エージェント・オブ・シールド Agents of S.H.I.E.L.D. シーズン3 第18話 特異点 The Singularity

リンク広告 テスト




第18話 特異点 The Singularity

脚本/Lauren LeFranc
監督/Garry A. Brown

【これまでのあらすじ】

シモンズはフィッツにここまで10年よとし、時間を掛けすぎだ
という。コールソンはアリーシャの方から来たとし仲間が心配
だと。まさか襲われるとは。リンカーンはジェームズから
クリーのものを奪ってくる。彼はまだ力を与えられていないと。
マリックはハイヴは彼らに感染し彼らを集団に取り込むという。
ハイヴはデイジーを感染させると彼女は基地に戻るという。
すると彼女はテリジェンとクリーのものを持ってシールドの
出入り口を能力を使って破壊して出て行く。

【ストーリー】

アンダーソンはレーザーシステムが完全にダウンしているとし
復旧させないといけないという。シールドは混乱。マックはリン
カーンに電力の能力で電源を復旧してもらう。
メイは検査の結果はどうなのかと問うとマックは感染していたの
はデイジーだけ。ジョーイとエレナは帰らせたという。リンカーン
は残ったけど大丈夫なのかというと、メイは私に本音を言う訳が
ないでしょと。基地全体を要塞化を進めていること。重要なデータ
は取りあえずゼファーワンに送ったというメイ。
デイジーがいつウジ虫を連れて来るか。しかしアイツはシールド
の事なんて気にもかけていないという。理由は誰も殺された人が
居ないでしょとメイ。それにデイジーがどれだけ能力が有るか
分かっているでしょと。マックはでもテリジェンとクリー星の
物体を盗んだだけでそのまま逃げたという。格納庫のハッチを
破壊し出口を塞いだこと。追いかけさせない為だろうと。
マックはデイジーは相棒だったので気がつくべきだったというが
メイは仕方が無いという。コールソンは?ゼファーワンの離陸準備
をしているというと、足の骨が飛び出しているのを見ただろうと
いうマック。言っても聞かないわよと。油圧装置を変えないと
離陸は無理だという。コールソンには「危険で無責任な作戦が
ある」というメイに対してマックは何でニヤついているのかと
告げる。

デイジーは仲間だとし彼女がここでやったのは自分の意思ではない
という。ハイヴに取り憑かれて操られていること。この異星の
化け物は我々を甘く見ているという。足の骨を折れば戦うのを
辞めると思っているという。どんなに頑固でどんなに仲間を
大切にするかを知らないというコールソン。ハイヴにインヒュー
マンズの軍隊を作らせてはならないという。

ハイヴとスカイ。
お前はよくここに来ていたなとし理由はよく知っているという。
最後にここに来たのは昔の私。その私から聞いたのでしょと。
ウォードは監督官だったが、よく車でここに来て眠ったという。
顔が同じだけでなく記憶も有るのねとデイジー。
ウォードはお前が好きだったというと、彼が死んで良かったと
いうデイジー。彼もそうだろうとしある意味ウォードは常に
飢えていてその事に苦しんでいたのだという。あなたはあいつ
とは違うとしソバに居るのを感じる。ずっと抱えてた空しさが
消えたというデイジー。

デイジーはハイヴに依存しているのかとコールソン。
フィッツは科学的にそう解釈するのが一番近いという。リンカー
ンは人生で一番幸せと言って彼女はボクを誘ったのだという。
シモンズは寄生生物って普通は宿主を弱らせるものだがハイヴ
は違う。脳の快楽中枢に寄生して大量のドーパミンを出して
感染した。インヒューマンズは撃たれても何も感じなくなるという
フィッツ。少なくともデンドロトキシンはダメだというシモンズ
はルシオの組織で実験したという。アイサーは通用しないのかと
いうコールソン。残念ながら・・と。どう助ければ良いのか。
実はホールデン・ラドクリフというスコットランドの科学者が居る
こと。GT農薬で寄生生物関係の主任研究員で、研究内容にデイジー
を救うヒントがあるという。ヒドラは全てを持ち去ったがラドク
リフは逃げたのか?というコールソン。逃げていないとし居なか
ったのだというフィッツ。シモンズは一ヶ月前に辞めさせられた
のだとし不正な実験が理由だという。「超人間主義者」って噂
だというフィッツ。「科学の力で人間の生物的限界を超えようと
いう考え・・つまり人間以上を目指す」ものだという。奇遇だ
としてデジタルの世界では永遠に生きるとかフィッツ。
ラドクリフは何処にいるのか?ルーマニアの何処かに居るという
シモンズ。まず君たちが乗り込むのだとし後方支援でマックを
同行させるという。デイジーを誘う方法を見つけるのだという
コールソン。

