LAW & ORDER : クリミナル・インテント シーズン5 第4話 汚れた青い血 Unchained

リンク広告 テスト




第4話 汚れた青い血 Unchained

脚本/Rene Balcer、Stephanie Sengupta
監督/Alex Zakrzewski
——————————————————–
メロウィッツ治療院。
受付のジョディは電話を受ける。
治療院にはダグリオティが来ていた。メロウィッツのカイロ
プラティックは最高だとすると、いつでも歓迎するという。
患者専用の駐車場から出て行き車に乗ろうとするダグリオティ
だがバッテリーがあがっていてエンジンがかからなかった。
ロードサービスを呼んでバッテリーの交換をしてもらおうと
するが、スタッフはエンジンには爆弾が設置してあるという。
それを知りジョージーが連中を雇ったのだろうとし、片付ける
時が来たなという。
メロウィッツ医師は受付をしているジョディが来ていないこと
を知る。

一方ジョーは仲間と共にバーで飲んで居た。ジョーは仲間と
共に56年のマーキュリーに手を入れて車を動かすことを話
合う中、ウェイトレスのマリッサはそんな話が済んだら電話
してと語る。
しかしジョーはトイレにいくとして席を立つと、バーにいた
二人組によって拉致され、船の上で鎖に繋がれる。一体何故
こんなことをするのかとし、オレの父は警察官だとするが、
二人の人物はお構いなしとばかりにジョーを鎖に縛り海の中に
放り込んでしまうのだった。

ジョーの父はディーキンスたちの職場にやってくる。
対応に出るローガンとバレク。息子が週末に無断外泊するのは
黙認してきたが月曜日に出勤していないということを聞いた
のだという。一緒にいた友達と同僚から供述を取ったという。
彼女は居たのかと問うバレクに対して2ヶ月前に別れたようだ
という。職場から家に戻った後にバーに行ったという父。
妻は2年前に亡くなっていること。帰宅したと分かったのは
そんな気配が有ったのだという。バレクは息子のことを一言で
いうとどんな子だったのかと問うと、「馬鹿正直」だと語る。

9月28日(水)・コリーナズバー
バーテンダーのマリッサから客として来ていたジョーについて
尋ねると、毎週土曜日にいつも同じ仲間と来ていた事を語る。
とてもシャイな人で私の携帯電話番号を聞くのに3ヶ月もかかった
という。失踪日当日はくるみ割りをかしてと言っていたという。
ジョーは整備士だったこと。彼は恐らく故障車を直そうとして
それを借りたのだという。誰かがおびき出して拉致したもので、
ジョーが整備士だということを知っていた人物だとバレクは語る。

そんなバレクの元に遺体が発見されたとの連絡が入る。
遺体には浅い切り傷が有り、それ以外の外傷はなかった。
単純に処刑するのが目的だったのだろうとし、発見されたのは
水深37mのロブスター漁の籠に引っかかって見つかったものだ
った。検死官のエリザベスは発見された辺りの海図を見せる。
ジャージーショア沖だとすると、ローガンはその辺りは港湾
の汚泥を捨てる場所であり、ロブスターもよく獲れるのだという。

船舶の航行記録を調べようと告げるローガンに対して、
時間は日曜日の深夜1時17分に現場に居た船だと語る。遺体の
時計はその時点で止まっていたのだった。

9月28日(水)・海洋廃棄物集積所
船員の男は、二人組の男が査察だと言って乗船してきたという。
本人達は検査官だと言っていたという。操舵室にいる間、彼らは
がっと甲板にいたのか?と問うと、携帯が使えなかったので無線
を借りに来たという。緊急らしいが無線しかないことを語った
とのこと。彼らの当時の状況はどうだったのかと尋ねると、
サイフの中身を見て免許証を見ていたという。ローガンは免許証を
見て人違いだと気が付いて慌てていたのではないか?と考える。

殺された連中との接点がないことを報告する。
マフィアのルケージーとマスケッチが関わっているようだと告げる。
それを聞いた父親は激怒するが、ディーキンスはあくまで自分達
にこの件は任せて欲しいと頼む。
巡査自身は内部調査課(IAD)のお墨付きの人物とのこと。
人違いならば市内のジョー・ロングを当たってみようと考える。

