映画 「アベンジャーズ」 Marvel’s The Avengers

リンク広告 テスト




アベンジャーズ The Avengers
Marvel’s The Avengers
(aka.Marvel Avengers Assemble)

監督・脚本/ジョス・ウィードン
原作/スタン・リー、ジャック・カービー
製作/ケヴィン・フェイグ
製作総指揮/ヴィクトリア・アロンソ、アヴィ・アラッド
ルイス・デスポジート、ジョン・ファヴロー、アラン・ファイン
ジェレミー・ラッチャム、スタン・リー、パトリシア・ウィッチャー
音楽/アラン・シルヴェストリ
——————————————————–
宇宙人種族・チタウリは地球にある四次元キューブが目覚めた
ことを報告。人間にあのパワーを使いこなせるハズもなく、
仕えるのは我が種族だけだという。杖をロキに手渡すチタウリ
のものは、彼に四次元キューブを持ってくるよう命じる。

その頃地球では、原因不明の四次元キューブの変調によって
緊迫感に溢れていた。施設では緊急避難が出るが、マリア・ヒル
は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーや
フィル・コールソンに対して、キューブの力を考えれば避難さ
せることに意味はないのではないかという。
四次元キューブを研究しているセルビグは、キューブの機嫌が
悪く勝手に動き回っていることを長官に報告。元々動力源でも
有り、スイッチを切っても意味がなく、制御処か分析も出来て
いないと語る。更にガンマ線も発している事を語る。
エージェントバートンは何処に居るのかと問うと上に居るようだ
という。長官はバートンにきちんと見張るよう命じると、
一連の事件はこちらの世界で起きている問題ではなく別空間と
キューブで繋がって居る向こう側で起きていることだと語る。
そんな中、突然キューブからは光線のような閃光を発すると、
男・ロキが表れる。長官を含めた警備員たちは、ロキに対して
手にしている杖を置くよう命じるが、彼は攻撃してくる。
ロキはバートンに対して熱い男だ告げると、その杖を胸に突き
つけると、彼はロキに操られるようになってしまう。更に
天体物理学者のセルビクもまた同様にロキの味方となって
しまう。長官は急いでキューブを取り出すとそれを持って
逃げだそうとするが、ロキはそいつに用が有るのだという。
私の名前はロキだというと、大いなる目的の為にやってきたこと
を語る。マイティ・ソーの義兄弟のロキなのかと問うと、
地球人を潰そうという気なのかと問う。ロキは世界を解放すると
し、今の地球の自由はまやかしの自由だという。
キューブの作った通路は次期崩壊されるので避難命令が出される。
ロキは長官に攻撃を加えてキューブを取るとその場から車に
乗って逃げ出す。長官はマリアにヤツラを逃がすなと語る。

しかしロキが手にしている杖はもの凄い破壊力を秘めていた。
追ってくるものたちを杖から発する光線で打ちのめしていく。
ロキはシールズとして働いていたバートンとセルビクと共に
車で逃げる中、マリアは追跡する。長官はヘリコプターから
追跡・攻撃するが、逆に杖の力によってヘリを破壊され、
長官は投げ出される。マリアは大勢の犠牲者が出ていることを
報告すると、長官は敵の手に四次元キューブが渡った事を告げ、
救助者以外はケースの探索に当たるよう告げる。コールソン
には吉に戻りレベル7を発令しろと語る。現在我々は戦争状態
に入ったのだと語る。

三人の男は赤毛の女性をイスに縛りつけて尋問していた。
一体誰に雇われているのか・・・リルメンタヴなのか?と。
女性・ナターシャ・ロマノフは輸出の責任者はサラゲープ将軍
ではないのかと語ると、お前は古い情報に踊らされているようだ
として三人の男は笑う。これがかの有名なブラック・ウィドウ
なのかとすると、実際に遭ってみると可愛い小娘だという。
リルメンタヴに戻ったら伝えろとし、戦車は我々だけで運ぶとし
お前達は不要だと。
そんな中、コールソンから三人の男に電話が鳴り、そこにいる
女性に電話を出せという。出さなければすぐにそこを吹き飛ばすと
言われ、仕方なくロマノフに電話を渡す。コールソンはロマノフに
対してすぐに本部に戻れとし、今の任務よりも優先すべきこと
が有ると語る。バートンが危険だと言われると、ロマノフは
顔色を変えてその場にいた敵を退治する。コールソンはロマノフ
に対して”大物”と遭えと指示する。スタークに遭うのかと問う
と、彼ではなく別の”大物”だと語る。