マックは色々思う事があるとフィッツに言うとそれならクインジ
ェットで話そうという。
フィッツはシモンズに対してプロとして話しても良いかと言うと
良いわよというシモンズは私たちは同僚ですものねと。仕事上の
関係に支障を来したくないという。それに何にも邪魔させないと
いう。物事が進むにつれてあらゆる変化をあるとし物事が複雑に
なるというフィッツ。セックスしちゃうとということか?という
シモンズ。

メイはシモンズを呼ぶと訓練通りにしてというと銃を渡す。
科学者に会いに行くのに銃は要らないのではないかというと
どんなタイミングで銃を出せば良いか分からないというシモンズ。
直感が教えてくれるわよと。

ハイヴは追っ手は来そうなのかと問うと分からないというデイジー。
コールソンは衝動で動く。特にお前のことにはなと。私を守らな
きゃと思っているのだというデイジー。お前は本当は強いのにな
と。ハイヴはデイジーのことをスカイと呼ぶ為に、今はデイジー
なのよとし、本当の名前を見つけたのだという。あの人たちがつ
けた名を。パパが約束を守り一瞬だけ両親が出来た。私を愛した
二人。想像とは違ったけど本物だったこと。私が頭の中ででっち
上げたのとは違うという。今親は居ないというデイジー。繋がり
だとし俺とお前は一つの命からなっているという。

■感想

ああっ、デイジーって何処かでダマされている振りしてハイヴ
の側に付いているだけかと思っていたけど、自分の意思でここに
いると言われるとちょっと切ない。
今まで求めていた家族の絆をシールドではなくインヒューマンズ
の間に感じ・求めてしまったこと。インヒューマンズの存在は、
地球に於けるマイノリティとマジョリティの問題にも思えたの
だけど、能力者同士でいることで気軽さや自由さを覚えてしまう
ところに心地よさとして現れてしまったのか。

ハイヴの近くに居るだけで心地よさ満載。
何かフェロモンにでも誘われているのか。
ビッチじゃないけどゲスな側に付いてしまったことで、最早
楽しみというか肩入れする人物が居なくなってしまった。

ただ唯一の希望はデイジーが見てしまったシールドのメンバーの
死に関して、それを食い止める為に行動を起こしているのでは
ないかということ。

今回フィッツとシモンズがやたらとその死の当事者ではないか
というフラッグが立ちまくっていたので怖いところだけど、
一体誰なんでしょうか。

ドラマセットに金がかかっている分、あんまりメインキャラク
ターの補充がないんだよな。
だから似た様なキャラたちの間でグルグルと回っている印象しか
ない。

こんな少ないメンバー構成で色々と地球規模の平和を守るために
活動しなければならないって感じにしか見えないのはマイナス
かも。勿論タルボットなんかが出て来てヒドラの基地を一斉に
破壊した情報を挿入することで一応活動しているけど、
これはあくまで地球で起きている地球人との戦いであって、異星
人との戦いではない。

ジェームズってインヒューマンズの素質みたいなものは有ったの
ね。必ずしもテリジェンクリスタルがもたらすものが能力者と
しての力ではないハズなので、異星人としての遺伝子を持っている
かどうかなんてこと

■人間の知識がクルー星に追いついた?

超人間主義者だというホールデン・ラドクリフ。
その人物はハイヴを倒せる唯一の人物またはそのヒントを与えて
くれる人物故に、ハイヴは危険因子を排除する為に現れたのかと
思ったけど、実際にはハイヴは自分たちの仲間として取り込んで
何か地球侵略に利用するのかな。

正直この程度の遺伝子学者なら世界中にもっと居るんじゃないの
か?
遺伝子操作というよりもこの科学者は単純に臓器移植しているだけ
って気がするんだけど・・・

マッドサイエンティストということなのでもっと危ない感じの
ヤツかと思ったけど意外と普通。ハイヴや能力者たちの存在を
見ればどんなやつも普通に見えてしまうものか(笑)

■人類みな兄弟・家族

ハイヴの構想の根底にあるのはそういうことなのか?

「人間は俺が戦争するための軍隊を欲しがっていると思ってい
る。」(Hive)
「でもみんな目的が一つなれば戦争にはならない。」(May)
「苦しみも戦争も無くなる。みんなが繋がる。星を取り戻して
インヒューマンズの故郷にしよう」(Hive)

星を取り戻してって元々は異星人/クリー人のものじゃないのでは
ないのか。

戦争を起こさない為に戦争を起こすんでしょ?結局。
既にジェームズとか問題児が暴れているのを見ればやはり危険
としか言いようがない。

■シールドなのかインヒューマンズなのか

コールソンにしてもメイにしても重傷だったのに・・
メイなんて先々週のシナリオの中で「操縦なら出来るわ」
って言っていたくらいだし、コールソンは足の骨を折っているにも
関わらず任務についているという状況。
メイはあの人頑固だから・・と言っていたけどそういう問題か(笑)