一方バレクはジョー巡査から教会に祈りに来てくれたことに感謝
して出て行く。ローガンはどうして彼が通う教会を知っていた
のかと問うと、聞いたのだと語る。
検索するとクイーンズに同じ誕生日のジョー・T・ロングがいると
いう。サニーサイドの鉄道整備士だという。逮捕記録は第四級の
武器所有罪の仮釈放中だった。しかし左手の指2本が吹き飛んでER
に運ばれていた記録が有った。その際家宅捜索で爆薬が押収されて
いるという。彼は爆弾魔なのか。

ジョーのことを取り調べる。
君と同じ名前の若者が海底に沈められたとし、マスッチかルケージー
によって殺されたのだという。狙いはお前だとし、作業手袋からは
硝酸アンモニウムが検出されている事を語る。保護するので話を
して欲しいと告げるが、断られる。
取り調べの様子を見ていたディーキンスはヤツは先週の木曜日に
何度も同じ番号に電話していると語る。相手はジョージ・ブラン
ソンの携帯だった。胴元ジョージーとして有名な人物とのこと。

9月30日(金)・ビッグ・ジョージー(ジョージ・ブランソン)の家
ローガンとバレクはジョージーの家にいくか携帯電話には
不在メールばかりが届いていた。管理人によると先週から見かけ
ていないとし、それを裏付けるようにして携帯は木曜日の夜
からたまっていた。金曜日の朝に女性が尋ねてきたが、ベルに
応答がなく彼女は部屋を調べてくれと言っていたという。
彼女はジョディ・コードバ、赤毛の子だと分かる。メロウィッツ
療養院で働いている人物で、ジョージーのお抱え整体しなのか。

メロウィッツ療養院で話を聞くと、金曜日の昼前に消えてしまった
のだという。金曜日の来院記録を見せて欲しいと頼むと、医師
は守秘義務を盾にしようとする。しかしローガンはカイロの先生
はそういうのは良いんだと告げる。最後に予約しているのはピー
ター・タグリオティが入って居る事を知る。

10月5日(水)・バージニ刑事の家
10月6日(木)・ペンシルベニアの動物診療所
10月10日(月)・病院の刑務所棟
10月10日(月)・メリトンホテル
——————————————————–

警察官・ロングの息子のジョーが月曜日になっても出勤しない
ことを受けて、ディーキンスら捜査班に捜査協力を求める依頼
が有る。すでにロングは失踪前にジョーと逢っていた友人たち
から供述を取ってきたという。それを受けて、ローガンとバレク
は当日のジョーの足取りを追っていると、ジュージーショア沖
で漁師の網に引っかかったジョーの遺体が発見されたとの連絡
を受ける。殺されたと思われる現場で被害者の免許証を見て
いたとのことで、ジョー違いで殺されたのではないかと見て
捜査を開始していく。

ローガンサイドのエピソード。

ローガンの土地勘のある捜査とバレクの分析力をもって捜査に
挑んでいる形が少しずつ見えて来た感じのする内容だった。

警察内部の不祥事絡みということも有るので、ローガンの過去
が引き合いに出されることも多く、ローガンの過去の資産を
利用した内容となっている感は否めない。
「本物の警察は仲間を見捨てない」「市警の手口は知っている。
群れから追放さ」「あなたの元相棒レニーも同じ体験をした。
つまり組織の不当行為には慣れてるってことだ」と。
バレクとローガンの流れでも
「IADの仕事は過酷だ。仲間の内定なんて」(V)
「分かるのね、調べられる側の気持ちが・・」
「昔の話だ」()

ローガンがどれだけ警察内部に精通しているのか分からないけど、
警察内部の容疑者像の特徴を聞くだけで、人物を特定したり、
日本でもアイドルの花の「82年組」「85年組」なんて呼び方を
するけど、このドラマに於いては警察官たちは「84年組は5人が
警視正になり7人が警視として巣立っている」と語っていたけど、
そんな事情に精通しているところは驚く。

バレクネタでは、彼女はギャンブルに多少精通したところが有り
身内にリハビリをしていた人物がいるということが語られていた。
またFBIにもコネがあるようで盗聴テープを手に入れたのも彼女
だった。

恐ろしいのはなんと言っても善人側であるハズの警察内部が犯罪を
隠す為に犯罪を犯していく連鎖が有り、同じ警察官の息子を
間違って殺したにも関わらず忠誠心という名の間違った繋がり感
を示して、マフィア以上にマフィアの結束力を発揮してしまった
ところか。

