プリティ・リトル・ライアーズ Pretty Little Liars シーズン7 第2話 混乱 Bedlam

リンク広告 テスト




第2話 混乱 Bedlam

脚本/Joseph Dougherty
監督/Tawnia McKiernan

【これまでのあらすじ】

ハンナはあなたを忘れたことはないとしてケイレブとキス。
エズラはアリアに大々的な宣伝になって凄いことになると
し共同執筆の件で意気投合し再び関係を持つ。エミリーは
アリソンには逢っていないと言ったが嘘をついた事を告げ
彼女がシャーロットを殺したのだという。トビーは言い
争う暇はないとしアリソンは今病院に居て安全な状態だが
ハンナは命が危ないのだという。エリオットはアリソンに
対してこれから君は長く生きてここで朽ち果てるのだとし
注射を打つ。シャーロットを殺したのだろうと。ハンナは
助けを求めて公道にまで出てくるとそこに通りかかったの
はメアリー・ドレイクが運転する車だった。

【ストーリー】

ハンナはメアリーの車に乗る。メアリーは危害を加えられ
たのであれば警察か病院に行った方が良いのではないかと
するがハンナはまずは友達と話したいという。あなたは姪
のアリソンの友達ねと語る。私を見る表情で一目瞭然だと
いう。あなたはアリソンの母・ジェシカを知って居る。
つまりアリソンの友達だという。ハンナはアリソンの母に
姉が居たなんて初耳だという。しかも双子だなんて・・と。
あなたの名前は?と問われる。家族はややこしいもので、
どの家でも”例外なく”隠し事はあるというメアリー。家族の
一員なのに存在をひた隠しにしたりすることを想像出来る
か?と問う。

・スペンサーの家
ハンナはメアリーに連れて来られる。メアリーの車に拾わ
れて来たこと。ケイレブは医者に行かなくても良いのか?
と問う。アリアもまた病院に行った方が良いことを告げる。
行けば色々と聞かれるから・・聞かれて嘘を付くのは嫌だ
というハンナ。それにしてもあれは”本物”なのか?正体を
偽ってはいないのかと問うハンナ。スペンサーは本物だと
してラドリーの患者だったとするファイルが有ったのだと
いう。アリソンの伯母で実の娘がシャーロットだという
エミリー。ディローレンティス家の養子にしたのだけど
とアリア。メアリーが私たちを脅したのだというハンナ。
リゾートビジネスの為に戻ったんじゃないとケイレブ。
私が逃げたから追って来た。でも何で轢き殺すことも
出来たのに送ってくれたのかとハンナ・僕らが彼女が欲しい
ものをあげたのだというエズラ。真犯人ねとハンナ。
アリソンがやった証拠が有るのだという。スペンサーに
対してコーヒーよりも強いものを頂戴と頼む。ケイレブは
これは君の指輪だとして渡す。

ドアを叩く音が聞こえる。モナなのか?
アリアの元にはリアム・グリーン (Roberto Aguire)から
メールが届く。「ニュースを届けに来た」と。
エズラはドアを開けにいくが
誰もいないとし、表に花束が有ったという。カードを見る
と【お前たちのお陰で我々は共に有る A.D】と書かれてい
た。

ハンナは帰宅するとルーカス・ゴッテスマン
(Brendan Robinson)からの封筒がドアの下から投げ込まれ
ていた。
スペンサーはケイレブの様子を気にして見て居た。
ケイレブはハンナにルーカスのオファーを受けるのか?と
問う。彼はおかしいと語るハンナ。しかしルーカスは君の
持つ可能性をかっているんだとケイレブ。しかし私たちは
身動きが取れないとハンナ。何とかなったとしてその先は
どうするのか。元に戻るのか?とハンナ。それは何処まで
戻るかによるのかなとケイレブ。ロストウッズの部屋で
電気が消えて穴に落とされる前に私は凄く怖かったという。
ケイレブはオレもそうだと。ハンナはあなたが居てくれて
いつも安心していたこと。上手く行かない時でもそう感じ
たし、だからあなたことをしちゃったのだという。一瞬昔
の2人に戻ったとケイレブ。”一瞬だけ”だと。

