カシミアマフィア Cashmere Mafia 第6話 駆け引きの行方 Yours, Mine and Hers

リンク広告 テスト




January 6, 2008
第6話 駆け引きの行方 Yours, Mine and Hers

監督/Matt Earl Beesley 脚本/Terri Minsky
Claudia Lonow
——————————————————–
離婚を決意したジュリエットは4人で離婚弁護士として有名な
大手弁護士事務所のレイフ・グロップマンを尋ねるが、既に
デービスが雇っている事を知る。

ミアの元には朝から、ゾーイ、ケイト、ジュリエットと次々と
電話が鳴っていた。病欠するのか?と言われるが、ミアは肺炎の
時にも出社したのに休むはずはないとして、一体何が起きて
いるのかと問う。そんな中クライブがやってくると、新聞を
持ってくる。なんとそこにはみんなが電話をしてきた理由が
書かれていた。なんとミアの元婚約者だったジャックがライバ
ル誌のフェアゲート社の発行人に昇進したことが掲載されて
いたのである。ジャックが抜擢されて良かったというミア。
君の頭痛の種になりそうだろうとして二人の戦いは続くことは
明らかだが、勝ち馬であることを証明しろと言われる。

ジュリエットは弁護士としてブレア・スピルマンを雇うことに
なり、デービスと代理人のレイフと逢う事になる。
離婚調停に必要なことは呼吸を整えること。こちらの動揺を
見破られないようにすることだという。

離婚調停の場で互いに条件を提示する。
ジュリエット側は財産分与に関しては婚姻中のそれぞれの所得
に応じて分割すること。エミリーは共同親権でマンションは
私たちが住むという。しかしデービス側は、本業から消えたかも
知れない社会的地位を犠牲にしてきた事を告げ、全ては野心家の
妻をサポートした為だと主張してくる。収入が冒されることが
なく毎月の手当を受けることを求める。

ゾーイは上司のヘンリーから呼び出されると、マックスウェル・
テイトがビルゲイツの慈善支援のマネをして5億ドルのチャーター
資金設立をしようとしていることを聞かされる。しかし彼は
マッハッタントラストの客ではないのかという。しかしヘンリー
は競売の際にシャトー・ペトリュスのワインを譲って恩を売って
いるとし、午後に彼らがやってくるのでクレイトンと共に何とか
ウチの顧客として取り込むよう言われる。
クレイトンはマックスは君よりもボクの方がウマが合うので
逢って説得するというが、そんな事は実際に会話してみないと
分からないことだと一蹴する。しかしクレイトンによると彼は
男臭い人物でその傾向は”自家用機”、”アメリカズカップ”など
の趣味を見れば明らかだという。5億ドルの資金を委ねる相手は
お母ちゃんじゃ駄目だという。そんな台詞を聞いたゾーイは
これまでにも散々成果を出して結果を見せてきたのに未だに
評価されていないことに対する違和感を唱える。この取引を
成功させれば専務の座が約束されているというクレイトン。
専務の仕事が如何に大変なのか分かっているのかと問うと、
家族との関係は疎遠になり、子供と次に会えるのは結婚式の
時になるかも知れないぞと言われる。ゾーイはそれはクレイトン
も同じことだとし、今度はゴール前に脚を引っかけるような
マネはするなと語る。

ミアはケイトリンに会うと就任したジャックにシャンパンを
送ったという。それは一種のメッセージで有り、未練があると
いうシグナルならスコッチを送っている事を語る。
ケイトリンも現在気がそぞろであり、彼女がいきなり妊娠した
と言われた事を告げ、このまま付き合うべきなのかと告げる。
そんな中ミアはニューヨークニュースのテレビにジャックの
新恋人であるリズの姿を目にして不機嫌になる。しかも彼女
が身につけているスカーフは私が彼の家に置き忘れてきた
マックイーンのものだという。彼女はわざと身につけて私に
見せつけているのだとし、挑発された事を語る。絶対に取り戻す
と告げると、ケイトリンは、それは彼の事なのか、それとも
スカーフのことを言っているのかと問う。

ジュリエットは帰宅すると、デービスが自分の欲しいもの全て
を持ち去っていることに気が付く。礼節のある生活を望んでいた
のに・・デービスは自分も礼節のある結婚を望んでいたことを
告げると、ジェリエットの為に買ったという車も乗っていって
しまう。こういうもめ事は5番街では御法度よと近所のおばちゃん
に言われるジュリエット。

