NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン6 第24話 不協和音 Semper Fidelis

リンク広告 テスト




第24話 不協和音 Semper Fidelis
「aka.ポーカーゲーム」

脚本/Jesse Stern
監督/Tony Wharmby

【前回までのストーリー】

ジヴァに誰か分かるかと問うとマイケル・リフキン、モサドだ
と語る。トニーはボクに言う事はないのかとジヴァに尋ねる。
マクギーはテロリスト二人がリフキンの訪問を受けて殺された
とし、もしかしてジヴァが・・?とトニーに言うが、彼はそれ以上
は言うなと語りこの件は俺に任せろという。彼が邪魔している?
とジヴァ。容疑者の二人を殺しているんだというトニー。
イスラエルなら大いに祝っているという。現在彼はアメリカにいる
んだと。アビーはリフキンの左に写っているのはモサドの長官。
ジヴァの父親だと。ジヴァはトニーにリフキンとどういう関係
だと思っているのかとすると、3日前にこのDCで会っただろうと。
ギブスはリフキンに対して警告しジヴァは俺の部下だと告げる。

【ストーリー】

海軍長官のフィリップ・ダヴェンポートの家でカードゲームを
する。メンツはFBI長官のバリー・ハッチンズ、ICE長官の
レン・グレゴリー。CIA長官のロジャー・カークウッドだった。
何か外が変ではないかと気がついたハッチンスはレンに対して
警備はジュールズ・フォスター=イェーツ捜査官なのかと問う。
ハッチンスは無線でジュールズに対してテラスで物音がしたこと
を告げるとシャーマンが倒れて発見される。ギブスたちの元に
海軍長官の屋敷に集合だとし、死んだのはICEの捜査官だという。
ジヴァはアイスってひんやりするヤツかというが、マクギーは
移民税関捜査官のことだという。連邦捜査官が死んだのなら
FBIの管轄だろうというマクギー。
ウチにもチャンスはあるとし中でボスが猛獣使いよろしく闘って
いるという。猛獣使いはスティーブ・マックイーンに次ぐ
ヒーローだというトニー。バイクを乗りこなすのも格好良いとい
うマクギー。象を乗りこなす男は無敵だというトニー。
海軍長官の屋敷で連邦機関のトップたちがポーカーをするとは・・
とジヴァ。ハエになって壁に止まりたいというマクギー。
ブンブンと羽を成らして苛つかせるのか?というジヴァ。盗み聞き
をするんだというマクギー。プライベートの侵害でしょと。

ダッキーが来るとトニーは当サーカス最初で最後の検死官ですと
おちゃらける。ウチの団長は?と問うとフォーネルやICEと仕事の
取り合いだという。
ダヴェンポートは殺人なのか?と問うとシャーマン捜査官が突然
発作を起こしたのかもという。この件はNCISが主導するとしFBIと
ICEは協力をしてくれと告げCIAは帰ってもらっても良いという。
ここは我が家の屋敷だから私が決めるというダヴェンポート。
ハッチンズはそれでは頼んだと語る。

フォーネルはICEのジュールズ・フォスター=イェーツ捜査官を
ギブスに引き合わせ紹介する。各組織のトップが見られるので
警備を命じられたという。

トニーは被害者の遺体にソーセージ状のものが落ちているのに気
がづく。ダッキーはトニーに対してそれは食べ物ではないが味見
したいものは一人だとしヒントは君はダヴィード女史より早く
答えを言えるハズだという。君はよく回るから・・というと舌が
かみ切れたものねとジヴァ。ジュールズは捜査官は震えて居ていた
こと。手足が不自然に動いていたとし、毒ではないのかと問う。
首にはハッキリとアザがあるので襲われたのだという。そして君が
心肺蘇生をしたのだろうとし、良い判断だったという。酸欠だった
とし両方の額級に点状出血が見られるという。首を絞められた為。
何者かが警備をかいくぐり侵入したのか。しかしジュールズは
私がプランを立てた完璧なプランだという。ジヴァは違ったみたい
ねと皮肉を告げる。

