[E] ライザのサバヨミ大作戦! Younger S2 第12話(24) 涙が物語るもの

リンク広告 テスト




第12話(24) No Weddings & a Funeral

原作/Pamela Redmond Satran
監督/Peter Lauer
脚本/Darren Star

【STORY】

・サッドが浮気している動画を見つけてライザは激怒する
中、サッドもファウラからダートマス大のサイトのパスワード
を聞いてライザが1996年卒業で有る事を知る。その結果
二人は会い、サッドから脅迫を受けるがライザはなんと言われ
ようともケルシーに話すよう要求し物別れに終わる。
しかしその直後にビルの上から建築資材が落ちてきてサッド
は押しつぶされる。

教会で聖職者(Mark Delabarre)がサッドの死の追悼の言葉
を発して関係者が参列する。
参列の中にいたライザとマギー。ライザはケルシーに全て
を話すというが、マギーはフィアンセが死んだばかりの子
に言うべきできないとし、タイミングがあるのではないかと
語る。
ジョシュもまた葬儀に参列。
すると壇上にはなんとサッドとうり二つの兄弟のチャドの
姿が有った。二人は双子で対抗意識を持っていたという。
好きになる子も同じで何をしても勝つのはサッドだったと
チャドは語る。

二人が写った写真を見て回るライザとマギー。
似過ぎていて怖いくらい・・ローレンによると似てはいる
が性格は真逆でチャドは優しいビーガンでありクリーンエネル
ギーのNPOとして働いているのだという。サッドはチャドの彼女
を騙してつまみ食いしていたとのこと。

・ライザはケルシーの元へ

ケルシーはまるで結婚式と錯覚してしまうと語る。
しかも何故か4人の女性たちが不思議な行動を取るのだという。
私が見る度に鳩のように散らばるのだとして試しににらみつけ
る。ケルシーは泣きたいのに一滴も涙が出ないとのこと。
またライザが何故あの現場に居たのかを知りたがる。
チャドもその会話に割り込んでくると、今年マンハッタン
の建設事故では4人が亡くなっているので当局に申し立てたい
のでライザにも協力を要請する。
またサッドのPCがあるがチャドはパスワードが分からず開け
ないとしてケルシーに尋ねるが彼女も知らなかった。
ライザは会社のIT課に頼めば分かるかも知れないことを口に
するが、チャドはネットの閲覧履歴を含めてチャドのプライ
バシーを守りたいからと断る。

・ライザの元にジョシュ

ライザは彼にグレタ(Leigh-Ann Rose)は元気かと尋ねる。
彼女は素敵だとし若いし・・ライザはあのサッドが亡くなった
現場にいた事を告げると、ジョシュは傍にいてあげたいと
思ったという。私もあなたのことを考えて居たというライザ。
互いに悲しんでいると一緒に悲しもうかとして”哀(愛)悼セッ
クス”になる。君には謝りたいと思ったというジョシュ。
しかしライザもまた自分のことしか考えて居なかったとし
嘘のせいで恐ろしいことが起きている事を告げる。まるで

「バタフライ効果」だ・・と。
「ハリケーンライザ超大型、破壊しながら進む」

君ならハリケーンになれるかも知れない。
そんな会話をしているとグレタがやってくる。
ライザは窓から逃げるようにして去って行く。

●エンピリカル出版

ライザはダイアナのオフィスに行く。
彼女は葬式から頭を切り換えるよう告げ、責任は果たさなけ
ればならないことを語る。今日はステファニー・スミス
(Dolly Wells)がやってくるというダイアナに、その人は
話題のセレブ妻ですかと尋ねる。世界一有名な占星術師であり
ダイアナは彼女のコラムを見ているが怖いくらいに当たるの
だという。ケルシーは仕事どころでは無いのだからライザに
補佐を頼むと語る。

しかしケルシーは出社する。
寧ろ仕事をして忙しくしている方が今は考えなくて済むか
らとし、一人で家に籠もってアデルの新譜を聴いているなん
て嫌だという。まだ彼の死で泣くことが出来ずに居るという
ケルシーは先週には好きなシャツが乾燥機で縮んだ時には
号泣したのに・・と語る。冷たい人間だと自虐する。

【Impression】

いよいよシーズン2の最終話。
サッドの死は設定上の事とはいえ可哀想だが、あんまり好き
では無いキャラクターだったので、ライザやケルシーに被害
が及ぶ前に亡くなったので結果的には良かった。

しかしこの死によってライザの年齢詐称の件はグダグダ
化しており、この流れ/要素は何処まで引っ張っていくのか。

「自分の嘘のせいでバタフライ効果が起きている」とした際
に、ジョシュからは「ハリケーン・ライザ超大型で破壊しなが
ら進む」としていたけれど、まさに恋愛関係に於いてライザ
の存在は相当破壊力がありそうだ。特にアメリカンドラマら
しく「熱するのが瞬間的」なものがあるので、今回はジョシュ
とライザは寝てしまい、その結果間男ならぬ間女となってしま
ったり、またチャールズとの関係はダイアナとの関係をまさに
破壊しそうな要素を持っている。

