスイッチを押す。するとメトリックに
電流が流れて痛い思いをする。エレンは憤怒して能力を
使おうとするが今は堪えろと告げる。マックはグリルの元
にかけよりオフィスに行こうとするが防犯装置が作動して
やはりメトリックから電流が流れる。グリルは許せないもの
として「こそ泥」「ぐず」そして「反乱分子」だという。
ゼヴはそんなマックを蹴り飛ばす。俺たちに借りがある限り
はお前達は俺のものだというグリル。

フレームワークの世界から戻ったデイジーはディークと
行動を共にしていた。待ち合わせ場所に誰も居ないという
デイジー。俺のアドバイス通りに溶け込んだのだろう
というディーク。シモンズを探しに行ったはず・・合流
しなければというデイジー。ディークは俺から逃げるんだ
ろう・・認めたくなくてと。逃げるのではないし、私じゃ
ないからとデイジー。私がどうやって地球を壊せるのか、
そこまでのパワーはないという。いずれ目覚めるのだろう
という。丸かった地球をクェークが壊したからと。
多元的宇宙ならあり得るとし聞いたことがないだろうが
「量子物理学にこういう説がある。パラレルワールドは
無限に存在する」。
(in quantum physics, there’s a theory that, for every universe,
there are infinite parallel universes.)
俺の世界では君が地球を壊した。君の世界ではまだ壊し
て・・と語るディークをデイジーがビンタする。今のは
どの世界で起きたことなのかというデイジー。

ディークはリニューアルが行われたことを聞く。
3人が死んだこと。しかし君の仲間は無事でどこかに隠れて
いるのだろうと。この中のことを知り尽くしているのは
アンタでしょとし、何処にいるのかと問う。グリルの
作業場の人間が死んだ・・そして欠員が出たのでそこにいる
のではないかという。靴磨きのおじさんに聞いたのかと
デイジー。すると奴は何でも知っているというディーク。
はじめから彼に聞いておけば良かったとデイジー。

エレナはスペイン語でマックと話合う。
「無茶しないで」「君の為じゃない」
事務所の中を覗きに行ってきたのだという。例の探索機は
デスクの後ろにあるというマック。アレでエレベーター
を使えばシモンズを探せるというコールソン。
銃が隠して有ったというマック。人間は銃を持ってはいけ
ないのでしょ?とエレナ。マックは忍び込むのは無理だと
するとエレナにとって来てくれないかという。これは
「無茶」ではなく「偵察」だと。

メイとテスがコールソンたちに合流する。
トローラーの操縦をしたなんて良いねとコールソンはメイ
に語る。必死で帰ったばかりよと。連れていってくれと
コールソン。グリルはテスとメイのお陰で命拾いした
ことに礼を言うが、しかしノルマは2倍にするとテスに
告げる。粉砕器を2、3台貸してとし船いっぱいにスクラッ
プを積むなら男でも何人か貸してくれというテス。グリル
は反乱分子と仲間たちを連れていけとし、そいつらならば
何が有っても痛手にはならないと。

シモンズはエヴァから耳が聞こえなくなる封印を解かれる。
そして涙している少女アビー(Ciara Bravo)の元につれて
行かれる。タイは練習するんだとアビーに告げるが、シモ
ンズはこの子に何をしているのかとタイを責める。勝手に
泣いているだけ、シモンズが何とかしろというタイ。
シモンズはアビーを安心させる。名前を問うとその発作は
いつからなのか?私は医者だと。手に触れようとすると
触れることが出なかった。これはいつからなのか?
【テリジェネシス】が有ってからだというと、シモンズは
【インヒューマンズ】なのかと驚く。アビーはセレモニー
で上手く出来なかったら私はどうされるか分からないと
語る。

