HAWAII FIVE-O シーズン3 第3話 漂流 Lana I Ka Moana(Adrift)

リンク広告 テスト




第3話 漂流 Lana I Ka Moana(Adrift)

脚本/Elwood Reid
監督/Steve Boyum

【ストーリー】

オアフ島の南65km。
今日の任務は初マグロを釣らせる事が目的だというスティーブ。
ダニーは目的とか任務なんてものはないとし、のんびりくつろいで
笑い有って釣れる釣れないはどうでも良いのだという。何も釣らない
のであれば釣りではないというスティーブに対して、そこでビール
が登場するのだという。無駄話をして話し合えばいいだけのことだ
という。ダニーはスティーブに母親は見つかったのかと問うと
島の何処かにいるようだという。今キャサリンに頼んで当たって
もらっているという。彼女に母親を調べさせるなんて凄いなという
ダニーに対してキャサリンは彼女じゃないという。それを聞いたダニー
はネイビーシールズは彼女を作ってはダメなのかと問うと、それならば
どういう関係なのかと問う。通じ合うものがあるだけだとすると、
それを彼女と言うのだというダニー。居所は分かりそうなのかと
問うと、母は優秀なスパイで20年間も潜伏していたのでそう簡単に
見つかりそうもないという。妹には話したのかと問うとまだだという。
そんな中、ダニーの釣り糸にヒット!!。あの色はマグロだとして
スティーブは喜ぶ。ついにつり上げるとカマコナに料理してもらって
食べようという。その前に釣った記念に撮影をする。

そんな中スティーブはボートが見えるという。ゴムボートに男が
乗っているというスティーブ。
近づいて声を掛けると、ガス欠になってしまったという。シャツに
血が付いている事を告げると、エンジンを直している時に傷ついた
のだろうという。こんな小さなボートで沖合なんて無謀だろうというと
突然男は銃を取り出し船を引き渡せという。二人とも今すぐに海に
飛び込めというと、船を奪われてしまう。
残されたボートに男は銃を発砲して空気を抜いていく。二人は絶対
絶命の中、海の真ん中に取り残される。

二人は急いでゴムボートに寄ると穴を応急的に塞ぐスティーブ。
ゴムボートで漂流か・・というダニーにこれは救命ボートだとし
沈まない事を語る。
二度と海で人助けなんてしないとすると、なんとかこのボートは
走らないのかと問う。ガソリンが無いんだというスティーブは、
エンジンを知り外すとそれを海の底に落としてしまう。なんで
エンジンを捨てるんだというと、シールズならば技術があるだろう
と語る。どうせエンジンを直してもガソリンがないのだという
スティーブは、ロープでオレが引っ張るという。丘があるのは
どっちの方角だというダニーに指を指すスティーブ。大丈夫だと
するとオレには経験があるというスティーブ。ダニーはペットボトル
を使ってボートから水を掻き出してくれと語る。
一体今日はなんて日だというダニーは、パンツ一丁で寝そべり
フットボールを見て過ごしていたら突然釣りに行こうとお前が呼びに
来たのだという。それでもマグロを釣っていた時は最高だっただろう
と語る。そんな中ボールに何かが当たったとしてダニーは辺りを
見渡すと鮫がいた。スティーブに急いでボートに戻れというと、鮫が
近くを泳いでいる事を告げる。

サウスショアセーリングクラブ。
キャサリンはスティーブと待ち合わせ場所に来ていたが、電話にも
出ずどうしたのかと心配する。

ダニーは鮫が近くにいることで発狂状態。スティーブはイタチ鮫だ
とすると、とにかく休んで待つとし鮫が消えるまでだという。
スティーブは危険磁石だとし、何でも危険を引き寄せてくるという
と、寧ろ問題はダニーがネガティヴなところだという。鮫は恐怖を
察知できるのだという。ダニーはみんながネイビーシールズではない
という。スティーブは何でダニーは水を嫌がるのかと問うと人体の
6割は水だぞと語る。人間は嫌いだとし、そのトップはお前だという
ダニー。鮫が近づいたらパンチしろとテレビでやっていたと告げる。
スティーブは海は安全だとすると状況さえ分かって来れば良いところ
だという。
するとダニーは昔はオレも海が好きだったが、有る夏友人の
ビリーとは何でも競争し合う関係で、ブイまで泳ごうということに
なり、半分くらい行ったところで流れにハマりパニックを起こしたの
だという。ビリーもやってきてその流れに流され遺体が見つかった
のは5km先だったという。だから海が嫌いだという。
そんな中船が見えるとしてボートを漕いで近づく。

■今回の事件の概要

・ダニーはスティーブに誘われてマグロ釣りに出かける。
・救難ボートで海に漂っている人を発見するが、その人物は殺人犯で
二人は船を明け渡し、海に落とされる。
・仕方なくその男が乗っていたボートに乗りスティーブが岸まで
泳いで運ぶという。しかし鮫登場。
・前から船が漂っていることが判明。元々救難ボートはその船のもの
だった。船の中に遺体が発見。
・沿岸警備隊によって船に乗っていたスティーブとダニーが一時拘束
されるが、ファイヴオーだと知り拘束を解かれる。
・船の持ち主はアル・バージェスのもの。妻のケイティが失踪届を出し
ていたこと。そしてダニーたちから船を盗んでいったものが殺人犯だ
ろうとしてソン祭を開始する。

