TRUE DETECTIVE / 二人の刑事 第3話 密室 The Locked Room

リンク広告 テスト




第3話 密室 The Locked Room

脚本/Nic Pizzolatto
監督/Cary Joji Fukunaga
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
あの子はいつもトラブルばかり。でもいつかよくなると思って
いたという母。その機会がチャーリーと別れた時だと。
刑務所のチャーリーは、最近ドーラから電話が合ったが、ハイ
で尼さんになると言っていたという。マーティは愛人のリサに
逢いにいくと夕べは何処に言っていたのかとして、密かに彼女
の行動を監視。マギーはマーティとの関係がギクシャク。
マーティはオレも仕事に居たいのだとするが、自分の嘘に気が
付いているのかというマギー。ケサダは捜査が行き詰まってい
ると突かれている為、特別捜査班にこの件は持って行かれそう
だと二人に語る。ラストは売春婦からドーラが行きそうな所を
尋ねるとトレーラーパーク/農場と呼ばれているところではない
かという。そこで出会った未成年の少女からドーラの死ぬ数週
間前の居所に心当たりは無いかと尋ねると、よく教会に行って
いると語っていたという。その教会を探して訪ねると、そこは
火災で燃えていたが、その壁にはなんとドーラの死に方と同じ
絵が描かれている事を知る。

【ストーリー】
教会跡には鑑識が入る。
消防署によると事件の4ヶ月前に火事で燃えて指紋は出ないと
いう。借りていたトムのことを現在広域手配したという。
その一週間後、フランクリンであの福音派の牧師・テリオット
と出会ったことを話すマーティ。古い宗派で、そんな教会の
説法や信者たちを見たラストは、この連中に知能指数の低さに
呆れる。マーティはテキサス出のお前は偉そうだなと語る。
独特の言い回しで宗教をバカにするラストに対して、マーティ
は寧ろお前のいけ好かない態度が気に入らない事を語る。みんな
集まりを楽しんでいること。公共の利益だという。しかしそんな
おとぎ話をシンジさせるのか本当に公共の利益なのかと問う。
もしも信仰がなければ何が起きると思うのかというマーティに
対して、今隠れていることが表沙汰になるだけだろうという。
人々は放蕩の限りを尽くして殺人や犯罪が蔓延ることになるのだと
いう。品行正しくしていることが恩恵を戯れる為だとしたら
いい環境だとし、そいつはただのクソだというラスト。そういう
ヤツラは白日の下にサラしてやりたいというラストにマーティ
はお前の考えの方がクソだという。そのノートはミーゼの石版の
つもりなのか?と。宗教での教えでは何と言っているのかと問うと
寄り集まって宇宙の法則に反する物語を語れとでもいうのか
と。

ラストは話を聞いている警察官に牧師とは「一匹の猿が太陽を
見てもう一匹の猿にいう。神がお前の為にオレに分け前を
渡せと言っているぞ」と。「人は愚かだから夕飯の金を願い事
の井戸に投げ入れるもの」だと語る。

権威を振りかざすものに恐れて自己嫌悪を転移する。いわゆる
カタルシスだとマーティに語るラスト。牧師が語ることで民衆の
不安を吸収し、信者の不安を的確に言い当てる程効果を発揮する
ものだという。ある言語学者によると宗教のことを言葉のウィ
ルスだと言っているという。脳の中の経路を書き換えて批判的
思考を鈍らせるのだというラスト。自分の存在意義を見いだせ
ないヤツに限ってそうやってグダグダ悩むものだというマーティ。
少なくともオレは自殺しないと語る。オレに言わせれば誰の人生
にも罠があるとし、物事は変わるという思いがすり込まれている
だけだというラスト。

テリオット牧師の説法が終わった後、コールとラストはドーラ
について話を聞く。この女性に見覚えはないかと問うと、名前は
知らないがユーニスに来ていた気がするという。常に異動して
いるので定かではないという。ティナが知っているのではない
かとし、ユーニスには半年居たが、火事にあって引っ越しした
という。警察は放火だと言っていたとし、家主の息子が追い出すため
にやったのだろうとのこと。牧師歴を尋ねると20年だという。8年間
はクリストの友の会にいて、その前は独立した福音派にいたこと。
その数年前にはビリー・リー・タトルの大学に通ったこと。
ユーニスの教会の壁画は誰が描いたのかと問うと信徒の子供たち
だという。ラストはスタッフの身元を確認しても良いか?と問う。

