TRUE DETECTIVE / 二人の刑事 第6話 執念 Haunted Houses

リンク広告 テスト




第6話 執念 Haunted Houses

脚本/Nic Pizzolatto
監督/Cary Joji Fukunaga
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
森から引き返す前に彼らに気づかれて茂みに身を隠したと報告。
現場に細工していくラストとマーティ。犯人が見つかったこと
にみんな満足していた。他にも犯人がいるならば何故殺人の
被害者が居ないという。多分起きているけど知らないだけだと
いうラスト。
一方マーティの元にタトルの大学に通っている二人の青年が
マーティの長女・オードリーと車の中でセックスしているのを
副保安官が見つけて捕まえたことを聞かされる。
2002年以来隠居しているラストだが今回の事件現場で彼の
ことを見たものがいるという捜査官たち。当時の捜査もラスト
が自分の都合の良い方向に捜査を誘導していたのではないかと
問われるマーティ。

【ストーリー】
マーティの娘・オードリーとセックスしていた男2人が留置所
にいるということでマーティは警察官の仲間に連れて行かれる。
仲間は事情を察して20分程見回りに行ってくるとして出て行く。
2人は父親が刑事とは知らなかったとして敬意がない訳では無い
と語る。オードリーは16歳で法廷強姦罪だということは知って
いるのかと問うと刑務所に入ればどうなると思っているのか
と問う。留置所のドアの鍵は開いていた。外の空気でも当たる
かとする中、マーティは闘志満々で背広などを脱ぎ出す。
青年達に対してどちらか選べと告げると、お前らとその仲間は
金輪際娘と近づかないと約束し、今ここで片をつけるか、
送検後に刑務所でオレに借りのあるヤツに可愛がってもらうか
だという。コッチに出てくる様告げると、男の遊びには代償が
必要だとして、一人をボコボコにするマーティ。もう一人は
その光景を見て許してくれと謝罪する。
マーティは帰宅する際、車に乗ろうとするが自ら気分が悪くなり
吐く。


懲罰記録では仲違い前にラストは問題を起こしていたこと。
戒告2回に停職を受けて居るとして当時のボスのソルター警視
が書いているという。ラストは躁状態だと。マーティは確かに
ラストは何かしらの理由で昔の行方不明事件を調べていたという。

テリー・ギドリーの元を尋ねるラスト。
息子さんの件で話が有るという。息子さんが行方不明になった際
に保安官に言って捜索隊を呼んだのかと問う。海難救助隊を
連れてきてあちこち探したが見つからず一ヶ月後に漁民が息子の
壊れた船を見つけたのだという。結局ワニのせいだということにな
ったとのこと。息子が通っていた学校を尋ねると、クイーンofエン
ジェルズというタトルの学校に行っていたという。息子がいなく
なって一ヶ月は眠れず妻はイカレてしまったと。もう帰ってくれ
とラストに語る。


署にはマギーが呼びだされると、ラストのことで話が聞きたいと
いう。2002年のことで、マーティとラストに何が有ったのかと
問う。自分が賢いと思っている未熟な男たちにウンザリだと告げる
と質問がないのであれば帰るという。2002年のラストについて知りたい
こと。何故ここを去り、何をしてたのか。2002年以降ラストとは
連絡を取ったかと問うが、私は彼を知ってはいるが詳しい訳では
ないという。ある事件に彼が関わっている可能性が有るのだと
いう捜査官たち。私が知る限りはとても良い人だという。
ラストは自分自身を分かっていてブレない人だったという。マーティ
の一番の問題は自分がわかっていないので、欲しい物が何かを
分かっていないのだという。今更彼に腹を立てることもないとの
ことだった。

マーティは買い物にいく。
スポーツバーと隣にはモールのFox and Houndが有った。
マーティはタンポンを購入しようとするが分からずに、ブロンド
女性店員に話を聞く。
マーティは帰りにバーで飲んで居ると、そこに先ほどの店員が
やってきてあなたは刑事でしょという。何年か前に逢ったことが
有るとし、私が住んでいる所にある子(ドーラ)のことを聞きに
来た(第2話)のだという。名前はベスだと語る。

ラストはジョエル元牧師の元を尋ねる。
飲んだくれていた牧師の姿。ラストはオレのことを覚えて居ない
かと問うと、95年の1月にあんたの伝導集会で逢った(第3話)
のだという。牧師は辞めたのかと問うと、80年代半ばにタトル
牧師の所にいたのだろうという。タトル財団の出資について知って
いることを聞きたいという。泉プログラムとは、地方の子に
公立校に変わる宗教教育の機会を与えるもので福音派による試み
だったこと。地方の生徒は通学に時間がかかる為に中退者が
多かったのだという。ペリカン島の学校のことを知っているか
と問うと、88年に訴えが合ったという。子供に対する性的イタズラ
で内々で解決したらしいこと。当時オレは学生だったのとし
神学校で流れた噂で誰も信じていなかったという。何故その学校
を辞めたのかと問うと官僚的でいやだったとするが、ラストは
すぐに嘘だと分かり聞き直すと、掃除が平の信徒の勤めで、ある
晩主任牧師の書斎を掃除した際に本をひっくり返したこと。
そこからファイルが落ちて中に写真が入っており、そこには
子供の裸の写真が写っていて眠っているようだったという。風紀課
のファラー執事に渡したこと。タトルに近い神学校の副学長
だったという。執事は調べると言っていたが結局閉鎖される前に
学校は辞めてしまったという。伝道を辞めたのは何故なのかと
問うと、テントを2回壊されて心も折れてしまったという。
神に近づきたいがオレが見つけたのは沈黙だけだったという。

