ナイト・マネジャー The Night Manager 第6話 血と鋼の王国 Episode #1.6

リンク広告 テスト




第6話 血と鋼の王国 Episode #1.6

監督/Susanne Bier 脚本/David Farr

【ストーリー】

■トルコ、イスタンブールのハイダルパシャ湾 /
ISTANBUL , HAYDARPASA PORT

2台の高級車が湾へと向かう。フリスキーは武器仲介人たち
と会うとこれからは一列で進んで欲しいとしサンディたちに
ボタンを外して武器などを持っていないことを提示させる。
ヤンはラングボーン卿(サンディ)にようこそと告げる。
ヤンは長い船旅故海で迷ったが何とか到着したことを
語る。バーチさん(ジョナサン)は何処かと問うローパーは
彼を紹介する。ヤンはお宅のトレードパス社はトラクターな
ど農業危機が好きなんでしょとし、世界を飢えから救うのか
としてU2のボノの名前を引き合いに出す。ローパーは取引
を始めようとするとヤンはこっちにあるとして港に大量に
置かれたコンテナの一つに向かって案内する。フリスキー
とタビーに周りを調べさせるとコンテナの中に有る木箱の中の
武器を見る。感想を聞かれたジョナサンは気に入ったと語る。
金銭の受け渡しはトレードパス社が開設したスイス銀行の
口座の生体認証を使って行うと、銀行家はヤンに対して送金を
確認したことを告げる。ヤンは全てを引き渡すとして取引
成立。ヤンはそのお祝いとしてルカにプレゼントを持って
こさせる。ヤンはジョナサンに対して自分の故郷ラトビアの
最高級のウォッカ・・・密売品だとして渡す。
ローパーは全て積み荷を運ぶぞとして部下に告げる。

ウォッカを飲みながらローパーはジョナサンにどんな気分か
を尋ねる。戦争を起こせる程の武器がこれから24時間君のも
のになったこと。ジョナサンは”爽快だ”と語る。武器はどう
するのかと尋ねるとローパーは【安息の地】だと語る。
明日買い手と落ち合うとのこと。

ローパーはジョナサンに対して謝罪とし君を疑っていたこと
を語る。商売柄やむを得ないことだとし、コーキーの嫉妬と
欲望が有ったのでジョナサンを疑っていたのだろうと。
コーキーはよく経費として落としていたこと。ペニスの栓を
抜くから1回100ドルを・・と。
君の好みはどうなのか?男か女か・・・若いのか熟女か?と。
するとジョナサンは間に合っているという。酒もセックスも
やらない・・そんな男を信じて良いのかとローパー。信じる
しかないというジョナサンはそう決めたのだという。

■ロンドン
グレースはバーに対してもう夜中になるので帰ったらどうか
と語る。夫(Malcolm Freeman)は?家に帰らないなんてウチ
ならばカンカンだというグレース。バーは夫も知っているのだ
とし【運動会の日】のことを語る。今まで知っているのは
料理とゴミ出しだけだったが話さずには話さずには居られな
かったのだという。2003年にバクダッドにいた。その時
私は国連監視検証査察委員会の一員として行っていた。
それである情報が有ったこと。

「イランの国境付近の町で事件が起きた」と。
ケルト人の町で衛星では写らないので私が現地に送られた
こと。というか自分で名乗り出たこと。夫は後で知って怒って
いた。でもそれが仕事だと。その日、現地は体育の日で運動会
をしていた。みんな楽しく過ごしていた。そこへ毒ガス弾が
投下された。1つはサルファマスタード(Sulfur mustard gas)
、1つはメチルホスホノフルオリデート
(methylphosphonofluoridate)。バーはグレースに有機化学は?
と尋ねるとそれはサリン(Sarin/イソプロピルメタンフルオロ
ホスホネート)ねとグレース。この二つを投下した理由はみん
なにマスクをさせない為でマスタードガスのせいで子供たちの
手や顔は・・皮膚が焼けただれサリンが呼吸器を攻撃、多くの
子供たちは肺の組織が口の周りについていたという。その時
初めて私はローパーを見たという。グレースはローパーがガス
の供給をしたのか?と尋ねるがそれは違い関係はしていないが、
あの後からサリンを売り始めた酷い男だという。私と同じ
ものを見て112人の子供と58人の大人が苦しむのを見て商売を
考えたのだという。それがあいつの正体。私には夫がいて
子供が生まれるが夫は分かってくれているというバー。