ティナから話を聞くと、ドーラは男性と一緒にいたという。背の高い
人で話をしているのを遠くから見たのでよく分からないが、背中を
丸めて話していたこと。少し顔が変でアゴの皮膚が光っていたと
いう。それはヤケドの跡なのか。二人は一緒に帰ったのかと問うと
そうだという。
唯一この教会のスタッフで前科が有るのはバートだった。
1989年に公然猥褻で逮捕、署内でケンカして独房に入ったという。
刑務所に2年入ったこと。学校の前でマスをかいたのだという。
そのことをバートに尋ねると、悪い薬を渡されただけで罪を償って
いるという。12月25日から1月3日の間、彼は何処に居たのかと
牧師に尋ねると我々はニューローズにいたという。バートがいた
ことを裏付けてくれる事は大勢いるだろうと。彼女に何が有ったのか
と牧師は知りたがると、殺されてさらし者にされたのだという。
ユーニスの教会の壁には遺体の状態と同じ絵が描かれていたのだ
という。レイプされていたのかと問うと、刑事たちは何故そんな
ことを聞くのかと問う。バートと二人で話せば無実だと納得するハズ
だという。

牧師は人の誤った期待や幻想を助長し最高の美徳だというもの。それ
で現金を稼ぐのだという。最高の特権意識を与えたものだという。

バートはなんと刑務所にいた際にギャングに襲われタマを取られて
しることが分かる。尋問したらチビっていたし違うだろうと。
俺たちは長身の男を捜そうという。長身の男に関してはバートも
知っていたので見たのは間違い無いとラストは語る。

FBIの記録上「王冠」や「ツノ」を使った犯行をしたものは服役
中だという。マリーとドーラには繋がりがある気が・・木のオブ
ジェには意図があるのだというラスト。犯人は探せと言っていること。
それは見せびらかしていることで、現場はヤツにとってのステージ
だという。しかしこのままだと振り出しに戻るとし特別捜査班に
引き継がれてしまうことを語る。過去5年、州内の遺体から
最初の事件、類似事件を探そうというラスト。マーティは時間がない
んだとし、目先のことに捕らわれて視野が狭くなっているのではない
かと語る。お前のビジョンが証拠を歪めているのだというマーティ。
お前は取り憑かれているというと、あんたも仕事以外のことに取り
憑かれているだろうという。しかしマーティはそれを否定し、
エレは偏らず線引きしているという。それを聞いたラストは罪悪感の
無いヤツはいつも楽しく過ごすものだという。オレは適度に手綱を
緩めているだけだとすると、オレとお前の違いがわかるかと問う。
「自己防衛」。お前と違って事実と思いつきの違いを認識している
という。お前は間違いの可能性を認めようとしないという。
取りあえず広域手配で、背が高く顔に飢餓のある男を捜そうとし、
病院の患者の情報も集めると語る。

マーティは捜査を望む方に導かれたのかと問うと、俺たちは事件
を追っただけだという。彼に従ったとし、連続殺人説に・・。
彼は生意気だが正しかったこと。だから犯人を見つけられたのだ
という。

マーティの居ないマギーたちの元にラストは尋ねる。
マギーはラストが彼女を作らないことに言及。オレはあらゆる
こと考えて試してみたがこのままで良いという。慣れ親しんだ
ことが心地良いだけではないかというマギー。人は順応すること。
失う事を恐れないでという。私の知っている人は犬や魚を飼う
ところから始めたという。あなたもそこから始めたらどうかと
問う。紹介するならば看護師を頼むとし、いい薬が欲しいと。
そんな中マーティが帰宅すると、芝刈り機を借りたので返しに
来たのだというが・・・
——————————————————–

