映画 「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 Avengers: Age of Ultron

リンク広告 テスト




映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」
Avengers: Age of Ultron

脚本/Joss Whedon
監督/Joss Whedon

【ストーリー】

ヒドラ研究施設・ソコヴィア。
これは訓練ではない。強襲だ、攻撃されていると。
アベンジャーズたちは森の中でヒドラのメンバーたちと交戦する。
スタークはジャーヴィスに対して施設はどうなっているのか尋ねる。
エネルギーシールドで保護されているとし、ストラッカーの技術は
以前とは違う事を語る。恐らくロキの杖(セプター)を利用して保護し
ているのだろという。
アベンジャーズたちは不意打ちの失敗を認めつつ能力は上。
逆にヒドラの研究員たちは相手がアベンジャーズだということも有り、
全面戦争を告げるも、成功目前にしてピンチな状況を察する。リスト博士
とストラッカーは意見が割れる。”双子”を送るべきだというものと
彼らを使うにはまだ早いというもの。しかしこのときの為に人体実験
して来たのだろうと語る。しかしストラッカーは部下が何とかする
として双子は必要無いという。
ストラッカーは市民のことなど気にするハズがないとして、スターク
はアイアン軍団を使って市民達に避難誘導をさせる。
ヒドラの間でもアメリカに試されているとして降伏はしないと語り、
杖を奴らに渡すなと主張する。

そんな中、クリントは森の中で見えないスピードで疾走し襲ってくる
ものがいることに気がつく。能力者なのか・・ロマノフはクリントが
負傷した事を告げ、救出を求める。スタークは中に入る為に
施設のエネルギーシードの動力源を破壊すると、これで中に入れると
してみんなに語る。一方クリントを助ける中、ロジャースやソーも
見た事のない能力者の存在に驚く。クリントはオレが運ぶとして
ソーは語りロジャースに杖を頼むと語る。

スタークは施設内に入るとアーマースーツから出て警戒モードを取ると
敵のパソコンからデータをコピーしていく。それを本部に転送。
しかしスタークはまだ何か有るハズだとしてスキャンして秘密の通路に
通じる扉を見つける。地下壕のようになっていて、奥には更に秘密施設
になっていた。

ロマノフは敵を制圧したことを宣言すると、ロジャースらは彼女にハルク
の面倒を頼むといわれる。ロマノフはハルクにそっと近づくと彼を落ち
着かせる為に彼の手に触れるとハルクの姿からブルースの姿に戻る。

キャプテン・アメリカはバロン・ストラッカー・・ヒドラの極悪人だな
として逃げる彼を捕まえる。正確にはS.H.I.E.L.D.の悪人だと減らず口
をたたく。ロキの杖をどうしたと問うと、ストラッカーは大人しく降伏
するという。喜んで協力するという彼に人体実験にだろうと語る。
一体何人いるのかと問う中、突然双子の一人・ワンダがキャプテン・ア
メリカを吹き飛ばす。二人目が居たぞとして報告するキャプテン・ア
メリカ。ストラッカーを確保したというとスタークはこっちはもっと
大きな物だと語る。エイリアンのものらしきものがラボに散乱していた。
ソーに対してロキの杖を見つけたぞと報告した瞬間・ワンダが突然
スタークに対して能力を使って洗脳する。彼の脳裏にはアベンジャーズ
が全滅している光景が目に入ってくる。そして目の前には宇宙人の群れ
が有った。
ピエトロはワンダに対してスタークの杖を盗ませるのかというが
彼女は静観していた。

負傷したクリントを飛行機に乗せて走行する。
ブルースは一人戸惑っている中ロマノフが声を掛ける。
まさか呼ばれるとは思わなかった。あなたのお陰で被害が少なかった
のだという。僕が何をしたのか聞くのが怖いというと、信用していない
のかと問うロマノフ。ブルース自分自身を信用していない事を語る。

バナーにチョ博士が来るが施設は使えるのかとスターク。

杖も見つかって満足かとソーに尋ねるとゴールも見えたという。
スタークは杖を調べたいこと。いつから改造人間を作っていたかも
調べたいという。アスガルドに戻るまでで良いので杖を預からせて
くれという。チタウリとヒドラを倒せるし賛成だというキャプテン。