そんなグレースの元にロブから電話。イスタンブールで
問題が発生したというものだった。

ジョナサンの元に夜中に電話。
電話して来たのはロブで、一体何を考えているのかと語る。
ジェドがジョナサンに電話していることが盗聴されていたの
である。その女と寝ているのか?と問われるとロブには関係
無いという。バーが電話口に出ると今から言う通りにしてと
し、自分の部屋に戻って金とパスポートを取ってくるのだと
いう。ロビーでロブとパールと落合タクシーで空港へ行け
という。あなたを外すとし任務をしくじったこと。夜中に
ローパーの家から女性の電話があり危険だという。オレが
降りたら水の泡だとすると置いておけば作戦が台無しだという
バー。オレがいなければそもそも作戦がないだろうと。兵器が
夕べイスタンブールの港にレイラ・ジェーン号で運び出されて
いること。そこかに安息の地と呼ばれる場所に運ばれるとい
う。オレが留まればあんたは現場を取り押さえてローパーも
買い手も現行犯で逮捕出来るという。

■Apostol Resisence
■Kasimli , Southeast TURKEY
■イギリス/ロンドン
■スペイン・マドリード / MADRID

■感想

アメリカとイギリス。武器を輸出して儲けている輩がいる
限りこの世からは争いの種が無くなることはないけど、
世界は武器が拡散しないように輸出入を監視している。
しかしこのドラマに於いてはイギリス政府の情報機関の職員
がそれを偽り、そして難民を救うという名目を持って対応
しているローパーを手助けしては経済的にも政治的にも都合
良く世界を回しているところが分かっていく。

ローパーは難民キャンプを武器の保管庫にして、売買に
於ける取引場所にしていた。難民キャンプを救済していること
にすれば、そのような危険地帯に足を運んでも疑われること
はない。

ジョナサンが命からがら盗み撮りしてきたローパーの取引記録
を巡り、ダレがどのようにしてセキュリティを抜けて外部の
捜査・情報機関に流出させたのか。

アンジェラは既にバレているとしてジョナサンの安全を考慮し
撤退を求める。
またアンジェラやジョエル、メイヒューには捜査機関からの
圧力もかかり不利な状況が続いている中で、ローパーは
ダレがその資料を盗んでいったのかを調べていく。

■アンジェラの命令を無視して捜査を継続する

現在の状況で潜入から抜け出したとしてもローパーを捕まえる
だけの証拠がない。それだけ今までおかしてきたリスクも
無駄になるし犠牲にしてきた人を考えれば容易な決断は出来
ない。

ただ正直アンジェラを含めたIAEもジョナサンに関しては
人物像を完全に把握している訳でもなく、下手すれば金に
目が眩んで裏切ることも考えられるのではないかと何処かで
思っている筈だ。

今のジョナサンにはどれだけのリスクが存在しているのだろ
うか?撤退せよと命じた根拠は、ローパーの自宅からジェド
が電話した数秒の会話が盗聴・傍受されただけ。この通信の
傍受に関しては元より監視していたIAEだからこそ見抜けた
けど、ローパーたちがそもそも監視していたものなのか。

・ローパーを信用させる為に・・

撤収命令が出たその夜、ジョナサンの方からローパーに対して
ホテルには監視しているものがいることを告げた。
男は30代のアジア系(ロブのこと)、女は40代(パールのこと?)。
ロビーにいるまは間違い無く警察の人間・・長い逃亡生活で
得た勘だとしていた。