注目されている猟奇的殺人事件な為に、捜査の進展に対する
捜査官への風当たりが強い中、本部長のケサダは上層部から
の指示で、特別捜査班に捜査を移行することを聞かされる。
ラストとマーティは移行されるまでに自分達のやるべきこと
をする為に猶予をもらう中、ドーラが参加していたと思われる
教会”キリストの友”を見つけるが既にそこは火災で廃墟となって
いた。しかしそこの壁には遺体と同じ格好をした絵が描かれて
いることが分かる。
“キリストの友”の消息を追う中で、移動しながら布教活動している
テリオット牧師の教団がそれに該当することが分かる。ユーニス
での説法を聞きに来ていた女性に似ているとする中、目撃情報
によると彼女は長身で顔にヤケドのような跡がある男性と共に
来ていた事を知る。ラストはあくまでこの犯行は連続殺人事件
であり、ドーラが最初の犯行ではないこと。マリーの件とも
繋がって居る理由として、木のオブジェに対する犯人からの主張
を指摘する。なんとかして同様の事件が無かったかを過去の事件
ファイルから調べていくと、勤務時間にも過去の事件を調べて
いたラストは3年前のアブヴィルの洪水で見つかった遺体は一見
溺死に見えるが腹部の裂傷や背中の跡、そして覚醒剤やLSDの反応
からハイの状態で川に落ちたのだろうという。また背中には
ドーラの遺体にもついていた渦巻きのような跡が描かれていた。
被害者はリアンヌ・オリヴィエ(22歳)。人口300人のペリカン島に
済んでいて祖父が生きていること。祖父に接触して話を聞こうと
語る。

事件そのものよりもやはりドラマとしては、ラストの人格に
興味がそそるようなに出来ているし、二人の間で何が起きている
のかについての興味が勝るものが有るな。

ラストが語るように、人の生き様とは一体何なのか。
人の幸せとは何なのかなど、哲学的視点を宗教的観念に当てはめて
その矛盾点を指摘しつつも、実際には人間の生き様なんて多かれ
少なかれ似たようなものであり、自分の好きなように生きろと
ばかりの主張が大いに盛り込まれている感じに見える。

勿論混沌とした世界で何のルールもなく人が生きることの
リスクさというものを感じるものが有り、人が自制心を発揮出来る
為には、人によって様々だけど、マーティはそれが信仰とか家族に
有ると思っている様で、度々退廃的性格から発せられるラストの価値
感の違いに衝突する訳だけど、実際に見える印象と現実に起こして
いる行動の矛盾点を、この二人の人物像を通して面白く描かれている
内容なんだよね。

マーティは中年の危機ってヤツなのか。
ラストは妻子を失ってそんな悟りの境地に達するのも分かるのだ
けど、寧ろ信仰心に頼っているのはマーティの方だ。
ラストにしてみれば信仰など金儲けの道具に過ぎないとばかりに
小馬鹿にしつつも、取り調べに於いては哲学よりも、宗教的思念
で容疑者を口説き落とす流れなど有って面白いところだし、
ある部分では博識な一面が有って、女性や人間関係には不器用さ
も有るのだけど、皮肉にもそんな彼の方が面と向き合ってみると
人としての深さがあり、刑事としての資質に於いても優れていたり、
家庭と仕事の共存が難しい現実が有る中で、ラストの方が刑事という
仕事に適合している姿が有る。

また人間関係に於いてもマーティの方が色んな面に於いてラスト
よりも色んな理想的条件が整っているのに、現実には
責任とか時間的制約など、縛られるべきものによって縛られている
ことへの閉塞感みたいなものを感じて、現実にはあまり幸せそうに
は見えないところが有る。
自由を満喫しているラストに対して嫉妬しているところが有りそうだ。

マーティは浮気している。
独占欲が強くて、単なる愛人でセックスだけの関係だと分かって
いるハズのリサという相手に対して、固執する姿が有る。
彼の信仰心では姦淫の罪は完全に無視なのかって感じ。
そして自宅に於いても自分が築いたとするものに対する拘りを
持っていて、芝刈り一つでラストに責める姿が有るけれど、
アメリカ人に於ける芝刈りというのは、男性的・一家の家長の
象徴でも有るんだろうね。

自分自身のアイデンティティを探るものが有る。
タイトルにある密室は人それぞれの持つ固執する価値感そのもの
で、誰にでも持つ秘密なども含めた個人としての表と裏の顔を
覆い隠すものなのだろう。

