ティーン・スパイ K.C. K.C. Undercover 第10話(8) 最高のジュニア・スパイ パート1 Double Crossed Part 1

リンク広告 テスト




第10話(8) 最高のジュニア・スパイ パート1 Double Crossed Part 1

脚本/Eddie Quintana、Cat Davis
監督/Jody Margolin Hahn、Joel Zwick

【ストーリー】

ケイシーはクレイグと共にソファーに座ってみようとする。
そこにキラがやってくると新しい任務の命令だという。クレイグは
試合が始まるんだというが、あなたには関係がないとし、ケイシー
を指定とされているという。私だけなのかというケイシーに今回は
もう一人、ティーンスパイと組んでやる任務だという。2人はカップル
という設定だという。それを聞いた瞬間クレイグはそういう任務は
気に入らないという。ケイシーが35歳になってからか、パパが
死んでからにしてくれという。ペアになるのはブレット・ウィリス
だというと、心配ない・・全くもってというケイシーは私が男の子
を見る度に熱くならないでと語る。しかしクレイグは彼からば大賛成
だという。彼は「今年最高のジュニアスパイ」に選ばれたという。
そんな凄い個ならばなるべく早く関係を築かないと・・阿互いの利益の
為でありプロフェッショナルな関係だと語る。

ケイシーはブレットと家の庭で会うと組織が送って来た命令書を読
み返して確認しようという。「今回の任務は国際的な海賊版の組織を
壊滅させる・・」と読んでいると、海賊?船長のオウムは僕がもらうと
いうブレット。ケイシーは映画の海賊版を作る組織の話だとし、
違法コピーをつくってインターネットで売り込んでいるのだという。
そんなケイシーにブレットは君はマジメ過ぎないかと語る。
そんな二人のことを窓越しに密かにクレイグは観察していた。
キラは二人のことをスパイしているのかと問うとそれが仕事だという。
父親としての仕事だと。ブレットは豆のスナックをバスケのゲーム
にして何かの冗談を言っているという。

ケイシーは私がマジメ過ぎなんてあり得ないとし、任務を真剣に考え
ているのだという。私はプロフェッショナルだと。ペアを組むのを
楽しみにしていたというケイシーだが・・。するとブレットは
誰でもオレと組みたがるとし、最高のジュニアスパイとして敵のスパイ
を43人もやっつけたのだからと。

一方キラとクレイグは来月には結婚20周年だという。
信じられないとし、続かないと言われてきたこと。特に君の母からだ
というクレイグ。私の母はゼインと結婚すると思っていたのだという。
クレイグの元相棒だった。あなたが16年前に消したのでしょとすると、
クレイグはヤツの話は考えただけでも寒気がするので話したくないと
語る。この家で盛大な結婚記念パーティーをして、そこで友達や親戚
を読んで誓いを新たにしようというキラだが、クレイグは良い考えと
は言えないと語る。更にレストランを借りて・・ヨットを借りて
パーティーをしてダンスが踊りたいというが、この家で子供たちと
映画を見てピザを頼もうというクレイグ。それは記念日ではなく
ただの水曜日の夜だと言われる。

■感想

ケイシーが仕事の為とは言えブレットという同級生のスパイと
組むことに父親はいい顔をしないかと思いきや、相手がベストJrスパイ
賞を取った人物だと知って、態度を変えていく。
この辺はなんとも現金だな。

あのブレットの態度からすると確かに鼻につく。
シットコムにはありがちな行動を取る一見するとバカキャラなんだけど
いざという時にはキリっとして、格好良い姿を見せる。

映写室で戦うケイシーと海賊版販売の3人組。
一人はケイシーも倒したけれど、流石に三人相手に勝てそうもない。

ブレットが評価を受けたのはもの凄い武術を身につけていること。
実戦用というよりも演習用のもので、派手な動きだけど、彼は
マッチョでもあるし戦う光景はなかなか。

ケイシーは当初は彼に気がないとしていたけど、任務を通して良いと
ころを見てしまったことで好きになったのかな。

マリサには任務が終われば即捨てると語っていただけに難しい状況だ。
仕事とプライベートは別だと言っただろうとケイシーの言葉で反論さ
れた時にはなんにも言えない。
ただ正直そんなにイケメンって感じでもない(笑)

問題なのは結婚20周年を巡る両親の過去の事実が来週発覚していく
のかな。ゼインという人物がどんな相手なのか。元々キラはゼインと
結婚しようとしていたとし、クレイグが消したとしていたけど、
何か悪さでもしたのかな。

今回はアーニーとかジョディが出てこなかった。

・Zendaya – Keep It Undercover テーマ曲

■出演者

ケイシー・クーパー (Zendaya) ハミルトン高校に通う16歳
マリサ・クラーク (Veronica Dunne) ケイシーの親友
アーニー・クーパー (Kamil McFadden) ケイシーの弟、PC好き
キラ・クーパー (Tammy Townsend) ケイシーのママ
クレイグ・クーパー (Kadeem Hardison) ケイシーのパパ
ジュディ・クーパー (Trinitee Stokes) ケイシーの妹・ロボット

ブレット・ウィリス (Ross Butler) 今年最高のジュニアスパイに選ばれた
イルヤナ (Eliza Schneider)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336