NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン6 第22話 ロサンゼルス潜入捜査班 前編 Legend (Part 1)

リンク広告 テスト




第22話 ロサンゼルス潜入捜査班 前編 Legend (Part 1)
「aka.LA特殊捜査班・前編」

脚本/Shane Brennan
監督/Tony Wharmby

【ストーリー】

NCIS:LAではある作戦を実行中だった。
“ブラックバード”が金を持って犯人が要求する場所に向かう中、
捜査官のララ・メイシー捜査官の指揮の下、エリックが上空や
カメラ映像から監視。ケンジーとサムは現場で”ブラックバード”
を尾行する。しかし突然町中で何者かが”ブラックバード”に
向けて発砲。現場は混乱しサムやケンジーは何とか発砲場所を
特定して犯人を見つけ出そうとするが見つからず、ケンジーは
車に轢かれそうになる。サムに対して私よりも”ブラックバード”
(チャンドラー)の方を追ってくれという。GPS発信器はチャンドラー
が持っているブリーフケースの中だと言うが、その場にケース
は落ちて金は散乱していた。ブラックバードが消えた・・最悪だ。

マクギーとトニーは出社する中、エレベーター内で”議論”について
議論する。マクギーはトニーと議論などしていないと否定。
今していただろうとトニー。
ジヴァのデスクに電話がなった為にトニーが出る。リフキンは
ジヴァは?と問うと今来たとしてジヴァに変わるトニー。
低音ボイス190cm、90kg、プラダのスーツ、靴はイタリア、
何処かでジヴァを探しているという。ジヴァは電話に出ると
シャロームと挨拶し久しぶりねと。
そうしている間にもトニーとマクギーは議論について語る。
マクギーはトニーは何かというと議論を吹っかけてくるのが
問題であり、トニーはその議論で負かしたいだけだという。
喧嘩ではなくからかっているだけだ。これはジョークだよという
トニー。ジョークなら楽しく笑えるハズだというがこれは笑えない
というマクギー。
ギブスがやってくると仲良く出来ないのかと告げる。コーヒーを
入れようとするがそれは後だとし海兵隊が死んだのだという。
トニーはジヴァに遠距離恋愛?テルアビブの彼氏か?と問うと彼女
は妬いているのねと語る。

工事現場へ。
すると遺体はまるで貼り付けられるようにしてバツ印のように
手足を縛られていた。被害者はニック・フランシス・チャドラー
一等兵。カリフォルニア、キャンプ・ペンドルトンだという。
マクギーは左の靴がないという。トニーは飛行機の搭乗券がある
としロス発、DC行き。今朝付いたのかというギブス。死因は
夜行便かなというトニー。
ダッキーがやってくるとここは素晴らしい眺めだという。
アメリカ建国の歴史が目の前に開けているようだと。ポトマック川
から議事堂ドームまで。今朝8時に出勤の作業員が遺体を発見
したというジヴァ。フライトは6時頃到着。ダッキーは7時11分が
正確な時間だとし、感電したのは彼だけじゃないとして時計を
指指す。しかしマクギーは24ボルトのバッテリーでは感電死は
無理ではないかという。でも窒息させるには十分だというダッキ
ー。胸の周囲に継続して電流を流すと呼吸筋が激しい収縮を
起こすのだという。じわじわと苦しんで死んだハズだと。ジヴァ
は苦しめるのが狙いなのかと問うと、ギブスは喋らせたのだろう
という。

NCISオフィスへ。
彼はクウェートに派遣されて昨日帰国。特別休暇が与えられて
軍歴は満点だという。ゲートでチケットを購入していること。
スーツケースはないので逃げていたのかもと。レンタカーは
機内から予約しているが現れなかったとのこと。
チャーリーを探っているのはウチだけではないというマクギー
はロスから手配が全国に出されているという。ロス市警か?
というギブスに対してウチです。NCISだというマクギー。

ギブスはヴァンスのオフィスで作戦当時のVTRを見せられる。
メイシーが指揮を執って全ユニットがチャーリーのことを
見張っていたこと。先週チャーリーの母親が襲われて重体を
負ったのだという。誰かがクウェートで彼に現金25万ドルを渡して
ロスのある住所に届けないと今度こそ母の命はないと脅していた
様だという。一人息子だから狙われたのかと。LA支局に情報が
入り空港で彼を出迎えたこと。捜査に協力させたのだという。
金を運ぶ途中で発砲されて現場はパニックを起こしたという。
ウェストバージニアの実家へ帰ろうとしてDCまで来たと。
ギブスはただの殺しではないのかとすると、LAでは今武器の密輸
事件を捜査させているというと、関連があるのか?というギブス。
部下一人をつれて調べてこいというヴァンス。
サンディエゴか・・というギブスにロスだとしOSPの指示に
従えと語る。ギブスは今もメイシーが部長なのか?と問う。今回
はチームメイトと上手くやれよとヴァンス。

