[未] マイ・ライフ ~私をステキに生きた方法~ Chasing Life シーズン2 第9話 悲しみの処方箋 Wild Thing

リンク広告 テスト




第9話 悲しみの処方箋 Wild Thing

脚本/Jeanne Leitenberg
監督/Joe Lazarov

【前回までのあらすじ】

治験はどうなったかというエイプリル。ジョージは似た治験を扱う
ノラティスの担当者と逢うことになったと語る。
ブレナはフィンに対して選ぶなら別の男子にすると言ったのは、あな
たを選ばないよう自分を抑えているからだと語る。
エイプリルから亡き父の最後の原稿が出てきた事をジョージに話す
と、彼は読ませて欲しいとして受け取るが、読み終わるとシュレッダー
にかけてしまう。エイプリルはレオがベッドの隣で死亡している
のを知る。彼無しでは生きられないというエイプリル。

【ストーリー】

貸金庫の中から取り出されエイプリルの元に運ばれて来たのは、
「レオ・ヘンドリーの遺産分割協議書」だった。サラはエイプリルに
大丈夫かと声を掛けるが驚いているだけだという。夫が死んで遺産を
相続するというのは複雑よねと語るサラに、エイプリルは要らない
とし返すべきではないかという。しかしサラはパパの死亡保険金を
受け取った時に私も複雑だったと語る。レオの気持ちを思ってあなた
も受け取るのだと語る。エイプリルはセラピーは受けたくないと
すると、サラはあなたはこの一週間ずっとベスの家に居たし、心配だと
いう。私は平気だというエイプリル。バイクは売らないとねという
サラに売るのは気が進まないという。でもアナタが乗る訳じゃない
でしょと。

エイプリルはベスと共に遺産のことを語る。
私なら無駄遣いをするというベス。彼女はエイプリルにあなたは
しっかり者だし部屋でも借りたらどうかという。同居は大歓迎だと
予め語る。エイプリルは四六時中ママの心配顔に監視されているなんて
耐えられないのだという。確かに部屋探しを始めるべきかもしれない
と語る。ブレナの卒業後にママと二人きりで「グレイガーデンズ」は
見たくないというエイプリルに、あなたはリトル・イーディに似て
いるというベス。エイプリルはベスに例のデザインはどうしたのか、
そして昨夜のジョシュとのデートはどうだったのかと問うと、彼女は
あっさりと仕事も恋愛も順調だとしか言わなかった。

そんな中エイプリルはショーウィンドに並ぶハイヒールに目を向ける。
レオはウィンドウの中を冷やかしていたけど、やっぱりこのクツは
ステキだという。手が出る値段じゃないわねというベス。
エイプリルはこの一週間のお礼にプレゼントさせてというと、自分にも
プレゼントするというエイプリル。

サラはエイプリルのクツを見てステキだと語る。良い買い物だと。
二人は治験の医師のバラットに面会する。バラットからはこの治験の
競争率は高かったでしょというと、サラはどれだけ苦労したかとし、
とにかく大変だったと語る。ノラフィス治験の効果は期待できると
思うとし、今日から始めましょうという。注射器を取り出してくると、
治験は一日2回、3段階で行うという。
まずは吐き気帽子のステロイド剤、次に微小管帽子薬の注射、最後に
チロキシンキナーゼ阻害薬(TKI)だという。エイプリルは注射が苦手
だとするが、彼女はやれと言われればやるという。病気を治すため
ならなんでもいると。
医療ドラマのマックドリーミーみたいだというサラ。死んだわよと
いうエイプリル。それならマックテスティーミーかというと、彼も
死んだと語る。
サラはせめて患者の会に復帰したらどうかと語る。

■感想

■使用された曲

・Like What You See by Dangertwins
・Something’s Happening to Me by Arum Rae
・Ready or Not by Myzica
・Fruitopia by Brain Tan
・Smoke and Mirrors by Sweet Talk Radio
・Walkin’ Around by Austin Gould & The Lonestar Stubble Band
・High Anxiety Society by J.J. & The Real Jerks

■出演者

エイプリル・カーヴァー (Italia Ricci) ボストンポスト誌、長女24歳
サラ・カーヴァー (Mary Page Keller) 母親、心理療法士
ドミニク・ロッソ (Richard Brancatisano) ボストンポスト誌
ブレナ・カーヴァー (Haley Ramm) 次女
ベス・キングストン (Aisha Dee) 喫茶店勤務、エイプリルの親友

Dr.ジョージ・カーバー (Steven Weber) 小児がん

ナタリー・オーティス (Jessica Meraz) 異父姉妹
ダニー・グプタ (Abhi Sinha) 新聞記者
フィン・マディル (Parker Mack) リンパ腫
ジェニー・マディル (Tonja Kahlens) フィンの母
ヴァネッサ (Krysta Rodriguez) ガン患者、元看護師、アウトロー
Dr.バラット (Colin Egglesfield) 治験ノラティスの医師
クリス (Michael Hyland) チャールズのオーナー
メグ (Alycia Grant) ガン患者
— (David Chan) Host
— (Rasha Goel) Weather Woman
カーリー (Ashley Dulaney) Newbie
— (Toni French) Pedestrian + Auto
Mr.ベグリー (Richard Markman) 弁護士
— (Andra Petru) 喫茶店”チャールズ”の客
フォード
ジョシュ
ジョシー゛・オマリー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336