4人で逢うとみんなで愚痴り逢う。
特に話題の中心は離婚調停中のジュリエットのことだった。
こじれ具合はデニス・リチャーズとチャーリー・シーンくらい
なのか?と興味深げに声を掛けるケイトリン。弁護士のクレア
は証拠を積み上げてタマ蹴りをすると言っていると言うが・・
なんだか弁護士の介入が関係をより悪化させているようだと語る
ジュリエット。ミアはジャックがフラッシュバック現状が起きて
いるし、一人くらい新しい一歩を踏み出そうとしている人は居ない
のかと嘆く。ミアに対して医者やゾーイのシッターとの関係は
どうするのかと問うが、二人とはただつきあっていただけだが
ジャックとは婚約していた関係だとして、普通は別れたら関わらない
ハズなのに何処を見てもジャックの影が有るのだという。まるで
宇宙の声が言っているかのようだと語る。
まずはセックス映像を返してもらわないと行かないというミア。
別れた時にHデータは女性側がもらうことになっているのだという。
それを聞いたジュリエットは驚く。するとケイトリンもそんな
ビデオを取っていた過去が有り、ゾーイも撮影したが、出産時の
録画を上書きしてしまったのだという。

アリシアは妊婦として検診に行く中、ケイトリンも付きそう。
未だに微妙な立場のケイトリンだが、赤ちゃんの心臓が鼓動して
いるのを見て少しずつ実感するものがある。そんな中オリビアが
病室へと入ってくると、彼女は元パートナーであり、一緒に妊娠
を計画していた人物だという。オリビアは私の赤ちゃんでもある
のだとして、ケイトリンには関わらせようとはしない勢いが有った。
——————————————————–

■ミア

良い感じの相手が二人、ジェイソンとマイクが見つかったもの
の、どちらとも軽い付き合いだけで、やっぱり本命はジャック
に有るらしい。ジャックの彼女のリズがミアのスカーフだと
知ってテレビの中でそれを身につけ、ジャックは自分のもの
宣言をしているかのようなものが有った。

肝心のジャックは別の雑誌社で発行人にいきなり上り詰めた
ということなのか。
ミアとジャックが付き合っていた頃の録画したセックスビデオ
があるらしく、リベンジポルノ化される前に取り返しにいく。
一枚のハズが二枚有り、ジャックの盗撮を疑うもそれは全くの
逆で、誕生日の時の映像だった。

ジャックは自分から出て行ったにも関わらず、ミアと対等な
地位を確立した途端に自尊心が満たされて関係を戻したいような
素振りを見せていた。まんまと一晩を過ごした二人だけど
そのことに気がついて、結局別れることになりそうだ。
この辺は韓国人の民族的気質に似ている気がする。
自尊心が満たされると途端に日本に対して寛大になり始める
みたいなことが結構あるんだよね。

そういえばマンハッタンの町並みを歩いていると”世界日報”
の看板がデカデカと掲載されていたな。

■ゾーイ

新しい顧客の獲得。
5億ドルのチャーター資金を設立してビル・ゲイツと同じく
慈善団体を行おうとしているマックスという資産家に
対して、現在はライバル社のマッハッタントラストの顧客
だけど、ゾーイらチームがそれを奪おうとするエピソード。

慈善団体と称して金儲けするという汚さ。
ウォーレン・バフェットのパターンに陥らない方が良いとして
投資と慈善事業の矛盾点を指摘していたけど、そんな接待を
高級芸者のいるクラブで行っているという辺りが実に怪しいもの。
ゾーイのライバルのクレイトンとしてはクラブならばゾーイは
来ないものだろうと踏んだのだろうけど、慈善団体にも金がいる
ことは分かるにしても、詐欺には当たらないのだろうか。
透明性のある基金にすると語るのは妻・シンシアだったけど、
どれだけその言葉が反映されるのか。

芸者と称して中国化された芸者バーだった。
ドラマは中国色で溢れている割りには日系人俳優を起用していると
いう辺りがなんとも言えない。

結局クレイトンがマックスを抱き込んだ格好となり、昇格すること
になるとゾーイはヘンリーに対してこの手の分野が未だに白人男性
しか昇格しない現実があることを指摘して、きっぱり仕事をヤメて
いくところは意地を見せたけど、感情としてはクレイトンにリベンジ
したいというところにたどり着く。その辺が消化不良として写って
しまうところが残念。

■ジュリエット

デービスとの離婚協議。
デービスという男性。数々の浮気をしているのに、ここまで大きく
条件を提示出来るというのは一体どんな神経をしているのか。
更に彼はは自分が結婚したことで、社会的地位を犠牲にしてきたと
思っているようで、何処まで自己中の主張を繰り広げられるのだろう
か。

