映画 スティング2 The Sting2 1983年 アメリカ

リンク広告 テスト




ドラマ「キャッスル」S2-4の中で、サギ師の物語が取り上げられ、この映画のことに言及されていた
ので学生時代に解説していたホームページより映画感想を転載しました。
フォーマットの違いが有るので見づらかったら済みません。

スティング2
The Sting2 1983年 アメリカ
監督 ジェレミー・ポール・ケイガン 製作 ジェニングス・ラング 脚
本 デビッド・S・ワード
撮影 ビル・バトラー 音楽 ラロ・シフリン
出演 ジャッキー・グリースン、マック・デイビス、テリー・ガー、カー
ル・マルデン
——————————————————–
1940年、ニューヨーク。クラブから女性を引き連れて出てくる男キッ
ド・カラーズ。女は上手いことキッドを車に乗せると自分は乗るフリをし
て降りてしまう。その車には、髭を生やした男・ロネガンやカルロスなど
が乗り合わせて彼を取り囲み、密かに倉庫へと拉致していくのだった。6
年前、”電信”のトリックを使い競馬サギで多額の金をせしめた事から、
ロネガンは復讐する時を待っていたのだった。まずはキッドからだと、ロ
ネガンはいつもの紳士的な振る舞いとは違い、彼を手荒く扱いなぶり殺す
ように痛み付け、海の
底へと沈めた。この手口は、ブルックリンを取り仕切り”オオカミ”の異
名を持つマカリンスキーの手法だと言うと、メモに書かれたキッドの名に
横線を入れるのだった。次はジェイク・フッカーの番だと・・・
その頃、フッカーはエディーと共にチームを組み、相も変わらず獲物を探
してカジノを彷徨いていた。
エディーが客の一人で親を連れてきている女性に目を付けてフッカーに連
絡する。フッカーは、獲物を一瞥すると、ターゲットは美人であり、母親
を連れてきている客に躊躇いの声を挙げる。しかし、エディーはファーゴ
の口癖を引用し”ペテンに色恋は禁物だ”として、決行することを決める
のだった。
まずはエディーが彼女らのテーブルに近づき声をかける。そして、わざと
気付かれないように金時計を下に落としていくと、今度は入れ替わるよう
にしてフッカーが近づき、彼はこの店の警備員だとして彼女たちに自己紹
介した。彼は、この辺でも最近は置き引きなどサギ事件が多いことを話し
、客の一人が金時計を盗まれたことを説明した。もし見つけてくれたら5
00ドルの報酬金を支払うという。すると、去り際に彼女はテーブルの下
にある金時計を見つけると彼に手渡すのだった。500ドルを手渡そうと
するフッカー。しかし普通にお金を所持しているのは危険だというと、全
財産を封筒の中に纏めて入れ、懐に隠すよう実践して見せた。そして、懐
にある殻の封筒を手渡し、持ち去るという手口のサギだった。
上手くいったとエディーと共に喜ぶ。そして儲けた金を確かめようとする
と、封筒の中には5ドル札が一枚だけしか入っていなかったのである。や
られた・・・と思ったときには後の祭り。既に彼女らはその場から消え去
っていたのだった。
全財産の殆どをつぎ込んだ作戦が失敗し、肩を落として帰宅する二人。自
宅の扉には、大家から家賃の支払いを催促する督促状。そして、電気やガ
ス、水道が止められていたのだった。
そこに電報を持ってくる局員。それは、彼らのボスであり、文脈から裕福
な生活をしているファーゴからのものだと分かる。彼は、自分たちを招待
しているのが分かると、早速ブルックリンへ向かおうとするのだが・・
翌日、金の無い二人は電車賃を稼ぐために、駅の構内で一組のカップルか
らお金を盗むことに。病人を装って相手の懐から財布を抜き取る手口。女
連れの男から財布を盗むことは容易であり、その財布を持って汽車に乗り
込む。しかし、財布を見ていると盗んだ主の男はブルックリン市警のオマ
ーリーだと言うことが分かった。
ファーゴの手紙を頼りにその場所へ行くと、そこは刑務所だった。ファー
ゴは二年前に何故か犯罪の公聴会に呼び出され質問に答えたら二年の別荘
暮らしになったと二人に説明する。そして、呼び出した本題を話し始めた
。それは、親友だったキッドがマカリンスキーと思われる男に殺されたと
いう事だった。キッドとは両親が亡くなったとき、落ち込んでいた自分を
助けてくれた命の恩人だという。そこで、水曜日の出所後、仕返しするた
めに、仲間を集めてマカリンスキーに復讐しようと告げるのだった。
——————————————————–

前作「スティング」(’73 The Sting)より10年。物語中
では6年後の1940年ニューヨーク・ブルックリン。
前作でサギられたロネガンは、彼らに仕返しするために、彼らの仲間であ
るキッドを殺害する。
その殺害方法を、コニー・アイランドに縄張りを持つマカリンスキーに習
って行い、彼が殺したように
装い両者を衝突させようとするのだが・・・

うーん、思ったよりも良くできていたなぁーと言うのが第一印象です。
前作はかなり人気が有ったので、作る方も相当気を使ったのじゃないかな
・・・なにせ、メンバーが全て一新し脚本家のデビッド・S・ワード以外
スタッフも出演者も全て別。それなのに、前作との繋がりの有る
映画を作るっていうのだから、勇気が有るとしか言いようがないです。
一作目ではサギ師の物語ながら、ポール・ニューマンとロバート・レッド
フォードが出演し、何処かスッキリとしていて上品な感じのする映画だっ
たけど、今回のジャッキー・グリースンとマック・デイビスのコンビは、
息が合って居ながらも、どちらかという中年の哀愁漂う味みたいなものが
出ていた映画に仕上がったと思います。
脚本家が同じだからでしょうか・・前作と同じような手口を使い、同じよ
うなシナリオの道筋、そして同じような役柄の人が出演しているので、手
堅くみられる作品なんですよね。これをパクリと見るか、前作の設定を基
調としているのかでまた評価が変わるのですが、前作を見ないと楽しめな
い部分(前作があるから得している部分)と、また前作のヒットで損して
いる部分がこの映画では特に見られます。
前作では、競馬賭博でのノミ行為・・そして今回はボクシング賭博でのノ
ミ行為です。
近づくために行ったこと。一作目のロネガンの場合、女性に対しても厳し
かったため容易に近づく事は出来なかったのですが、今回のターゲットで
あるマカリンスキーは、遊び(女)好き。冒頭で騙し合いした女性ヴェロ
ニカと手を組み彼女を使って彼を誘い出します。自信たっぷりの彼の前に
、ファーゴが割り込む形で近づき、彼の上を行くような紳士ぶりを発揮し
て、実質マカリンスキーを侮辱したような形になります。そこで、ビリヤ
ードに誘い込むのですが・・・ジャッキー・グリースンといえば、あの
ポール・ニューマンと共演した「ハスラー」で、宿敵ファッツを演じた事
があるんですよね。それ故に滅茶苦茶上手い曲芸が見られます。やはり、
折角拾得した技術を一つの映画にだけ使うのはもったい無いですよね。ジ
ョン・トラボルタがディスコ/ダンス系の一芸に長けていた事を利用して
、その後の映画でもそんなシーンが見られますが、こういうシーンを後の
映画で使用してくれるというのは、映画を視聴している人にとって、嬉し
い演出じゃないでしょうか。

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336