HAWAII FIVE-O 第15話 作られた偶然 Kai e’e(Tidal Wave)

リンク広告 テスト




第15話 作られた偶然 Kai e’e(Tidal Wave)

脚本/Melissa Glenn、Jessica Grasl
監督/Duane Clark

【ストーリー】

ダニーは海岸でコノからサーフィンを教わる。しかし砂浜で
ボードに乗る練習ばかりでいつまでも海に入って練習しない
ことにいらだちを覚えるダニー。まずは基本を覚えないといけ
ないというコノ。ダニーはグレイスがやりたいというから
教わっている事を告げると、あなたのいうサーフィンがしたい
のであれば、海に入ってやってみてと語る。しかしあまりの
波の高さにダニーはたじろぐ。
そんな中、聞き慣れないサイレンが鳴る。コノはダニーに
対して津波警報だと語る。すぐに辺りで避難命令だとしてビー
チから逃げる住民たちの姿が有った。

スティーブはキャサリンとベッドを共にしていたが、互いの
携帯に電話が鳴る。スティーブには知事からの電話でウェイク
島160kmまー北東でブイが津波を観測したのだという。海底で
地滑りでも起きたのか。第一波が来るのは3時間後だとすると、
キャサリンは10分でいくことを告げると、スティーブは知事に
5分で行くと語る。キャサリンは基地に戻り艦隊を沖に避難させ
てやり過ごすらしいという。航空母艦に乗れない俺たちは
シュノーケリングでアップアップだと語るスティーブに、
キャサリンは気をつけてと語る。

ダニーはグレイスの学校に迎えにいく。
トミーから津波は大変なものだと教わったというと、嘘つきト
ミーの言うことなど信じなくて良いと語る。ダニーにスティーブ
から電話が鳴ると、これからエヴァビーチの津波警報センターで
落ち合おうという。所長のラッセル博士が行方不明なのだとい
う。今すぐなのかというダニーは、現在グレイスと一緒にで
レイチェルたちが居ないのだと語る。誰か預けるのに良い人は
いるかと問う。

エヴァビーチ津波警報センター・津波到達まで2時間56分。

その頃スティーブはカマコナに対してグレイスのこと
を見ていて欲しいと頼む。ダニーは彼に預けて妹は逃げられた
だろうとするが、カマコナは俺は子供受けが良いよと語る。
ダニーはグレイスに彼と一緒にいてくれと告げると、パパは
死後をすぐに終えて迎えに来るという。
なんでたった一人の男を捜すのかと問うと、大勢の安全を左右
する立場にある人物だからだというスティーブ。昨日の夜から
誰も博士を見ていないのだという。チンたちは今、自宅を見て
いるとのこと。

エヴァビーチ津波警報センターでは沿岸警備隊のヘイルは、
センターの副所長のタニーに対して待避レベルは1なのか3なの
かと尋ねる。両者では規模が違ってくるというもの。しかしタニー
はもっと分析しないと分からないという。いつもはラッセルが
危険区域にあるものから結論を出しているとのこと。しかしヘイル
は今その博士がいないのだから副所長のタニーが決断しないと
いけないという。普段は観測ブイから受け取るデータをみんなで
解析しているが、今回のデータは異常が多いのだという。
大きすぎること、波の高さや水圧、気圧の変化、波の規模や
マグニチュードを計算するとメチャクチャな状況とのこと。
午前5時以降データがおかしくなっているとし、データ・数値が
変化しっぱなしなのだという。環太平洋ではウチがメインの
観測所で、アラスカセンターでも変なデータを受信していると
いう。予測は出来るがこの数値のままの結果だと、3階まビル
まで波が包み、ジェット機並の早さもありえるとのこと。
ラッセルならば説明出来るだろうとし、彼はシステムの設計者
だという。ラッセルと最後に話したのは何時なのかと問うと、
昨日の午後5時に一緒にこのセンターを出たが朝6時になって、
津波観測したとの連絡が入ったという。緊急の場合には博士と
話すのがルールだが連絡がないとのこと。

