[未] クイーン・メアリー ~愛と陰謀の王宮~ Reign シーズン2 第19話 すれ違う思い Abandoned

リンク広告 テスト




第19話 すれ違う思い Abandoned
(aka.修道院襲撃事件)

脚本/Nancy Won
Robert D. Doty
監督/Deborah Chow

【これまでのあらすじ】

ケナはバッシュに違う人生を生きたかったと語る。あなたと
では送れない人生を・・。それを聞いたバッシュはオレがココ
にいる理由はないなと語る。どうやらあなたの能力はもっと
深そうだとルノード将軍(Vince Nappo)とケナは森で語る。
ナルシスはカトリーヌにあなたが心配だとしてアプローチし
キスをする。メアリーはスコットランドに2000人を派兵する
というと、国内の対イギリス要因で手薄になるとし、隣接する
ナバラ、イタリア、ドイツの国境警備兵も不足するという。
他にも脅威はあるというメアリー。だが夫の意思に逆らい
フランスを危機にさらす訳にはいかないというメアリー。
すると体調が回復したフランシスは我が軍2000人をスコット
ランドに送ると告げる。フランスは一時的に軍隊が無くても
持ちこたえるという。メアリーはコンデ公に対してこの國から
は出られないと語る。ルイは今の君には何が見えるのかと問う。
僕とはただの浮気かと言うと、私があげられるのは心だけだ
というメアリー。

【ストーリー】

教会が兵士によって襲われ、大人たちは殺され子供たちが
人質にされる。
メアリーはルイが戻ったことを喜ぶ。領地に帰ってきたこと。
君とは離れて考える時間が欲しかったこと。スコットランド
へ行こうとした時多くの約束をした。でも行けないという
メアリー。フランソワがあれだけの軍を送ってくれたとし
私の国と王座の為だという。君は王位を守らないといけなかっ
たから正しい選択だというコンデ公。あなたにとって私は
正しいか?というメアリー。僕は単なる君の浮気相手だという
ルイ。心を捧げると言ったでしょとし、あなたが傍に居ない
間は生きた心地がしなかったという。別れを言いに来たのか
それとも別れを告げに来たのかとメアリー。私から言う資格
はないとし、でも愛して居るという。あなたとずっと一緒に
居たいとメアリー。

ケナはバッシュに対してまた遠出するのか?と問う。怪我した
ばかりなのに・・。もう何ともないというバッシュ。
森に居ると心が落ち着くのだという。あなたが傷ついている事
は分かって居るが私を避ける為に城を出て行く姿は見たくない
というケナ。しかしバッシュは心配ないという。ケナは心配
するとして私のせいで辛い思いをさせたのだから・・と。
もう元に戻っているよというバッシュ。じゃあ何で森に行くの
か。友達と一緒に過ごしている。釣りや狩りをしているのだ
という。あなたに友達は居ないでしょとし家族だけだという
ケナ。友達って誰なのか?ケナの知らない人だというバッシュ。
その友達は胸は?ヴァギナは?。両方ともあるよというバッシュ。
君だって好き勝手しているのだから口を出すなという。
そんな中、バッシュの元に兵士(Peter Jorgensen)がやって
くると副官に来て欲しいという。

プロテスタントの過激派がアンジェ郊外の修道院を占拠した
という知らせが入ったこと。敵は最低10人で重装備らしい事。
子供を捕られて衛兵や修道士は殺されたというバッシュ。
2人だけは逃げて助かったという。死者は?とフランソワが
尋ねると最低でも43人、人質は19人。それも生きて居ればの
話だと。狙いは何なのか?復讐なのか・・カトリック女王の・・
少年の親の地元貴族が城に集まってきているというメアリー。
サボワ将軍の軍はどうした?というフランソワに対して
スコットランドに行く為まだ国境で掃討作戦をしているという
バッシュ。彼らが必要だというフランソワ。城の兵で救出
を・・というが、バッシュは彼らは専門の兵ではないので無理
だという。軍を組織しようとし最後の手段だというフランソワ。

貴族達はフランソワに対して息子を助け出す為にどうするのか
を迫る。交渉のために使者を送っているが決裂したら人質の
命を最優先に救出するという。他国に兵を割いたからでは
ないのか?としてフランソワに迫る貴族。するとメアリーは
言葉には気をつけてとし息子の心配は分かるが、でも今
あなたが話しているのは国王なのよと語る。反逆者は捕まえて
首を吊すという。子供が大切なのかは分かって居るとし自分の
子と思って守るというメアリー。

■使用曲

・Scotland by The Lumineers
・Reign End Credits Theme
Written by Trevor Morris
・Hot Hell Road (feat. Gregg Mandel & Dean Taylor) by Ethan Okamura
・Gooey by Glass Animals
・All the King’s Horses by Karmina
・The Space You Haunt by The Holy Coast
・The Bard’s Love by Gerhard Kanzian & Krassimira Ziegler

■出演者

Queenメアリー・スチュアート (Adelaide Kane) スコットランド女王
Queenキャサリーン・デ・メディチ (Megan Follows) カトリーヌ王妃、イタリア系
Baronセバスチャン・デ・ポワティエ (Torrance Coombs) “バッシュ” フランソワの異母兄。庶子
Kingフランソワ2世 (Toby Regbo) フランス国王
グリア・キャッスルロイ (Jenessa Grant) SC。メアリ女官
Baroness ケナ・デ・ポワティエ (Caitlin Stasey) SC。バッシュの妻
Lady ローラ (Anna Popplewell) SC。メアリー女官

レイス・バヤール (Jonathan Keltz) 衛兵
Lord ルイ・コンデ (Sean Teale) フランシスと縁遠いが一族
Lord ステファン・ナルシス (Craig Parker) コンデと国王に会う父
Princess クロード (Rose Williams) 王妃、カトリーナの娘

ルノード将軍 (Vince Nappo) 民兵を率いる。ナルシスの知人
Load エーカーズ (Vincent Gale) エリザベスの使節
アナベル・ブルトン (Meghan Heffern) エリザベスの代理
(Alden Adair) 城の守衛・ヒゲ
(Matt Cassidy) メアリーのガード
Lt.ジュベール (Zachary Bennett) 中尉、将軍の右腕
エドモンド (Brendan Beiser) カトリーヌのスパイ
(Peter Jorgensen) バッシュの兵士
(Drew Moss) ルノードの兵士

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336