でもその代わりに凄いものを手にしていた。
なんとあのアルゴスの戦士の盾のような「キャプテン・アメリカ」
が持つ希少金属・ヴィブラニウムの電子版って感じだったな。

「シールドを持つシールド長官って良いだろ?」(Coulson)
「フィッツも賛成した」(Coulson)
「便利ね」(May)
「正直言うと脚が痛い」(Coulson)
「脚もフィッツに頼めば?」(May)

これもハイヴが言っていたように、人類が異星人の技術に近づいて
いる証拠なのか。

ただコールソンの体は確実にラドクリフが考えていた超人間主義
者に近づいていないか?
今の所腕だけだけどね。

■インヒューマンズも死ぬ

インヒューマンズの死は今までにも何度も目にしている。
力が強いだけで別に銃弾を受けて死なない訳では無い。
デイジーだってリンカーンだって遺伝子的にインヒューマンズ
としてのものが有るだけで宿主は人間。これは正直インヒュー
マンズのリーダーのハイヴでも同じだと思うんだけど、死なない
のよね。寄生されたものは少なくともデンドロトキシンは効か
ないって言ってたよね。つまりアイサーが通じないということ。

訓練通りに銃を使えば良いとしてメイからシモンズに渡された
銃。最後にシモンズとハイヴが会話している中で、シモンズは
反射的に発砲しそして逃走する姿が有った。結局死んでない
んだろうけど、人間に寄生しているなら人間自体は死んでは
いないのだろうか?

リンカーンはコールソンによってもしも任務に就くならば
ナノテルミットが貼ってあるベストを着るよう告げる。
そこには超小型爆弾が有り、メイの持つ起爆装置のスイッチで
爆発させることが出来るようだ。

ただここでメイがコールソンから起爆スイッチを渡されたこと
でちょっと歪みが生まれていた。

「汚れ仕事はやってあげるがあなたの手も血まみれなのよ。」(May)

コールソンはメイがアンドリューを殺せたのでリンカーンも
殺せると思ったのかな。コールソンは確かにデイジーには
肩入れしているところが有る。親子関係のように可愛がっている
ところがあるからね。

■その他

・ジェームズが能力者へ

口うるさいジェームズを黙らせる為ばかりにデイジーはジェームズ
に向かってテリジェンクリスタルを投げていた。

・クリーが残した球体は対となっていた

ハイヴがデイジーと向かったサウスダコダのジェームズのトレー
ラー。かつてデイジーとリンカーンが騙してトンズラしていた
けど、その奥にはまだ彼らに渡した球体以外にも何かの装置が
埋め込まれていた。それはハイヴを唯一破壊出来る道具の様で
これで一応ハイヴを倒せるものは居なくなったのかな。

・ルーマニア・ブカレスト

一体何処にラドクリフが居るのか分からない。
しかしシモンズは共産主義時代は公共の場所での集会が禁じられ
ていたから個人の家や秘密クラブに集まっていたこと。そのクラブ
の一つに博士が入っていったという。そこでは超人間主義者
たちが最先端の技術の売買をしているブラックマーケットと化して
いて、一見すると高級クラブ。

サイバティック社が作っていたデスロックの技術の応用の義眼を
持ってフィッツとシモンズが乗り込み、マックは後方支援。
科学者として接触を図る過程で、電波の音声が通じづらいという
名目でシステムをリセットするシモンズとフィッツ。
その中で二人は今後関係の進めるかどうかの話し合いをしていた。

後にマックに話すとハンターとボビーがよく使って居た手だと
して二人の関係に気がついていた。

「君らいつから?」(Mack)
「通信が壊れたって手口はボビーとハンターが散々使っていた手だ」(Mack)
「いつからか分からないが割と最近よ」(Simmons)
「嘘付け」(Mack)

■使用された曲

・Agents of S.H.I.E.L.D. Theme Song
Written by Bear McCreary

■出演者

フィル・コールソン (Clark Gregg) S.H.I.E.L.D.の捜査官
メリンダ・メイ (Ming-Na Wen) エースパイロットで兵器の専門家
Hive(ハイヴ) (Brett Dalton) 元ウォード
デイジー・ジョンソン / スカイ (Chloe Bennet) S.H.I.E.L.D.、能力者
レオ・フィッツ (Iain De Caestecker) 兵器技術を専門
ジェマ・シモンズ (Elizabeth Henstridge) 生命科学に精通
アルフォンソ・マッケンジー (Henry Simmons) “マック”、メカニック
リンカーン・キャンベル (Luke Mitchell) 能力者、電撃

ホールデン・ラドクリフ (John Hannah) GT農薬、寄生生物関係の研究
J.T.ジェームズ (Axle Whitehead) クリーのものを持っていた
アノン (Camille De Pazzis) ラドクリフのスタッフ
グレン・タルボット (Adrian Pasdar) ATCUの長官
アリーシャ・ウィットリー (Alicia Vela-Bailey) 能力者・分身
アンダーソン (Alexander Wraith) エージェント
— (Rudy Dobrev) Bartender / ルーマニア

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336