シーラとの関係が未だに続いていて、ジュリエットとしてはそういう
状況を取引材料には一切持ち出さないところは、彼女の優しさという
よりも単なる無能にしか感じ無いところも有って、結構イライラ
する。離婚するとは言っているけど、まだ正式に決まった訳ではない
訳で、もう少し愚痴る前に行動を取れば良いのに・・・

シーラとのHの最中に心臓発作に陥ったというデービス。
病院に運ばれてデービス本人から寿命を感じて突然欲が無くなった
かのようにして、家も車も全てをあげるとしていたのに、翌朝に
なって心臓病ではなく単なるパニック障害だったと言われた途端に
態度を翻す姿。まぁ当然ながら車はジュリエット名義で購入した訳
だし、車を取り上げるだけでなくこれからもっとコテンパンにすれば
良いような気がする。

■ケイトリン

これまた微妙なエピソード。
ケイトリンもアリソンが妊娠したことでこのまま関係を続けていく
べきなのかを悩んではいたけど、妊娠したことで元パートナーで
あるオリビアが戻ってきた途端にアリソン側から別れを示唆する
アクションを出して来た。
まぁケイトリンも浮気しているし、歯がゆいものが有るけど、アリソン
もまたかつてケイトリンと付き合いを決める際に、自分は立ち直る為
の通過点にされたくないとかなんだかんだ言っていたのに、結局
ケイトリンを通過点にしている辺りの矛盾点が憎たらしい格好で
描かれたけど、確かにこんな形で結ばれるべきものではない気が
するので結果として見ればこれで良かったのだろう。なんか変な
エピソードの流れだったね。
オリビアに逢った際に、「私の子が性的嗜好が一貫しない人に育て
られるのは嫌だ」と言っていた。「ストレートからゲイになりバイに
なり今では酔っぱらいにもなるわ」と語るケイトリンの返し方が
面白かった。

■使用された曲

・Stronger by Kanye West
・Like a Star by Corinne Bailey Rae
・Does This Mean You’re Moving On? by The Airborne Toxic Event
・My Bizness by St. John

ミア・メーソン (Lucy Liu) 雑誌の敏腕編集長
ゾーイ・バーデン (Frances O’Connor) 大手投資銀行のM&A担当EX
ジュリエット・ドレイパー (Miranda Otto) ラグジュアリーホテルチェーン

COO
ケイトリン・ダウド (Bonnie Somerville) 化粧品会社マーケティング
エリック・バーデン (Julian Ovenden) ゾーイの夫、建築家
デイビス・ドレイパー (Peter Hermann) ジュリエットの夫、浮気
ジャック・カッティング (Tom Everett Scott) ミアの同僚、プロポーズ
アリシア・ローソン (Lourdes Benedicto) 広告代理店、ケイトリンと・・
キャサリン・カトラー (Kate Levering) ゾーイの部下
エミリー・ドレーパー (Addison Timlin) 娘、ちょっと反抗期
クライブ・ヒューズ (Daniel Gerroll) ミアの上司
ルーク・バーデン (Nicholas Art) 息子
サーシャ・バーデン (Peyton List) 娘・バレエ

レイフ・グロップマン (Harris Yulin) 離婚弁護士
シーラ・グレイ (Noelle Beck) ペントハウスに住む離婚女性
マックスウェル・テイト (Dan Butler) 投資家
シンシア・テイト (Beth Chamberlin) 妻
ヘンリー・ゴーラム (Jeffrey DeMunn) ゾーイの上司
クレイトン (Kevin Kilner) ゾーイの同僚
ブレア・スピルマン (Randy Graff) 離婚弁護士
Dr.ジェーン (Saundra Santiago)
Dr.バーン (Daryl Edwards) デービスの医師
オリビア・ケース (Kelly Deadmon) アリシアの元パートナー
トレイシー (Kate Guyton) ミアのアシスタント
— (Purva Bedi) Juliet’s Assistant
ザック (Thomas Higgins)
リズ・モリン (Tara Westwood) ニュースキャスター
Mrs.アルバート (Viola Harris)
— (Marie-France Arcilla) Geisha
— (Dana Shiraki) Geisha
— (Mark Moshe Bellows) Man In Suit
— (Rob Falcone) Policeman
— (Jeremiah Wiggins) Colleague
ララ・シェパード (Julie Basem)
— (Chika Kanamoto) Hostess
— (Vince Cupone) Mrs. Draper’s Driver
— (Renee Fishman) Hospital Staff Nurse
— (Yoriko Haraguchi) Hostess / Cocktail Waitress
— (Kathleen O’Neil) Businesswoman

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336