プリティ・リトル・ライアーズ Pretty Little Liars 6 第6話 全てを調べ尽くして No Stone Unturned

リンク広告 テスト




第6話 全てを調べ尽くして No Stone Unturned

脚本/Oliver Goldstick
Maya Goldsmith
監督/Chad Lowe

【これまでのあらすじ】

モナはレスリーに何で居るのか?。今夜誰かに私の名を言った
に後悔させるというレスリー。アリアは廃品置き場にまで
「A」がつけてきたという。クラークが撮影したことを語る。
サラはタトゥーの際にエミリーのメッセージを見たという。
(「A」は女かも・・)というアリアからのメール。スペンサー
はクッキーを食べて不安が消えてぐっすり眠れたらそれで
良いというがディーンはそうもいかないことを語る。
ラドリーに潜入したハンナは何で自分のカルテを調べるの
か?とするとスペンサーに告げるとレスリーのカルテだという。
ハンナはレスリーもここに居たのねと。モナとチャールズと
同じ時期だという。サラは何故狙われるのか?というエミリー
に対して練習台にしている・・本番はアリソンを狙うつもり
だろうとスペンサー。捕まえようというハンナ。

【ストーリー】

レスリーが「A」なのかとエミリー。モナは彼女と出会った。
事情を隠していた理由はラドリーで一緒だからだと。そして
ガスマスクをもらったのはモナだけ。みんなが腎臓を取られて
いないか調べている時にジュース配りをしていたというスペ
ンサー。ハンナは何をしているのか?とエミリー。モナを引っ
張って来るのに手間取っているという。
「A」はビルに飛び移り、CIAも真っ青の施設の揃った地下施設
を作ったのよとエミリー。ホントにレスリーが「A」だと
思うのかと。人には意外な顔があるという。モナは成績も
優秀でヘアスタイルは完璧にキープしながら警察無線を傍受
していた。しかしこの前はアンドリューが「A」だと決めつけ
ていたというエミリー。彼は動機がないとし彼女のベサニー
を私たちが殺したと思っているという。ハンナはモナは
来られないみたいだと。家を抜け出したのがバレて携帯は使用
禁止で部屋を出るのも厳しそうだという。モナは来ても
協力しないのではないかとスペンサー。

エミリーはサリヴァン先生の予約をとったから行くとして
抜け出そうとする。アリアもホリス大に行ってクラーク
のネガを返しに行くという。ハンナはスペンサーにレスリー
を追ってフィラデルフィアに行くのか?と。エミリーは私は
カウンセリングにいくので無理だというが、暢気だとして
「A」は野放しなんだという。現行犯で捕まえる為には
みんなで力を合わせなければというハンナ。

・ディローレンティス家
ケネスは車のワイパーにカードが挟まっているのを見つける。
自転車に乗ってきたエミリーにこのカードを誰かが置くのを
見たか?・・・この一時間で家の周りにいる人を見たか?と
尋ねるケネス。

ホリス大に居るアリアの元にクラークが来る。
写真を取られたことが気になっているなら言ってくれれば
良いのに・・と彼。クラークは食事にでもいかないかと
誘うがアリアは今度私に奢らせてとして今は無理だと断る。

ハーウィック大学に在籍するレスリーを調べる。
メール(leslistone@ertweb.net)。ハンナはエミリーにレスリ
ーは科学部の教育助手だとメールする。
そんなハンナの家にケイレブとアシュリーがやってくる。
朝から済みませんというケイレブにハンナはもうスペンサー
の所にいくとして出て行こうとする。スペンサーはフィラデ
ルフィアに行く用事があるが単独行動はダメだから付き添いだ
という。ケイレブにまだ電話するとして出て行く。

エミリーはサラと一緒にいつつハンナからのメールを受ける。
「研究室に侵入するには?」と。サラはエミリーに対して
ケイレブのオフィスで着るのはどれが良いか?初日だから
しくじりたくないという。タトゥーは失敗か?とするが、
サラの「鳥かごから抜け出す」図柄のタトゥーは徐々に回復。
私は夏でも長い下着で「勇気」のタトゥーを隠さないといけ
ないという。サラが痛そうにしていた為にクリームをぬって
あげる。エミリーはそんなサラの肌に触れると感じるものを
覚える。