インドのコルタカで医療に従事していたブルース・バナー博士。
ここでは熱病が流行していた。そんな彼の前に少女が現れると
父が熱を出して大変なので助けて欲しいとし、金を差し出する
バナーは急いで少女を追いかけると少女は素早く何処かに居なく
なってしまう。先に金をもらうべきだったか・・そんな事を呟くと、
目の前には女スパイ・ロマノフの姿が有った。ストレスを避けて
暮らしたいという割に凄いところに住んでいるわねと皮肉る
彼女。ここに来たのは私だけだと告げると、バナーは僕を殺し
に来たのかと問う。私はシールドの遣いで来ただけだとし、
シールドは博士の居場所をずっと監視していた事を語る。長官が
貴方のことを頼りにしているので今すぐに本部に戻るよう告げる。
地球に大惨事が起きようとしていること。四次元キューブが
敵の手に渡った事を告げ、地球を消し去る程のエネルギーを
持っているものだという。それを貴方に探して欲しいのだと。
キューブはガンマ線を発しているが、微弱すぎて追跡するのが
困難なのだという。決してあなたを檻に入れようとしているので
はないとし、あなたを必要にしているのだという。銃を向ける
ロマノフに対して穏便に行こうと告げるバナー。それを聞いて
ロマノフは周りを取り囲んでいたものたちに武装解除を命じる。

国際平和維持組織の世界各国の役員たちは、長官に対して今の
現状を責める。コントロールできないヤツラを使うなんて
とんでもないことだというと、そんなことを言っている場合では
ないのだと長官は語る。アスガルドからは宣戦布告が有ったのか
と問うと、ワームホールからやってきたのはロキだと語る。彼の
義兄のソーは敵ではないこと。対策チームが必要だというと、
役員たちは「アベンジャーズ計画」は中止ではなかったのかと
問う。決して彼らに托す訳では無く、彼ら一人一人は歪な存在
だが、正しく導けば機能するのだという。今、必要なのは兵士
なのだと語る。

サンドバックでトレーニングするのはロジャースだった。
未だに戦いの傷が癒えず、冷凍保存されていた彼は復帰しても
尚後遺症に苦しむ。そんな彼はストレスを軽減する為に
サウンドバッグを叩くが、あまりの力で次々とそれを仕えなく
していく。長官はそんなロジャーズの元を尋ねると、世界を
救って欲しいと語る。ハワード・スタークが海から引き上げた
四次元キューブは世界に無限のエネルギーを与えるものだと
考えていたが、ロキによって奪われ破壊に利用されようとして
居る事を語る。

その頃スタークはスーツに身を包んで海中深くで作業をして
いた。それが終わると人工知能のジャービスに対して、スター
クタワーにいるペッパーに電話を繋いでもらう。スタークは
そのスーツに身を包んでニューヨークまでひとっ飛びしている
最中だった。スタークタワーに到着するとスタークはスーツから
身を解いて急いでペッパーに遭おうとする。しかしジャービス
からはコールソンから電話が鳴っていると語る。スタークは
今夜はペッパーとデートなので適当にあしらうよう告げる。
開発者・ペッパーと会話するスターク。次のタワー名は
ポッツにするよというスタークは二人でシャンパンを飲み良い
雰囲気になっていた。しかしそこに突然コールソンが現れる。
コールソンはこの資料を読んでくれとし、今起きていること
を語るが、スタークは「アベンジャーズ計画」は無くなった
のだろうと語る。僕はその審査に性格云々を問われて失格に
なったのだろうと語る。
——————————————————–

アスガードから追放された王のロキはチタウリ族のリーダーに
よって助けられ、地球に四次元キューブがあるのでそれを取って
くることを条件にチタウリからコズミック・スピアという杖を
手渡され、ロキは復讐の為に地球へやってくる。地球にはかつて
外来の宇宙人から襲われた経験も有る為に、かねてから計画と
して浮上していた「アベンジャーズ計画」のメンバーたちを集結
させる。個々の能力は凄いが、それを悪事に使われることに懸念
を表明するものたちも多く、世界各国で別々の任務を与えられて
いたが、今こそ集結すべき時だとして、集められていく。
そこには70年前に眠りについていたスティーブも呼びだされる。

マーベルコミックのスーパーヒーローたちが登場する映画。
彼らを集結させて地球へ攻撃を企てようとするものたちの攻撃を
はじき返す為に、密かに対抗手段として計画は進んでいたが、
彼らの力は諸刃の剣であり、集結させることに関して、問題が
有るのではないかとする根深い反対世論も有る。
そんな状況の中、必要に迫られ彼らを利用することになるが
果たしてきちんと機能を果たしていくのか。