エミリーは外に居るスペンサーの元へ。
戸惑っているのはみんな同じよとエミリー。
アリソンは本当に安全なのかなとエミリー。病院だから
大丈夫でしょというが、ああいう病院は入るのは簡単だが
出るのが難しいという。エリオツトに話した方が良いと
いうエミリー。妻が姉を殺したけど実は従姉妹でそれを
私たちが告げ口したというのか?とスペンサー。それこそ
こっちが入院させられるという。

■感想

オープニングでは、エミリーのアクションだった。
このアクションについては前にも言及したけど、誰が
「静かに」ってリアクションを取るか毎回変わる。
その人物がキーマンとなるようだ。

ハンナが無事に助けられる。それはエミリーが見つけた
アリソンがシャーロットを殺害したとする証拠の服。
それを置いておいたお陰でハンナは逃げるようにして
助かる。

ハンナはみんなの所に戻るけど最小限のメイクでスッピン
に近くちょっぴり窶れた感じかな。
しかし後半部彼女は赤いドレスを着ているけど、胸の谷間が
凄いこと
になっている。これはヤバイ(何がだ)
(太字にする必要が?(笑))。でも赤いドレスというのは、
何処か怪しい色に見えるのがこのドラマの特徴かも。

しかしこのドラマ、両親が全く出てこなくなったね。
今の所ライアーズたちの親が一人も出て居ない。
みんな独り立ちしてしまったのか。
ハンナが誘拐されたと言うのに・・全くどうなっている!?

全く覚えていないのだけどハンナはメアリーという人物が
いるという事実を知って居るのだっけか?
ジェシカとそっくりの女性(双子だから当然?)だけど、
このドラマ、先日の鐘撞き堂でのハンナ(の人形)が殺さ
れたように、あまりにも精巧なマスクとか有って仮面を
被っていましたみたいなネタに繋がることもあるからなぁ。

・覚えていない

このドラマを見る上で最大の敵が私自身前のシーズンの
後半部を全く覚えていないこと。
覚えていても実は内容を理解していないかも知れないし
困ったものです。かといってシーズン1から見直すこと
も出来ないしね。

それぞれ5年間が経過している中でその間にアリソンに
呼び戻されるまでローズウッドを離れて居たので久しぶり
の再会ってことにいた事になるけど、何をしていたのか
あんまり覚えてない。

アリアは結局リアムと結ばれていたんだっけ?
その上でエズラと共同執筆をしているのか。

エズラは過去のライアーズたちのことを小説にしようと
している。まぁ先日のシーズンではエズラに「A」の
容疑がかかったことが有ったけど、「実はみんなを監察
して盗撮していました」みたいなネタだったので、メッチャ
気持ちワルって感じで、そんな彼をみんなはよく近づけ
るなと思わせるところもある。

トビーは警察を辞めたのかなとも思ったけどまだ警察官で
いるのか。FBIだか何かが本格的に動いていた気もする
けどどうなったんだっけか。

スペンサーは親の選挙を手伝っていたような気もするけど
それ以前に何処かの事務所でインターンか何かしていたん
だっけ?今回首になっていたというか献金してくれる団体
から振られた格好か。

エミリーは何をしていたのだろう。
地元に残って喫茶店でバイトしていたんだっけ???
うーんエミリーの記憶が一番ない。南国でボランティア
してたんだっけか。

ハンナはニューヨークに行ってデザイナーになったのだ
っけか?ジョーダンと知り合って結婚までしようとしていた
感じにも思えるけどここに戻ると元サヤに戻ってしまう
んだよな。

■ハンナに聞きたいこと

当然ながらみんなどういういきさつでメアリーの車に乗っ
て来たのかを知りたがる。そもそも何処に居たのか。
そういうのを明らかにしていかないのか?
私だって聞きたい・・何してたんだよ(笑)
メシ喰ったか?歯を磨いたか・・ってドリフのコントばり
の質問をしてみたい。