スターク・インターナショナル社のビルに飛行機を着艦させる。
そこにはS.H.I.E.L.D.からスタークの秘書になったマリアとチョ博士
が待っていた。急いでクリントを治療させる。
マリアはストラッカーは捕まえたとし、能力者はワンダとピエトロの
双子だと語る。爆撃で両親を失っていること。生まれはソコヴィア。
元は平和な国だったという。
キャプテンはマリアに二人の能力を尋ねるとピエトロは高い代謝能力
を持ち、ワンダはテレキネシスと人の心を操ることが出来るという。
マッハ男と魔女というところねと。2人共実験台を志願していること。
祖国を守るために進んで実験台になるとはイカレているなとキャプテン
は自ら皮肉る。

スタークは早速ジャーヴィスに対して杖を徹底的に調べると語る。
まずは構成と成分分析。しかし地球外のもので測定不能な物質がある
という。宝石の中のものを保護しているようだと。それはコンピュータ
なので解読は可能だという。

チョ博士はクリントの治療をする。
治療に立ち会うロマノフに説明する。模造細胞だとは彼の細胞も
気がつかないという。ブルースは人口細胞組織だと。
私の研究室の再生クレードルなら20分で修復するとチョ。
スタークがやってくるとチョは、皮膚再生の画期的な発明であなたの
スーツも不要だと語る。土曜のパーティーに来てよとチョを誘うが
スタークと違って私は忙しいとしながらも、ソーは来るの?と尋ねる。

スタークはブルースにロキの杖について相談する。
開発当初ジャーヴィスは単なる言語UIだったが、今はペッパーに次ぐ
やり手だという。
スタークはストラッカーが開発していたロキの杖の力を使ったもの
を見せる。彼は何かを作ろうとしていたこと。ブルースは人工知能か
というと、スタークは”ウルトロン”を作る鍵だと語る。ブルースは
夢物語だと笑うがこのパワーを使えば可能だと主張する。
開発できればヴェロニカも不要になるし世界平和が実現するかもしれ
ない事を語るスターク。チームで内緒で研究するのかと問うと
会議する暇はないと語る。”我らが平和を”だと。

研究を重ねるがなかなか上手く行かなかった。
ブルースは研究しているのでスタークにパーティーにいってくれという。
そんな中ウルトロンプログラムは統合成功という表示が出る。
ジャーヴィスとウルトロンはコンピューター上で互いに交信し合う。
プログラム同士なので実態は存在せずあくまでコンピュータ上での
ことだった。しかしジャーヴィスきすぐに異変を感じたのでスタークに
連絡を取ろうとするがウルトロンが暴走し始め、通信を遮断する。
ウルトロンがジャーヴィスを浸食し始めついに飲み込んでしまう。

その頃パーティーが開かれていた。
ペッパー社長は仕事でジェーンも地球を救った後天文学者として
忙しく過ごしているのだと近況を語る。ペッパーの会社は世界一の
会社になったと。ソーはジェーンはノーベル賞の噂もあるのだろうと
語る。マリアはジェーンの話題ばかりで面白くない為に、くしゃみ
した振りして””サイアク”(ハクション!!)”と語る。

■感想

劇場版「アベンジャーズ」の第2弾。
正直ドラマ版を見て居る人の為の映画って感じで映画だけを楽しむ
人に取ってはお勧めとはあまり言いづらいな。

劇場版の場合、あくまでアベンジャーズ中心になるので、S.H.I.E.L.D.
とかヒドラの存在が殆ど見られない。
というか一人の人間の存在があまりに小さくなりすぎて、宇宙人と能力
者の間に人間なんて入り込む余地が無い。そういう意味ではドラマ版
の方がバランス的には良いような感じはする。スケールの違いはある
んだけどね。

今回のシリーズ2作目は時代は違えど「キャプテン・アメリカ/ザ・フ
ァースト・アベンジャー」
をかなり意識した作りにもなっていた。
この映画の中でTommy Lee Jones演じる大佐がパットンの言葉を引用
して「戦争は兵器で戦うが勝利に導くのは人である」というけど、
その言葉が強く印象に残るところが有るな。

もうすぐ「エージェント・カーター」が放送されるというので後日
劇場版「キャプテン・アメリカ」シリーズの感想もアップしようと
思っているけど、基本的にこのシリーズって科学と称して能力者を
作ろうとする人間が暴走の元凶を作ってしまって、その野心との戦い
ってところが常に有るよね。