■Impression

異星人がまた一人。
クリーは肌の色が青いけれど、今度出て来た異星人は
眼が赤くコンタクトを入れているかのようだ。
カサイアスの態度からするとこのレディ・バーシャ率いる
異星人の方が位が高いのか、かなり低姿勢な態度で
彼女や大使を迎えていた。
赤と青というと人間が管理の為につけさせられている
メトリック。これは青から赤に変わった時、地球には
三分しか居られない・・っていうのはウルトラマンネタ
ですけど、色が変わることもまた象徴している。

クリーは人間頼み。
【インヒューマンズ】は基本的には人間の中にクリー
の遺伝子を持っていることは過去に触れられている
けれど、異星人へのおもてなしにはみんな地球人の食べ物
とか飲み物を出して居るよね。
そして何よりも戦闘員的インヒューマンズを供給すること
で金か資材かを受け取っている感じ。
一番強いのはボケ防止にボールを握っているようなシナラ。
あのボールがまた正確に狙った相手を殺してしまう。

気になるのはここにいる人間は人口的には限りがあるハズ。
それなのにリニューアルと称して人間を殺しては命の
入れ替えとばかりに新しい人間を添えているが、人間の
居住区は他にもあるのか?
テスは必死になってこの世界「ライトハウス」を守って
いるのだけど・・

クリーは思ったよりも強くないのではないかという気が
するし、反抗しようと思えばグリルとか簡単なグリル
出来る気がする(寒いギャグ)
あまりテクノロジーらしいものがないとしていたけれど、
宇宙船のトローラーとかこの世界にあるものは全て
過去の人間が作ったのだろうか?。そもそもクリーっていう
のは地球にいたものたちなのか?

興味深いのはエピソードのタイトルで、今回と次回は

S5E3は「奪われる命」
S5E4は「得られる命」

なんですよ。

で、ドラマの中でカサイアスにしてもテスにしても
「命を費やし命を得る」
なんて言葉を発している。
気の優しいマックはゼヴでさえも助けようとしているのに
帰還した後には興味深いことにその努力もむなしく
エレナがゼヴを利用して自分たちのピンチを切り開くこと
になる。

■それぞれのMission!

こんな狭い世界でも複数の独立した流れが有る。

・シモンズ

シモンズは完全に変なメイクをされて耳から何やらコン
トロールさせられるような物質を流し込まれてしまった。
でも今回シモンズが必要だという時にシナラがコントロ
ーラみたいなものを使ってシモンズが普通に動けるように
していた。

よく分からないのはシモンズは操り人形のように静かに
立たされている時の映像はシモンズ自身は目で見て考える
ことが出来る状態なのかということ。耳が聞こえない
だけでなく手足の自由や考える能力さえも奪われてしま
っているのかがよくわからない。動けないだけなら少し
ずつ現状を把握していけるよね。

今回のシモンズの役割は、アビーという少女が
インヒューマンズとして力を制御するように教育する/
正しく導くところに有った。

シモンズはここのルールを知って居る振りをしてアビー
から情報を聞き出す。18歳になれば誰もが通る道。
【ミスト/Terrigen Mist】を浴びてたまたまラッキー
だっただけ。

アビーによると家族と別れるのは辛いけど報奨金が出る
から親が楽になると頑張っている子。

セレモニーまでにインヒューマンズの特殊能力をコント
ロール出来なければアビーだけでなくカサイアスやその
部下でアビーの教育係のようなタイは困るみたいだが。

シモンズは時に専門用語を使い時に分かり安く能力に
ついての説明をしていた。
出来ないとして憤っていた時にはアビーは床を叩いて
ヒビを見せていたからね。

「全てのものが同じものから出来ている。陽子と中性子
と電子。その間には何が有るか・・それは宇宙/無限の
宇宙だと。人の身体は銀河みたいなもので、あなたは
他の人とは違って惑星間の宇宙を操れる」

結局セレモニーでアビーはレディー・バーシャが連れて
きた最強の王者(バーシャによると王者ではないが7つの
惑星系で13人の敵を殺している)と闘うことになり、最初
はボコボコにされるがアビーは能力を使って自分の身体
が高くして相手の拳を破壊。そして相手の身体を突き抜
けるパンチで戦士を倒した。(他の惑星を全滅してきた
なんて言うと「Dragon Ball」のカカロットの仲間?みたい
な奴らだ)