ドラマではマフィアたちの間でも、”ルケージー”と”マスケッチ”
そして”ガンビーノ”という三つ巴の勢力がシマを巡っているという
背景が有り、それと対象的に警察内部での組織としての、
IAD(内部調査課)、OCID(組織犯罪課)、そしてローガンら殺人課
だったりFBIなどの管轄権争いが有り、上述したように警察もマフィア
も一歩間違えば悪にも善にもなりえることを描いていた。

ドラマとしては流れ自体はそれなりに分かるのだけど、事件と
事件を繋ぐ流れの中で、主人公たちの知識が都合良く利用されすぎて
おり、ゴーレンたちも時々自分たちの頭の中のロジックだけで
組み立てて視聴者を置き去りにすることが有るのだけど、ドラマ
を見ていると、「何故その場面でそう想定出来るのか」みたいな
流れが時々有るのが確かだった。過程を省いて前提と結論だけを
結びつけてしまっているシーンが多い気がする。

どのようにして警察内部の汚職の連鎖・結束感を打破するのか。
頭を潰せば自然と解明されていくのかどうかは分からないけど、
ローガンが過去に不祥事を起こしたことを利用し、マーク・バージニ
が如何にこれまで実績を挙げてきた刑事なのかを主張して世論を
動かそうとする流れなど、実に小狡い流れが有った。

最終的には「盗聴」が色んなところで効力を発揮し、間違いを
犯したのも「盗聴」ならば、それを正す為に利用されるのもまた
「盗聴」だったこと。ローガンが過去に「不祥事を起こした人物」
だという自虐ネタを使ってマークに取り入っていく流れとか、
娘を使って内情を吐露させていくところなどは、面白い流れだった
けど、これだけの警察内部の不祥事の構図が出来ていると、そう
簡単に解決する問題ではない気がする。
「PERSON of INTEREST」のHR状態になっているんじゃないのかと。

それにしてもマーク・バージニ役のDavid Keithって最初
Harvey Keitelかと思った。ドラマに出ることはないか・・。

ロバート・ゴーレン (Vincent D’Onofrio) 天才刑事
アレクサンドラ・エイムズ (Kathryn Erbe) ゴーレンの右腕
ジェームズ・ディーキンス (Jamey Sheridan) 警部
ロン・カーバー (Courtney B. Vance) 検事
エリザベス・ロジャース (Leslie Hendrix) 検視局
マイク・ローガン (Chris Noth) 刑事
キャロリン・バレク (Annabella Sciorra) ローガンの相棒刑事
— (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)

マーク・バージニ (David Keith) 汚職警官、ピーターと精通
レナータ・バージニ (Kelly Karbacz) マークの娘
アルバート・カークホフ (Nick Sandow) 捜査官、元マークの相棒、OCID
ロング (John Michael Bolger) 捜査官、ジョーの父親
ピーター・タグリオティ (Frank Santorelli) マフィア
Dr.メロウィッツ (Lee Wilkof) 整骨院
フィル・バートリ (Stelio Savante) ジムの海に・・・
アーキン (Jim Bracchitta)
シア (Jarlath Conroy) 船に乗船させた男
マリッサ (Frances Shaw) コリナーズバーのウェイトレス
ヴィンセント (Jimmy Burke)
ジョセフ・T・ロング (Kris Eivers) 狙われた”ジョー”、爆弾魔
トミー・デラーノ (Raymond Franza) ジムを海に・・・、ジョージーも殺し
Mr.ハケット (Joe Napoleone)
テンリー (Andrew Polk) PBA Lawyer
ビッグ・ジョージー (Jerry Russo) 胴元、タグリオティを狙う?
ジム (Adam Ratcliffe)
ハントリー (Lou Sumrall) 刑事
ベス (Tara Bast) フィルの妹、動物診療所
ジュディ・コルドバ (Kathryn Albarelli) メロウィッツ治療院受付
— (Chuck Ardezzone) First Worker
カイラ (Jacqueline Lovell) 整骨院のジュディの後任
Lt.マクグラス (Denis McKeown)
— (Sonny Vellozzi) TV Cameraman

ルケージー
ルイス・ジアッジ () “3つ目”と呼ばれる。ガンビーノの手下
マスッチ = ピーターが属しているマフィア
ガンビーノ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336