サム&キャット Sam & Cat 第36話(35) 最強のルームメート #GettinWiggy

リンク広告 テスト




第36話(35) 最強のルームメート #GettinWiggy

脚本/Christopher J. Nowak
監督/Steve Hoefer
——————————————————–
キャットは人形に話しかける。Dr.クワックワに私と一緒に
来たいのか?と問うがもうこれ以上は連れて行けないのだという。
サムは何で荷造りなんてしているのかと問い、ぬいぐるみに
話しかけている理由は何かと問い、何で背中のニキビが全然
治らないのかと問い出す。
するとキャットはダイスとアリゾナにいくこと。ぬいぐるみと
話しているのは誰が一緒に行きたがっているのかを聞いている
のだという。ニキビが治らないのはちゃんと洗わないからだ
と語る。しかし何でアリゾナなのかと問うとダイスがフォエニ
ックス(フェックス)でヘアモデルをやるのだという。「ティー
ンヘア」って雑誌に出るのだとし、それもダイスが表紙になる
のだという。サムはどうでも言いとするが、キャットが何故
一緒にいくのかと問う。母と叔母さんが病気になってしまった
みたいだという。コヨーテ熱だっけかとするサムはコヨーテを
食べたらダメだと語る。9時のバスでフェニックス行きでしょ
と語ると、キャットはフォエニックスだという。PHOENIXと
書かれているとし、ちゃんと”O”があるという。サムはそのOは
発音しないのだとするが、ちゅんと発音しないとアルファベット
に失礼だと語る。
ぬいぐるみみんな連れて行けないとすると、サムはこのように
すれば良いとしてバッグの中に強引にぬいぐるみを詰め込む。
それを見たキャットはサムに対して、私がサムの口に鶏肉を
突っ込んだことは有るのか?として、激怒するのだった。

そんな中ノーナがやってくる。
キャットに対して迷惑でなければ二日ほど泊めて欲しいという。
サムは迷惑だというが、ノーナによるとホームにファンクダニが
大量発生したので週末施設に殺虫剤を散布するのだという。
サムはよくママの足についていたダニだとして別のところにも
付いていたと語る。ソファーで寝るからというノーナに対して
サムと一緒に寝室で寝たら良いというキャット。私は週末に
フォエニックスにいくのだという。留守の間ノーナがサムの
ルームメイトになるのだという。サムはアリゾナにはいけないの
だとすると、サムは昔のことでアリゾナで逮捕されるかも
知れない事を語る。オハイオ州にもいけないというサム。
そんなサムに対してキャットはこの歌を聴いてヤンチャを辞めて
欲しいとし”アリゾナ・ユタ・オハイオ・テキサス・ニューハンプ
シャー・テネシー”に行けないサムの曲を歌う。私はヨーロッパ
にもマズイかも知れないのだという。

フェニックスに到着するダイスとキャット。
ボーイズヘアの雑誌の撮影に立ち会えるなんて嬉しいというキャット。
4歳の頃からヘアモデルをしているというダイスだが、それでも
有名な雑誌の表紙は始めてだとして最高の気分だというダイス。
キャットは撮影所に来るとオシャレ男子の臭いがすると語る。
モデル仲間のスレイターが声を掛けてきたり、カメラマンの
ヨンス、アシスタントのブリーとキースなどと再会。そんな中
ヨンスからダイスに表紙の件でちょっと変更があるとして
週末にモデル全員の撮影をするが、その後編集者と私で全員の写真
の中から誰を表紙にするかを決めるのだという。ダイスはオレが
表紙だと決まっていたのに・・という。そんな中ジェット・ザンダー
という世界一売れっ子のボーイズヘアモデルがやってくる。サラサラ
のブロンドヘアを見て、まるでレベルが違うというキャットは
ダイスの髪の毛は不味そうなサラダみたいだと語る。
——————————————————–

