ゴシップガール Gossip Girl シーズン4 第16話 あなたが寝てない間に While You Weren’t Sleeping

リンク広告 テスト




February 21, 2011
第16話 あなたが寝てない間に While You Weren’t Sleeping

脚本/Sara Goodman
監督/Norman Buckley
——————————————————–
リリーは偽証罪を犯したのだとしてダミアンはエリックを脅す。
リリーは父・ラッセルと付き合っていた事があったというレイナ。
チャックはレイナのことが大切だとバレンタインデーのパーテ
ィーで訴えかけるのをブレアは目にする。ブレアはダンに対して
5回映画を一緒に見に行ったからと言っても友達ではないと
否定する。リスクが有ってもこの関係にかけてみたいとセリーナ
はベンに伝える。

ミックやキース、そして怪しい仲間は言っていた。
「欲しいものが手に入るとは限らない・・だからって無いものを
横取りされたらたまらない・・と」。
ダンは目覚めてリビングにいくと、朝からセリーナとベンが
ソファーで寛いでいた。二人で夜中までスクラブルをしていた
というセリーナ。コーヒーでも淹れようかと言われるが、
ダンはジュベットで買うから良いと断る。
セリーナはベンに対して今日はママ(リリー)とは休戦して
エリックの18歳のバースデーパーティーを手伝うという。
ベンは大人として裁かれる年齢になるので気をつけるようアド
バイスをしてくれと語る。セリーナはベンに対して良かったら
ベンもパーティーに出席しないかと問うが、今はまだ君の母親
の家に行く気にはなれない事を語る。パーティーの後に逢おう
と語る。

エリックはリリーに対して誕生日なのに風邪を引いたことを
語る。まさかこんな日に風邪を引くなんてというエリックは
ビールで乾杯したかったと語る。リリーはまた後日祝えば
良い事を告げ、リリーはルーファスに”会合”が有るので行って
くると告げる。

ブレアの家にセリーナは戻ってくる。
するとブレアは着替えをドロータにさせていた。
そんなことまで他人にさせるのかというセリーナに対して、
マリー・アントワネットやスカーレット・オハラなど歴史上の
偉大な女性はみんなファスターを上げるヒマも惜しんだのだと
いう。セリーナは睡眠不足じゃないのかと問うが、偉大な
リーダーは3時間睡眠が基本だとし2年計画のウチだと語る。
セリーナは忙しくしているのはバレンタインデーでのチャック
とレイナのことを忘れたい為ではないのかと問う。
ブレアは忙しいので”親友タイム”は僅かしかないとして相談に乗る。
セリーナの現在の悩みは夕べはベンの家(ルーファスの家)にいた
がダンがいるので二人きりになれず、ここに来てもブレアが
居るので二人きりになれる場所がないのだという。
そんな中ガールズインクの新しい顔はレイナ・ソープに決定だと
するゴシップ記事を目にしたブレアはライバル心をむき出しに
する。彼女には会社とチャリティ団体、チャックとやり直す
チャンスがあるとして自分の理想的な人生を歩んでいることに
悔しがる。

エンパイヤホテル。
チャックはネイトと逢うと、ラッセルは俺のことを冷酷な悪者
に仕立てたとして、レイナとの関係を引き裂き、リリーとの
関係も悪化させたことを愚痴る。チャックはネイトに会社に
侵入するのでレイナのことを引き留めて置いて欲しいと頼む。

ブレアはジェシカとペネロペ、”新人”エミリーに対して、
メールで”W”に来いと書いたのに、彼女たちは間違ってウォルドー
フ家で待っている事を知る。私は週50時間仕事をして授業に出て
人付き合いもしなければならないのだという。そこでジェシカ
には私の変わりに美術史の試験に出て欲しい事を語り、携帯
で自分が問題を解くのでそれを書いて欲しいとのこと。ペネロペ
にはエリックの誕生日プレゼントとママに贈るプレゼントを選んで
欲しいという。私のセンスに併せるよう努めるよう語る。
エミリーに対して、ブリン・ハロルドとアポを取る様要求する。

ブレアはオフィスでインターンに作業をさせようとして呼ぶが
そこにいたのはドナだけだった。みんな転属になったことを
告げ、貴方の横暴さに耐えられないと言っていたという。PTSD
になった人物もいるとして訴えるという人までいるとし、前に
インターンを失った子は首になったと言われる。そんな中
タイミングよくダンがWのオフィスに来た為にインターンはすぐ
に雇えることを語る。

リリーはチャックと逢う。
リリーはここに来たのは貴方に電話しないでと言いに来たのだ
と語る。今までは我慢してきたけどバレンタインデーでの屈辱
は許せないことだという。チャックはラッセルによって裏切られた
事を告げ、彼はバス産業を解体しようとしているのだとすると、
それは貴方の会社であり私は首になった身である事を語る。
ラッセルにバス産業を譲るのも良いことではないかという。父を
裏切ったあんたならばルーファスも裏切るのだろうと告げる
チャックにリリーはハデにビンタする。その光景はラッセルは
目にしていた。