マクギーは敷地内の防犯カメラ映像をダウンロードしたがテラス
にはカメラが無いという。長官たちは年に何度か集まること。
世話係や場所は持ち回り。海軍長官は屋敷、ICEが警備、CIAが
つまみを持って来て、FBIが酒を持ってきたという。ギブスは
何を見ていたが”ここにあるものじゃない”という。抜けがある
だろうというフォーネル。
現場を見るNCIS捜査官たち。
ジュールズはそれはきっとシャーマンの皮膚だという。
ダッキーとジヴァはこれはハエだという。バグ・・壁の・・。
盗聴器がガラスについていたとしシャーマンがドアにぶつかった
時に床に落ちてその上に彼が倒れたので気がつかなかったのだと
いう。トラブルは継続中だというと壊れている盗聴器を発見。
慎重ないかなければいけないとしてジュールズはその盗聴器を
踏み壊してしまう。なんてことをするのかとあっけにとられる。

アビーは犯人の功績はゼロじゃない。1個残していった盗聴器を
どっかの誰かが踏んづけたとして激怒。まるで昔の映画・・
超トニー敵だというアビー。マクギーは踏みつぶしたのはトニー
ではなくジュールズだよと語る。そんな中アビーは現場に有った
トランプを見ているマクギーに対して、このポットは変だという。
4人の長官たちはポーカーが下手すぎるのか?

ギブスはヴァンスに何者かが偵察に忍び捜査官を殺害したという。
ヴァンスは過去の集まれでダヴェンポートらがよく言っていた
という。「誰かが死ぬまでやる」というジョーク。夕べいなかった
なというと、前回ハッチンズをオケラにして全員ボロボロにした
からだという。それで招かれなかったのだという。得意のポーカー
フェイスか・・とギブス。ヴァンスはダッキーが検視しマクギー
が証拠品の解析、トニーとジヴァは?ICEの警備の検証に行っている
という。ジュールズが立てた庭を調べていると。

■感想

前回のLA編の続きの流れも含まれていて、モサドのマイケル・
リフキンが登場。終始彼がアメリカに居るだけで一つの不気味さ
加減を漂わせつつ、海軍長官のダヴェンポート邸で行われている
ポーカーゲームの集まりという名の会合で起きた警備員のICEの
シャーマンの死を巡り、果たしてどういう意図が存在して発生
したものなのか。リフキンらモサドが何か関係しているのか。

リフキンが現れてからというもの、どうもジヴァとトニーの
楽しい会話が封印されて少々殺伐とした感じの探り合いの
構図が出来ている。
当初はリフキンによって命を救われたジヴァが嫌々利用されて
いるのかなと思ったし、恋人だと言い寄られつつも嫌々恋人役
を演じているのかと思いきや前回のラストでは一緒に寝ている
シーンまで有って恋心が存在しているのかと困惑させられる。
ジヴァの父親がモサドの長官なので、その辺の絡みもあって、
任務なのか恋愛なのかという線引きが難しいのよね。

そして今回は新たにジュールズという名のICE(移民税関捜査官)
が登場することで、女性同士の厳しい争いが発生する。
ジュールズというとやはりシェパード局長を思い出してしまう
のだけど、NCISの面々が懐疑的にならざるを得ない状況という
のがこれまでにもあるからね。ギブスはジェニーを失い、
トニーはジャンヌ・ブノワの件もあるから、人間不信とまでは
行かないものの慎重にならざるを得ない。

ジヴァとジュールズの争いの時には少々危険だと感じたのか
マクギーが二人を引き離す為に当時の警備MAPを手伝う名目で
ジュールズをオフィスから連れ出したけど、アビーとジュールズ
が争っている時にはマクギーがまた目を光らせてニヤニヤしなが
ら見ている光景が有って嫌らしい(笑。
この二人なら最悪そこまで険悪にはならないと思ったか?