キャットはダイスの保護者変わりに二人でフェニックスに行き
ダイスのヘアモデルの撮影会にいく。サムはアリゾナでは逮捕状
が出ている為に同行が出来ない為に、ハリウッドで留守番と
いう形になるが、ノーナが施設が消毒する為に週末だけ泊めて
欲しいという。サムは嫌がるがいざ共同生活をしていると、
ノーナはルームメイトの為と称して食事を作ったり選択したり
面倒なシッターの仕事もこなしてくれる。サムはあまりの手際の
良さに最高のルームメイトだと感じるのだった。

実質的に「サム&キャット」の最終話。
どうもニコロデオンとかディズニーのキッズもののシットコム
は中途半端に終わることが多い感じ。
どうしても放送している間に主演者が人気が出てしまい、
ギャラの問題が発生したり、他の仕事との掛け持ちが多くなり
仕事を維持するのが難しくなる傾向にあるのだけど、この辺は
今に始まったことでもないか。まぁ大抵はそれでもシーズン4
くらいまでは放送して、当初のイメージからかけ離れたことで
卒業みたいな形になるのだけど、このドラマに於いては、
Jennette McCurdyとAriana Grandeの待遇の違いとか、
Jennetteのスキャンダルの発覚で、子供への影響を配慮したのか
理由は分からないけど、結局グダグダな状態でシーズン1で終了
してしまった。Ariana Grandeが意外にも王道の道を
歩んでしまったことも有るので、Jennetteとの待遇の差というのも
有る意味仕方がないのかなという感じがするし、今に始まったこと
ではないが、恋人との写真を意図的だと思われる形で、ネットに
流出させて売名行為のような若手芸能人が多く、Jennetteがそれに
該当するという訳ではないとしても、どうも性の乱れとモラルの
問題がSNSに於ける発展に追いつかない形で存在しているというのも
問題なのかも知れないね。

最終話はキャットがまるで猟奇的な人物になってしまったかの
ようにして、ウィッグを使ってモデルをしていると考えている
男性の髪の毛をむしり取るというおぞましい光景で終わってしま
った。元々不思議ちゃんだったけど、ここ最近はなんだかホラー
要素満載だった感じも受けるな。

しかし最近はウィッグかどうか分からないことも多く、普段から
気に掛けている人は分かるのかも知れないけど、自分なんかは
パッと見この人が付け毛かどうか分からない。
ただあまりにヘアサラ過ぎるところも有ったので、見ていて
ジェットはウィッグだろうなと思っていたので、どうやって
その嘘がバレルのかが気になっていたけど・・。
スカルプ病院に入院したってところがまた笑えるね。

ダイスのヘアーネタが最近ではメインとして扱われる中、
相変わらずキャットの言葉遊び的流れも存在していた。
日本人から見ると英語表記に於ける発音のある・無しはホントに
難しい感じがする。PHOENIXのことが引き合いに出されたけど、
「黙字」と呼ばれるものでその辺の区別は難しいよね。

サムはノーナとのルームメイトを嫌がっていたけど、
ノーナは流石は元主婦なのか、手際よく料理をしたり選択をしたり
子供のお守りをしたりするところなど流石だなという感じ。
拾って来たポテトチップスを食事にしているというサム。

そういえばサムは色んなところで犯罪を犯しているようだ。
日本にも入国禁止になっているみたいな流れになっていると面白か
ったのになぁ。流石にサムがヨーロッパに行っているとは思えない
しね。

■使用された曲

サム・パケット (Jennette McCurdy) “アイ・カーリー”のサム
キャット・バレンタイン (Ariana Grande) ハリウッドアーツ校
ダイス (Cameron Ocasio) キャットと同じアパート住民
ノーナ (Maree Cheatham) キャットの祖母
グーマー (Zoran Korach) 格闘男

ケルプ (Exie Booker) 捜査官
ヨンス (Andrew Carter) カメラマン
スレーター (Garrett Ryan) ヘアモデル仲間
ジェット・ザンダー (Noah Urrea) ヘアモデル、ブロンド
— (Maitely Weismann) ジェットの母
— (R. Michael Egan) “BOTS”の客
ボンベイ () 管理人
フランクリン家の双子

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336