HAWAII FIVE-O 第12話 因縁の対決 Hana ‘a’a Makehewa(Desperate Measures)

リンク広告 テスト




第12話 因縁の対決 Hana ‘a’a Makehewa(Desperate Measures)

脚本/Peter M. Lenkov
監督/Chris Fishere

【ストーリー】

12月24ファイブオー本部建物から市民や職員たちが逃走する
姿が有った。スティーブたちはチンの元に駆け寄ると、なん
とチンの首にはモーションセンサーによる爆弾が設置されて
いた。チンにどうしたのか尋ねると、後ろから突然殴られ
袋を被され気がついたらここに居たのだという。向こうから
要求は伝えると言っているとし、従わねば死ぬと言っている
こと。

●24時間前ダニーのアパート。

通販で購入したクリスマスツリーを箱から出して飾り出す。
カメコナもやってきてサンタの衣装を用意してもらうが、
まるでサイズが合わないために台無しだと語る。調達出来る
と言ったから頼んだのだとし、これではでかすぎるという。
ネットで買えば良かったのではないかとすると、ツリーは
そのネットで購入してこれだけショボイものが届いたのだと
いう。親ばかでも娘の為に毎年サンタをしているとのこと。
毎年やるならば衣装を買えばいいのではないかとすると、買った
けど離婚の時に無くしたのだという。そんなダニーの元に
スティーブから事件の電話が鳴る。

チンに合流すると何が合ったのかと問う。サーファーが海で
遺体を発見したとし、被害者はルーサー・マガリャネスだと
いう。有名な武器ディーラーで、アルカイダにも物を調達して
いるものとのこと。雲隠れしていて国際警察が捜していた人物
だが、後頭部に2発打たれてするという。マックスが異常な
点があるとしていたが、海で発見された時には死後2日が経過
しているとのこと。肺には塩素、首にはアザが有り、頭を
撃つ前にプールにでも沈められたのかという。何かを聞き出す
為に拷問されたのかもと。しかし彼にはかなり大物のバックが
付いているのに報復を恐れていないということは、殺したヤツに
はもっとデカイ組織が付いているか、命知らずか怖いもの知らず
なのかだというチン。コノは殺害現場がだいたい分かったとし、
遺体が発見された海と死亡時刻と潮流の流れなどを計算すると
遺体を捨てた場所が推測できるという。
場所はイカラニリゾートで2.6平方kmの別荘地でプライベート
ビーチもあるという。別荘やプールが有り近くに遺体を落とせる
崖もあるとのこと。マガリャネスはイカラニに別荘を持って
いるとし、死亡時刻周辺にそこの防犯カメラ映像を取り寄せた
という。そこには二人の人物が写っていた。被害者と一緒に
写っているのはヴィクター・ヘスだという。

その名前を聞いてスティーブは「父・ジョンは何が目当てだか
知らないが従うんじゃない」と言ってヘスに殺されたことを
思い出す。

すぐにダニーは知事に連絡して父を殺した男が生きて居た事を
報告する。

●カポレイ・イカラニ・リゾート
部屋に有った指紋からヘスが居たことが明らかになる。
スティーブは確かに(S1-1)で胸に銃弾を2発撃ったのに何故生
きているのか。チンはゴキブリのように生命力が強いのだと
して次は踏みつぶせと語る。ヘスが島にいるならば逃げ道は無い
はず。彼のただ一人の知り合いのサン・ミンは刑務所にいること。
マガリャネスもヘスも武器商人であり一緒に仕事をしていた
のか、邪魔な彼をヘスが殺害したか。そんな中、マガリャネス
の携帯かも知れないとしてチンは通話記録などを調べるという。

携帯は2日間海に沈んでいて回路は死んでいるが、SIMカード
は無事だという。コノはチンが飯を食べているのかと勘違い
するが、米の中に入れておくとカードの湿気取りになるのだ
という。マガリャネスの通話記録が入っていることが分かり
殺された日の通話はトレント・オーガスティンに連絡して
いることが分かる。銃の売人で商売相手ならばコイツがヘスの
居場所を知っているかも知れないという。

