LAW & ORDER : クリミナル・インテント 犯罪心理捜査班 シーズン6 第13話 厄介な配偶者 Albatross

リンク広告 テスト




第13話 厄介な配偶者 Albatross

脚本/Warren Leight、Marsha Norman
監督/Frank Prinzi
——————————————————–
【ストーリー】
カバナーズ島で、ハミルトン対バーの決闘の再現劇が行われ、
そこには元州上院議員のモーリーン・パゴリス夫婦やレイトン
判事、そしてロスは子供達を連れて見に来ていた。
史実に忠実に再現する中で、鉄砲を撃った後、レイトン判事が
突然倒れる。どうも様子がおかしい為に近づくと本当に銃弾に
撃たれて倒れて居た。トミー・レイトン判事のことをよく知る
モーリーンは近づいて涙する。ロスは自分は刑事である事を告げ、
現場を荒らさないように慎重に対応する。

エイムズやゴーレンたちも現場にやってくるとロスは事情を
説明する。子供たちは全員まだ島にいるという。ビデオカメラ
で撮影していたものから回収するとのこと。
エイムズはあそこにいるのはモーリーン・パゴリスなのかと
問うとロスは青い服を着ているのは彼女の夫で元横領犯のジョージ
だという。ゴーレンはレイトンの遺体を見て背後から撃たれている
事を語る。ロスから銃声について尋ねると拳銃の音は確かに
2発だけだったという。ボートから撃ったならもう一発聞こえたはず。
ゴーレンは向こうから撃ったのだろうと語ると、エイムズは対岸
からかと問いかなりの距離である事を語る。相当な腕の持ち主で
ないと無理だという。ゴーレンたちは芝居なのに何故か判事が
防弾ベストを着ていることに気が付く。
川を超えて貫通するとはまるで軍の攻撃だというロス。
信じられない妻の行事でトミー判事がこんなになるとは・・と
モーリーンの夫のジョージが語る。妻の昔の上司で15年の付き合い
があるという。モーリーンは良き指導者だったとして彼のお陰で
公職になれた事を語る。エイムズはモーリーンが警察学校の
卒業式で祝辞を述べてくれた事を語る。それで何が有ったのか
と問うとミスで実弾が入って居たのかと問う。彼は背中を撃たれた
のだとし倒れ方も練習と違う事を語るジョージ。先週の日曜日に史実
を正確にと練習したというジョージ。

CSUのマイクはタングステン徹甲弾の先端を見つけたとして落ち葉
の中から見つける。この小さなミサイルを発射できる銃は一つ
シャイタック狙撃中かというゴーレン。マイクは20分で発射場所を
特定するという。

対岸のビルで該当ポイントへと向かう。
随分と風邪が強いとするが、マイクは風や気温や地球の自転を
読み込み最適な弾道を自動に計算出来る銃だという。東海岸
ならば候補者は5、6人いるとのこと。犯人はプロで間違い無い
という。身を隠せる場所が必要だとして、銃は大型だろうと
するがマイクはパーツは分解出来るので目立たないという。
床に三脚を立てた痕が有り、発射の反動で傷ついたものだった。
薬莢が発見されていないとするが、高温で薬莢は右に落ちると
いう。人工芝が溶けているのを見てこの場所から発砲したので
間違い無いという。

人気のニュース番組”ヤンシーアワー”では、レイトン判事殺害が
報道される中、”モーリーン・パゴリスの不良亭主”のジョージ
がまた関係していて妻のキャリアが再び傷ついているという。
彼は横領罪と偽証罪で起訴された過去が有り、何件ものギャング
関連の事件でも重要参考人として呼ばれ、若い美女と歩く姿を
マスコミによって何度も撮られているという。誰よりも女性の
為に尽力してきたモーリーンは、保護所、育児支援、虐待被害者
の為の資金も集めたとして、街頭インタビューのものたちも
彼女の功績を口にする。何故夫がしたことで彼女が評価されるのか。
ヤンシーも思わず”お願い、お荷物を捨てて”と語る。

ダメ夫の責めを負う政治家だというエイムズは世の常だとして
尊敬していることをロスたちに語る。しかしロスは捜査にその
感情を決して持ち込むなと語る。あの後ジョージはフェリーを
待つことなく自分のボートで島から一人で去ったという。モーリ
ーンは遺体に付き添っていたとし家族に連絡して警察たちに
お礼をしていたとのこと。そしてカメラ前で号泣だといゴーレン。
ロスは随分批判的だなと語ると、初の女性市長を狙っていると語る。
しかし判事の友人だぞと語ると、ゴーレンはベストの理由はと問う。
連邦検事局が事情を知っているとのこと。

連邦検事局のバーナーによると先週レイトンの殺害計画を傍受
したので判事に防弾ベストの着用を了承してもらったという。
しかし実際に殺害計画はなく盗聴を知ったチンピラが混乱のため
に嘘をついていたのだという。伝えようとしていた時には死んで
いたとのこと。検事局は6対1でジョージが犯人だということに
なっているということだった。
——————————————————–