トニーはジヴァに対して名前が有るのか?と問う。怪訝な顔する
ジヴァに電話の相手のことだという。トリヴァー?ブルース?
マーマデューク?と問うと、マイケルよという彼女。電話じゃ
ブルースっぽかったぞという。
そんな中ギブスはオフィスにやってくると歯ブラシを用意しろと
いう。トニーは急いで用意するというがお前じゃないという。
マクギーなのか?。チャーリーの件でOSPに協力する為にロスに
行くので、こっちのことはトニーに任せるという。OSPって何の
事なのかと問うジヴァに対して特殊チームのことだとし、
専門の潜入捜査・監視・スーパーハイテクだという。ロスで
あんなことが有ったのにまたあの街に行きたいのか?。トニー
ってホントに好き者だねというジヴァに対して多分物好きの方
が適切な表現だろうと。そんな中ジヴァの元に再びリフキンから
電話が鳴る。

■感想

今回は何と言ってもスピンオフの「NCIS:LA」のパイロット版
であり、そのお披露目的エピソード。
ロサンゼルスで起きた事件について、ニューヨークでその遺体
が発見された為に、「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」のチーム
にも参加させるというもの。

「NCIS:LA」と言えばボートハウスのようなちょっと貧しい
感じのオフィスを想像するけど、ここに出てくるオフィスは
ニューヨークのものとは比べものにならない程の最新機材が
揃っていて捜査に挑んでいる。ただ施設は古いし、そこが拠点だと
は分からない作りになっている。
マクギーはそんな施設の装備にうらやましがっていた。
二度くらいギブスの前でウチにも導入しましょうとか言っていた
けど予算が・・って感じで蹴られた。
マクギーとギブスと言えば今回は何と言ってもトニーが冒頭から
マクギーを脅していたけど、ロスまで5時半も飛行機で同乗する
のにギブスと雑談するようなネタを持っているのかとされていた。
ギブスの好きな事と言えば、「ボート作り」「スナイパー」のネタ
なので最新機器ネタの嫌いなギブスとは息が合うのかは気に
なるところだったね。

「NCIS:LA」はOSPと言う作戦名で働き、NCIS下の組織で、
Office of Special Projectsの略称。ドラマでは特殊チームと
していたけど、そもそもNCIS:LAはサブタイトルからしても
「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」潜入捜査を意識している。

ギブスは今回1人の部下を連れてロスへ行けとされたけど、
前回のエピソードでは最初はジヴァ、次はトニーと来たので
今回はマクギーとなった感じもする。

何よりもメイシーって誰?って感じのするものだったし、
ギブスはカレンと随分親しそうに話していたけど、この両者
とギブスは共に年齢差を考えるとちょっと同等に会話するのは
不自然過ぎるんだよな。

■事件

カリフォルニアのクウェート任務から帰還した海兵隊の一等兵の
ニック・フランシス・チャンドラーが突然眺めの良い工事中の
ビルで拷問されて殺されて発見される。
死因はバッテリーを何度も拷問に使ったことによる窒息死。
しかしこのチャンドラーに関してはNCIS:LA / OSPが全国手配
している人物だった。
ヴァンスによると彼の母親が先週襲われて重傷を負ったこと。
誰かがクウェードで彼に現金25万ドルを渡してにロサンゼルスの
指定された住所に届けるよう脅されていた事を知る。

■経過

何と言っても「NCIS:LA」のメンバーが見られたところが良かっ
た。ジヴァさん好きだけど、やはりケンジーに会いたかったぞ(笑)

ドラマではジヴァの謎の行動を巡り、ジヴァとリフキンの関係は
一体何なのか。同行を許されなかったトニーがそんなジヴァの
相手が誰なのかを探る行動を行動をする。
ジヴァ本人はテルアビブの彼だとしているけど、どう考えても
怪しい。ジヴァは手がかりを追っているのだとするが、リフキン
と会っているとしか言えず、このリフキンが一体何者なのか。

また今回は謎の男のリアムを追うがなかなかリアムの元にたどり
着かない。これだけのこと、これだけの精鋭が集まっているのに
何故捕まらないのか。

そしてLAのメンバーカレンの謎の行動の意味も気になる。
既にLA自体はシーズン4までレビューを書いている状態なので
分かると思うけど、彼は暫く捜査をしながら家族/ルーツを探す
という行動を取る。

■経過2

今回はLAサイドと居残りサイドで分かれた。
予算の関係なのか?まぁLAサイドではサム、ケンジー、ネイト、
カレン、エリック、メイシーがメインとなり、ギブスとマクギー
はお手伝いだったからね。

マクギーはこれだけの装置を見せられながらあっさりと対応出来た
ところは凄いね。大抵端末とかって変わると多少は扱いが難しい
ところがあるけどマクギーは溶け込んでいた。