スペンサーの元にディーンがやってくる。渡したいものが
有って寄ったという。恩人がくれた本で彼自身の体験が
かかれているものだという。クリス無しで眠れたかと問うが
スペンサーはダメだという。友達がフィラデルフィアで
待っているから行かないといけないという。ディーンは
ブラウニーを持って来たのであげるよと。そんなスペンサー
の元にはロンドンの姉からメールが届く。ディーンはどうした
のか尋ねると、私の卒業式のことを母親が仕切っているの
だという。その援軍だと。式には出るけどスピーチはしたく
ないんだという。校長からトラウマ克服の話をしてくれと
言われ卒業生総代として出席することになるが不自然だという。
単位を落としているしみんな生還のスピーチを楽しみにして
いるが事件はまだ終わっていないのだという。断れば良い
のではないかというディーン。卒業証書を受け取るだけでも
凄いよと。ディーンに集会で会えるよね?とスペンサー。

・フィラデルフィア / オオナマズ・スシ
ハンナはスペンサーがなかなか来ないことに苛立ち電話する。
レスリーは研究室の人とランチに来ていること。ディーン
が来ていたのだという。依存症カウンセラーのか?という
ハンナに対して友達なのよとスペンサー。トビーが戻らない
とヤバイねとスペンサー。

ケイレブの元で働くことになったサラ。
ケイレブはサラCMSインターフェイスの構築を覚えてもらわ
ないといけないこと。最近は色々な画面サイズに対応可能
なデザインが好まれているからだと。同じように”キミエ”
の画像を携帯でもタブレットでもパソコンでも見られる様に
するという。キミエとは何か?というサラ。カニエ・ウェスト
とキム・カーダシアンの夫婦のことだとするが、監禁されて
いたサラは分からないよねと語る。

■感想

少しずつ内容を思い出してきた。
サラって誰なのかなと思っていたけど、あのサイロの中で
4人以外に「A」らしき人物に捕まっていた人物なのね。
親がまた大変な人みたいでエミリーがそんな彼女を帰す訳に
はいかないとして匿っている格好。どうしても新しく出て
くるキャラクターとか暫く登場してこなかったキャラクター
っていうのはこのドラマの中では怪しい。
警察官が見張りをつけているのはアリソンだけなんだっけ?

レスリーというキャラクターが出て来たことも有り、モナが
そんな彼女に恐れを抱いている。「A」との関係はあるのか。
ラドリーがまたしても関わっている可能性が高く、そこで
判明したのは同時期にモナ、レスリー、ベサニー、チャールズ
が入院していたこと。それぞれの関係はどうだったのか。
チャールズは死んだとされていたけど、今回のラストでは
チャールズが生きて居ることを臭わせるものが色々と出てくる
ことになる。

また今回は全員で集まり「A」を現行犯で捕まえようとして
協力を訴えるがなかなか上手く行かないところも有る。

しかしエミリーが自転車に乗っている姿がちょっと斬新だった。

■各キャラクター

・アリア

アリアはクラークとの関係を模索しているけど、写真コン
テストの申し込みの件でエズラから推薦人としてのコメント
を書いてもらうと、その文章に魅せられてまだ気が有るよう
な感じの光景が有った。

アリアはホリス大学にクラークが撮影した「A」が写ったと
されるネガを拝借した為に密かに返しに行くがすぐにバレる。
行ってくれれば貸したし、撮られたくないなら言ってくれれ
ば・・・とクラークから指摘される。

アリソンとエミリーで廃品工場に行ってアリソンのものが
何か無いかを探しに行く。
そうしている間にもエミリーは携帯ばかりいじってサラを
心配する光景が有る。
私たちには心配してくれている家族が待っていたが、サラには
それが居ないのだという。

アリソンとクラークが二人の時に彼は「A」のことを色々と
詮索してきたな。逮捕は近いと思うとしていた時、ちょっと
顔色を変えた気もするし・・

またアリソンは「人形」を見つけるがそれが普通のものでは
なく目に何かが刺さっているものだった。
何故か「A」暗室やサリヴァンのオフィスでも常について
回っていることに疑問に感じてエミリーにそのことを話して
いる。まるでリアムタイムで場所を知っているみたいだと。

エズラが来て写真コンテストの申込書を忘れていると渡され
る。推薦のコメントは脚色されているけど今のアリアに欲しい
言葉だったのかな。エズラから人形のことを指摘されていた。

・スペンサー

スペンサーはかなり先走るタイプ。
現在はレスリーが「A」ではないかとして決めつけてかかって
いる。アンドリューの件では完全に間違っていたけどね。

出かけようとしていた所にディーンがやってきてしまう。
卒業式で母や姉たちから卒業生総代としてスピーチするよう
圧力をかけられて参っているところ、彼からアドバイスを
戻る。気を許していく中でもトビーの姿が無い。
彼からブラウニーをもらっていたけど葉っぱは入っていない
よね?

