[F] オーファン・ブラック 暴走遺伝子 第10話 浮かび上がる過去 Endless Forms Most Beautiful

リンク広告 テスト




第10話 浮かび上がる過去 Endless Forms Most Beautiful

脚本/Graeme Manson 監督/John Fawcett
——————————————————–
ヘレナはウクライナの修道院で育っていた。サラは生みの親だ
とするアメリアと再会。産んだのは双子で、一人は施設に一人
は教会に預けたという。サラの双子の姉妹はヘレナだった。

サラはキラの顔を見てからミセスSと会話する。
アメリアをヘレナに逢わせるかどうかの相談をしていた。
ミセスSは危険ではないかとするが、ヘレナにも母親を知る
権利はあるという。大切な人生を壊されたのはヘレナも同じで
あること。まず逢わせてから反応を美和得という。
アメリアは後で2人だけで逢えないかと告げ、私の体外受精に
関することだという。

ヘレナにあんたを産んだアメリアだとして逢わせる。
話を聞かないとリーキー博士の元に連れて行くというサラ。
そんな中ミセスSはアメリアの荷物を調べていた。そこには
ミセスSが研究者と写る写真が入って居た。キラがやってきて
誰か来たのかとミセスSに話しかけた為に彼女は写真を元通り
の場所に戻す。キラはまた悪い事が起こりそうだと語る。

サラはヘレナに対して私たちがつながりを感じたのはみんな
体外受精児だからだと語る。私たちは双子・・私たち姉妹
なのかというヘレナは私はあんたと姉妹なんかではないとして
冗談じゃないと語る。そしてあんたはオリジナルなどではない
事を告げ下顎の産物だと語る。

そんな中ミセスSのアパートにはアートとアンジェラら警察が
やってくる。二人はサラを逮捕するとして連れて行く。

アートはサラを取り調べることに。
サラは私はベスを殺害していないことを告げると、アートも
ベスが自殺したことはカメラ映像を見て知っていた。しかし
その後にベスのサイフを盗んだことは見られていた。身元
不明の遺体を再現したがこれは誰なのか?と問い、この件でも
サラは捜査妨害をしている事を告げる。君の里子の男は共謀罪
の疑いで拘留中だと告げる。サラは言っても信じないというと
アートは話してみろと語る。

アリソンはテレビを見ながらエクササイズをしていた。
そんな彼女の家にオルダス・リーキー博士が突然尋ねてくる。
ウチには銃があるのよとアリソンは脅すが、謝りに来たことを
告げ、契約書にサインして欲しいという。アリソンはあなたたち
のしていることは違法だとすると、君が疑問に思っていることは
全て答えるという。アリソンは私は普通に暮らしたいだけで干渉
されたくないのだという。大切な家族の自由を保証しヘレナの
ような危険人物から身を守り、君を監視しないと約束する誓約書
であること。代わりに健康診断を月に2回行って欲しいだけだ
という。カーチャは呼吸器、ヘレナはメンタル的に問題が有った
とし、検診は互いに大切だと語る。リーキーはサラやコシマとも
相談すれば良いとし、誠意を見せる為に監視役は外すと語る。

アンジェラはフェリックスに対して、遺体が姉だと偽ったの
でしょとするとこれは偽証だという。私は姉だと思ったのだ
というフェリックス。

コシマはその頃体調が悪化し、咳き込むと血を吐いていた。
リーキーはコシマの元にやってくると聞いて欲しい話がある
という。

サラを取り調べしていたアートはこのテープを聞いて欲しいと
して再生する。そこにはサラがアート宛てに吹き込んだメッセージ
で「アート、これを聞く頃には私は死んでいる。ベスじゃなく
私はサラ。貴方なら全てを解明してくれると信じている」と
吹き込まれていた。オレの相棒の自殺の件で何か知っているの
ならば教えてくれという。ソックリなのには理由があるのだとし、
指紋、DNAのことを全て話すので約束して欲しいという。私と
娘を守るということ。しかしそんな会話中、突然ローゼンと名乗る
弁護士がやってくると、これは不当逮捕なので釈放してもらう
として取り調べは終わりだという。ハードキャッスルも仕方がない
として釈放を認めることになる。
——————————————————–

サラの生みの親であるアメリアが現れ、サラと共に双子を産んで
いた事を語る。それがヘレナで有り二人は姉妹であること。
ヘレナにもそれを知る権利はあるということでアメリアをヘレナ
に逢わせる。
一方警察はサラとベスが入れ替わっていたことを知り、サラから
事情を聴取する為に現れる。
リーキーはアリソンの元を尋ねると、契約書にサインすれば
生活の安全、そして干渉することを辞めることを約束。ただし
健康診断を月に2度受けるのが条件だった。
またリーキーはコシマにも接触し、ダイアド研究所の雇用契約を
提示する。
警察でサラはアートに問い詰められ、信用して話すべきかどうか
で悩んでいる中、ネオリューションが雇った弁護士のローゼンが
現れ即釈放になる。ローゼンと共にサラは「トップサイド」と
呼ばれる組織のレイチェルから話を聞く。するとなんとレイチェル
もまたサラと同じ顔をしている事を知る。