ギブスはカレンと会うシーンが有り、かつてセルビアで助けられた
ことを語っていた。
「まだ探しているのか?」というギブスのセリフを見ると、カレン
の家族の事情のことを知っている様だね。
またギブスはメイシーと少なからず何かが過去に起きている。
ネイトは精神(心理)分析官なので、メイシーとギブスが会話して
いるところを見て色々と想定していた。
カレンは吹き替え版では少々違う言葉で分かりづらかったけど、
字幕版で見ると、ギブスは一回のミスくらいじゃ命は取らない
ようなことを語っていたので、メイシーが中尉時代に何かミスを
犯していたみたい。

■経過3

今回トニーはジヴァのことを探る。
妬いているんでしょとか言われていたけど、相手がテルアビブ
からではなく国内から電話していること。そして相手の名前は
マイケルだとしていたけど、ジヴァの顔はあまり嬉しそうな感じ
ではなかった。
トニーとしての好奇心が擽られないはずもなく、ダッキーの元に
言ってギブスのモノマネしつつ、情報を聞き出すとジヴァは
過去にイスラエルに帰っていた際にモロッコの任務で潜入し、
そこで爆弾で死にかけたことを聞く。ニュースで流れたとし、
その中に気になる男が写っていた。
トニーはその男のことをアビーに調べてもらうことになるが、
トップシークレットだとしてトニーはアビーに言わずにいる。
それでも聞きたいのが人情だよね。
顔認識ソフトではマイケル・リフキンと出たけど、トニーはここ
だけの秘密だとしてその事実をもみ消していた。
リフキンは一見するとイスラエル国籍のテルアビブ在住、銀行員
で一昨日DCに来ている。
後にリフキンと一緒にいるのがイーライ・ダヴィードという
ジヴァの父親である事が判明する。

ジヴァは独自の捜査で一年半前にボルティモア郊外の森でバッテ
リーに繋がれた死因と同じ手口で殺され、その容疑者がステファノ
とベンジーのカース兄弟だとシル。

ジヴァはステファノを速攻で抑えてトニーは足場から落ちそうに
なるベンジーから情報を聞き出すと、ここでもリアムというという
人物の名前があがることになる。

■経過4

LAサイドでは色んな人が偽装して容疑者に接触した。
最初に接触したのはマックス・タリア。カレンが仲介人と称して
タリアに会うが、喫茶店ではレンコ潜入捜査官とウェイトレスに
扮したケンジーがカレンは刑事だという情報を流して信用させる。
レンコがタリアから信頼を得る中で、武器証人と会うということ
で直接会わせるよう告げる。しかしタリアの元に来たのは
殺し屋で、ギブスはサイレンサーを持っていたので相手が殺し屋だ
と警告し事なきを得る。

リアム・パトリック・コイン。
元IRAの武器担当官。90年代は北アイルランドに銃を密輸していた
が紛争が終わりフリーランスへ。チェチェンからサマリアまで
手広く武器を撃っていた。リアムはユーレイのようで誰にも
捕まえることは出来ない。

ネイトによると”レジェンド”であるとし、シュタージが作った言葉
だという。シュダージは東ドイツの秘密警察。偽の身分証を作り
正体を隠して行動している人物である事を告げる。

■使用された曲

・Boy with the Blues by Oasis
・Even Now by Dashboard Confessional

■出演者

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) モサド
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”分析・解析
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの新しい助手、検視
レオン・ヴァンス (Rocky Carroll) NCIS局長

G.カレン (Chris O’Donnell) NCIS:LA捜査官 / OSP
ララ・メイシー (Louise Lombard) NCIS:LA捜査官 / OSP管理部長
ネイト・ゲッツ (Peter Cambor) NCIS:LA捜査官 / OSPの心理学者
ケンジー・ブライ (Daniela Ruah) NCIS:LA捜査官 / 父親が海軍
エリック・ビール (Barrett Foa) NCIS:LA捜査官 / ITオペレーター
サム・ハンナ (LL Cool J) NCIS:LA捜査官 / SEALs出身
マイク・レンコー (Brian Avers) NCIS:LA捜査官 / 潜入

マイケル・リフキン (Merik Tadros) ジヴァと接触
マックス・タリア (Michael Peter Bolus) 武器仲介
ベンジ・カース (Brian Burnett) チャンドラーの殺害犯
ステファノ・カース (Jhon Doria) チャンドラーの殺害犯
— (Liisa Evastina) 若いロシア人女性
ニック・フランシス・チャンドラー (Christopher Bradley) PFC 一等兵
リアム・パトリック・コイル (Bryan Friday) 黒幕
ポーター (Cory Hardrict) 捜査官
イーライ・ダヴィード (Michael Nouri) モサド長官
— (Joel Raffee) Marine Lieutenant
— (Michael A. Templeton) Tourist

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336