[未] HAWAII FIVE-O シーズン7 第9話 誰がJFKを殺したか Elua La Ma Nowemapa (Two Days in November)

リンク広告 テスト




第9話 誰がJFKを殺したか Elua La Ma Nowemapa (Two Days in November)

脚本/Sean Farina
監督/Maja Vrvilo

【ストーリー】

●1963年11月21、ワイキキ / ロイヤル・ハワイアンホテル

黒ハットの男が公衆電話でダラスまで長距離電話をかける。

・現在
ジェリーはその一本の電話が53年前に歴史を変えたもの。
まさにここのホテルは20世紀最大の陰謀の舞台になったもの
だという。
“ターディス”みたいだとするが、とにかく神聖な場所だという。
記念板を置くべきだという。
1963年11月ベトナム大使のヘンリー・カボッド・ロッジJr.が
ここから電話をかけた。南ベトナム大使、統一役のベトナム
と外交関係が正常化したのは90年代半ばだとスージー
(Katie Malia)。そんなスージーはジェリーと初めて会う。
ジェリーはやっと会えたとして”ハワイへようこそ”と歓迎
する。会えたなんて信じられないとしアバターとそっくり
だというジェリー。リサーチの方はどうか?というと話すこと
は沢山有るとし、この48時間は最高だったと語る。何人にも
所在して証拠も発見。ここまで掘り下げたのは私が初めて
でしょうと。もう仮説じゃなくなったとし誰が黒幕だった
のかあと一歩で照明出来るという。この53年に沢山の本が出た
こと。政府による調査、映画も出た。そして今やっと
スーザン・A・フリーリングが真相を暴くのだという。
あともう少し・・全部を検証したら・・と言うスージー。
ファイブオーのコンサルタントに証拠を渡してフル捜査をする
という。本にはオレのこと書いてよとジェリー。そんな会話
をしている中、スージーは発砲されてしまう。

●マノア / アリシア・ブラウン邸

●チェコ共和国・プラハ

●パキスタン・カイパル・パクトゥンクワ州・ペシャワル

●イギリス・来たロンドン・セントアダムズ墓地

●バッキンガム宮殿

■感想

■使用された曲

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹
ルー・グローヴァー (Chi McBride) SWAT隊長からファイブオーへ

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 検死官
ジェリー・オルテガ (Jorge Garcia) 謎の陰謀論者
カマコナ・トゥプオラ (Taylor Wily) 友達、エビ店

エリック・ルッソ (Andrew Lawrence)
スージー・A・フリーリング (Katie Malia) 陰謀論者
ウォード (Matt Battaglia) FBI捜査官
ドレイク (Marshall Bell)
ロッジ (Buz Tennent) Ambassador
ディーン・ラスク (Marty Ryan) 1963年
ジョージ・セラーズ (Wayne Ward)
マウイ・ホク (Kimo Hugho)
シムラ (Dann Seki)
ドン・ホー (Kahu Watters)
カメレ・ヘール (Catherine Davis)
タイラー (Kelly Lawson) General
若い頃のドレイク (Jock Armour)
若い頃のマウイ (Kamaehu Nihipali)
若い頃のジョージ・セラーズ (Jake Mews)
本人出演 (John F. Kennedy)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336