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の公開も
徐々に近づいた為か、日本の地上波でも「エージェント・オブ・
シールド」の放送が始まるということで、改めて映画「アベンジ
ャーズ」を引っ張りだして見てみた。当時吹き替え版に、
竹中直人さん、米倉涼子さん、宮迫博之さんが声を充てることに
懸念されていた記憶が有りますが、個人的にマーベルコミック系
のスーパーヒーローにまるで固執するものがないので、違和感も
なく、寧ろ竹中さんのサミュエル・L・ジャクソン役は上手いなと
思いました。

あまりマーベルコミック系にも詳しく無いので、カプコンが
格闘ゲームの中にこのキャラたちを起用し始めた時から、
格闘ゲームも興味を失い一切やらなくなった記憶も有りますが、
映画は見ているともう市民の迷惑も顧みず、どっかんどっかん
凄い戦いが始まるワケで、都市部を使っての超人たちの派手な
白兵戦・肉弾戦という感じの内容ですね。

とにかく破壊することの残忍性とは逆にこれだけ派手に滅茶苦茶を
やると爽快感があるという感じでしょうか。
戦いに関しても、人一人の命がどうとかいう問題でもないところも
有るし、「ドラゴンボール」で言うところの天下一武闘会が
開かれていた頃には楽しかったけど、宇宙人が出始めてから
もう何でもありだなって感じの感覚に似ていて、対極的観点から
ドラマを眺めると良い感じのものが有りそうです。

キャプテン・アメリカの熱狂的ファンだとするコールソン。
ナターシャとバートンの関係、ロキとソーの関係など楽しいもの・
複雑なものが有りますが、その中でもロジャースとスタークの対決
は、ある意味生物科学とロボット工学の力の対決感が有り、新旧の
対決という感じもして、なかなか興味深いものが有ったかなという
感じです。遺伝的な肉体改造とロボットスーツの進化。
古きものにこそ良さがあると言った感じに、レトロなスーツに身を
包んだキャプテン・アメリカの市民に安堵感を与える辺りの心理的
作用とかなんとなく分かるような感じがしますね。
ギャラガで遊ぶなと小一時間な感じがする現場も有りますが、随所に
力技的ギャグアクションを交えているところもまたセンスを感じる
ところ。

未来の世界で医療とか科学が発達しているのに対して、貧困層が
尚も存在していて二極化が進んでいるというのは、この手の
近未来的内容では定番の流れなのかな。

エンタープライズ号が空中に浮遊する様とか、四次元キューブが
力の源となっているというベースを見ると、ガイナックスの
アニメ「ふしぎの海のナディア」っぽい描写だなって感じが
するし、宇宙人とか他の種族がいるところなど、古くからスペース
ファンタジーものが好きなアメリカ人っぽい内容のネタが吟味
されている印象も有る。

ハルクの破壊力がもの凄く、***と+++は使いようとばかりに上手い
ことその破壊力を敵に向けさせる。これが冒頭で長官が言っていた
「正しく導くこと」という感じですかね。
何処まで世界にヒーローたちの姿が認知されているのかよく
分からないのですが、疲れている時に見ると意外とストレス解消
になったりするのかも。

エンドクレジットを最後まで見ないと劇中で会話していた料理の
チープなネタを見る事が出来ないということで当時劇場で見逃した
人って多いんですかね。

■使用された曲

・String Quartet No. 13 in a Minor ‘Rosamunde’ D804 by The Takacs Quartet
・Shoot to Thrill by AC/DC
・Black Dirt by Emile Millar
・Live to Rise by Soundgarden