エリックのバースディが中止になったことをセリーナはベンに
語る。しかしエリックがやってくると風邪のことをウソだと
語る。

一方外の車の中でリリーとチャックは再び逢って居た。
ビンタのことは熱演だったとするが、とても実感を込めて演じ
られたと本音を語る。ラッセルら惑わされた俺がバカだった
というチャックだかあの男に痛い目に遭うだけだったという。

エリックはセリーナたちにダミアンの父に告げ口したことで
寧ろ状況が悪化した事を語る。ダミアンが購入したコカインが
ヨーロッパから届くのだという。ピンクのチューリップの肥料の
中にコカインが含まれており、自分に引き取りに行くよう
言われたのだという。母が供述書を偽造した件で脅されている
のだとし、どうすれば母を助けられるのかと問う。通報すれば
ダミアンはリリーのしたことを暴露すると言っている事を告げる。
ベンはセリーナに対してこういう時は何もしないので一番だという。
最悪、リリーが罪を償うだけであり、そもそも彼女のせいで事態
が起きた事を語る。

ブレアが忙しそうにしているのを見て、ダンは友達としてならば
助けてあげないこともないという。その為には俺のことが必要だ
と言ってくれというダン。ブレアはあんたとは友達でも何でも
ないとし、自惚れないでと語る。
——————————————————–

今回のドラマのサブタイトルになった映画「あなたが寝ている間に」。
大好きな映画なので何度も見ているな。

■バス産業の為に・・・

チャックが前回ラッセルの為にリリーを裏切ることが出来ると
証明する為に、バレンタインデーのパーティーで彼女を見限る
と宣言した。バス産業の経営から外すということ。
恥を欠かされたということでリリーとチャックの間で冷戦状態
が続くのかに思われたけど、今回はラッセルに反論する為に
リリーとルーファスも巻き込んで、チャックの為に一肌脱ぐこと
になる。
問題は何故ラッセルはバス産業のことを損失を被ってまで解体
しようとしているのか。
レイナやラッセルをオフィスから遠ざけている間にチャックが
ハロルドから受け取った役員用の磁気カードを使ってセキュリティ
を通過してパソコンから、投資者リストを手に入れる作戦。
あまりに簡単に物事が進んでいたので、リリーとラッセルが接近
していることに勘違いしたルーファスが爆発するとか、ラッセル
はチャックのやろうとしていることを知って意図的に違う顧客
リストを仕込んで置いたとかそういうパターンかと思ったけど
本当に盗めたようだ。

誤算だったのはダラダラ~としているネイトがレイナと良い感じ
の関係になったことか。ベッドにビジネスを持ち込もうとして
いるチャックのことを見限ったレイナ。確かにチャックが必死す
ぎるところが見え隠れしていて、好きだと言われても信用出来な
いのは誰の目に見ても明らかな気がする。

投資者はブラッドリーという南部・アトランタの不動産投資業者だった。
ラッセルが女性関係・リリーとの関係で過去に問題が有ったこと
から、南部の男性の性格が出たのかラッセルを信用出来なくなり
チャックを支援する為に耳を貸していくことになる。

■ダンとブレア・・・時々ヴァネッサ

ブレアは仕事に於いても学業に於いても人間・友人関係でも
上手く立ち回れることを証明するために殆ど寝ずに生活して
いることが判明する。
ブレアは2年計画を持ち出し、大学生であるにもかかわらず、
なんとかマンハッタンでの社会的地位もある程度確保しようとし
て模索しているようだ。

ただブレアも学生時代には人をまとめて何不自由なく自分の
思い通りに出来ていたことも、社会人としてのブレアは思い通り
にいかないところも有る。取り巻き連中に手伝ってもらい、
なんとかブレアの影武者をやらせようとするが、みんながみんな
大失態。これって意図的にブレアに仕返ししているんじゃないの
か?と。

セリーナとベンが自宅で仲良くしているのを見ていられない
ダンはブレアのオフィスに喫茶店感覚で遊びに来るところが
なんとも言えないけど、ダンを活用すればファッション以外
のところでは使えそうだ。
「友達としてなら助けてやるよ(c)ダン」。ダンのくせに生意気だ
と小一時間だけど、ブレアもビッチなのでどっちもどっち(笑)

ブレアは仕事に忙しくしている間にWのblog、”ブレアの必需品”の
制作を忘れてしまい、その件でダンが密かに手助けしてくれた。
「友達はファッションの要」。名文ねと新人エミリーから言われて
いた。