■アンジェラがローパーに拘る理由

今回はアンジェラの事情にもかなり深く迫った印象が有る。
そもそも今のアンジェラは妊娠しているようで、アンジェラ
の旦那さんも一瞬出て来たけれど、本当に危険だと感じて
いたら確実に狙われるのはこの人たちだよね。

ロンドンでの夜、グレースとアンジェラが二人で残業していた
時にそれをアンジェラの口から語られた。

アンジェラとローパーの考え方の違いが現れたのは

・2003年バグダッドにいた。アンジェラは国連監視検証査察
委員会の一員としていく。

そこでイランの国境付近の町で起きた事件。
ケルト人の町で使用された惨事。
その日は現地も運動会をして楽しそうにしていたが、毒ガス
弾が投下されたこと。サリンだとされたが、マスタードガスの
せいでその場にいたものたちは皮膚が焼けただれてしまう。
ローパーはその光景を見ていたとするが、この件には関与して
いないとはいえ、これは実験で行ったものなのだろうか?

その後ローパーはサリンを売ることになりアンジェラが見た
凄惨さはローパーにして見れば大金の束にしか見えなかった
のだろう。

■移動していく・・

武器についてはイスタンブールで買い取りしていたね。
IAEでも3隻まで絞っていたけど、正解ルートはアゾレス諸島
に居るはずのレイラ・ジェーン号はイスタンブールに渡って
いる。

そこで購入した武器はトルコの「安息の地」と呼ばれる難民
キャンプへと運ばれる。

辺りはアラビア語の人たちで、挨拶には”サラーム
(アッサラーム)・アレーコム”。NCISのジヴァさんはよく
シャロームという言葉を使うのでヘブライ語で挨拶している
みたいだけど・・

そこで武器の売買が行われた。その前に武器のデモンストレ
ーションが行われて、バイヤーたちはガイフォース照明弾
を合図に数々の武器が披露される。

・FGMジャベリン 対戦車ミサイル
打ちっ放し能力があり最大有効射程2500m。
・炸薬を配置したタンデム弾頭
装甲車を破壊するもの。無人で移動している装甲車に向けて
命中させていた。曳光弾を使ったが実戦では使わないとの事。
・スティンガーミサイル、携帯式地対空ミサイル搭載
92F型ロールオーバー、センサーと改良型コントローラーソフ
トを搭載。
・クラスター弾
オスロ条約には署名していないということで、標的に向けて
凄い数の弾が放射される。
・ナパーム弾
グランドフィナーレとして使われた。村全体が焼き尽くされる
もので、ローパーは夜のナパーム弾の美しさを説く。

・ジョナサンの行動

取引する直前に車のナンバーを控えていたのかな。
「JL CZ K3R89」「LF CZ K3R89」「UP F6 D6E67」なるもの
が書かれていた。

・バルガティの行動

この人が仲裁役をしたのか。
「私はロンドンで教育を受けた。必要なものはあなたの国で
学んだ。」
と語っていた。

ローパーからバルガティにフレンチオープンのチケットを
プレゼントされていた。

そういえばイスタンブールではヤンがジョナサンにウォッカを
プレゼントしていたね。

■ついにバレたIAEの隠密行動

バレたのは良いけど、問題は工作員までその事情がばれて
しまうというのが怖い。よくアメリカのドラマでも工作員・
諜報員リストが発覚してしまうと世界中の諜報員が危険に
さらされるとして緊迫感が走るよね。