スペンサーとハンナが行動を共にすることになる。

車から盗んできたカードキーをケイレブにコピーしてもらおう
とするが部屋にはサラしかいない。ちょっぴり気まずい雰囲気
が流れてて板。
そんな間にもメリッサとか母親からメールが来て説得されて
いる為にウンザリするスペンサー。サラはもっと勉強をして
いれば良かったとするがスペンサーは寧ろ時間の無駄だった
と語っていた。

ディーンと約束していた集会にいけなかったことを謝罪。
ディーンはこれまでの経験上電話に出ないと道端で死んで
いることがあるので不安になるとして怒っていた。
彼の方から会うのは辞めようとされ、好きな気持ちが止めら
れずトビーが居ても関係無いと思ってしまっていることを
口にされる。

・ハンナ

レスリーはハーウィック大学に通っているようでパソコンで
色々と調べていた。科学部の教育助手をしているようで・・
なんとかして研究室に侵入して証拠を掴もうとする。

ハンナはスペンサーと待ち合わせしてフィラデルフィアの
「オオナマズ・スシ」店にレスリーがランチしている
ところを車を拝借して車の中から色々と情報を盗み出す。
駐車係の男は相当ヤバイことにならないか?レスリーが車が
ないと分かればすぐにバレてしまいそうだ。

「ダークグリーンのレンジローバー。リンバンパーにハーウィ
ック大学のステッカーが貼ってある。車内はシナモントースト
の香り」。

駐車係に断られた際にはニュージャージーまで歩いて帰るわ
としていたけど、隣接しているけど結構遠いのだろう。
スペンサーが来る頃にはハンナはレスリーの車を拝借してい
た。

研究室に侵入前、スペンサーがカードキーをコピーして
もらい準備中。ケイレブはエズラの店で「TOXIC(毒になる
恋愛)」
という本を手にしていた。アシュリーがたまたま
それを見かけてそんなのは必要無いこと。かつてアシュリー
が夫と別れた時にハンナの行動は真逆のリアクションを取って
いたので今のハンナはその状態だけど、昨日本来の自分を
取り戻していたことを語っていた。

ケイレブはアシュリーからのアドバイスを受けてパワー
アップ。そこでケイレブはハンナにキスをして、ベッドで
組んずほぐれつ。

・エミリー

サラのことが気になって仕方が無い。心配しているという
以上にエミリーはサラに好意を寄せている感じ。
タトゥーの件で背中にクリームを塗るときはちょっぴり
意識した感じだったね。サラも確信犯的な気がする。
美人局か!?

エミリーはアリアと廃品工場にいる際にニコルが店に来てい
るとの知らせが入る。ちょうどアリアの前にクラークが
来ていたのでエミリーは退散して店に行く。

エミリーとニコルの再会。
父に会いに行くついでに寄り道したとするが、父親は
フロリダに住んでいるので寄り道にしては遠いと指摘。
そんなニコルからは一緒に8週間タイで活動することになった
のでハイチのチームが再会してまたそこでやらないかと
誘う。答えあぐねている時にニコルが
「タイは遠い?」「人の頭サイズの虫がいるのが嫌?」
言っていたけどそんなの居ない(笑)
カウセリングの途中だし助けたい人が居る事を告げる。
ニコルはハイチの空港でのエミリーは目が死んでいたけど
活動しているウチに目が輝き始めた事を告げ、人助けする
ことで貴方自身が救われているのではないかと言われ、
サラと一緒ならば行く事を告げる。

帰宅したエミリーはサラが襲われた事を知る。
学校の裏の道に入ったらつけられていて黒っぽい車がぶつ
かってきたという。“サイドミラーに肘を当てた”とのこと。
写真を見せるとレスリーの車だと語る。

■その他

・レスリーの車

ハンナがレストランに居るレスリーの車を一時拝借して
スペンサーと調べる。
中にはカードキーがあったのでケイレブにコピーして
もらおうということに・・
ハンナは散々車はシナモンロールの臭いがするとか言っていた
けど実際レスリーの車は汚い状態だった。チャールズが寝泊
まりしていたってことはないのかな。

車の中にはワイヤーカッターとか、老眼鏡(度が入っていない)
動物用ケージなどがあった。スペンサーは私たちを入れる
為のものではないかとしていた。

・サラは「A」に興味を持つ?