そして何よりもサッド亡き後現れたのはチャドという双子の
弟。サッドに対する対抗意識は相当だった様子だけど、
意外とこの二人は何か変なことをし合ってはいないか?
サッドはチャドになりすまして彼の彼女と寝ていたとして
いたけれど、この二人の間の変なゲーム的要素があのPCの中
に入っているような気がして気になる。例えばチャドが復讐
の為にサッドとケルシーの寝室に隠しカメラを付けていたとか
重要な人物と寝ている証拠が入っていて、それを知ったチャド
がケルシーに対して復讐心を抱くなど・・

アンディ・ウォーホールもファンだとされる占星術師の女性
ステファニーが現れ、ダイアナもその彼女が出版/唱える
「The Zodiac & Love」は単なる相性占いではなく占星術の
立場から人間関係の科学を説くものだという。いよいよ占い
に頼るようになっては終わりだと思うところもあるけれど・・
その辺はケルシーが一蹴したようだ。

さて今回は年齢詐称の件では無く別件でケルシーとライザは
ケンカ別れしてしまった。泣けずにいたケルシーにとって
は今の自分に一番必要な人物が誰なのかということにようやく
気がつき、そして最終的には安心感から涙がこぼれ落ちる。
ライザとしても一度は出版業界で成功を収めることが大学で
ジャーナリストを専攻した彼女にとっては占いとは違う現実
的な夢であり、そして手の届くところに足を踏み入れていた
ので難しい決断だったのかも知れない。

【Work / Mission】

・ケルシーはサッドときちんと別れられるのか。
・ケルシーとケンカしたライザは、ニュージャージー州に
出戻る。常連客ミッシェルに紹介してもらったPARAMUS MALL
の洋服売り場で働くことに。
この人は郊外に居た頃のライザのライバルでも有ったのかな。
これまでにS1-2話、S1-9話、S2-5話、そして今回のS2-12話に
登場している。
・ライザがエンピリカル社を辞めたことで、それを引き留める
為にみんなで居場所を探す。

・色々とイベント

・ライザは葛藤している。
親友のマギーからは26歳のふりをしていた時よりも今の方が
嘘っぽいと言われる。

・ローレンママにモールでばったり。
お互いに会ったことを内緒にする。
しかしニューヨークとニュージャージー州の間にある障壁は
何なのだろうか。ニューヨーカーにとってはニュージャージー
州は田舎でそんなに知られたくないもの?

・ダイアナは臨時にアシスタント
ベッキーという女性だがダイアナの注文通りのラテを購入
するも上司よりも先に飲んでいた。

・格好良いチャールズ
この状況でもダイアナはモールにまで行く事を拒んでいた。
ニュージャージー州の壁がここにも・・
それよりもチャールズを行かせることに危機感を感じていない
ところが彼女の不思議なところだ。

チャールズはライザに会うと語る。
「若いときは自分と関係ないことまで責任が有ると感じるが
それは違う。人生は大抵思い通りにならない。」
「働いて良い行いをしても悪いことは起きる」

そして会社に戻る再考を促すと共に彼は彼女にキスする。
ライザもまんざらでは無い感じ。私もライザはチャールズ
と一緒になって欲しい。

・涙が出たケルシー
ライザが戻ってきたことによって涙が出た。

・ジョシュの決意
今決意しますか? グレタと別れて、ライザとの関係に全てを
かけるそうです。まずはケイトリンと顔合わせを・・

【Used songs】

・Start Again by Extreme Music
・Other Side of Love by Photronique
・Punchbag by Clooney
・Cool Daddy Charm by Heinz Kiessling
・What We Started by Extreme Music
・Small Explosions by Extreme Music
・Million Dollar Life by Wizardz of Oz

【Cast】

ライザ・ミラー (Sutton Foster) 40歳・エンピリカル出版・ダイアナのアシ
マギー・アマト (Debi Mazar) 40歳、ライザの親友、ルームメイト
ダイアナ・トラウト (Miriam Shor) 43歳、エンピリカル出版のマーケティング責任者
ジョシュ (Nico Tortorella) 26歳、タトゥーアーティスト
ケルシー・ピーターズ (Hilary Duff) 26歳、エンピリカル出版のエディター
ローレン・ヘラー (Molly Bernard) 25歳、ヘクター・アンド・ドーフの広報担当
チャールズ・ブルックス (Peter Hermann) エンピリカル出版チーフ
ケイトリン・ミラー (Tessa Albertson) 娘

チャド・ウェバー (Dan Amboyer) ビーガンのNPO、サッドの双子の弟
ベッキー (Carly Brooke) ダイアナの秘書
ロベルタ (Elizabeth Canavan) NJ州・デパート上司
(Ashleigh Murray) 女性
ミッシェル (Heidi Armbruster) NJ州・ライザの仕事を紹介
(Mark Delabarre) 聖職者
(Mylinda Hull) デパートの客、服のサイズ
デニース・ヘラー (Kathy Najimy) ローレンの母・NJ州に買い物
グレタ・リン (Leigh-Ann Rose) ジョシュの元彼女
ステファニー・スミス (Dolly Wells) 占星術師

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336