ベスは当時のことをマーティに語る。ジャンはとても親切な人
だったが、今はあの場所は無くなったみたいだという。マーティは
あの時金を与えて新しい生活をしろと言った子が目の前にいて
成長していることに驚く。貯金して部屋を借りて仕事を探した
こと。あの状況から抜けだしたのだという。マーティは見事に
変えてみせたなと褒めると、逆にベスはあなたは新聞でヒーロー
だと書かれていたと語る。マスコミは大袈裟に書いただけで最近
はそんなことには無縁だという。しかしあなたは良い人だとし、
「神は不完全に作った。でも私は分かった。神は不完全とは見て
いないこと。神が作ったものには間違いはないこと。宇宙は全て
を許すもの」だと語る。ベスは彼をバーボンに誘う中、部屋で
セックスするのだった。
——————————————————–

ドーラ殺害事件は解決したと思われ、時代は1995年から2002年
へと7年が経過していた。マーティは家族への信頼回復のため
に行動を起こし、ラストはドーラ殺害事件の共犯者はまだ
全員は逮捕し切れていないものだと考えて密かに捜査をしていた。
過疎地に於ける子供や女性が失踪している現実に対して警察は
把握しているのかしていないのかまるで関心も持たずにいること
に憤りを感じて、ラストは一人孤独に捜査を続けていた。
被害者に共通するのはタトル牧師の財団によって設立されていた
学校の関係者であること。また話を聞いているウチに、88年には
性的イタズラに対する訴えが有り、主任教授の書斎で当時学生
だったジョエル元牧師がその写真を目にしていることを語る。

ドラマとしては時の流れを感じさせると共に、空白の7年間の
間にその人となりがどんな人生を送ってきたのかということが
実に興味深く描かれていますね。
このドラマ、1995年、2002年、2010年と大体7、8年のスパンで
状況を描いているのだけど、その間に起きている時の流れと
共に変わりゆくものと変わらないものは何なのかということを
面白く使い分けて描いているところが特徴的でも有り、興味を
そそるんですよね。

さて今回はいよいよ何故ラストとマーティが疎遠になっている
原因が描かれた。
ドラマでは予想していたようにマギーがラストと関係を近しく
してそれを知ったマーティとはケンカ別れになるとは思っていた
けれど、多くの視聴者が予想してたとはいえ、意味合いと
してはまるで違うものだったのではなかろうかと。
ラストにしてみれば災難だったようにも感じるのだけど、マギー
にとっては、相棒なのに何もしてくれなかったことに対する憤り
感が強く表れていたんですかね。

もの凄く気になるのはマギーとラストってHしていたじゃないですか。
あれってラストがラストに至るところまでセックスしたんですかね。
なんとなくラストがラストに達する前にマギーはHを辞めたような
感じで、マギーにすれば単なる浮気をしたとする既成事実を作れば
良かっただけで、マーティを傷つける為だけの行動を起こした訳
だけど、いやらしいいい方をすれば挿入することだけが命題で有って、
結論にまで至る必要はなく、我が家・的には「行かせねーよ」って
感じなんだけど、なんとなく途中で行為を止めて夫だけでなくラスト
にもバツを与える意味を持って接していたような印象があるんですよね。
そして浮気をした事実を即効で話して男同士傷つけ合う姿が有る。
マーティが戦闘モードに入る時に服を脱ぎ出すのだけど、一つ一つ
ボタンを外していく様が、ケンカの前の静けさのようで怖さや猟奇さ
なんかを含んでいて上手く現している感じもする。

みんなこの世の楽しみは酒とドラッグと性とばかりに、このドラマ
に於いても、ありとあらゆる流れに関わってくるような流れが有る。
敬虔な信者にしてみれば、信仰心を失った人は、堕落した人生を送る
みたいな主張もあるけど、少なくともこのドラマに於いては、住民達
は信仰心を持っていて、そのことは一話の段階からシナリオ上でも
強く印象づけている。しかしその信仰さえも誤ったものとして存在し
ているとなれば、人は何をもって生きる上での信念・信条へと繋げて
いくのかということであり、この辺は一話の頃から、サバけた感じ
で信仰に対する考えを語っていたラスト通りの展開になっている。
何よりも寂しさを覚えるのは95年当時伝道者としてアレほど精力
的活動をしていた牧師が堕落した現在を送っていることか。