ただジュールズもあの場で重要な証拠を壊してしまうっていう
のも危機管理の観点から当然なのかどうかは分からないけど、
早急すぎるって感じもしたので、その行動がやはりシャーマン
捜査官殺しを疑われることにもなる。

そして何よりもこのシーズンでは冒頭から何処かおかしかったけ
ど、ヴァンス局長の謎というのが次回のシーズンファイナルの
エピの中で描かれて行きそうだな。

■事件

海軍長官ダヴェンポート邸で情報の共有が行われていた。
そこにはFBI、ICE、CIAの長官たちが集まり定期的にそんな集まり
を催していたことが分かるが、警備員の一人ICEの捜査官の
シャーマンが警備中に死亡する。果たして何者の仕業なのか。
海軍長官の邸宅で起きた事件故にNCISが捜査を主導するが、
何故かその会合にはヴァンス局長が呼ばれていない事を知る。

■経過

シャーマン捜査官を検死する

ダッキーの検視によると前腕と上腕二頭筋で首の両側から圧力
をかけて頸動脈の血液の流れを遮断。
気管と喉頭は無傷のまま絞め落とせる(スリーパーホールド)と
してダッキーがフォーネルに実践し、それをはねのけられない
ところが有ったのは意外かも。
ただこのまま絞めれば意識を失い圧迫が解かれた時に全身停止。
膀胱や腸がゆるむとし更に圧迫を続ければ窒息死するとしていた
が事実は違い、シャーマンの医療記録から彼は「アテローム性
動脈硬化症の兆候」が有り、脳への血流が一時的に止まって状態
が悪化し、脳梗塞を起こしたこと。つまり殺意は無かったと
いうダッキーの見立て。

・それぞれの捜査官がもつスキル

警備の状況を現地で調べた際にそれぞれの特殊能力について語り
合う。ジヴァは芝生の足跡を調べていたが、芝生に足跡をつけず
に逃げるには訓練すれば出来ることを語る。彼女レールに耳を
当てて列車の音を聞くんだ。

トニーには何が有るのかと問われた際に、バケツ一杯のチキンを
食べることが出来るのと透視能力が有るとしていた。

メンバーの色んなイスキルでチームに力が強まることをNCIS捜査官
たちは理解していた。ジュールズはその考えをシャーマンにも
言ったが聞く耳を持たれなかった事を語る。

その後トニーとジヴァとジュールズがエレベーターに乗っている
際にトニーの透視能力に言及し下着の色のことについて尋ねていた
が、ジュールズは自ら黒のレースの上下おそろいだと語っていた。

政府機関同士の情報共有の違和感

しっかりCIAは今回の捜査では除外されていたけど(笑)
ただ今回の一件は海軍長官の邸宅での会合なら当然NCISが
警備を担当するのが筋なのにそれを行わなかった。その理由を
エレベーター内の密会でジュールズから聞くことになる。
ポーカーがカモフラージュであることは周知の事実。
スパイのサミットだとしていたけど、内容は聞かされておらず自分
は仕事で有る警備をしただけだと語る。

ダヴェンポートはかつて大統領の資質が試される1年目の2001年
の6月から7月にアルカイダが姿を現し、フライトスクールにいる
離着陸の習得に興味のない連中がいたのに見逃してしまって
2001年9月11日にアメリカ同時多発テロ事件を起こしてしまった
ことを後悔しているようす。

LAからの捜査の引き継ぎ

ロスでサムが殺させずにハジク・タリールを逮捕した。
そんな彼を拷問して聞き出した結果、まとめ役をしているのは
アビン・タバルという人物。FBIが作っているブラックリストの中
にはアビンの名前が有って、その人物が偽名を使いワシントンに
いるという。アビンの偽名は9つ。アドルフォ・ルイスや
ヒクメッド・グーレンイなど。3年前からのプラックリスト。
共通している渡航先はアメリカ。

トニーはジヴァの行動をマークする

トニーはジヴァがマイケルと電話しているのを聞いていたけど
よくヘブライ語を聞き取れたね。
それをメモっておいて翻訳機を通していたけど、みんな文明の
利器を使いたまえ!!録音すべきですよ。
ジヴァがリフキンに会いに言った後に、テロリストが捕まったの
で至急戻ってくれと電話。入れ替わる様にしてトニーがリフキン
に逢いに行き、帰るよう忠告する。

■結論

元々シャーマン捜査官は協調性がなく、ジュールズよりも4年先輩
なのに彼女が上司だということを気に入らない様だ。
まるでギブスとジェニーの時のようだけど(笑)

シャーマンは邪魔ばかりしてジュールズの足を引っ張ろうとして
いた。
アビン・タブルがそんな中で盗聴器を仕掛けようとして見つかり、
殺すつもりは無く気絶させて逃走させたつもりが亡くなってしま
ったのではないかとされる。

