HAWAII FIVE-O シーズン3 第23話 ファミリービジネス He Welo ‘Oihana(Family Business)

リンク広告 テスト




第23話 ファミリービジネス He Welo ‘Oihana(Family Business)

脚本/Eric Guggenheim
監督/Larry Teng

【ストーリー】

「トレズから本部、敷地内に侵入者発見、追跡中だ」と。
しかしトレズは敷地内に穴が空いているところに落ちてしまうと
二人の男性によって射殺される。

ダニーとグレイスは空港でギャビーの到着を待っていた。
着いたらすぐにメールするって言っていたとし、ダニーは歓迎の
意味で花や風船など様々なものを用意していた。しかしギャビー
から予定が変わって来られないとし、モロッコで仕事だという。
ダニーはグレイスが居れば誰も要らないと語る。

スティーブとダニーは現場にいく。
ギャビーが来られない理由はと尋ねると、特別研究員のオファーを
受けたみたいだという。砂嵐と昔の工芸品には叶わなかったという。

被害者はチャド・トレズ。カラウヌ建設の警備員だというチン。
路面電車を通すので地質調査をしていたという。夕べバトロール中、
侵入者がいたことを上司に連絡しているとのこと。コノは警察官が
90m先にタイヤ痕があったとして型を取っている事を語る。
現場監督は数日前にはこんな穴はなかったと証言しているというコノ。
そんな中、犯人が探していたものが分かったよというマックス。
忠節骨が穴に入っているということは人の親指だとし、穴には遺体
が入っていたこと。墓穴だったなら他の穴は?
捜査官たちは穴の土をふるいにかける。穴の数は11。どれも遺体が
一体ずつ入っていたのか。最近のは半年前で古くは18年前の間
埋まっていたものだという。この20年間あの土地をプライベートの墓地
として使われていたのかと。電車を通すと聞いて工事が始まる前に
慌てて遺体を回収に来たのだろうと。
遺体の身元は、ジム・ヘンリー、7年前に失踪している港湾労働者で
ジムは警察に極秘に情報を提供してたという。ヤクザの情報だと。
他にもケン・ナゴヤ、ステイシー・フォードの遺体が確認されている
とし二人ともヤクザが起こした殺人事件の目撃証人だったという。
証言する前に失踪したこと。全員ヤクザの邪魔者の遺体の捨て場だと
いう。

そんな中キャサリンがファイブオー本部にやってくるとスティーブ
を呼び出す。キャサリンはスティーブに資料を見せると、海軍兵学校
で一緒だったケヴィン・ホブスのことを覚えているかと問う。
ラインバッカーをやっていたヤツだろうとすると、今FBIに居るので
オフレコで教えてくれたものだという。

ダノは島中のヤクザのリストが必要だというと、チンはFBIに頼んで
取り寄せるという。コノはアダムに墓地のことを聞くとのこと。

スティーブは用が出来たので事件に進展が有れば連絡してくれとして
出て行ってしまう。ダニーは彼を追いかけて何が有ったのかとすると
と、お前は知らない方が良いという。話してくれるまでは行かせない
というと、スティーブは先日FBIの全米の指紋データベースに誰かが
ハッキングしていたとし、容疑者はオレの母だと語る。時間と場所
を割り出したその時間、その場所に母がいたとする証拠の写真がある
のだという。これから母親に会うという。

スティーブはドリスの元にいくと話が有るという。ドリスは出かける
ところだとするが、彼はハイセキュリティのデータベースをハッキング
するならばカメラに写らないようにすべきだとし、深刻な事態だと分か
っているのかという。これが状況証拠だとして写真を見せる。
そんな中スティーブは室内に物音を聞くと誰か居るのかと問う。
すると奥の部屋には、ミックとウェイドの姿が有り、部屋の中が捜査本部
のようになっていた。スティーブはちゃんと説明するよう求めると、
彼女はマイクロフィッシュを盗んだヤツを追っているのだという。2人
にそれを手伝ってもらっているとのこと。侵入者の指紋が出たので
身元を知る為にハッキングしたのだという。容疑者は誰なのか?
ファイブオーが動くと言うが、今何かしたら盗むチャンスが無くなる
のだという。そんな母の姿を見てスティーブは昔のサンドイッチを
作ってPTAに出てボートの漕ぎ方や手品を教えてくれたあの母はどこ
にいったのかと問う。やりたくてやっている訳ではないとし安全だ
と確信できるまでは戻れないのだという。マイクロフィッシュは安全
の保険、取り戻さないといけないという。