1995年のマーティは確かに活躍したけれど、その後はまるで腑抜け
た状態であることは誰の目に見ても明らか。捜査官としての才能を
発揮しているのはラストであり、刑事としての仕事をしている姿を
見せるのもラストだけで、マーティが仕事をしている姿を目にする
ことが殆どない。
ただ職場にいるだけの肩書きだけ持つ雑用係と同じだと見て、
皮肉にも自分が説き落とした事件のファイルの報告書をパソコンに
入力しておくよう告げるラスト。後に調査官に語る際に、マーティは
プライドの問題としていたけれど、彼がプライドを持てる瞬間という
のは、元々存在せず、妻からも娘たちからも蔑まれている姿が有り、
そんなところを突かれて、爆発してしまったというところなんだろう
ね。娘とHした青年たちも敬意はない訳では無いとしていたけど、
彼に取っては、自分よりも弱い相手にイニチアチブをもてた時が
プライドだと思っている様だ。

行方不明の件でも進展は有りそうなのに、誰も協力しようとしない
警察署の面々。ケサダの代わりに上司として赴任しているソルター
なんて、牧師の言いなりのような感じだった。

少しずつ事件の核心に近づいているような気もするし、しかし2012年
の今の世界に於いても事件が解決していない現状を考えれば、
2002年の世界に於ける捜査は打ち切りみたいなことになるのかな。
もっとも容疑者として怪しいタトルも現在の世界では既に他界して
いるみたいな言い回しが過去に言われていた気がするので、彼が
容疑者だとしてら既に罪には問えないし、彼が吹き込んだ思想とか
彼の財団に属するものが犯行を犯しているとしても、それを
証明して打ち破ることは出来るのか。

木のオブジェに関してはブードゥー教との関与がありそうな感じ
だけど、あのオブジェが家のような形を成しているので、
何かこのドラマの象徴的存在・アイテムにも思えるね。
他人の領域に踏み込むことへの警告なのか、誇示している行動
なのか。

しかしあの時助けたベスと再会するというのはなんか因縁さを
感じるな。

■使用された曲

・Far From Any Road by The Handsome Family (オープニング曲)
・Waymore’s Blues by Waylon Jennings
・Les Champs Elysee by Bobby Charles
・Everyman Needs a Companion by Father John Misty
・Goldberg Variations; BWV 988: Aria by Glenn Gould
・The Good Book by Emmylou Harris
・Too Many Tears In My Eyes by Ike Turner and Tina Turner
・Core Chant by Meredith Monk
・Sign of the Judgement by Cassandra Wilson

ラスティ・コール・スペンサー(ラスト・コール) (Matthew McConaughey) 捜査官
マーティ・ハート (Woody Harrelson) 捜査官
マギー・ハート (Michelle Monaghan) マーティの妻
メイナード・ギルボー (Michael Potts) 刑事、事情聴取する
トーマス・パパニア (Tory Kittles) 刑事、事情聴取する
リサ・トラグネッティ (Alexandra Daddario) マーティと何か?
ケン・ケサダ (Kevin Dunn) 署の本部長

オードリー・ハート (Erin Moriarty) 娘、ゴス娘
メイシー・ハート (Brighton Sharbino) 娘、チアリーダー
キャサリーン (Dana Gourrier) 警察署の庶務
デマ (Joe Chrest) 捜査官
ルッツ (J.D. Evermore) 捜査官
ファブレ (Dane Rhodes) 捜査官

リロイ・ソルター (Paul Ben-Victor) 警視、2002年のボス
ビリー・リー・タトル (Jay O. Sanders) 牧師
ベス (Lili Simmons) かつてマーティが助けた少女
ジョエル・テリオット (Shea Whigham) 元伝導師、飲んだくれ
ドリュー・リッガー (Gabe Begneaud)
— (Kerry Cahill) Nurse
ケリー・レイダー (December Ensminger) 1995年レジーから助けた少女
スティーブ (Henry Frost) タトルの学校の執事
ブルース (Rio Hackford)
— (Tim Hanks)
テリー・ギドリー (Louis Herthum) 息子が行方不明
— (Tony Molina Jr.) 捜査官
— (Randal Gonzalez) 捜査官
ドリュー・スティーブン (Sadarias Harrell) 捜査官
— (Tom O’Connell) Junior Detective
ウィリアム・マヨ (Daniel Ross Owens)
シャーメイン・ブードロー (Azure Parsons) ジェシカ、ジョディを殺害
スピース (Don Yesso) Commander
— (Janet Lynn Carey) 看護師
— (Amanda McElroy) Couple at Fox and Hound
— (Art McElroy) Couple at Fox and Hound
— (Peter Mortillaro) Bar Bouncer
— (Andrew j Spinks) Club VIP

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336