ケイレブの店で働くことになったサラは、色々と閉じ込められ
ていた間に世間知らずの状態になっていることに気がつく。
アリソンってどんな子なのか。その名で呼ばれて同じ服を
着せられたら嫌でも興味を持つという彼女。ケイレブは
エミリーに聞いた方が良いとしていたが、話すと口を閉ざして
しまうのだという。
「アリソンは犯人を知っているのかどうか。」
という質問にケイレブは
「知っていたら犯人は長くは生きて居られない」
と告げるが、結局の所ケイレブたちにも答えはないことを
語っていた。

・ニコル・ゴードン

エミリーとはハイチのボランティア時代の仲間で、これまで
8ヶ月はインドにいたという。だからエミリーの事件/裁判
の件は知らないようだ。

エミリーと再会した時にニコルは再びハイチメンバーでタイに
行こうと誘うが、サラを置いていけないと断る。そもそも
サラって本当にサラなのか?パスポートを見られたくない思いが
有るのではないのかな。

ニコルとエズラ、エミリーとサラという新しい組み合わせが出来
そう。

・ハーウィック大学研究室

ハンナ、アリア、スペンサーで侵入する。
何を捜すのかと問うとスペンサーは分厚い領収書などがある
ハズだという。

そんな中、ハンナがある器械に近づくと電子音が鳴る。
スペンサーが何処から持ってきたのか金属探知機みたいな
ものをかざすとみんなのクビの裏にマイクロチップが埋めら
れていることに気がつく。
寝ている間に内臓を取られたのではなくチップを埋め込まれて
いたこと。

ハンナは動物のケージを見ていると閉じ込められた時の映像
がフラッシュバックしていた。それで動物を逃がすけど
結局実験用の動物を逃がすのはヤバイのではないかとして
檻に戻そうとするという間抜けな行動に・・

更にもたもたしているとモナが研究室にやってきた。
彼女がチップを関知してやってきたのかな。

・その他

・ケネスの行動

色々と患者のことを聞くために医師に電話していた。
最後に電話したのはアンドリュー・グラント医師。
そして最後にケネスはチャールズの墓を掘りに行くと
「パパへ、誕生日に帰る。死ぬほど楽しいパーティーを
チャールズ」
と書かれていた。

・ラドリーの人間関係

A) モナによる情報だけど、レスリーはベサニーを嫌っていた。
B) チャールズのカルテは偽造。そもそもクスリ漬けだった
のに移植するハズも無い。チャールズは生きて居る
3) 脱走した日、ベサニーと同時にチャールズも消えた。
アリソンが姿を消した日と同じ。
4) チャールズは大きなことを企んでいる。

■使用された曲

・Secret by The Pierces
・Hypnotic by Zella Day
・Thomas, Wv by Albert
・Turning Back Around by RHODES
・Let’s Talk by Death In The Afternoon
・It Gets Better by Dotan
・Burning Like Fire by Claire Guerreso
・Beams by Bertie Blackman
・Mortal by Fractures
・Interstellar by Glowtape

■出演者

スペンサー・ヘースティングス (Troian Bellisario) マジメ生徒
ハンナ・マリン (Ashley Benson) 母子家庭
アリア・モンゴメリー (Lucy Hale) 娘
アシュリー・マリン (Laura Leighton) ハンナの母
エミリー・フィールズ (Shay Mitchell) 同性愛者
アリソン・ディローレンティス (Sasha Pieterse) 復活
ケイレブ・リバース (Tyler Blackburn) ハンナの彼

エズラ・フィッツ (Ian Harding) 元教師
トビー・キャバノー (Keegan Allen) 警察官
モナ・ヴァンダーウォール (Janel Parrish) ハンナと連む生徒
エラ・モンゴメリー (Holly Marie Combs) アリアの母
ジェシカ・ディローレンティス (Andrea Parker) アリソンの母
ケネス・ディローレンティス (Jim Abele) アリソンの父
ヴェロニカ・ヘイスティングス (Lesley Fera) スペンサーの母
パム・フィールズ (Nia Peeples) エミリーの母
クラーク・ウィルキンス (Titus Makin Jr.) ホリス大、写真

サラ・ハービー (Dre Davis) 生徒、誘拐されていた
ディーン・スタヴロス (Nathaniel Buzolic) 依存症
ニコラス・ゴードン (Rebecca Breeds) ハイチのボランティア仲間
(Carlos E. Campos) 駐車係

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336