ブルックリンにやってくるブレアが一緒にピザを食べながら
映画をみる姿。こういうシーンはこのドラマ、良い感じなんだけどね。

で、ヴァネッサが久しぶりに登場。
ジュリエットに騙されたとしてダンに許しを請う姿。
ジェニーも同じことを言っていたけど、ヴァネッサの場合は
ジェニーに罪をなすりつけて逃げたとしてダンは許さない様子。
ただヴァネッサはダミアンとベンのやりとりを聞いてしまい、
ダンに取り入るチャンスが生まれたけど、またしても彼女の行動
が自分自身を苦しめそう。

■エリックの18歳の誕生日

前回ダミアンがエリックに対して脅しモードに突入。
ベンを有罪にする為の宣誓供述書をセリーナがサインしたと
見せかけたが実際にはリリーが書いていたという偽造の件を
エリックがダミアンに話してしまったことが原因。
稀代の悪人であるリリー。家族の為ならばなんでも許されると
思っている様だけど、この人に対して何の罰もないというのは
本当に不条理さを助長しているね。

ダミアンは監視が付いているので代わりにエリックにコカイン
を顧客に運ばせようとする。ピンクのチューリップの肥料の中
に入って居るハズのコカインだったけど、忙しくしていたブレア
は紫のポストイットにメモっていた為に、ストループ効果によっ
て紫のチューリップだとメモに書いてしまった様子。
色んな人の勘違いによって誰も逮捕されなかったみたいだけど、
損害した分の10万ドルをエリックに払えと要求するダミアン。
ベンは放っておけば良いとしたけど、まさに放って置けば
追い込まれるのはダミアンだよな。司法取引でリリーの偽造の件
を話そうとでも言うのかって感じだけど、正直大した情報に
取られない可能性も有るので司法取引も成立し無さそう。
まぁベンにとっては大変なことだったけどね。

勘違いと言えば、エリックのプレゼントにバカラのサラダボール
がブレアからの誕生日プレゼントとして届いてしまった。
本当はラリー・クラークの写真をプレゼントしようとしていた
とのことだった。

■ベンの行動は許されるものなのか・・・

悪い奴には悪い奴を・・・って感じで、ベンってダミアンには
めっぽう強いな。ベンがセリーナとホテルにいたという証言を
当時ダミアンが間違って話したことも影響しているのだろうか?
今度リリーから金を脅し取ろうとすれば刑務所仲間に殺させる
というベン。ネイトの父・ハロルドが刑務所で襲われたことが
有ったけど、この件はベンが仕組んでいたらしい。

■使用された曲

・Wires by Matt & Kim
・Tik Tok by Ke$ha
・The Thanks I Get by Erik Hassle
・The Phoenix Alive (The Octans Edit) by Monarchy
・Sunshine (Cataracs Remix) by Rye Rye & M.I.A.
・The Cut by Quitzow

セリーナ・ヴァンダーウッドセン (Blake Lively) “S”
ブレア・ウォルドーフ (Leighton Meester) “B”
ダン・ハンフリー (Penn Badgley) ルーファスの息子・長男
ネイト・アーチボルド (Chace Crawford) チャックの親友
ジェニー・ハンフリー (Taylor Momsen) ダンの妹
チャック・バス (Ed Westwick) 生意気、父が厳しいが事故で死去
ヴァネッサ・エイブラムズ (Jessica Szohr) ダンの親友
ゴシップガール (Kristen Bell) 声のみ

リリー・ヴァンダーウッドセン (Kelly Rutherford) セリーナの母
ルーファス・ハンフリー (Matthew Settle) ダンの父
エレノア・ウォルドーフ (Florencia Lozano) ブレアの母
エリック・ヴァンダーウッドセン (Connor Paolo) セリーナの弟
ドロータ・キシロブスキ (Zuzanna Szadkowski) ブレアの世話役

ベン・ドノバン (David Call) ジュリエットの兄、冤罪、元教師
ハロルド・アーチボルト (Sam Robards) 会計士、父、刑務所
ダミアン・ダルガード (Kevin Zegers) 麻薬の売人
ラッセル・ソープ (Michael Boatman) 不動産業、バートのライバル
レイナ・ソープ (Tika Sumpter) ラッセルの娘

ドナ (Jennifer Missoni) Wの編集
ペネロペ・シャファイ (Amanda Setton) ブレアの取り巻き
ジェシカ・レイテンバーグ (Alice Callahan) ブレアの取り巻き
ブラッドリー・キッド (Kevin Collins) 投資家、南部の不動産業
ブリン・ハロルド (Lisa Masters) アパレル業界
エミリー (Rachel Oyama) ブレアの取り巻き、”新人”
— (Mack Kuhr) The Informant
— (Finise Avery) Teen Party Goer
— (Rich Mollo) Van Der Woodsen Doorman

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336