■感想

ダニーがいつも以上に発狂状態(笑)

折角のハワイなので捜査以外のところに目を向けていきたいドラマ
なんだけど、そういう意味では冒頭での二人のやりとりなど楽しい
ところがあったし、シーズン3に入ってから最後にみんなで集まって
食事したりする光景があるのもまた好感度が高いところがある。

まぁチンの妻が死んでしまったことも有るので、ちょっぴり
辛気くさくなってしまうところもあるけれど、少しずつチンも
立ち直りを見せている。

ダニーとスティーブの活躍が多いドラマなので、今回はそれ以外の
チン&コノの活躍にも比重を置いた感じにも思える。
もっともダニーとスティーブが海に漂い行方不明の流れを調べる所
からキャサリンも含めた三人で二人が何故サウスショアに来なかった
のかを探る流れがあるんだけどね。

少しずつ私生活を通してダニーとスティーブが理解を深め合うところ
は良かった。
ダニーがハワイに来たにもかかわらず水が嫌いな理由なんかも語られて
意外と重い過去があるんだなって感じ。親友のビリー・セルウェイ
を海で失っていること。

ただそれでも釣りの楽しさには触れた様で、嬉しそうにしていた姿を
見せるダニー。
スティーブはネイビーシールズであり地元ハワイという土地でもある
ので海の上でも冷静さを持っていた。まさか65km、ボートを引いて
泳いでいくという辺りは凄い根性だよね。
鮫は出てくるし、ダニーは発狂していた。
テレビで見た知識から鮫にはパンチを食らわせろ!としていたけれど、
まるで武井荘さんばりのことを語っていたな。

事件捜査は比較的難しいものではなかったけれど、冒頭でギル・スケ
ーツがたまたま居合わせた刑事の船をジャックしたことで、もっと
酷い目に合わされるのを期待したんだけどね。
この人の凄いところはスティーブたちから逃れて、チンも彼を見つけて
捕まえようとしたけれど、交わされて思わず屋上から落とされそうに
なるなど、男性陣が完全に翻弄された。そこで登場するのはコノ先生
って感じで、非常階段を下りる彼に不意打ちして、足払いで倒して
捕まえるところなどお見事。
チンはコノを結果的にシーズン2の最終話で見捨てる形になってしまった
けれど、コノはチンに手を伸ばして助けることが出来た。
アダムとの関係に言及した際には、彼の父はヤクザのドンなので、
合法化させるにしても大変でお荷物になるとした際には、ケンカした
格好だったし、チンは兄貴風を吹かせているけど、コノの話では
幼いときからチンに鼻を持たせていたことをみんなの前で語っていた。

結局夫・アルは妻・ケイティと離婚しようとしていた。
しかし婚前契約で離婚しても財産は一銭も渡らないとするものが合った
為に、殺して遺産を受けとろうとしたらしい。
アルの妹のジェニーとしては、兄は船など欲しがっていなかったのに
義姉が買わせたであろうことを匂わせていたので、あんまり夫婦関係
も上手く行っていなかったのかな。

ギルもまたケイティによって操られていたけれど、車のブレーキを
いじるのとは違って、船のエンジンの取水口をいじってオーバーヒート
を起こさせるところなど、女性では難しそうなところもある犯罪の
ような印象は受ける。

結局ケイティとギルってどの辺りから繋がりが有ったんでしょうか。
最後にジェニーがケイティを殺した心情は理解出来るけど、それでも
殺人犯。多少の情状酌量が有っても辛い人生だね。

釣りはもうこりごりだというダニーだけど、マックスはボーンフィッシ
ングを勧めていた。マックスと釣りに行ったら会話にならない様な
感じも受けるけどどうなんだろうね。

■ジェニー役のJulie McNiven

「MAD MEN」でヒルディ役を演じた彼女。
詳しくはデスパの時に書いたので以下参照。

http://itawind.web.fc2.com/kaigai/despa/despa6_08.htm

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Everybody Talks by Neon Trees
・Money for the Weekend by Alberta Cross

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 検死官
カマコナ (Taylor Wily) 友達、エビ店
sgt.デューク・ルケラ (Dennis Chun) 警察官
キャサリン・ロリンズ (Michelle Borth) 海軍情報局・大尉
チャーリー・フォン (Brian Yang) 科学捜査、指紋照合

ギル・スケーツ (Todd Stashwick) 元セーフハウスセキュリティ警備員
ケイティ・バージェス (Cynthia Watros) アルの妻
ジェニー・バージェス (Julie McNiven) アルの妹
マクイルベーン (Michael McGrady) 沿岸警備員キャプテン
— (Ekahi Lee) Coast Guard Officer
アル・バージェス

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336