■今回の事件の概要

・カラウヌ建設の警備員が深夜に侵入者を追いかけている途中に
殺害される。現場には多数の穴があり、マックスはそれぞれの穴
には遺体が入っていただろう形跡を見つける。
・遺体の身元を調べるとヤクザの起こした殺人事件の目撃証言者
だったことも有り、アダムやマイケルの事を疑っていく。
・一方キャサリンからの情報でスティーブの母・ドリスがFBIの
データベースにハッキングしたという事で事情を聞きに行く。
・ハッキングしたのは先日ドリスがCIA諜報員時代の全ての仕事が
書かれたマイクロフィッシュが盗まれる事件が有り、その時侵入
したものの指紋を調べる為だった。

■感想

いよいよシーズンファイナル前のエピソードということも有り、
幾つかの謎に迫っていく流れが有った。

冒頭ではダノとグレイスが到着するのを待っていたギャビーは
元は博物館で歴史文化部キュレーターをしていたガブリエル・アサノ
のことで、S2-4をきっかけとしてS2-7、S2-17と順調にダニーと
関係を築いていたかに思われたけれど、この度モロッコで特別研究員
としてのオファーを受けたということでハワイには戻ってこない
という切ない事情として描かれた。

それにしてもドリスサイドのエピソードは、ドリスが諜報員時代の
同僚たちの物語でもあったので、ちょっと登場人物の年齢層が高い
ような気がしたな(笑)ドリスが潜入するっていうのもちょっと無理が
有ったし・・

■ドリスのエピソード

S3-18でドリスの家に侵入者があり、マイクロフィッシュが盗まれる
という事態が発生していた。彼女は最後に「コード アルファ チャー
リー 37954」
と称して誰かと保護回線で連絡を取っていたけど、
その結果応援に来たのはウェードだったのだろうか。

マイクロフィッシュという名前がなんだか滑稽で、UMA好きには
おなじみの肉眼では見えないスカイフィッシュを連想させるけど、
まさにあるかどうかも分からないところで起きている任務に於ける
攻防を見て居ると、それに引っかけたネーミングなのかと思って
しまう(笑)

盗んだのはジェームズ・オースティンという男で、それを指揮して
いるのは元CIAの同僚のタイラー・ケイン。民間軍事会社に就職して
独裁者に傭兵を供給していたという曰く付きのある彼が、今では
国家情報長官であり、そして更に上院になる為の承認を得ようと
していることで、タイラーは過去の火消しをして回っている様子。

スティーブは嘘をついていた母親のことが許せずにいたけれど、
ダニーからはそれでも母親だとして困っているのであれば助ける
べきことを告げられる。

●マイクロフィッシュ奪還作戦

母親が元CIAってなんか凄いな。スティーブは元シールズだし父親が
警察官だったことを考えれば、そう驚きでは無いのか。
ホノルルタワーに盗まれたマイクロフィッシュがあることを知り
潜入していくというハイカラ過ぎる母親像がある(笑)

スパイものの定番の如く、セキュリティが最も優しい屋上からの
侵入。電源系統をいじるウェイドと、そしていざ実行役として
マクギャレット親子がエレベーターシャフトなどを利用して目的の
金庫がある16階のオフィスへ。既に金庫解除用の音声認識は作成済み。
そしてドアロックなどを解錠するカードキーも予めこのオフィスの
社員のハイジにぶつかってスキミングしている光景が有った。

●母親の教え

ちょっとエレベーターシャフト内で手品を披露する母親の光景は
滑稽すぎたけど、結局最終的に捕まった際には、マイクロフィッシュ
を焼き燃やして証拠を無くしたとみせかけて上手いことピンチを
切り抜ける。実際には現物とすり替えて偽物の方を燃やした格好
だったけど、その術をスティーブが母から教わったのは幼少期の頃
だ。
この母親からの教えがサプライズを生むという流れを見ると、
最近の「ワンス・アポン・ア・タイム」を思い出させる。
S4はやたらと親の教えを口にするシーンが多くて、一番最新の
Once・・でもルンペルが闇の剣ですり替えを行っていたことが有った
な。

●ドリスのウォーファットの繋がりは?