トニー・スターク (Robert Downey Jr.) アイアンマン / 研究者
スティーブ・ロジャース (Chris Evans) キャプテン・アメリカ
ブルース・バナー (Mark Ruffalo) ハルク
ソー (Chris Hemsworth) ロキを連れ戻すために地球に戻る
ナターシャ・ロマノフ (Scarlett Johansson) ブラック・ウィンドウ
クリント・バートン (Jeremy Renner) ホークアイ / 弓矢
ロキ (Tom Hiddleston) 神々の国アスガルドの元王
フィル・コールソン (Clark Gregg) 捜査官、フューリーの部下
マリア・ヒル (Cobie Smulders) 捜査官、フューリーの部下
セルビグ (Stellan Skarsgard) 博士
ニック・フューリー (Samuel L. Jackson) 国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官
ペッパー・ポッツ (Gwyneth Paltrow) トニーの恋人、研究員
ジャービス (Paul Bettany) 声、トニーのブス
— (Alexis Denisof) The Other
— (Tina Benko) NASA Scientist
ジョージー・ラックコフ (Jerzy Skolimowski) ロマノフを尋問
— (Kirill Nikiforov) Weaselly Thug
— (Jeff Wolfe) Tall Thug
— (M’laah Kaur Singh) Young Girl
— (Rashmi Rustagi) Calcutta Woman
— (Powers Boothe) World Security Council
— (Jenny Agutter) World Security Council
— (Arthur Darbinyan) World Security Council
— (Donald Li) World Security Council
— (Warren Kole) Carrier BridgeTechs
— (Alicia Sixtos) Carrier BridgeTechs
— (Jesse Garcia) Carrier BridgeTechs
ジャスパー・シットウェル (Maximiliano Hernandez) 捜査官
— (Dieter Riesle) Gala Scientist
— (Kenneth Tigar) German Old Man
— (Walter Perez) Young Shield Pilot
— (Harry Dean Stanton) Security Guard
— (Josh Cowdery) Maintenance Guy
— (Ashley Johnson) Waitress
— (Katsumi Komatsu) 日本人家族
— (Yumiko Komatsu) 日本人家族
— (Momoko Komatsu) 日本人家族
— (Robert Clohessy) Police Sergeant
— (Enver Gjokaj) 若い警察官
— (Fernanda Toker) Office Woman
— (Andrea Vecchio) News Reporter
— (Robin Swoboda) News Reporter
— (Brent McGee) Faceless Pilot
— (Jamie McShane) Celebration Montage Interviewee
— (Michael Zhang) Celebration Montage Interviewee
— (William Christopher Stephens) Celebration Montage Interviewee
— (Kelley Robins) Celebration Montage Interviewee
シャウナ・リンデ (Romy Rosemont)
ボイントン (James Eckhouse) 上院議員
本人出演 (Stan Lee)
本人出演 (Pat Kiernan)
本人出演 (Thomas Roberts)
— (Damion Poitier) Man
— (Catherine Anderson) ドイツ人歩行者
— (Mike Karban) 歩行者
— (Rod Fielder) 歩行者
— (Shane Thompson) 歩行者
— (Joseph O’Brien) NYの歩行者
— (Nate Paige) NYの歩行者
— (Ricardo Andres) レンズ豆 店主
— (Logan Bennett) SHIELD Agent
— (Israel Hall) SHIELD Agent
— (Demoine Kinney) SHIELD Agent
— (Jaime Powers) SHIELD Agent
— (Kelly Ruble) SHIELD Agent
— (Colin Strause) SHIELD Agent
— (Gene N. Chavez) Shield Guard
— (Mayank Bhatter) Celebration Montage Man Shaving Beard
— (Sharita Bone) Museum Gala Guest
— (Layla Cushman) Museum Gala Guest
— (Rick Dremann) Museum Gala Guest
— (Jason Botsford) Museum Gala Patron
— (Carmen Dee Harris) Museum Gala Patron
— (Holly Neelie) Museum Gala Patron
— (Douglas Slygh) Museum Gala Patron
— (Robert P. Thitoff) Museum Gala Patron
— (Mary Kate Campbell) Stuttgart Biergarten patron
— (Robert Dean) 兵士
プッツ (Jeffrey Feingold) キャプテン
— (Lou Ferrigno) ハルク(声)
— (Eric Frank) Stuttgart Citizen
— (Andrew Knode) Stuttgart Citizen
— (Jorge Mardel) Stuttgart Driver
— (Brent Reichert) Stuttgart Gala Patron
— (Christina Shaffer) Stuttgart Beer Garden Patron
— (Alexander Christopher Jones) 傭兵
— (Jerry Lee Tucker) 傭兵
— (Annette Lawless) 人質
— (Kimberly J. Mahoney) リムジンドライバー
— (Todd Manes) Helicarrier Medical Team Leader
— (Alexander Daniel Pimentel) Helicarrier shield agent
— (Tiffany Sander McKenzie) 市民
— (Michael McMillan) カフェの客
— (Sean Meehan) Guard
— (Jillian Morgese) レストランの女性客
— (Gina Sarno) レストランの客
— (Joti Nagra) ウェイトレス
— (Caleb Daniel Noal) Extra
— (Caleb Pieplow) Extra
— (Robert B. Schneider IV) NYPD
— (Jeff Seich) 銃撃戦のNYPD
— (Martin Palmer) Shiel Employee
ロキ・エスコート (Frank Powers)
— (Alonda Shevette) Lab Tech
— (Tai Urban) Child on news
— (Chris Vaina) Running Pedestrian
— (Sandra Weston) スイーパー
— (Seth Zielicke) 床屋

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336