カハラ・ラッセル博士の自宅。
チンとコノは誰かが博士の家に押し入っていることを語る。
津波に日に行方不明?この手の偶然は計画的だというチン。室内
にはかなりの出血が有り撃たれているのかも知れないという。
娘のコートニーが帰宅すると父は何処なのかと問う。

津波到達まで1時間58分。
コートニーに最後に父親と話したのはいつなのかと尋ねる。
昨日の夜に物理の試験で自由粒子について父に助けてもらった
という。その時何か言っていなかったかと問うと、週末にハイキ
ングに以降と話していたという。いつも通り元気だったとし、
警報が出たのに連絡がないなんきて変かなと。今は避難している
様告げ、ダニーは父さんのことで何か有れば真っ先に知らせること
を約束する。
——————————————————–

■今回の事件

なんとコノがダニーにサーフィンを教えている最中に突然の
津波警報。コノの水着シーンに萌えーと言いたいところだけど
思った程、彼女の水着姿が見られなかった。

しかしハワイなので火山列島だし、周りは海に囲まれている
ので津波の危険性は常にあるのだろうけど、みんな対応に慣れて
いるところを見ると、比較的多いのだろうか?
「500mの津波を起こす可能性がある」なんてネットでは囁かれて
いて、それが現実のことなのか分からないけど、現地の子供たちの
間ではそんなことも噂になっていて常に不安心理をあおっている
ところがあるのかな。

■事件はエヴァビーチ津波警報センターで・・

ラッセル博士と連絡が取れないということで、どう考えても
彼が津波警報を操作して擬似的に市民たちを避難させている
ような意図があると思っていた。

沿岸警備隊のヘイルは、所長が居ない限り、副所長のタニーに
対応を求めていた。
そんなタニーを演じているJoel David Mooreは、「BONES」に
於けるコリン・フィッシャー役の彼だった。BONESだとちょっと
変わり者の彼だけどね。
タニーはデータが次々と変わる為にどういうことなのか
判断に迷うところがあり、警戒レベルが1なのか3なのかで
避難のさせ方にも変わるということで、判断を求めていた。

■津波の到達時間は刻一刻と迫る

冒頭では津波到達まで3時間だとしていた流れ。
警報センターに到着する時には2時間56分。
カハラのラッセル邸に到着する時には1時間58分。
意図的に情報を操作しているのではないかとして再び警報センター
に到着した時には1時間12分。
エイヴリークレア号に行く頃には残り45分となっていた際には、
ダニーがスティーブに「45分で海底のお魚さんと一緒だ」
として可愛い言い方をしていた。

■太平洋アメリカ海軍空母エンタープライズ

エンタープライズ号って常にハワイ沿岸に停泊・巡回して
いるものなのかな。
必ずスティーブがロリンズに対してお願いするシーンが有る。
エンタープライズ号に搭載されている衛星との交信システム
を使って衛星を操作して地形映像なり赤外線での監視データ
を取り寄せるというもの。
ロリンズとしては恋人のスティーブの頼みは断れないけど
予め、知事に頼んで緊急時に於ける海軍とファイブオーの
連携に関しては協力体制を整えて置けば良い事なのではない
のだろうか。

そういえば冒頭ではスティーブとロリンズのベッドシーンから
始まっていたね。黒い下着姿のロリンズ。そしてコノの
水着シーンなど、ちょっとサービスショットが多かったけど
不思議と萌えないのは何故か(笑)

■衛星の熱感知システムで探知

海に設置してあるブイから、衛星ゴーズ11号に信号データを
送る仕組みになっている。しかしこのデータの送信をする際
に同じ周波数を使って何者かが妨害するようなデータを
流していること。信号を探知するとアラワイ港からのもので、
エイヴリークレア号を特定。その中には女性ハッカーの女性
のタニヤがいた。彼女、ハッカーの割に相当逃げ足が速く、
船の上をホイホイと逃げ回っていた。スティーブが逃がして
しまうのではないかという程軽快な足並みだけど、その辺は
ダニーとのコンビって感じ。止め方も正直相当痛そうだった。

