HAWAII FIVE-O シーズン2 第8話 ある捜査官の死 Lapa’au(Healing)

リンク広告 テスト




第8話 ある捜査官の死 Lapa’au(Healing)

脚本/Joe Halpin
監督/Steve Boyum

【ストーリー】

オアフ島ノースショア。
波乗りの練習をしている中、突然セスナ機が落下して海に墜落
する。危うくサーファーにぶつかりそうになる。

スティーブはダニーが引っ越したことを知り、彼のアパートに
いく。鍵が開いていたので勝手に中に入ると、ダニーはテレビ
を見てじっとしていた。映画「第5惑星」を見て居た為、ここは
タイムマシーンなのかというスティーブ。ダニーは居るならば
静かに・・という。酷いだろうこの作品というと、感動しない
のかと逆に言われる。男が子を産むんだぞというと、これは
エイリアンだという。ダニーが泣いている理由が分からない
という。グレイスを呼ぶつもりなのかとして、これは見過ごせ
ないことだとして児童保護局を呼ぶと語る。

そんな中スティーブに電話が鳴る。
現場に行くと、ロリは被害者は入国・税関取締局のモニカ・
ジェンセンで、一緒にここに来たのは彼女の上司のジェフ・モリ
ソン捜査官だという。ロリとは数年前に捜査をしたというジェフ。
飛行機の故障じゃないのかと問うと、検死官が殺人だと言って
いるのだという。ジェフによると今日は元々飛行の予定は無かっ
たとし、目録と出荷番号の照合が仕事だったという。異常が
あれば言うはずだと語るジェフ。ロリはレッドブックは見られる
かと問う。レッドブックは捜査官がつける日誌で週末に必ず
提出するものだという。レッドブックと捜査中のファイルを
見せて欲しいというスティーブに協力することを約束。

マックスは遺体はざっとみた感じ舌が腫れているとし喉の筋肉
が貼っていることを告げる。衝撃による打撲痕がなく肺に水も
ないことから墜落前に死んでいたのだろうという。死因は多分
毒によるものだという。肝臓の温度から見て少なくとも8時間
前に死亡。
チンは飛行機はセスナ177だと語ると、スティーブは最高でも
そのタイプは4時間しか飛行できないハズ。離陸前から彼女は
死んでいたんだという。

ホノルル入国・税関取締局。
ロリはジェフの元にいくとレッドブックがないことを語る。自宅
に有るかも知れないという。部下を失うのは辛いという彼は
ショックを受けていた。仕事熱心で頑固だったところはロリと
似ているという。酷い理不尽な死に方だとして許せないという。

ファイブオー本部。
モニカの事件ファイルを見るとコンテナの追跡照合など軽いもの
ばかりだった。飛行機は運輸安全委員に捜索・引き上げを
依頼しているというと、フライトレコーダーの内容が知りたい
事を語る。ロリはオフィスにレッドブックがなかったことを
電話で報告すると、ダニーとスティーブも合流してモニカの
自宅に行こうと告げる。

カムイキ、モニカ・ジェンセン捜査官の自宅。
ドアを開けると犬が飛びかかってきた。みんな緊張するが、
ダニーはそんな犬に対してなだめる行動を取る。モニカの帰り
を待っていたのだろうと。レッドブックを探そうとして安全を
探りつつ各部屋を分かれて調べる。すると裏口の窓に侵入した
跡があり、犬の餌には薬物を与えた跡があるという。部屋は
荒らされていないというロリ。カメラには張り込み写真の日付
が2日前になっていた。レッドブックを発見するが、最後の数枚が
破れていた。法的証拠になるものなので破損させてはいけない
とするもの。彼女が破る訳がないという。しかし日誌の数
ページの為に殺しをするかどうか。
犬を連れて行かないといけないと言うダニーは置いていけば
現場を荒らされるだろうと語る。スティーブは車に犬を乗せる
ことを激しく嫌がるが・・・ダニーは助手席に犬を乗せ、
スティーブを後部座席に乗せる。なんでオレが後ろ?と尋ねる
と犬には窓が必要だとし、車酔いをするのだという。
オレは犬を飼っていたが離婚した時にレイチェルが連れていった
のだという。