リンペット作戦が過小に報告されていたこと。

マドリッドではジョエルがアーポウの邸宅にいると愛人?
のメルセデスと共にベッドで血だらけになっていた。

プライベートジェットに乗っていた際に、ローパーがジョナ
サンに語っていた。タブレットを見せて暗号で書かれた作戦
の概要が流出していることを告げていた。情報を知っている
のはローパーとサンディだけの筈。
ローパーは
「この世ではダレでも裏切る・・・覚えておけ」と語ってい
た。サンディのことを疑い始めたのか。それともジェドが
ジョナサンと精通していることにバレたのかな。

アンジェラにはドロムグールが接触する。アーポウはアラブ人
によって喉を掻ききられたことを告げる。そしてアンジェラが
どのようにして「あの書類」を手にしたのか聞きだそうとして
躍起になる。話せばジョナサンは確実に殺されそうだけど
それを上手く誤魔化していけるのかどうか。

■左遷?栄転?

事務次官のパメラは前回アンジェラを責任者から降ろそうと
していたけれど、今回はメイヒューのことを引きずり降ろそう
としていた。メイヒューには王室に経験豊富な人材が欲しい
として彼がその役目をするよう打診している。

コーキーはジェドと一緒にまた現地にやってきた。
これはローパーがサンディかジョナサンを裏切りものだと
見た為のものなのか。
コーキーはジョナサンが手を回して自分を外したことに
気がついている。しかしゲイのコーキーは何処かジョナサン
の魅力に落ちそうなところもある(笑)

サンディは急にローパーが冷たくなったと感じているよう
だった。

・エイデン

現地にいた兵士。彼はフェージリアーズの歩兵大隊にいた
ことを語る。2005年バスラで二人が死亡したもの。その死んだ
人物はエイデンの親友だったという。何故兵士を辞めたかを
問うとエイデンはジョナサンに「多分貴方と同じ」と語る。

■本物の国際連合

この生活圏にはアメリカ、ロシア、ウクライナ、セルビア
クロアチア、アンゴラ、ラトビアの兵士たちが共に暮らして
いる。

■使用された曲

・Once Upon a Time

■出演者

リチャード・オンズロー・ローパー (Hugh Laurie) 武器業者の億万長者
ジョナサン・パイン (Tom Hiddleston) ホテルのナイトマネジャー
アンジェラ・バー (Olivia Colman) 国際執行機関員(IEA)
ロブ・シンガル (Adeel Akhtar) バーの部下・メガネ
レックス・メイヒュー (Douglas Hodge) バーの上司の外務省官僚
ジェド・マーシャル (Elizabeth Debicki) ローパーの愛人
フリスキー (Michael Nardone) ローパーの手下
タビー (Hovik Keuchkerian) 銃を持ったローパーの手下・ヒゲ
ランス・コーコラン (Tom Hollander) “コーキー”、ローパーの右腕
サンディ・ラングボーン (Alistair Petrie) ローパーの仲間
フアン・アポーストル (Antonio de la Torre) ローパーのスペ

イン人弁護士”アーポウ”
メルセデス (Marta Torne) キャロラインと踊る
パメラ (Emily Stride) 事務次官
(Katherine Kelly) IEAの秘書
ガードナー (Kevin O’Loughlin) IEA
グレース (Simona Brown) IEA、メガネ・黒人
パール (Buffy Davis) IEA、イスタンブールへ調査
ジョエル・ステッドマン (David Harewood) アメリカ国務省国務貿易管理係
ジェフリー・ドロムグール (Tobias Menzies) イギリス側
オマール・バルガティ (Nasser Memarzia) 武器の取引相手
Mr.バー (Malcolm Freeman) アンジェラの夫、寝てる
ルカ () ヤンの部下
ヤン () イスタンブール、ラトビア人、サンディの知人
ジャスパー (Sam Redford) トルコにて、武器運搬
エイデン (Andrei Zayats) ラトビア人兵士
アレクセイ (Alexander Delescu) ラトビア人兵士
(Branwell Donaghey) イギリス人新兵

トム・クィンス
ジャック・リンドゥン
アンドリュー・ステファン・バーチ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336