出来る様になった理由としてシナラはシモンズの持つ
「思いやり」によって出来たことを語る。

・デイジー

ディークはデイジーがクェイクだと知って恨んでいる
感じはする。「だってクェイクが壊しちゃったから」って
日本語吹き替え版のディークはなんかムカつく言い方
をする(笑)

デイジーはみんなの居場所を知りたい。
ディークの方がよく知って居るはずだとして助けたいので
場所を教えてくれというが、彼は彼で何かを画策している。

ようやくスクラップ工場で働かされているエレナを見つけ
て密かに声を掛ける。エレナは今は仕事が有るから無理
だがクリーから盗んだ端末がこのボスの部屋に有って盗む
のでそれを使ってシモンズを探してくれと頼む。
エレナは意図してグリルの部屋のセキュリティを鳴らして
彼女の腕のメトリックが故障したように見せかける。
その隙をついて能力を使い盗んだ端末をデイジーに
渡して戻ってくる。

デイジーはそれを受けてタブレットを見ながら行動する。
ディークはデイジーを尾行していたのか突然彼女の前に
現れて何をするのか問う。ディークは上述した様に
自分の計画を壊されたくないようだ。
「いくら力が有っても無防備だ。長期戦で行かなきゃ駄目
だ。オレなら向こうのボスから招待状を手に入れて大手
を振って乗り込ませてやれる。」(Deke)

それとやはりデイジーを快く思っていないのかも。
また下手にかき乱されるとリューアルさせられて人が殺
されるという事情も有る。
止めようとした彼に能力を使ったデイジー。
「本性を現したなクェイク。世界を滅ぼした女。」(Deke)

カサイアスがいる所を「城」と呼んでいたけどただ単純
に階が違うだけじゃないの?

何だか花を栽培している所を通り抜けてエレベーターを
利用しようとする。するとクリーが2人もやってきた。
最初は天井に張り付いていたデイジーだけど落ちてしまい
結局肉弾戦に・・格好良いアクションシーンが見られた
訳だけど結局能力で倒すんだから最初からそうしとけば
良かったのにね(笑)

その後廊下を通っていると突然透明のシャッターが降りて
閉じ込められた。ディークが密告してカサイアスに告げた
様だ。

■コールソンたち

トローラー組のメンバー。

メンバーは他にメイ、エレナ、マックそしてテス。
コールソンはメイがトローラーに乗っていたことを冒頭
では羨ましそうにしていたよね。

テスが上手い形でコールソンたちを手伝いとしてトロー
ラーに乗ることを容認させるような流れが有る。
グリルによると既にシールドの面々は「反乱分子」と
言われている様だ。

ただエレナには別の役割が存在していたのでトローラー
には乗らなかった(端末を盗んでデイジーに渡す役割)
故障したと思っているメトリックを直した後には
「もうノロノロするなよ」(Grill)
(もの凄い早い仕事をしたんですけどね)

トローラーにはこのメンバー以外にもクリーの一人・ゼヴ
が乗って来る。

コールソンはヴァージルが持っていた手帳の数字は外に
漂っているガレキのことだろうとしていた。

「地球の欠片の中でこれだけがよく出てくる」(Coulson)
「616 (Fragment 616)」(Tess)
「これは大きめの欠片の一つだけどただの岩の塊。何も
ないところだよ。」(Tess)

・トローラー

このトローラーは目の前にある隕石を全て吸い取るように
して本体に入れている。この隕石は何かエネルギーにでも
なるのだろうか?ガレキと言っていたのはこの隕石のこと
なのか?