●ノースショア・カフク
スティーブとダニーは闘鶏を行っている場所へ。
闘鶏は違法だろうとするが、スティーブは何処にでも汚点は
有るとして、ニュージャージーの日焼けサロンと同じだと
ダニーを皮肉る。
闘鶏をしている厳ついものたちに、ダニーは落ち着かせる為に
「夕飯同士戦っているのを見て楽しいと思わないが、俺たちは
トレントに会いたいだけ」と語る。もしも出てこなければ全員
捕まえることになると語る。
するとトレントは名乗り出てくる。ヘスのことを尋ねると、
彼とは何度か取引して居たので、彼が怪我をした時に俺の所
に来たという。闇治療の医者を紹介したとし、Dr.ゲイリーという
カハラの診療所だという。
ゲイリーを調べると、セントルイスハイツに家を持っていて、
コノによると最近オフィスや家の周りで見かけたものは居ない
という。8週間前に息抜きで世界中を旅していると関係者には
メールしているこが分かる。

●ホノルルセントルイスハイツ
室内、そしてガレージを調べると手術した形跡があり、テーブル
には9mm弾が2発取り除かれた跡が有った。スティーブが発砲した
もの。次は頭を狙って撃つべきだという。コノはガレージ内に
遺体があるのを発見する。

●オアフ島ハラワ刑務所
ダニーの家のツリーよりも大きなツリーが刑務所には設置され
ていた。クリスマスにグレイスと6時間過ごすので完璧にしたい
のだという。ニュージャージーに居たなら母の家で過ごした
ハズで食事は酷いがツリーだけはデカいのだという。
スティーブは子供の頃クリスマスを父親と過ごしたが覚えて
いるのはクリスマスで過ごした事だけでツリーのことなんて
覚えていないので大丈夫だという。
二人はサン・ミンに会って話を聞くことになる。
——————————————————–

■今回の事件

サーファーが海の中で発見したというルーサー・マガリャネス
の遺体。有名な武器ディーラーで、アルカイダにも武器を調達
している節操の無い人物で、国際警察も捜しているという。
後頭部に2発の銃弾を喰らっていること。ルーサーは背後に
大物が付いているので報復されるのを恐れていない人物による
犯行だそうだ。

■最高で最悪のクリスマス

冒頭ではいきなり12月24日だというのに、ファイブオー本部で
は騒然としている光景がある。なんとチンの首には爆弾が
連れられている状態。一体何者がつけたのか。

そんな事件とは余所に24時間前のダニーのアパートでは娘の
為にクリスマスの準備。1日前にクリスマスの準備をするって
どんだけ悠長なんだって感じ。ダニーってせっかちな印象が
あるからもっと早くから設置していると思ったんだけどね。

ハワイのクリスマスと言っても正直ピンと来ないよなぁ。

■ルーサーの死亡時刻に写っていたもの

一緒にいたのはなんとヴィクター・ヘス。
パイロット版でスティーブが退治したハズなのに生きて居ると
いう。ヴィクターは2発の銃弾を撃たれて海に落ちたけど、
トレントを頼って闇医者のゲイリーに治療してもらい、
キシモトという日本人の裏社会の世話役に滞在場所の提供を
してもらっているみたいだ。

一連の流れを知るために、刑務所にいるサン・ミンに協力を
求める。ダニーがサン・ミンを妻子に会わせた良い感じの
エピソードが有っただけに逃走してしまうというのはちょっと
納得いかないところが有ったかも。

■アラモアナのベスのコンドミニアム

ここには居なかったけど、彼がよく行くというヌウアヌのBAR35
に行くと、そこにヘスが現れる。ヘスはサン・ミンの運転する
車にのって逃げてしまった。
サン・ミンのことは手錠をしていたけど、運転席側に座らせて
ハンドルに手錠させているという辺りで終わっている。

スティーブたちもタクシーを奪い彼らを追いかける。アラモアナ
港に逃げたということで、チンの方が近くにいるので見つけて
くれと語る。
タクシーの運転の仕方が激しく、相変わらずダニー節でスティー
ブをなだめる姿が楽しい。

しかし出港しているのであればともかく、チンも一人で侵入して
調べることは無かったのに・・・
「クリミナル・マインド」のS5の最終話で、マットとモーガンが
応援を待たずに犯人の居る家に入ったことで待ち構えている
相手にやられていたけど、どう考えても一人で踏み込むのは
危険だよな。

