HAWAII FIVE-O シーズン4 第5話 倒れたヒーロー Kupu’eu(Fallen Hero)

リンク広告 テスト




第5話 倒れたヒーロー Kupu’eu(Fallen Hero)

脚本/Moira Kirland & Eric Guggenheim
監督/Jeffrey Hunt

【ストーリー】

●香港
街に包囲網を敷かれており、アダムとコノは車で逃げるが追い込まれて
いた。ここではみんながスパイだとし、安全じゃないと語る。
アダムは注意を引くので後で合流しようという。クロックタワーの
場所に一時間後。絶対に来るよと語る。互いに愛していることを
確認してキスをする。コノはアダムが捕まるのを目にする。

●オアフ島マカプラ・ポイント
別荘地で男女が愛し合うのを車の中から監視していたのは、サンドラ・
カトラーから浮気調査を受けたキャサリンとビリーだった。ここまで
夫・ジョン・カトラーの不貞の証拠が欲しいとは思っていないのでは
ないかとし、車でキスしている静止画でも十分だというキャサリン。
彼女がどう思おうがこれも仕事だという。
ビリーはココナッツウォーターを4本も飲んでしまったとする中、
キャサリンに対して刺激的な仕事だとして誘ったのに、浮気調査など
という地味なものでゴメンと語る。前回は外交官の警護をしたし、
これも偵察能力を磨けると思えば良いと語る。帰りにワイラナで
パンケーキを食べに行こうと語る。
そんな中、何者かがジョンたちの元に近づく。相手は銃を持っている
という。ジョンを助けに行く中で、ビリーが撃たれてしまう。
急いで病院に運ぶ中、ビリーは刺激的な仕事だろうと語る。
キャサリンは病院で待ち受けていた医師に腹部に銃創、O型だと語る。
そんなキャサリンも腕を撃たれていた為に気絶してしまう

スティーブのガレージにホワイトがやってくる。
また真夜中に車の整備をしているのかというと、プラグを交換している
だけだという。クラシックカーを他人に触らせないというスティーブ。
君の父も同じ事を言って居たというホワイト。スティーブがホワイト
を呼び出したのは2週間母親との連絡が空振りだからだった。どうして
も話がしたいというとホワイトなら繋がるかと思ったという。ウォー
との関係について彼女に聞きたいと思っているなら・・・姿を消した
のは他の理由があるかも知れないとして君とは関係のないことだと
いうホワイト。また隠し事なのかというと、お母さんは複雑な人間なん
だとし、とにかくやっては見るというホワイト。
そこにスティーブに電話が鳴る。

スティーブは病院にいくとキャサリンのベッドの脇にいたところ、
彼女は目覚める。今は休んでとして寝かせた状態で話を聞く。
何が有ったのかと問うとハリコミしていて証拠は揃ったので片付けを
していたら誰かが対象者に発砲したのだという。ビリーの容体は
だうだったのかと問うとダメだったとし助からなかったことを語る
スティーブ。辛いよなと。

ホワイトはウィリアム(ビリー)・ハリントン、シールチーム7の少佐。
イラク・アフガニスタンに赴き果敢に国に尽くした男だとして手厚く
扱って欲しいと医師に語る。この男が誰なのか伝えておきたかったと。

ビリーの車に乗る前らジョンの脈を調べたら既に死んでいたという。
携帯は車の後ろでビリーを運ぶことしか頭になかったので覚えてい
ないという。別荘を調べないといけないというキャサリンに、現在
デュークに頼んで調べていると語る。キャサリンは寝ていることは
出来ないと語る。

別荘へ。
中を何故調べないのかと問うと、自分で見てくれというデューク。
中に遺体や事件の有った痕跡がまるでなかった。血痕が有ったのに
変だというキャサリン。住所を間違えていないかと問うと部屋を
誰かがキレイにしていったのだという。遺体はここに有ったとして
床の匂いを嗅ぐと漂白剤の匂いがするという。更に壁には塗った
ような跡。痕跡を消したのはウソじゃないという。

●ファイブオー本部
サンドラから調査の依頼は何時だったのかと問うと4日前のことで、
夫が浮気をしているみたいだと言っていたとのこと。
当たっていたという。これは動機になるというスティーブは予め浮気を
知って殺し屋を雇ったのかもと。アリバイ作りの為に調査を依頼
したと。カトラーの車を捜索を手配したというチン。彼の携帯も
追跡したが電波が出ていないという。別荘を掃除したヤツが処分した
のか。部屋からは指紋も薬莢も何一つ出ないという。リビングの血は
検査出来る状態ではないと。しかし一つタイヤ痕が残っていてギン
の車のものだったという。キャサリンは犯人はセダンに乗っていた
とし逃げてから掃除人を呼んだなだという。バンを探そうという。
別荘の持ち主は?貸別荘とにっているがアイオア州の人の所有物
でカトラーはカヒクという管理会社を通してレンタルしていること。
名前はアビー・マックスウェル。インターネットで自分の広告を出して
いるコンパニオンだという。1時間4千ドル。カトラーの金を調べたが
そんな金はないハズだという。金をどうしたかだと。