ラストがマギーと会話している姿が有り、気が付くとマギーは
ラストに相手を見つけてあげようとしたり、夫の浮気の件で
相談したりする。そんなラストはマギーと会話しつつも、二人の
子供に視線を移しつつ、そんな娘たちのことをどのような視線を
持って見つめているのか気になる内容だ。
娘はまるで父親の浮気を知っているかのように、学校で描いた
絵には性器とか性交渉を臭わす絵を描いていた。

ラストには共感覚が有るようだ。
ある刺激に対するシナプスの受容体のズレで、金属の色がアルカリで
変わるように一種の過敏な完銃声で、ある感覚が別の感覚を引き起こ
すものだという。ある色を見るとその色の味を感じ、感触や質感
が分かるというもの。スタチンの副作用が起きているとしていた
けど、ラストの特異性はそんなところからも分かるというものなのか
な。

事件はペリカン島の祖父からの流れで一気に進展した。
被害者のリアンヌ・オリビアは、レジー・ルドゥと仲良しだった
こと。出身校はラスト・オブ・ザ・ウェイ校で、タイル財団の
一部であること。タイル伝導会・泉プログラム助成と描かれ、
ハリケーンアンドリューの影響で1992年に閉鎖していること。
レジーはアヴォイルズに収監されていて、同房者にはチャーリー
ラングがいたということで、ストーリー・捜査は繋がっていく。

彼が居るであろう場所に行くと、まさに無法地帯で、宗教とか信仰
とか人間の倫理感とか超越した状況・惨劇が起きている感じだった
な。裸のマスク男がレジーなのかな?

■使用された曲

・Far from any Road by The Handsome Family (オープニング曲)
・Stand By Me by The Staple Singers
・Does My Ring Burn Your Finger by Buddy Miller
・I’m a One Woman Man by Johnny Horton
・Evangeline Special by Jo-El Sonnier
・The Heart That You Own by Jo-El Sonnier (as Jo Ell Sonnier)

ラスティ・コール・スペンサー(ラスト・コール) (Matthew McConaughey) 捜査官
マーティ・ハート (Woody Harrelson) 捜査官
マギー・ハート (Michelle Monaghan) マーティの妻
メイナード・ギルボー (Michael Potts) 刑事、事情聴取する
トーマス・パパニア (Tory Kittles) 刑事、事情聴取する
リサ・トラグネッティ (Alexandra Daddario) マーティと何か?
ケン・ケサダ (Kevin Dunn) 署の本部長

オーブリー・ハート (Madison Wolfe) 娘、セックス描写
マイシー・ハート (Meghan Wolfe) 娘

ジョエル・テリオット (Shea Whigham) 牧師
クリス・ルーヴィエール (Robert Beitzel) 性犯罪者、顔に傷
キャサリーン (Dana Gourrier) 警察署の庶務
デマ (Joe Chrest) 捜査官
ルッツ (J.D. Evermore) 捜査官
ファブレ (Dane Rhodes) 捜査官
ティナ (Jamie Elliott) 目撃者
エロール・チルドレス (Glenn Fleshler) 管理人
バート (Douglas M. Griffin) 知的障害、刑務所でタマを・・
レジー・ルドウ (Charles Halford) 法廷強姦罪、ドラック製造
リンダ (Sharon Landry)
— (Maryanne Marino) 歌手
— (Jo-El Sonnier) Accordion Player
— (Shane Theriot)
ヘンリー・オリバー (Ritchie Montgomery) 祖父
— (Mark Norby) Guitarist
ジェニファー (Bree Williamson) ラストに紹介する
— (John L. Armijo) Undercover NARC
— (Heather Ashley Boyd) ダンサー
— (Juan Gaspard) Dancing Cowboy
— (Randal Gonzalez) 捜査官
— (James E. Guidry) Tent Revival Worshiper
— (Jessica Incorvaia) Tent Revival Attendee
— (Neal Ten Eyck) Tent Revival Attendee
— (Jacquelyn Twodat Jackson) Tent Revival Attendent
— (Mary Katherine Oglesby) Tent Revival Child

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336