メアリーについてハンナはみんなから聞く。

・メアリーはラドリーの患者だった。
・アリソンの伯母で実の娘はシャーロット。
・ディローレンティス家が養子にした。

しかし謎として残るのは殺すチャンスは有ったのにそれ
をしなかったメアリー。

そもそも【A.D】とはメアリー・ドレイクのことなのか?
復讐する為に戻ったとするならもうストーリーは終了
ってことになってしまう。

・別に聞きたくないこと

ジョーダンとの関係(笑)。ニューヨークのバーで知り
合ったみたいだけど、別に要らない感じもする。この
部分を省いても問題ないんだろうけどそれなりに時は
過ぎている。元の時から関係をやり直したい。
リセットの話はアリアもしていたけど誰もが思う人生の
選択のミスでも有り経験でもあり、とにかく受け入れ
なければならない事ではある。

■気持ちは残っている

・ケイレブとハンナの間には気持ちが残っている。

あなたが居るだけで安心する・・・だからあんな事をして
しまったと語り合う。でも一瞬だけだと。

スペンサーとジョーダンは辛い立場になる。
相談役はエミリー。スペンサーは可哀想だけどね。

・アリアとエズラの間には気持ちが残っている。

リアムは激怒する立場。
アリアと付き合うのは無理だよな。凄く面倒臭い性格
しすぎ。
アリアはリアムにその件で言おうとすると、混乱している
事を告げる。

・ルーカスの思い

ハンナを好きな彼は金持ちになっているけど彼女になんと
か投資したいみたいだ。
なんかこの契約書は大丈夫なのだろうか。
実はハンナってスペンサーを凌ほどの頭の良さがあるって
設定が有ったのにね。単なるバカを装っていたと。

・エミリーの思い

アリソン大好きなエミリー。

■エミリーがやたらとウザい

アリソンアリソンアリソンってずっとエミリーがみんな
に言って助けようと呼びかけている感じ。それって
エミリーが好きなだけであってみんなは過去にアリソンに
散々な思いをさせられているのに許すんだね。大人だ。

・エミリーに電話が鳴る

アリソンから助けに来てと電話。
何か起きている感じで後ろでは看護師の声が聞こえた感じ。

エリオットはアリソンに逢わせようとしない。
「アリソンの為によくない」
それってどんなカウンセリングだよ(笑)

メアリーを利用して逢えば良いというエミリー。
スペンサーからは「スーパーA」かも知れない相手だとし
て断られる。

みんなでエリオットに頼むも
「アリソンの為を思うなら・・休息が一番だと理解して
欲しい」だって。何日休息が必要なんだ。

スペンサーは私たちと同じでエリオットも客観的になれ
ないと批難する。でも5年間も一緒に居たのは私だと。

【A.Dから「彼女はもらったやり直しは利かない】。
A.Dは病院の中にいるのか。

・ジェイソンに連絡?

エリオットは彼に連絡を取ったと語っていた。
ジェイソンって何処にいるのか?

トビーら警察も捜しているというのに・・
みんな警察に教えてやるんだ。エリオットがジェイソンと
連絡を取っていますよと。それで一件落着じゃないか!?

アリソンの父親も随分アリソンのことを気にしていた気が
するんだけど諦めたんだっけ?

■アリアがやたらとウザい

リアムはジリアンに話してまた編集に戻してもらった
ことを語るが・・アリアはエズラと関係が戻ったことを
悟る。
それを目にして自分の立場上エズラのことを意地悪する
ようだ。これぞパワハラ!!

話がかみ合っていない。

エズラは小説のことを話しているのに、リアムはリアルな
アリアとエズラの話をしている。

「後ろ指を指される設定は避けたい」

・批評ではなく怒りのリアム。

作品自体ボロボロ、俺たち自身がすり切れるとエズラは
アリアに話す。

・アリアとリアム

リアムはようやく分かったという。高校生時代にアリア
はエズラと結ばれたのだろうという。それを小説を読んで
いたら分かったこと。

「一瞬で全部がリセット出来たら・・しかしそのボタン
を押せば自分が消える。過去があるから今がある。
過ちや恋愛が私を作った。これが「私だ」」

言っていることは正しいけどこの人、周りを相当滅茶苦茶
にしているよね。

■ハンナ問題

・ハンナとケイレブの関係が戻ることをスペンサーは
恐れている。というか既にそういう雰囲気・オーラが
出まくりだ。

「ハンナは航空母艦だよ。火力は強いが操縦は難しい」
「女性が船に例えられるのはそれなりの理由がある」

どういうこと?