マックがゼヴに殴られている中で予定とは違う方向に進路
を向ける。

コールソンとメイが会話するシーンが有り脚の怪我を気に
していた。あの怪我がそう簡単に治るとは思えない。
コールソンは手、メイは脚がロボット化するのか。

「もしかしたら戻れないかも知れない。期待しすぎると
キツイからな」(Coulson)
「運命論者だったっけ?」(May)

「この時代で彼らを助けることが運命なのか」(Coulson)

メイは相当この世界を嫌っている。
この前には何週間もヒドラと思わされていて、自分のベッド
で眠りたいと考えて居る。

・地球を目にする

壊れている地球を目にしたコールソンたち。
ヴァージルは必ずこれを持って来たという。
無くなっていた取っ手が地球儀の中に入っていた。
その取っ手が鍵になっていて中には無線機が入っている。

ただこのタイミングでゼヴに見つかってしまい、例の
強力磁石でメトリックが磁力を帯びて壁にくっつかされた。

みんなが壁についているのでメイはトローラーに隕石を
ぶつけて無茶をする。当然ゼヴだけが船内で倒れて手に
していたコントローラも落とす。闘いになる中でなんとか
手にしようとするがマックが倒した。マックっていつ
この部屋に来たの?別の部屋でくっついているかと思って
た。

・何者かが居る

ヴァージルが手にしていた地球儀の中に無線機が隠されて
いるトビラの鍵が入っている。
周波数を合わせているウチに人の声らしきものが入って
くる。発信源は目の前。反射しているのか?
地球の表面だと語っていた。

無線の件では録音していたみたいだけどね。
最後に聞こえたけれど
「ヴァージル聞こえるか?もう3日も声を聞いていないから
心配だ「一行も無事に付いたのか?」」

一行とはシールドの面々。
事情を知って居る人物だとして地表に行こうというが、
テスは止めていた。

■その他

・シナラ

シモンズとかアビーが奇っ怪な行動を取ろうとすると
このシナラが必ず玉を転がして脅すんですよ。

「スチュワーデス物語」の片平なぎささんバリ
「ヒロシ!!」と手袋を外すかのようだ。

因みに”スチュワーデス物語” + “片平なぎさ”で画像検索
をかけるともの凄い勢いで色んなシーンで手袋を外して
いる光景一覧って状態(笑)

・ゼヴ

途中でゴキブリに喰わせてやる!と言っていたけど喰われて
しまうのが彼だった。エレナが銃を彼の懐に隠したこと
で自分達は脅されたと訴えた結果なんだけどね。
オランダ人監督Paul Verhoevenの映画
「Starship Troopers
」みたいだな。

■Used songs

・This Must Be the Place (Naive Melody) by Talking Heads
・Always Ascending by Franz Ferdinand

■Cast

フィル・コールソン (Clark Gregg) S.H.I.E.L.D.の捜査官
メリンダ・メイ (Ming-Na Wen) エースパイロットで兵器の専門家
デイジー・ジョンソン (Chloe Bennet) S.H.I.E.L.D.、能力者
レオ・フィッツ (Iain De Caestecker) 兵器技術を専門
ジェマ・シモンズ (Elizabeth Henstridge) 生命科学に精通
アルフォンソ・マッケンジー (Henry Simmons) “マック”、メカニック
エレナ・ロドリゲス (Natalia Cordova-Buckley) “ヨーヨー”

ディーク・ショウ (Jeff Ward) 宇宙で生まれて育った
テス (Eve Harlow) ディークの仲間
カサイアス (Dominic Rains) クリーのボス?
シナラ (Florence Faivre) クリーウォッチ
アビー (Ciara Bravo) インヒューマンズ
ゼヴ (Kaleti Williams) グリルの仲間
レディ・バーシャ (Rya Kihlstedt) 眼の赤い異性人
フリント (Coy Stewart) テスの部屋で寝ている
グリル (Pruitt Taylor Vince) 杖を付いた人間?の現場監督
タイ (Max E. Williams) カサイアスの部下
エヴァ (Tunisha Hubbard) クリー
(Doug Simpson) バーシャの使者 / 眼の赤い

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336