・アビン・タブル

ダッキーの検死では青酸カリ中毒で死亡。第一、第二小臼歯の間
にシリカとポリイソプレンの残留物が有り、自分たちが捜査して
いるのを知り自殺したのではないかとされた。

しかしアビーは彼の部屋のパソコンのデータを復元。
そして盗聴器を電波を流れを調べると、

■その他

・アビーとジュールズのキャットファイト

危うく実現しそうになった。
アビーが
「あなたちょくちょく証拠を破戒しているのではないか」
「辞めて下さる?苦労するのは私たちだ」
「ところで格闘技とか習得しているのか?」
「私が高校生の時、母がタイ駐在のアメリカ大使。ムエタイを
習った」
「目を引っ掻いたら指が折られるか?」
「その指で直してもらわないと」

・ギブスルール11と12

ルール11・仕事が終わったら帰れ
ルール12・同僚とは付き合うな

トニーはジヴァの件で調べていた為にギブスからルール11だと
言われた際に12と間違えてジヴァとは付き合いませんよと語って
いた。

トニーはギブスに本当に自殺で納得かとし、リフキンがワシントン
に来ている事を告げるとギブスも知っているという。仕事レベル
なのかプライベートレベルなのか・・キブスでさえも2人を引き離
そうとすることに手を焼いていることを告げる。
「気になるんですね?」としてトニーが告げるとギブスからは
「監視を続けろ」という命令を受ける。

同僚を監視して良い事は無いんだよね。
過去にも秘密で捜査して良い事があったことはないから・・

・ジヴァが電話していた

相手はハダール(Hadar)という人物。
ジヴァの携帯のリストを見ると、abby、avram、debrah、ducky、
eli、gibbs、hadar、jody、McGeeと書かれていた。その下まで
スクロールしていなかったけど、トニーは愛称で本名は
Anthonyなんだからabbyの下に有っても良いのではないか?

ジヴァの部屋にトニーが訪れる。
アビーがネットを使って情報を引き出していたのはジヴァの部屋
からだった。住所は3558 VOLTA PL NW WASHINGTONって書いて
有った。
そこで事実を突きつけるとトニーとリフキンが激しい対決に
なる。リフキンが相当な腕の暗殺者だということを考えると、
ちょっと彼一人で乗り込むのが怖いなと思っていたんですよ。
ただ争いの流れでリフキンの腹にガラスが突き刺さり、
トニーは落とした銃を使って辞めろと止めるが静止を無視して
襲ってきたので射殺することになった。

・ダヴェンポートとギブスの密会

「常に忠誠を」ということでダヴェンポートがギブスの地下室に
来て会話していた。シェパード局長が亡くなったことで組織の
頂点に間違った人間に座るのが危険だと感じているであろう
ことを告げ、ギブスがヴァンスに対して慎重になっているのだろう
としていた。ただヴァンスのファイルは黒塗りが多く、更に
ダヴェンポートも隠したがっているような行動意図も見て取れる
ような行動が有ったよね。

・マクギーの恋?

ジュールズに好意を寄せていた。残念なことにこのエピだけしか
登場しないキャラなので発展は無さそうだけど・・

ジュールズ演じるJaime Murrayは、イギリスの女優でアメリカで
もよく見る。
「華麗なるペテン師たち」(イギリス版)のステイシー役、
「デクスター 警察官は殺人鬼」のライラ役、
「ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜」のウェルズ役、
「リンガー 〜2つの顔〜」でもオリヴィア・チャールズ役で
出演していた。

■使用された曲

・Fear by Stop Making Friends featuring Pauley Perrette

■出演者

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) モサド
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”分析・解析
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの新しい助手、検視
レオン・ヴァンス (Rocky Carroll) NCIS局長

ジュールズ・フォスター・イェーツ (Jaime Murray) ICE捜査官
マイケル・リフキン (Merik Tadros) ジヴァと接触、モサド
バリー・ハッチンズ (William Allen Young) FBI長官
レン・グレゴリー (Tom Kemp) ICE長官
フィリップ・ダヴェンポート (Jude Ciccolella) 海軍長官
T.C.フォーネル (Joe Spano) Senior F.B.I.
ロジャー・カークウッド (Steven M. Gagnon) CIA長官
トーマス・シャーマン (John M. Adrian) ICE捜査官

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336