彼女はメールで受け取ったデータを元に誤報を流していた。
口を割らないタニヤに対してこれまたダニーの話術が光り、
「悪い子ねダメダメ。事実ならハンパなくヤバイよ」
と語り、「俺の子3歳の時に叔父さんに半年くらい会わない
と完璧に忘れて次に会う時にはどんだけ大泣きしたか。」と
して、このままだと10年は子供に会えなくなるぞと脅していた。
正直10年で済むものなのかって感じだけど。
8分起きにデータ付きのメールを受け取り、衛星の周波数で
発信すると25000ドルがもらえたという。ネットで仕事のオファー
を受けたので誰からのものなのか分からないけど、ハッカー
なのだから居場所を突き止めろと攻めていた。
しかし彼女がハッカーとは限らないよね。
それでもIPを突き止めて埠頭にある古い倉庫だとしていた。

■ラッセル博士の自宅で見つかったもの

パソコンには意図的に2度ログインのパスワードをミスって
いたのは何らかのメッセージを送るためのものだとされて
いた。
また逃走する際に家の外で見つかった白い塗料は政府の車両が
使っているもの。そしてダニーはゴミかも知れないとしていた
けど、コノが布袋を見つけていた。

■博士の発見、警察が保存している2800万ドルの謎

博士は倉庫で作業させられていた。
スパイクと呼ばれる人物・・指紋を照合すると本名はハリソン・
ダンフィ。調べると8年前に湾岸警備隊として不良行為で除隊
されていて、チンによると8年前に警備隊と警察が合同で麻薬捜査
を行ったことがあり、船に積み込まれていた700kgのコカイン
を押収して2800万ドルの現金を押収したという。その金が先日
チンを助ける際にヘスに渡した金に繋がっているものだと判明。
沿岸警備隊のヘイル中佐の命令だということで、事件全容が
明らかになった。
しかしスティーブが今回ハリソン・ダンフィを殺害してしまった
ことで、「最近簡単にヤバイことをやり過ぎているそのツケだ」
とダニーは語る。

■ジェームソン州知事の執務室

最後に1000万ドルをチンの件で失ったことを報告に行き、処分も
覚悟の上だったけど、スティーブの話では礼を言われたとして、
金は2800万ドル満額有ったことを告げられる。
一体何がどうなっているのか。

■グレース

相変わらずダニーが迎えに来た時に”ダノ~”は可愛い。
ポーカーの才能があるらしく、カマコナたちと勝負している際
に相当あめ玉を取っていたね。この辺ニュージャージー出の
ダニーの血を引いているのか。
アトランティック・シティーと言えばカジノが有名だけど、
近年日本のパチンコ業界と同じでカジノ経営も大変みたい
だね。日本もカジノを作れば税収が潤うと思っている人が
多いけど、この辺は警鐘とするところが大きい。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Get Some by Lykke Li

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

カマコナ (Taylor Wily) 店主
グレース・ウィリアムズ (Teilor Grubbs) ダニーの娘
キャサリン・ロリンズ (Michelle Borth) 海軍大尉

シェルドン・タニー (Joel David Moore) 津波警報センター副所長
コートニー・ラッセル (Joanna ‘JoJo’ Levesque) ノーマンの娘
Dr.ノーマン・ラッセル (John Sullivan) 津波警報センター所長
サム・ヘイル (Brian Goodman) 沿岸警備隊。黒幕
タニヤ (Agnes Bruckner) ハッカーの女性
マモ・カヒケ (Al Harrington) 屋台
Sgt,デューク・ルケラ (Dennis Chun) ホノルル警察署長
スパイク / ハリソン・ダンフィ (Tamayo Perry) 犯人
— (Melissa Puana-Martin) Governor’s Assistant
— (Shaun Phillip Cantwell) Crime Scene Unit

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336