コノはモニカが撮影していたものの中に8枚同じ男性が写って
いるという。顔認識データベースで照合中とのこと。
すぐに人物が特定され、リアム・ミラー(40歳)だと判明する。
前歴はないという。
そんな中、沿岸警備隊がブラックボックスを回収したという
連絡が入る。チンとコノでミラーを探して欲しいという。
犬はどうするのかと問うと、動物シェルターに時間が出来たら
連れて行くというダニー。

ワイマナロのリアムの自宅。
チンとのコノはモニカについて聞きたいことを語る。
彼女は殺されたことを語る。チンはタバコの煙のようなものを
見てパカロロか?と問うと、医者から処方されたもので医療用の
マリファナだという。自分はガンであり不安と食欲の改善の為
に使用しているという。化学療法の副作用が酷いのだという。
モニカとの関係はと問うと、2、3日前に協力を頼まれたという。
行きつけのスモークショップを捜査したいとし、医療マリファナ
の合法の店ではなく誰にでも売っていると思っていたみたいだと
いう。その店の名刺を渡す。
コノとチンはその店に向かう中、チンに電話が有る。
嬉しそうに話をしているのを知り、コノはマリアとよりが戻った
のでしょとし、私は反対していない事を語る。私が警察から
追放されている時に彼女が家に来たとし、チンのことを心配し
ているのを感じたとのことだった。
——————————————————–

■今回の事件

入国・税関取締局のモニカ・ジェンセンがセスナ機で墜落して
死亡する。しかし検死の結果死亡していたのは少なくとも8時間
前のことで、セスナ機の飛行時間は4時間しかない為に、離陸
する前には殺害されていたであろうことを知り捜査が開始される。

入国・税関取締局として捜査日誌・レットブックやフライトレコ
ダーの記録などを見て、彼女の行動を調べていくことになる。

■モニカの上司・ジェフ・モリソン

ジェフ役を演じているのはGreg Grunberg。
「HEORES」ではマット・パークマン役として登場していて、
このドラマのマックス役のMasi Okaさんとは「HEROES」で
共演している。
二人が初めて検視局で会う際に、マックスはジェフに対して
何処かで逢っていることを口にしていたのは笑えた。

■犬に振り回される

ダニーは犬好きなので何の問題もなかったが、スティーブ
たちはかなり嫌がっている感じだった。動物シェルターに連れて
いくとはいうけどダニーはなかなか連れて行かない。時間が
有ればだとして強引に押し切っていたけど、スティーブが座る
べき助手席に座っていたり、ラボには”地雷だらけだ”と言われて
いたように、相当汚物が散乱していたものと思われる。

そんな犬と捜査官の交流を見ると「CSI:科学捜査班」のS13
でニックが老犬になった警察犬サムを利用していくエピソード
を彷彿とさせたけど、このドラマでは流石にそういう訓練は
受けていないのであんまり利用されなかった。でもロリに対して
ワンワン吠えていたので、集中できないと語っているシーンが
有ったな。

■チンがマリアと仲直りしたのをコノが認める

マリアはチンがコノの事を心配していることを知り、彼女が
コノの元を尋ねた際(S2-5)には、コノはまだ彼女のことを
許していなかった。私を通してチンへの点数稼ぎに利用するな
的にあしらわれていた。
チンが不正を犯したレッテルを貼られた際に真っ先に立ち去って
しまったマリアのことを許せなかったのだろうけど、今では
コノ公認の仲になった様だ。

■モニカの殺害

マックスは死因を調べた結果、強く毒によるもので、見た目は
プックリとしてカワイイが一匹で30人は殺せるというフグの毒
が利用されたのだろうとしていた。経口摂取で苦みを抑える
為にコーヒーか紅茶に入れて飲ませたであろうことを語る。
日本ではフグは調理師免許を持って食べていることを語る。

■麻薬の捜査をしていたのか?