シナリオの中心はスタークばかりとなっている感じで、特殊能力を持た
ないものがこの輪に入るのは正直難しい。
早々にリタイアさせたホークアイとかブラックウィドー辺りは使い処
が難しいんだよな。ブラックウィドーはハルクのお守りがあるから
まだしもね。

だからこそスタークが構想していたウルトロンが一つの解決策として
働かせたい意図が有るのだろうけどね。

シナリオとしては昔からよく有るSFネタ。
防御する為のコンピュータシステムやロボットが自らの意思を持って
反逆に出た時の恐怖なんかが描かれているのが第一点。物足りない
シナリオを補うために能力者である双子を使ってそれぞれのキャラ
クターの深層心理に入り込み、私生活や過去の掘り下げを行おうとして
努力している姿が有る。

■ドカン、ズシャーー、ガチャン、ドガガガガ

映画を一言で表現するとこんな効果音ばかりが思い浮かぶ。
とにかく無意味ではないけど無意味なような戦いが繰り返されて、
現状何が起きているのか分からない派手な戦いが行われている。

また戦いかよって感じてしまった人には、右脳はつまらない
映画として認識され、終わる頃にはすり込まれてしまったであろう
ことが伺える。
まさにそれこそウルトロンに浸食されたジャーヴィス状態かよって
感じだ。

■それぞれのキャラクター、そして過去・現実

・スタークがウルトロン計画を考えたのは、防衛のため。
敵対する人間が相手ではなく宇宙人が侵攻してきた際に、アベンジャ
ーズしか敵対出来る戦力がない事情が有る。
冒頭ではアベンジャーズ全員が亡くなる夢を見せられた感じで、
その発端が自分のミスから始まったのではないかと思い込む。

また核ミサイルの発射コードが何者かに守られていると知り、
そのからくりが何かを追う為、ノルウェーのオスロに赴く姿が有った。

・ソーの映像はアスガルドだったね。
あまり意味は分からなかったけど、ヘイムダールからお前はみんな
を滅ぼすなんて言われて・・

・ロマノフは幼少期の自分の映像だったのかな。
Scarlett Johanssonって、Taylor Swiftみたいな美しさがあるので、
彼女がバレエの訓練の場所に行く光景を見ると、Taylor Swift
「Shake It Off」のPVみたいに思えてくる(笑)
殺し屋になる際に不妊させられたこと。任務の為にそうなるのが
義務だったようだ。

・ロジャースは自分が変身した時のカーターとの光景だったね。
ロジャースは自分の家に戻ることに困惑しているのかな。
ブルックリンに戻るべきかどうか悩んでいる光景が有った様な感じ。
カーターと「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」
の時に約束を果たせなかったことが心残りだったりするのか。

・ハルクは今回派手に破壊したね。
スタークが居なければ止められたかどうか。次々と破壊されて
バックアッププランは用意されていたけどこの辺が今回の見所だった
かも。

・クリントは今回、家庭があることが描かれた。
アベンジャーズたちが家庭を持つ事は可能なのか。
このシリーズとは違うけど「ARROW」「THE FLASH」などではヒーロー
は恋人は作れないことを口にしているし、なかなか弱点となるものを
持つのは難しいのだろう。
クリントの家はアメリカの理想の家庭像がそこには有り、みんなの心
を少しでも揺さぶっただろうか。

ただこの場所、フューリーが隠していた場所だとしていたけど、
後に

■面白いシーン

パーティーで「ロキの杖」を持つ事が出来る人がいるかどうかを
試す流れが有った。当然ソーにしか持てない訳だけど、後に
ウルトロンだか誰かが持っているシーンがあったな。
みんな本気になって杖を持ち上げようとしている姿が滑稽。
スタークは色々とマシンの補助を使ってでも持ち上げようとしていた。
最終的にはソーの指紋認証でもされているんじゃないかと疑われていた。

■その他

・インフィニティ・ガントレット

既に「アベンジャーズ」の続編の2作が「インフィニティ・ウォー」
となっていることからも、このグローヴやロキの杖の宝石が何ら
関係していきそう。

・ヴィブラニウム

キャプテン・アメリカの盾の素材でいわゆるレアアース。
キャプテン・アメリカ時代には地球上にこの盾しかヴィブラニウムは
存在しないとしていたけど、ここでは自我に目覚めたウルトロンが
自らの身体をヴィブラニウムを使って究極の身体(クレードル)を作ろう
としていた。