でもケイレブがスペンサーの頭を撫でて肩を摩るあと
スペンサーが一人で涙しているところが可哀想だった。

ジョーダンと逢って出逢った時の喫茶店に行こうとした
が既に店舗は無くなっている

「何でも壊す私は破壊の女王。あなたを壊した」

これはアリアもアリソンも同じだけどね。

「君の為なら天地でさえも動かしてみせる」

■メアリーとスペンサー

・メアリーを利用するべきか

エミリーがもう必死すぎ。スペンサーに対してエミリー
はラドリーに居たから気持ちはわかるでしょという
ことで説得される。

スペンサーがメアリーと会話して精神的に大丈夫な人なの
かを見る。

メアリーからラドリー病院に入った経緯を聞く。

14歳の時にジェシカから電話が有った。
カーバー家のテディ。生後10ヶ月。手伝いに来てと頼まれ
て行った。ジェシカはテディを押しかけて出て行った。
しかし夫婦が戻ってくると赤ちゃんは死んで居たという。

メアリーはジェシカにハメられたと主張
みんなジェシカの方が社交的だったので信用したのだと
いう。

■メアリーとエミリー

メアリーは何処にでも出現するな。変わりようを見て居た
という。長いことラドリーにいたからね。
喫茶店はラドリー病院の跡地に出来たんだね。

エリオットはアリソンに逢ってはダメだと言われたという。
治療方針には満足しているが、夫と担当医の両立は大変
だろうと。アリソンを入院させたのは私。それが正しい
ことだったのかとエミリー。

エリオットに悪いけどエミリーと一緒なら行っても良いと。


アリソンに逢う。ここは怖い所だと。一晩中女の人が泣い
ていると。アリソンをメアリーを見てママだと語る。
エリオットがママが言うような人ではなかったというアリ
ソン。真相を語ろうとしたところでエリオットがやって
きては追い出す。


メアリーとエリオットの間でちょっとしたすれ違い。
「計画に入っていない」
「あんたは金を手に入れただろう」

■被害者のスペンサー

ママのチームに参加してハリスバーグに行こうかと考えて
いるが、ローズウッドには得体の知れない引力がある
という。

間違いだったと思うか?とスペンサーはケイレブに尋ねて
いた。

「気持ちは有った」

思わず過去形で話したケイレブ

そんな時エミリーからメール。
「アリソンは悪化している」と。
もうアリソンは放っておいたらどうかと小一時間。

またしても最後にアリソンに何か液体が注入された。

■使用された曲

・Secret by The Pierces
・Pretty Little Liars End Credits Theme
Written by Michael Suby
・Six Feet Under by Billie Eilish
・Go Try by Wilson
・No Sleep to Dream by Zella Day
・Waving Wild by Arum Rae
・Find Yourself Somebody Else by Bosshouse Music
・Talking In Your sleep by Spencer Thomas
・The Merry Widow, Act III: Duet. Love unspoken (The Merry Widow Waltz)
by THE SADLER’S WELLS OPERA ORCHESTRA, ALEXANDER GIBSON, JUNE BRONHILL & THOMAS ROUND

■出演者

スペンサー・ヘースティングス (Troian Bellisario) マジメ生徒
ハンナ・マリン (Ashley Benson) 母子家庭
アリア・モンゴメリー (Lucy Hale) 娘
エミリー・フィールズ (Shay Mitchell) 同性愛者
アリソン・ロリンズ (Sasha Pieterse) 精神病院へ
ケイレブ・リバース (Tyler Blackburn) スペンサーの彼

トビー・キャバノー (Keegan Allen) 警察官
モナ・ヴァンダーウォール (Janel Parrish) 天才だが根暗
エズラ・フィッツ (Ian Harding) 小説を書く
メアリー・ドレイク (Andrea Parker) ジェシカの双子の姉
Dr.エリオット・ロリンズ (Huw Collins) カウンセラー
ルーカス・ゴッテスマン (Brendan Robinson) 青年実業家
リアム・グリーン (Roberto Aguire) 出版・編集者
ジョーダン・ホバート (David Coussins) アド・セールス副社長
(Gwen Holloway) 看護師

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336