いよいよシーズン1の最終話。
自分たちに取ってどの人物と契約することが選択筋として正しい
ものなのかということが描かれる流れだった。

ヘレナの背後に有る組織(プロレシアンと呼ばれる宗教過激派)の
存在(トマス以外に誰かいるの?)というのが正直今のところまるで
見えていないのでなんとも言えないけど、取りあえずは警察と
ヘレナとリーキーらの三つ巴の勢力が有る中で、それぞれがどの
人物と手を組むべきなのかという頭を悩ます結果となった。
どの流れもきな臭いものが有るので、殆ど直感の域なんでしょうけど
その直感さえも信用出来ないようなもっとも愛するものたちが
実は信用出来ない展開だったところを見ると、なかなか複雑な様相
を呈しているね。
そして何よりも血縁が水よりも濃いものとして存在していないこと。
ヘレナは生みの親のアメリアを殺害し、サラはそんなヘレナを
射殺した。ヘレナは以前にも腹部を刺されて生きているので
死なない可能性もなきにしもあらずだけど、かつてキラがそう
だったように細胞の再生能力が高かったりするのかな。

そしてクローンたちが抱えている潜在的な問題点。
何らかの疾患を抱えているなり、新たに発症している人を見る限り
では生きていく為には協力していかねばならない部分も有りそう。
奇跡の子、キラの存在が今後どう影響していくのか。

ドラマとして見ると随分長いスパンでクローンたちを監視して
いた流れが有るね。全員が1984年産まれと8話の中でコシマが
持っていたリストに書かれていたけど、ドラマの中の現在が
何年なのかはよく分からないにしても2014年だとすると彼ら
は30歳になる訳で、その間ずっと監視していたということになる。
アメリアが持っていた写真にはMrs.Sが写っていて、1977年7月22日
のLEDA研究と書かれていた。隣に居た男性が誰なのかはよく
分からないけど、リーキーだったのかな。

結局サラもMrs.Sによって監視され、アリソンの本当の監視者は
ダメンズだと思われた夫のドニーだった。ただMrs.Sは本当の所
研究を知って逃げて来たのかも知れないしその辺の事情はまだ
分からないところ。

タイミングよくエインズリーが引っ越しすることになったので、
リーキーが誠意として示すとした監視者を外すという流れと
リンクしてアリソンが目の前でディスポーザーにスカーフを
巻き込まれていく光景を目にしてスルー姿が有ったけど、実は
本当に親友になろうとして近づいていたのがエインズリーだった
という真相が面白かったね。

人工合成配列がどうとか、クレイグ・ヴェンダー博士、合成DNA
にメッセージを入れているとか、IDタグとか、ヌクレオチド(GCTA)
とか、塩基対(ATとGC)とか二進法とか、情報公開用タグなどと
言った言葉も出てきたけど、タグにメッセージを入れるのには、
識別すること以外に何か目的は有ったのかな。
人が所有物のようにして特許だとしていたけど、そんな特許が
認められる気がしない。科学者たちの間ではその内色んな意味で
クローン研究が進んでいく中で、それが後のサインとなるべくして
埋め込まれているんですかね。

・Main Title Theme by Two Fingers
・La petite mort By Coeur de pirate
・Blame Fiction by The Belle Game

サラ・マニング (Tatiana Maslany) キラという娘がいる
ベス・チャイルズ (Tatiana Maslany) 警察官・悪徳?
カーチャ・オビンガー (Tatiana Maslany) サラと居る所を射殺される
アリソン・ヘンドリックス (Tatiana Maslany) サッカーママ
コシマ・ニーハウス (Tatiana Maslany) ミネソタ大の博士課程の学生・進化発生学
ヘレナ (Tatiana Maslany) クローン狩り
レイチェル・ダンカン (Tatiana Maslany) リーキーの上司

ポール・ディアデン (Dylan Bruce) ベスの同棲相手、元軍人
フェリックス・ドーキンス (Jordan Gavaris) サラの義弟・男娼
アート・ベル (Kevin Hanchard) ベスの同僚刑事
ヴィック (Michael Mando) サラの元彼・麻薬の売人
Mrs.S(サドラー) (Maria Doyle Kennedy) サラとフェリックスの養母
キラ (Skyler Wexler) サラの娘
アンジェラ・デアンジェリス (Inga Cadranel) 捜査官
ギャビン・ハードキャッスル (Ron Lea) 警部補

Dr.オルダス・リーキー (Matt Frewer) ネオリューション
ドニー・ヘンドリックス (Kristian Bruun) アリソンの夫
アメリア (Melanie Nicholls-King) サラを産んだ代理母
デルフィーヌ・コーミエ (Evelyne Brochu) ミネソタ大
エインズリー・ノリス (Natalie Lisinska) アリソンの隣人
スコット (Josh Vokey) コシマと同じ研究員
ダニエル・ローゼン (Matthew Bennett) 弁護士

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336