サンドラの家に話を聞きに行く。
夫を殺した人に心当たりはないか?と問うと夫はパソコンの修理を
しててシステムがクラッシュしてもすぐに直せたという。だから頼ら
れていたという。依頼人した時行動が変だと思ったことは?
パソコンのデータをロックして見られないようにしていたという。
スティーブはご主人のパソコンを回収させてもらうと語る。

■感想

今回は愛するものたちの別れの話が多かったね。

・ビリーとの別れ。
・依頼人のサンドラは夫のジョンとの別れ。
・香港にいるコノはアダムとの別れ。
・エスコートサービスのアビーは秘書に思いを寄せられて・・別れ。

しかしビリーがまさか殺されるとは思わなかった。
彼、シールズの腕利きだったのではないのか?あんな名もなき殺し屋に
よって殺されても良いのかって感じがする。

ただスティーブファンとしては、ビリーには申し訳ないけど、これで
安心して仕事が出来る・・・と言いたいけど、キャサリンは仕事を
どうするんだろう。社長さん失ったワケだし、出来ればファイブオー
に入れて欲しいんだけど、今の構成員だけでも十分だからな。

調査対象者のジョンは怪しさ満載。
そもそもパソコンを修理する人っていうのは、怪しい人のパソコン
を修理してHDDの中の変な情報を目にしてしまうことだってあるだろ
うし・・

ジョンが一時間で1000ドルのエスコートサービスを雇えていた理由・
資金源が何かということになっていく。

■民間の警備に・・ファイブオーが

ファイブオーが捜査に調査するのは難しいとしていたけど、キャサリン
からは案の定、海軍時代に衛星を使って何度も調べてあげたことを
盾に協力させられるスティーブ。

しかしキャサリンもビリーもスティーブも基本的には軍を辞めて
いるんじゃなかったっけ?軍で葬儀を出していたけど、特別な存在だ
ったのかな。

■再び浮上するホワイト、ドリスのエピ

これ解決しないだろう?って感じで毎回グダグダ続いている。
まぁ解決しなければしないでも良いんだけど。

ドリスはまた新たな任務に就いてしまったようで、流石スティーブ
を産んだ人だな。もう結構な年齢だと思うのに、まだ潜入捜査官と
しての活動をしているというのか。

ホワイトにもドリスが何をしているのかはハッキリとは分かっていな
かったみたいだが、少なくともスティーブにはこれ以上の捜査は
して欲しくないようで、ホワイトが相棒のダノに頼んで辞めさせよう
としたり、またスティーブの自宅に入り込んで、父親の録音データの
入ったレコーダーの中に入ったテープのメモ紙(46 33 79 2 45 6 46 9)
から、サムという人物に話を聞きに行く。
この数字はオフショア口座番号、CIAの極秘口座。

なんかLOSTの宝くじか何かの数字かと思わせた(笑)

■短期間で現場の痕跡を消した

どうやったのかは分からないけど、そんなに早く処理出来るものなの
かと思ったけど、被害者は亡くなる前に妻が務めるパレク社の
ライバル会社のヒンメル航空宇宙防衛社に電話していて、別荘は
ヒンメルの子会社のカヒク管理会社だと知る。
元々はUSBの受け渡し場所だったとのこと。

経営者のリー・ベナーと取り押さえる。確かに現場をキレイにしたが
殺していないということで犯人に繋がる物証を持っていた。

■犯人は・・

トーアネットワークという闇のインターネット/ダークネットという
匿名を守れるネットワークで犯人のクロールは依頼人と連絡を取って
いた。IPアドレスがたどれるということでそのアドレスはジョン
と浮気していたエスコートサービスの女かと思われたが、彼女の
ことを好きなアンドリューが犯人だった。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Minstrel Boy by Doolin Rakes
・Molly Malone by Doolin Rakes

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 検死官
カマコナ (Taylor Wily) 友達、ヘリコプターの操縦、観光業
sgt.デューク・ルケラ (Dennis Chun) 警察官
キャサリン・ロリンズ (Michelle Borth) 海軍情報局・大尉
ビリー・ハリントン (Justin Bruening) 警備会社経営、キャサリンの元彼

アダム・ノシムリ (Ian Anthony Dale) 元ヤクザ、コノの彼
アビー・マックスウェル (Lacey Beeman) 娼婦
リー・ベナー (Larry Poindexter) 民間の軍事会社”ヒンメル航空宇宙防衛”
ジョー・ホワイト (Terry O’Quinn) 軍人
サンドラ・カトラー (Monica Lacy) パレラ社勤務、依頼人
ジョン・カトラー (Paul Bauer) パソコンの修理、浮気
アンドリュー・バーンズ (Logan Fahey) アビーの職場の秘書
サム (James Brennan) ホワイトがドリスの事を聞きに行く
— (James Ireland) E.R.医者
トム・ハリントン (Thomas Allen) ビリーの父
— (Chad Takesue) Morgue Attendant
— (Taylor King) Teen Driver
ジェーソン・クロール (John Mark Harmon) 殺し屋
— (Scott M. Schewe) Mourner
— (Shayne Hartigan) バーテンダー
ジョン・マクギャレット (William Sadler) レコーダーの声
ドリス・マクギャレット () CIA・潜入

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336