・F.R.I.D.A.Y

ジャーヴィスに変わる人工知能。

■使用された曲

・Themes from Marvel’s The Avengers
Composed by Alan Silvestri
・Norma, Act I: ‘Casta Diva’ by Maria Callas, Coro del Teatro alla
Scala, Milano, Orchestra del Teatro alla Scala, Milano, Tullio Serafin
・Great Intentions by Damato
・Liquid Spirit by Gregory Porter
・I Can’t Get Started by the BBC Big Band Orchestra
・Evening Of Elegance
Written by Bill Keis
・Drum Duel
Written and Performed by Brian Tyler
・I’ve Got No Strings by Dickie Jones
・Cinderella, Op. 87 Ballet
Written by Sergei Prokofiev
・Berliner Messe: 1. Kyrie by the Eesti Filharmoonia Kammerkoor (as
Estonian Philharmonic Chamber Choir) and the Tallinn Chamber Orchestra
・Full Dress Hop by Gene Krupa and His Orchestra (as Gene Krupa & His Orchestra)
・Hikari
Written by Hikaru Utada

■出演者

トニー・スターク (Robert Downey Jr.) アイアンマン
ソー (Chris Hemsworth) アスガルド人
ブルース・バナー (Mark Ruffalo) ハルク
スティーブ・ロジャース (Chris Evans) キャプテン・アメリカ
ナターシャ・ロマノフ (Scarlett Johansson) ブラックウィドー
クリント・バートン (Jeremy Renner) ホークアイ
ウルトロン (James Spader) 人工知能
ニック・フューリー (Samuel L. Jackson) シールドの長官
ジェームズ・ローデス (Don Cheadle) ウォーマシン / スタークの仲間・大佐
ピエトロ・マキシモフ (Aaron Taylor-Johnson) クイックシルバー/スピード
ワンダ・マキシモフ (Elizabeth Olsen) スカーレット・ウィッチ/精神
ジャーヴィス (Paul Bettany) ヴィジョン / 人工知能
マリア・ヒル (Cobie Smulders) 元シールド、現スターク・インダストリーズ社長秘書
サム・ウィルソン (Anthony Mackie) ファルコン
ペギー・カーター (Hayley Atwell) ロジャースの元・恋人(回想シーン)
ヘイムダール (Idris Elba) アスガルドの門の番人
ローラ・バートン (Linda Cardellini) クリントの妻、セーフティハウス
エリック・セルヴィク (Stellan Skarsgard) ロンドン大学の教授
Dr.ヘレン・チョ (Claudia Kim) ソウル、ユージン遺伝研究所、博士
バロン・フォン・ストラッカー (Thomas Kretschmann) ヒドラ
ユリシーズ・クロウ (Andy Serkis) ワカンダの武器密売所
マダムB (Julie Delpy) ロマノフらKGBスパイの教官(回想シーン)
本人出演 (Stan Lee) パーティーで千年ものの酒を飲む
Dr.リスト (Henry Goodman) ヒドラ
— (Chris Luca) Fortress Soldier
— (Brian Schaeffer) Strucker Mercenary
ズリンカ (Dominique Provost-Chalkley) ワカンダの武器密売所
コステル (Isaac Andrews) 逃げ遅れた少年
— (Gareth Kieran Jones) Sokovian Acid Student
— (Chan Woo Lim) Dr. Cho’s Assistant
— (Minhee Yeo) Dr. Cho’s Assistant
— (Bentley Kalu) Klaue’s Mercenary
— (Julian Bleach) Ballet Instructor
— (Chris Beasley) Johannesburg Cop
— (Vuyo Dabula) Johannesburg Cop
— (Nondumiso Tembe) Johannesburg Driver
— (Kabelo Thai) Johannesburg Onlooker
— (Lele Ledwaba) Johannesburg Onlooker
— (Mandla Gaduka) Johannesburg Onlooker
— (Harriet Manamela) Johannesburg Onlooker
— (Beulah Hashe) Johannesburg Onlooker
— (Musca Kumalo) Johannesburg Onlooker
— (Mathapelo September) Johannesburg Onlooker
— (Antony Acheampong) Johannesburg Elevator Passenger
— (Chioma Anyanwu) Johannesburg Elevator Passenger
— (Ingvild Deila) World Hub Tech
— (Sunny Yeo) Korean Train Passenger
— (Namju Go) Korean Train Passenger
— (Mina Kweon) Korean Train Passenger
— (Earl Kim) Korean Train Passenger
— (Arthur Lee) Korean Train Passenger
— (Verity Hewlitt) Sokovian Family Member