このシーズンはそんな繋がりから始まった気がするんだけど、
結局ドリスの件とウォーファットの流れはどうなってしまったのだ
ろうか。ドリスが諜報員をしている際にウォーの不利益な情報が
入っているので回収しようとしてきていたのだろうか?
ウォーがあれほど怪我をしてしまったので暫くは登場しないのかも
知れないけど、ドリスは結局色んな人に狙われているということで、
ウォーもマイクロフィッシュを誰かに回収を依頼されていたとか?

■死体の墓穴

スティーブ無き状態での捜査。
ダニーとチンがマイケルの元に事情を聞きに行ったけど、ガタイの
大きさとかマイケルが格闘術をしていることを考えると、スティーブ
が居ないことの心細さを感じる(笑)

それにしても遺体を埋めていたという穴があれだけあると流石に
インパクトが有った。
しかしノシムリ家も相当バカな家族で、そういう遺体を埋める
スペースが欲しいのであれば、自分たちのフロント企業が土地を
押さえてそこに埋めておけば良いのにね。

アダムはこの遺体の件に関与していないと思われたけれど、
コノはアダムのクローン携帯を使って連絡先を突き止めて、
オアフ島カリヒの38番桟橋の倉庫で待ち合わせをしていることを知っ
て先回りして潜入する。
中にはドラム缶に入った遺体。ノシムリたちはそれを海中に沈めよう
としていたらしい。

アダムはコノに正直に話をしていた。
サトウに日本で遭った件でもヤクザとの最後の繋がりを断っている
途中だという。2号線近くに埋められていた遺体については知らない
ことを語っていた。

コノが一人で乗り込んだ為に、コノが先日アダムの自宅でやってきた
ヤクザ二名と対峙することになる。銃撃戦で一人は上手く倒した
けれど、もう一人は相手と差し違える形でコノにも銃弾が当たって
しまった。
先日の「西海岸捜査ファイル ~グレイスランド~」S2-7
カリートの家にやってきた二人のギャングとそれを助けたシモンの
流れもこのパターンだったなぁ。

●コノとアダム

コノがCTスキャン中にアダムにコノが持っているクローン携帯を
見つけられてしまった。ここまで互いに不信感が募ると流石に関係
を維持するのは難しそうだが・・・

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・The Life by Antoine Allain
・Been To Hell by Hollywood Undead

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 検死官
カマコナ (Taylor Wily) 友達、エビ店
sgt.デューク・ルケラ (Dennis Chun) 警察官
キャサリン・ロリンズ (Michelle Borth) 海軍情報局・大尉
チャーリー・フォン (Brian Yang) 科学捜査、指紋照合

マイケル・ノシムリ (Daniel Henney) アダムの弟
アダム・ノシムリ (Ian Anthony Dale) ヤクザの跡目
— (Curtis Bush) Guard
— (Wes Haviland) Guard
— (Wes Cortez) Night Security Guard
ハイジ (Heidi Ellyn) ビジネスウーマン、カードを盗んでスキミング
グレイス・ウィリアムズ (Teilor Grubbs) ダニーの娘
ドリス・マクギャレット (Christine Lahti) スティーブの母
ウェード・ガッチーズ (David Keith) 陸軍、シールズ、チーム9
— (Sara Naby Kim) 看護師
— (Stephen Meyers) 救命士
タイラー・ケイン (Craig T. Nelson) 元CIA、現在国家情報長官、上院へ
— (David James Sikkink) Head Guard
— (Adam Wang) ヤクザ
ミック・ローガン (Treat Williams) 探偵、ドリスと懇親
— (Raj K. Bose) Company Employee
ジェームズ・オースティン () 元軍人
レオ・ベイツ () マイケルの弁護士
チャド・トレズ () カラウヌ建設の警備員
ジム・ヘンリー () 墓穴から遺体
ケン・ナゴヤ () 墓穴から遺体
ステイシー・フォード () 墓穴から遺体
ケヴィン・ホブス () FBI捜査官
ギャビー ()

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336