[未][E] マイ・ライフ ~私をステキに生きた方法~ Chasing Life シーズン2 第13話 最高の人生 La Dolce Vita

リンク広告 テスト




第13話 最高の人生 La Dolce Vita

脚本/Patrick Sean Smith
Jared Frieder
監督/Steve Miner

【前回までのあらすじ】

ブレアはフィンとパーティーに出た後に関係を持とうとするが、
苦しませたくないとして拒もうとするが、フィンは健康な振りを
させてと言われ関係を持つ。エイプリルは今も私のことをドミニク
は好きみたいだとし、自分勝手だけど待って欲しいと思うことを
サラに告げる。ベスは体調不良、情緒不安定の原因は妊娠である
ことが発覚。ジョシュの子なのかグラハムの子なのか。
カルヴィンはエイプリルに”マイ・ライフ”という同じタイトルの
本の企画が出ていることを知る。売ろうとしているのはオリヴィア
・オーティスだという。

【ストーリー】

エイプリルはイタリアに行く夢を見る。ベスが起こした格好だったが、
彼女は産婦人科に行こうとしていたところだった。付き添ってくれな
くても良いというが、ダメだとして一緒に行かなきゃと語るエイプリル。
二分で支度をするという中、ベスは彼女に昨夜も回想録を考えていた
のかと問う。構成は出来ているハズだったが、大きな問題が出来た
事を語る。結末が決まらないし、最終章は何と書けば良いのか。
オリヴィアと父の小説のことを描くとかすれば?という中、今の話題
はベスのことだと語る。

産婦人科にいくベスとエイプリル。
看護師から血液検査の為に注射器を入れられそうになると、ベス
は21世紀なのに採血法はこれしかないのかと語る。エイプリルが
呼吸法で彼女を落ち着かせる中で、何とか採血を終わらせる。
私は痛みに弱いのに子供なんて産めないというベス。
産婦人科医がやってくると、血液検査の結果は数日後だけど、妊娠
6週目だと言われる。それを聞くと父親はジョシュだと語る。製薬会社
勤務のジョシュが父って訳ねと。誠実な彼とならば乗り切れると
語るエイプリル。そもそもエイプリルのせいだとし、治験の為に
頼まれてデートしたのが運の尽きだというベス。しかし落ち着いて
というと、今は恋人同士だと語る。産婦人科医は予定外のようねと
告げ、よく考えて決めてと語る。
そんな中エイプリルはメールで母親から帰ってきてと送られて来る。

帰宅して事情を聞くと、オリヴィアが売ろうとしている本の写し
を入手したという。後半は更にパパの人生と重なること。
敵に捕まらないように友人に頼み事故を装って自殺を企てることが
描かれているという。フィクションでしょとしてどう扱われても平気
だというブレナ。愛人が未発表の本を売りに出しただけで家族には十分
不名誉だというジョージ。新人記者でさえパパの死との類似点
に気づきそうだと語る。尊厳死が違法な週だから警察が動くかも
知れないというエイプリル。でも出版にはジョージの承諾がいること。
だから僕と弁護士が呼ばれたのだという。ブレナはナタリーは姉妹
だとして私たちを困らせるハズはないというが、彼女は自分たちに
対するパパの冷たさに怒っていたから無理だろうというエイプリル。
母にも全部話しているだろうこと。ジョージはこの件は僕が収拾する
と語るがサラは私もいくという。一人で抱えた結果がこれだとし、
もう二度と間違えないという。エイプリルは私もナタリーを説得に
いくとし、秘密を共有した以上みんなが当事者だと語る。

エイプリルはカルヴィンから執筆のことを急かされる。
順調だとするが、邪魔が入って少し遅れているが構成は出来ている
という。二週間後出版社に見せたいというカルヴィン。間に合えば
ポスト紙で宣伝してもえらるのだという。正直発想が湧かずに苦戦して
いると語ると、そんな時君の父はどうしていたのかと問われる。
別荘で描いていたとしそれで問題を解決していた事を告げると、日常
と違う環境で描くのは名案だと語る。

■感想

■使用された曲

■出演者

エイプリル・カーヴァー (Italia Ricci) 長女24歳
サラ・カーヴァー (Mary Page Keller) 母親、心理療法士
ドミニク・ロッソ (Richard Brancatisano) ボストンポスト誌
ブレナ・カーヴァー (Haley Ramm) 高校生、次女
ベス・キングストン (Aisha Dee) デザイナー、エイプリルの親友

Dr.スーザン・ハンバーグ (Merrin Dungey) エイプリルの主治医
Dr.ジョージ・カーバー (Steven Weber) 小児がん

ナタリー・オーティス (Jessica Meraz) 異父姉妹
ダニー・グプタ (Abhi Sinha) ボストンポスト誌
フィン・マディル (Parker Mack) 高校生、ガン
オリヴィア・オーティス (Laura Harring) ナタリーの母
Dr.バラット (Colin Egglesfield) 治験の医師
ジョシュ (Ben Lewis) ベスの恋人
カルヴィン・ロス (Nick Nicotera) エージェント
グリア・ダンヴィル (Gracie Dzienny) ブレアの友達
ジル・ジェイコブズ (Kit Pongetti) 財産管財人
— (Sara Amini) 産婦人科
— (Lee Warren Jones) 警察官
— (Alexa Najera) レズビアン

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336