■チンが人質に・・・ヘスが要求するもの

1千万ドルと逃走用の脱出経路だという。
そんなヘスからは、スティーブと会話したのはお前の父を殺した
時だとし、スティーブもまたヘスの弟を撃ったので五分五分だ
としていたけど、そんなシーンって有ったんだっけか。1話の
エピソードをまるで覚えてない。

知事に一千万ドルを用意して欲しいと頼むが、「テロとは交渉
しない」ということであっさり却下。なんて酷いんだか。

チンの爆弾には水銀モーションセンサーが付いていて、起爆装置
はヘスが持っているけど、その起爆装置は指紋認証で解除できる
ものだという。

■チンの過去の件も明らかに・・

これまでチンが警察官時代に汚職扱いされていたけど、それが
何の意味なのか今まで明かされなかった。
実は警察の没収物の保管庫が有り、デカイ事件の容疑者が裁判を
松間に押収した金や麻薬が隠してあるという。その金2856万7千
ドル。金は第一地区の警察本部の地下にあるとのことで、チンの
自宅には図面があるとのこと。
それを使って地下道から金を取りに行く。因みに第二次世界大戦
の時に陸軍が物資を運ぶ為に作ったもので、今は封鎖している
とのこと。

金を奪いに行くときに婆さんがコノたちのバンを見て不審者
だと考えて警察に問い合わせようとしていた。

■一人でワイパフファリントン向こうの空き地に来い

スティーブに突きつけられた要求はそんなものだった。
スティーブはイオラニ宮殿で勝負をつけようとしていたみたい
だけどね。
スティーブはコノを後部座席に乗せて、有る地点で彼女を下ろ
して狙撃させる為に待機させる。
ヘスは金になんて興味がないということで、金を渡すとたき火
に燃やしてしまっていた。問題は名誉であり貴様をたたきつぶす
ことだとして、大事な友達を殺される時どんな顔をするかみたい
としていたけど、目の前で友達が殺されるのを見せないと
あんまり効果なさそう。
タイミングを見てコノが狙撃してスティーブがヘスをフルボッコ。
気絶しているヘスの指紋を使って起爆を解除。

■ヘスは捕まえサン・ミンには逃げられる

しかしこの件、スティーブは父親の件にも精通しているものが
あると考えている。最後にウォンバット・・じゃなくてウォー
ファットという人物が、捕まったヘスに面会に行き、
「スティーブは父親の事件を調べているが何をどのくらい知って
いるのか?」と尋ねる。
「まずいところまで知られている」。
ウォー・ファットとは警察官関係者なのかな。

スティーブたちは燃やしてしまった組織の金1千万ドルをどう
するのかだね。宝くじでも買うかとしていたけど・・・

■最後はメリークリスマス

ハワイではメレカリキマカと言うらしい。
グレイスが来るまでの間、みんなでダニーが着るサンタの衣装
の手直し。そういうのコノがやるのかなと思ったけど、スティー
ブが裁縫していた。

ホーホーホー。
親子水入らず・・としていたけど、結局ファイブオー勢揃い
でのクリスマスになった。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Sexy Eyes by Dr. Hook
・Our Revolution by Halifax
・Po La’i E by Manawa Pono
・Mele Kalikimaka by Bing Crosby
・Kana Kaloka by Ne Leo

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

カメコナ (Taylor Wily) 店主
グレース・ウィリアムズ (Teilor Grubbs) ダニーの娘

ヴィクター・ヘス (James Marsters) 悪党
サン・ミン (Will Yun Lee) 囚人、ヘスの知人
ウー・ファット (Mark Dacascos) 悪党
ルケラ (Dennis Chun) 警察官、市民を避難させる
トレント・オーガスティン (L.J. Batinas) 銃の売人、闘鶏場
キシモト (Chaz Mann) ホノルルの日本人の裏社会の世話役
— (Marika Yamato) Old Lady / コノたちのバンを不審がる
— (Byron Ono) Bomb Squad Captain
— (Shaun Phillip Cantwell) Crime Scene Unit
Mrs.キシモト (Ria Huang) 妻
ジャック・マクギャレット (William Sadler) スティーブの父
— (Alexandra Tabas) 娼婦
Dr.ゲイリー () 闇医者・殺される

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336