— (Michael Matovski) Sokovian Family Member
— (Alma Noce) Sokovian Family Member
— (Riccardo Richetta) Sokovian Family Member
— (Constanza Ruff) Sokovian Woman
— (Monty Mclaren-Clark) Tub Family Child
— (Julia Krynke) Sokovian Driver
— (Tony Christian) Sokovian SUV Driver
— (Ian Kay) Sokovian SUV Passenger
— (Barry Aird) Sokovian Police Captain
— (Kerry Condon) F.R.I.D.A.Y. (voice)
キャメロン・クレイン (Aaron Himelstein) Specialist
ライラ・バートン (Imogen Poynton) 娘
ライラ・バートン (Isabella Poynton) 娘
クーパー・バートン (Ben Sakamoto) 息子
ナサニエル・ピエトロ・バートン (Jaiden Stafford) 息子
— (Joseph M. Abbott) Party Guest
— (Mohammed Ali) Worker in a Scientific Laboratory
— (Pavlina Andreevska) Sokovian
— (Freddie Andrews) Party Guest
— (Dante Briggins) Party Guest
— (Marianna Dean) Party Guest
— (Thom Dobbin) Party Guest
— (Salem Hanna) Party Guest
— (Hrvoje Klecz) Party Guest
— (Andrew James Porter) Party Guest
— (Anthony J Sacco) Party Guest
— (Chris Townsend) Party Guest
— (Ben Wombwell) Party Guest
— (David Olawale Ayinde) Somalian Ship Worker
— (Francesca Bennett) Sokovian Driver
— (Laura Bernardeschi) Sokovian Citizen
— (Dilyana Bouklieva) Sokovian Citizen
— (Sam Hanover) Sokovian Citizen
— (Attila G. Kerekes) Sokovian Citizen
— (Kornelia Horvath) Sokovian
— (Mariola Jaworska) Sokovian
— (Edina Loskay) Sokovian
— (Judit Novotnik) Sokovian
— (Charlotte Snowball) Sokovian
— (Tatiana Zarubova) Sokovian
パブロフ (Denis Khoroshko) Sokovian Driver
— (Adrian Klein) Sokovian Policeman
— (Bartosz Wandrykow) Sokovian Policeman
— (Irina Klimovich) Sokovian Students
— (Bartosz Malarski) Sokovian Students
— (Lex Lang) Sokovian Soldier
— (Lena Milan) Sokovian Agent
— (Zakk Pierce) Sokovian Boy
サノス (Josh Brolin) 最後に出て来てインフィニティ・ストーンの回収
— (Rowdy Brown) 警官
— (Michael Chapman) Lab Tech Scientist
— (Lukas DiSparrow) Sok
— (Alexandra Doyle) リポーター
— (Ibrahim Fagge) Somalian Ship Commander
— (Aurora Fearnley) Marine
— (Mark Preston) Marine
— (Lou Ferrigno) ハルクの声
— (Hannah Flynn) ダンサー
— (Sophie Gooding) ダンサー
— (Robert J. Fraser) Youth
— (Alex Gillison) Masked Asgardian
— (Leigh Holland) Masked Asgardian
— (Diezel Ramos) Masked Asgardian
— (Mark Haldor) Asgardian
— (Daniel Westwood) Asgardian God
— (Guna Gultniece) 学生
— (Joti Nagra) 学生
— (Georgie-May Tearle) 学生
— (Jason Her) TVニュース・アンカー
— (Marcus G. Johnson) Shield Agent
— (Andrea-Nichole Olivas) Shield Agent
— (Bari Suzuki) Shield Agent
— (Jamie Lengyel) Evil Hydra Scientist
— (Jorge Leon Martinez) Stark Guest
— (Eric Morcos) The Agent
Dr.タリル・ジェンキンス (Nick W. Nicholson)
— (Emeson Nwolie) ビジネスマン
— (Sigmund Oakeshott) USO Military Policeman
— (Guy Potter) British Officer
— (Tim Powell) DEA Director
— (Faye Sewell) Oslo Hub Scientist
— (Megyn Shott) 車の運転手
— (Leila Wong) 韓国人科学者

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336