彼女のカメラに写っていた男性リアム・ミラー。
彼はガンで医療用マリファナを処方されている人物。
ブロディ・キャンベルの店で売っているとしていた際に、コノ
がちょっとした色仕掛け的流れで、ブロディに薬を売らさせて
逮捕した。店内のカメラを押収されるけど、大抵違法な店に
はあんまりカメラって設置されていないよね。

レッドブッグからはジェイソン・アキタの指紋が検出され、
二度逮捕されている男なので、これでスリーストライク法の
終身刑で動機になることを語っていた。
ジェイソンを捕まえにいく際、相変わらず逃げられるけど、
今回は飛びついて止めたのはスティーブだった。
彼もまたモニカに協力していたが、名前が日誌に書かれている
と密告者として名前が浮上してしまう為に名前を消すために
自分の名前が書かれているページだけを破ったことを語る。
そのページを復元していく流れになるけど、普通は燃やし残す
なんてマヌケなことはしないよね。

後々ビデオスペクトルコンパレーターを使ってフォンがその
焼かれたページの復元作業を行う。
麻薬倉庫の住所が書かれていた。

■ブラックボックス

グラフを見ると4.8kmほど飛行してから自動操縦に切り替えら
れて、その時点で既に燃料は少量だという。3km進んだところで
扉が開いていることからパラシュートで脱出し燃料切れで
墜落させたことが判明する。ロリとチンで正確に着地地点を
調べる為にバイクで森の中を走る光景があるのと、木にパラシ
ュートが引っかかっているのを見てチンが取るのかと思ったら
なんと木登りしたのはロリだった。
「ジャングルの女王みたいだ」とチン。

現場にバイクのタイヤ痕が有り、着地点にバイクを用意して
いたであろうこと。
チンによると、タイヤ痕からエイボン製スピードマスターリブ
型で、センタースタンドから見て古いトライアンク・ボンネビル
の後期モデルだと語っていた。チンも持っているとしていたが、
後期モデルのトライアンクはパーツがなかなか集まらず大変だ
ということを語っていた。

■焼かれたページから

フォンが復元。コノは思わず彼を「オタクの神様」扱い。
倉庫に突入すると中には女性の従業員が働いていて、麻薬の
跡などなかった。ハワイなどでよく首に提げている装飾品の
レイを作っているとしていたけど、更に奥には密漁された
動物たちか隠されていた。

更にフグの出所が分かったとして、マックスがカマコナの店
の前にやってくるが、彼はWARP 9ナンバーの黄色のカマロの
新車に乗ってやってきた。化石とかDS9のフィギュアを売って
買ったんだとしていたけど、キャラにないところが今回の
テーマだったのかな。冒頭では映画「第5惑星」で涙する
ダニーの姿もあったし。

■結論

Dr.ヤンの薬局で売られていたがん治療の為の漢方薬。
治っているとしてリアムに売っていたけど、まるで治っていな
かったということで、激怒しショックを受けたリアムによる
一連の工作だった。ヤンは違法な密漁の動物からの薬効のある
ものを入手していてそれを使えばガンは小さくなるとしていた。
そんな売買をしていたヤンを逮捕しようとしていたモニカを
自分の治療を辞めさせる訳にはいかないとして殺したという
のが今回の事件の顛末だったようだ。ガンが広がっている男
がそんな大胆な犯行計画をおかしたというのも、死を意識した
からこそ出来るものなのか。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Bad to the Bone by George Thorogood & The Destroyers
・Move a Little Faster by Dionne Bromfield
・Don’t Ever Take Yourself Away by Bob Dylan

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 鑑識
カマコナ (Taylor Wily) 友達、エビ店
ジョー・ホワイト (Terry O’Quinn) スティーブの上官
ロリ・ウェストン (Lauren German) 国土安保省のプロファイラー
チャーリー・フォング (Brian Yang) 鑑識

ジェフ・モリソン (Greg Grunberg) 入国・税関取締局
ジェイソン・アキタ (Ronnie Gene Blevins) ブツの運び屋
リアム・ミラー (Jon Gries) 40歳、モニカが撮影していた男、ガン
— (Brian L. Keaulana) Jet Skier
Dr.ジェームズ・ヤン (Gregory R. Kim) チャイナタウン、薬剤
Ms.リー (Elizabeth O’Brien)
ブロディ・キャンベル (Scott Ok) スモークショップ
ロベイ (Makua Rothman)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336