オースティン & アリー Austin & Ally シーズン3 第19話(64) 涙のトリッシュ Beauties & Bullies

リンク広告 テスト




第19話(64) 涙のトリッシュ Beauties & Bullies

監督/Rich Correll 脚本/Kevin Kopelow、Heath Seifert

【ストーリー】

ソニック・ブーム。
デズは明日学校の劇のオーディションを役の練習をしているとして
鍛冶屋役を練習する。「眠れる姫の美女(Sleeping Beauty)」には
出ないでしょというトリッシュ。オースティンはボクも受けるとし、
カーマイン王子役だという。しかしアリーからはカーマインでは
なくチャーミング王子でしょと指摘される。アリーは眠れる美女役
を受けるとすると、トリッシュは諦めてと告げ私も受けるという。
親友二人が同じ役を争うのだという。上手な方が役をもらえるだけ
だとすると、アリーは私はセリフを逆からも言えるという。
トリッシュはプロの演技を見せるとしてこう演じるのだとすると、
ベンチの上で眠ってみせる。本当に寝ているみたいだ・・デズが
近くでシンバルを鳴らすがまるで動じないことに凄いと語る。

オーディション。
コーチのシモンズは残念だが全員は入れないことを語る。チャーミ
ング王子役にはデズ、鍛冶屋が良かったのに・・というデズ。
オースティンは町人2だという。町人1はアリーだと。アリーは美女
役を演じたのにと惜しがるが、眠れる森の美女役はトリッシュだと
語る。あんな風に眠れる人を見た事がないと。マイルズが語り手。
チアリーダーのキミーは美女がやりたかったのに悪い魔女だと語る。
マーゴはトリッシュに対して眠っているあなたを見て叶わないと
思ったとし、トリッシュにハグするとおめでとうと語る。

デズとトリッシュは演技練習をする。
口づけを目覚めさせようという。そんな中キャリーは木の役だが
樫の木か松の木か楡の木にすべきか迷っているという。楡の木が
良いのではないかと。

セリフの稽古をしようとアリーはオースティンに語るが俺たちは
町人だろうと語る。王子たちと一緒に演技しようという。オーステ
ィンは「ほらあそこ」だけのセリフだとすると、それも出来てい
ないと指摘するアリー。
そんな中演劇のサイトがあるとして、アリーは町の人の書き込みは
有るかと尋ねる。トリッシュへの書き込みがあるというと、それは
酷いものだった。「腐ったタマネギの臭いのする森の美女」。
トリッシュは好きに言えば良いとするが、その後のコメントにも
「トリッシュは美女役をするほど綺麗ではない。これは眠れる美女
じゃない女」と書かれていた。アリーは美女のスペルが違うと指摘
する。

その後学校で会うアリーたちはトリッシュに綺麗だとか良い匂いだ
と語るがそんなことはしなくて良いという彼女。ネットのコメント
なんて気にして員衣という。しかしロッカーのコメントはどうかと
してネットの書き込みをきっかけにトリッシュへのイジメが始まる。
オースティンとデズはそれを止めようとするが・・・

■感想

演劇部で「眠れる姫の美女(Sleeping Beauty)」をやることになり
オーディションを行うということでそれぞれアリーやオースティン
たちも受けようと考えた。誰もが夢見る姫と王子の座を掴んだのは
トリッシュとデズだったが、トリッシュが眠れる森の姫を演じること
になって以降、ネットで悪口が叩かれ、そしてやがてそれは実生活
でのイジメにも繋がっていく。トリッシュは強い人なので大丈夫だ
としていたが、そんな彼女の目からも涙する姿が見られて予想以上
に堪えていることを知る。

今回はイジメやネットに悪口を書く子供に向けた啓蒙活動的内容
だった。ドラマの終わりのオマケのシーンではいつもオチとして面白
いシーンが描かれるのがシットコムの定番だけど、今回は登場人物たち
が自分たちの芸能人としての体験談を語ると共に書き込みする人にも、
書き込みする前に少し考えて欲しいということを訴えるものが有る。

一番堪えそうもないトリッシュの中のナイーブな一面を見せられる
とちょっぴり切なさなんかも感じるところが有ったし、それだけイジメ
とか何気ない陰険な書き込みが相手に与える影響の大きさというもの
を表しているんだろうね。

何処かでアリー&オースティンの音楽・歌が流れるハズであり、それが
演劇の中だと思っていたが見事に外れ。
またトリッシュとデズが演劇で姫と王子役になるということで、
時々この二人の恋愛話ネタが面白おかしく描かれるのだけど、そういう
展開にもならなかった。

流石にトリッシュが学校を辞めると言い出した時にはどうなるかと
思った。マーゴの”美しい”という単語のスペルの間違いに気がついて
掲示板に悪口を書き込みしているのが彼女だと判明するけど、
こういう行為を許すなんて心が広いな。
自分の学生時代にはこういうネットでイジメみたいなことが無かった
ので、平成世代の子たちの新たな悩みってところなんでしょうかね。

オースティンは人気が有るのだから、彼が辞めろと言えば辞めそうな
気がするんだけどね。

SLEEPING BEAUTEYという間違いに対してキャリーがそれを上回る
ようにしてSLEEPING BEAUTEEEよねと語るところが笑えた。

舞台上で爆睡できるトリッシュはやはり大物か。

■使用された曲

・Superhero by Ross Lynch

■出演者

オースティン・ムーン (Ross Lynch) 歌手目指す
アリー・ドーソン (Laura Marano) 楽器店”ソニックブーム”、あがり症
トリッシュ・デラロサ (Raini Rodriguez) アリーの親友
デズ・ウェイド (Calum Worthy) オースティンの親友

マーゴ (Christine Alicia Rodriguez) 白雪姫の代役
シモンズ (Bruno Amato) コーチ、演劇
キャリー (Hannah Kat Jones) デズの彼女、木の役
— (Claudia Santangelo) Beach Club Girl
キミー (Cassidy Ann Shaffer) チアリーダー、悪い魔女役
マイルズ (Roman Zaragoza) 進行役、声が小さい

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336