ハミルトン対バーの決闘での再現劇中にハミルトン役を演じて
いたレイトン判事が何者かによって殺害される。
当初実弾が入って居て決闘劇に於ける事故かとも考えられたが、
銃弾は正面からではなく背中から撃たれていること。現場で
子供と共にこの劇を見ていたロス警部は、当時銃声は二発しか
聞こえなかった事を告げる。ゴーレンは恐らく対岸から狙撃した
であろう事を告げる中、CSUの捜査官が落ち葉の中からタングステン
徹甲弾の千分部を発見。この弾はシャイタック狙撃銃に使われる
ものだという。狙撃地点も特定される中、マスコミや世論では
女性議員として弱者や女性の地位向上に尽力してきたモーリーンの
イメージが下がることに対して問題は夫のジョージに有るとして
非難していた。ジョージは過去、横領罪や偽証罪、そしてギャング
関連事件でも重要参考人として何度も呼びだされている建築家で、
更に女性スキャンダルでも数多く紙面を賑わせていた。
被害者の判事が防弾ベストを身につけていたことや、過去のジョージ
が起こしているトラブルが常にモーリーンの選挙活動に於いて重要
な場面で起きていることを知る。世間では何故二人は別れないのか
とする意見も出る中で、今回もタイミングが良すぎることから、
誰か殺害を現場で示唆しているものが居るのではないかとして
VTRをチェックすると”証人役”を行う銃器店の男性が手話で合図
していることに目を付ける。

昨日見たSVU(S5-25)でも盗撮がポイントになる事件だったけど、
今回ポイントとなったのは盗聴だった。
SVUの時にも書いたのだけど、盗聴にも二つの側面が有り、真実を
解き明かせる反面、法律を無視して他人のプライバシーを侵していく
という卑劣な行為そのものであること。

盗聴の話が出た時には、夫のジョージが悪人過ぎるので捜査機関など
が24時間監視しているのかと思ったけど、監視していたのは妻で
あり、自由に振る舞う夫と監視をする妻ということで、不思議な
構図が有る。その妻の監視によって夫の無罪が証明されてしまい
逆に妻の殺人の共謀罪が成立してしまうところなど、なんとも
皮肉な感じとして描かれていた。

ドラマとしては初の女性市長とか、モーリーンのことを世論やテレビ
アンカーも含めてやたらと持ち上げていたので、刑事で言うところの
“良い刑事と悪い刑事”役として、モーリーンを持ち上げる為に夫が
悪役を演じているのではないかと思わせるものが有った。

そんなモーリーン役を演じていたのが、最近までDlifeで放送していた
「よみがえり ~レザレクション~」で、謎の政府の女役で登場して
いたDonna Murphyだった。

政治家として盗聴の事実が分かれば致命的になると思うが、夫の
悪態の数々は逆に彼女にとっては世論を後押ししている所なんか
は皮肉としか良い様がない。

比較的早い段階から容疑者が絞られていたことも有るので、何と
なく後半はダラダラと展開が続いた気がする。旦那に雇われている
運転手が奥さんを助けようとして画策した流れを旦那の悪行を
暴こうとして盗聴している奥さんによって運転手の悪事の証拠が
見つかってしまうところなど何とも切ないところだけど、盗聴器
はともかく何処で録音していたんですかね。

女性の味方ということも有りエイムズとしてはモーリーンのことを
崇拝していたところも有り、ゴーレンがモーリーンのことに否定的
視点で捜査に挑んでいるところが有るところをみると、またこの
二人の間にちょっとした歪みが生まれるのではないかと思って
ヒヤヒヤするところも有った。まぁ普通ならばバランスよく働いて
いると見るものなんでしょうけどね。

しかしホントなんで妻はこんな夫と別れなかったのだろうか。
政治献金を受け取っていたところが有るのか。
子供三人は大学も卒業していたみたいだし、夫に拘った理由は
イマイチ分かりづらかった。

こういう歴史的イベントに合わせて殺人事件を起こすというエピソ
ード、意外とよく目にするよなぁ。

・Under Pressure by David Bowie and Queen

ロバート・ゴーレン (Vincent D’Onofrio) 天才刑事、”ボビー”
アレクサンドラ・エイムズ (Kathryn Erbe) ゴーレンの右腕
ダニー・ロス (Eric Bogosian) 警部
エリザベス・ロジャース (Leslie Hendrix) 検視局
マイク・ローガン (Chris Noth) 刑事
ミーガン・ウィーラー (Julianne Nicholson) 刑事、ローガンの相棒
— (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)

モーリーン・パゴリス (Donna Murphy) 元州上院議員、女性の味方
ジョージ・パゴリス (Xander Berkeley) 建設業者、モーリーンの夫
デイボ・オールレン (Mike Colter) パゴリス家の運転手
フェイス・ヤンシー (Geneva Carr) “ヤンシー・アワー”のアンカー
バーナー (Mark Consuelos) 連邦検事局
フロイド (Kris Eivers) 封筒が送られてきたという男
ウィリアムズ・フュー (Jeff Ware) 銃器店
ヴァレリー・ディックソン (Jenny Powers) ジョージと会食する女性
アリエル・キングズバーグ (Angie L. Schworer)
トーマス・レイトン (Daren Kelly) 判事、被害者”トミー”
マイク (Lynn Adrianna) CSU Tech
Mr.タイラー (John Rue)
メイジー (Jeanine Bartel) ホテルのコートを扱う
デーヴィス (Zach Poole) ホテルのバー
— (Mike Massimino) Court Officer
— (Tracey Paleo) リポーター
— (Ari Vigoda) リポーター
— (Nicole Wilson) リポーター
マニー (Monte Bezell)
— (Jon Ecklund) Interviewed Couple – Man
— (Kate Williams Stone) Interviewed Couple – woman
— (Russell Koplin) Interviewed Woman
— (Greg Felden) Interviewed Man
— (Crystal John) Interviewed Woman
— (Brad Lee Wind) Interviewed Man
— (Isabella Buenfil) Interviewed Woman
— (Elli) Health Club Patron
— (Nicola Singer) Registration Booth Attendant

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336