オースティン & アリー Austin & Ally シーズン2 第13話(32) 気まずい二人 Couples & Careers

リンク広告 テスト




第13話(32) 気まずい二人 Couples & Careers

監督/Eric Dean Seaton 脚本/Teresa Ingram

——————————————————–
オースティンはアリーに密着してクラリネットゴルフを教える。
見事”ホーン”ルインワンをしたことで、お祝いとしてディナー
にでも行かないかと刺そう。初めての正式なデートに誘ってい
るのかと問うと、オースティンはアリーにイリュージョンマジック
カフェにつれて行きたいという。じゃあ明日7時半に行こうと
約束する。
トリッシュがソニックブームにやってくると、”世界一のマネー
ジャーは誰だ”と語る。トリッシュは新作アニメ映画のプロデュ
ーサとミーティングを取り付けたとし、その映画で使用される
歌のプレゼンをすることが出来るという。アニメは”Butch & Bitey”
という友情物語。野良犬とその犬に寄生するノミの物語だった。
歌の参考にもらってきたとしてキャラクターのヌイグルミを
見せる。オースティンもアリーも大喜びする中で、今度はデズ
がやってくると、ゼイリアンズの続編が出来るようだという。
その名もゼイリンンズ8 my Brains。それを聞くとみんな脳みそ
を吸うぞとしてじゃれ合う。公開まで待てないというオースティン
に対してデズは試写会チケットをゲットするという。映画公開
に先立ちビデオコンテストがあるのだとし、トリッシュはデズは
名監督だし、私は名女優だという。アリーはそれを聞いて今
デズのことを褒めたのではないかとして語るが、トリッシュは
証拠がないとして認めようとはしなかった。

レストランで食事をするアリーとオースティン。
初めてのデートだとして二人は緊張する。話す事がなく、店が
クールだということを機に、あらゆるものをクールだと言い合う
フフタリ。アルというウェイターがお世話するとして現れると、
注文を取っていく。フーディーニリングーニ、トリックハンバ
ーガーなどお薦めだという。種もシーフードかけも有りません
サラダにしようというアリー。パンも食べますかというと、
突然テーブルにパンを出現させる。周りのカップルは女性の口に
食事を運ぶ男性の姿が見えた為にオースティンもアリーにパン
を食べさせようとするが、イスが突然浮かび上がり、思わず
ジャムのついたパンをアリーの顔に塗りたくる格好となってしま
う。

翌日、ソニックブームでアリーとオースティンは夕べのデート
が気まずかったことを語る。僕たちは一体どうしたのかとすると
自分たちにプレッシャーをかけ過ぎているのだろうか。完璧な
カップルになろうとして・・と。曲作りでもして、音楽ならば
またいつも通りの調子が戻るのではないかという。
プレゼンに出す曲に関してアリーは、心に訴えるバラードにしたい
という。収容所でのみ取り首輪をつける曲だとし、Biteyは助か
らないかも知れないのだという。オースティンは逆に楽しい曲に
しないかと語る。私のアイデアはダメか?とすると、オースティン
も同様にボクのアイデアはダメなのかと語る。
——————————————————–

このエピソード何週間も前に見たので正直あんまり覚えてない
のですが、アリーとオースティンが付き合うことになって
初めての正式デートというエピソード。

マジックカフェに連れて行くも、普段接している二人の良い感じ
の関係が萎縮・緊張してしまうということで、色々と苦悩して
いく。
店では必死にクールだクールだと言い合っている姿が有ったかな。

そんな中、トリッシュはマネージャーとして、新作アニメ
のプロデューサのミーティングを取り付ける。
Butch&Biteyというアニメで野良犬と犬の尻に定着している
ノミの友情物語だという。
イメージさせる為にヌイグルミなどもらってきたけど、後に
このヌイグルミにデズが仕掛けを施していて、プロデューサー
とのプレゼンの際にその仕掛けが作動してしまうというもの。
ヌイグルミを振ると爆発するというもので、いつ爆発しても
おかしくない中で、これ見よがしにオースティンとアリーが
その事実を知らずにヌイグルミを振っているところが笑える。

またデズはゼイリアンズという映画の続編が出来るということ
で興奮する。アリーは安易な続編映画が増えているとして
避難していたばかりだったけどアリー以外の人はみんな興奮。
エイリアンは脳みそを吸い取るみたいな映画みたい。
試写会のチケットが取れない為に、コンテストで優勝して
なんとかしてチケットをゲットする為に、デズが撮影監督だと
いう立場を利用して色々と撮影していく。
アリーのロッカーが利用されていたりして・・・

アリーとオースティンはアニメ映画用の音楽についてどう
すべきか話し合う。付き合うことになったので、互いに
遠慮し合ってなかなか本音が言えずにいる。悲しい曲調にする
というアリーと楽しい曲調にしたいオースティン。

結局最後は付き合う前の方が上手くいっていたとして、
互いにまた友達に戻ろうとして同意。

そういえばオースティンのミドルネームはモニカだったけど、
アリーのミドルネームって何だったんですかね。
絶対に教えないなんて言っていた。
また途中で相性で呼び合うとして、オースティンがアリーのこと
をヒルピクルスみたいな語っていたかなと。

■使用された曲

・Butch & Bitey by Laura Marano and Ross Lynch

オースティン・ムーン (Ross Lynch) 歌手目指す
アリー・ドーソン (Laura Marano) 楽器店”ソニックブーム”、あがり症
トリッシュ・デラロサ (Raini Rodriguez) アリーの親友
デズ (Calum Worthy) オースティンの親友

アル (Matt Cook) the Magnificent
Mr.ハイド (Mark Gagliardi) アニメプロデューサー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336