HAWAII FIVE-O シーズン2 第13話 裏工作 Ka Ho’oponopono(The Fix)

リンク広告 テスト




第13話 裏工作 Ka Ho’oponopono(The Fix)

脚本/Stephanie Sengupta
監督/Steve Boyum

【ストーリー】

オアフ島サウスショア。
ルークは遅くにパーティーにやってくる。コートニーとジェイ
クはエミリーはどうしたのかと問うと、外出禁止だという。
オレは父親から嫌われているからというルークに対して、
それならば私たちが連れて来るとしてコートニーとジェイクは
二人でエミリーの家にいくと、二階にある彼女の部屋に登って
入っていく。二人はベッドで寝ているエミリーを起こそうとす
るが既に無くなっていた。

国際線到着ロビーからホワイトは下りてくる。
外に出てきたところ、チンはホワイトに送りますよとして車に
乗せる。この二ヶ月で日本に2回も訪れていることに対して
疑問視するとカラオケにハマっているんだよという。ヒロ・ノ
シムリは殺されたとして息子のアダムが訴えていること。
ホワイトも容疑者だという。ホワイトはチンには私はヒロと
話をして普通に別れただけだという。死んだならウォーを疑う
べきだと語る。ウォーが何故ヤクザのトップを狙うのか?
と問うとシェルバーンが何か関係しているのか。ノシムリから
正体を聴いたのかと問う。警察は黙って居ないし、ヤクザも
同様だという。そんなチンの運転する車にヤクザたちが車に
後ろからぶつけて脅しをかけてくる。なんとかドライビング
テクを使い相手の向き合うとヤクザだった。

一方事件の被害者は17歳のエミリー・ウィンター。
枕で窒息させられたみたいだというコノ。17歳ということは
高校生かというダニーに対してアラモアナ高校2年生だという。
手首にあざがあり拘束されていたのだろうという。父親の
グレッグは10時半に寝室に入るのを見て居たが友達が見つけた
のが午前1時だという。親が一晩中いて、音はせず窓が開いて
いたという。簡単に出入り出来るもので、エミリーは夕べ
パーティーに来るはずが外出禁止で来ず、仲間が呼びに来た
とき発見されたものだった。
グレッグは妻が居なくて良かったことを告げ、妻は娘が10歳
の時ガンで死亡したという。妹が来てくれることになっている
とのこと。私にはエミリーが全てでいつも前向きで笑顔で頭も
よく奨学金を得ていたことをロリやスティーブに語る。
こんなことをしそうな人に心当たりは?と問うと、みんなから
愛されていたとし、トラブルとは無縁だったという。今までこんな

ことはなかったが数週間前に私の小切手を娘が盗んだという。
5千ドルが換金されていてそれを娘は認めたが理由は話そうと
しなかったとのこと。友達を助けると言っていたので、ルーク
が絡んでいるのだろうという。ルークはエミリーの彼氏で横柄な
子だという。
高校の娘の彼氏をよく思うウチはないとしてダニーはロリに
語る。
そんな中コノに鑑識から電話が有り、窓の指紋の一つはルーク
のものだったと知る。ルークは夕べビーチパーティーに来る
ハズだが来たのは24時だったという。彼には前歴もあるとの事。

カハラ・プレストン邸宅。
ルークの母・バーブの元にいく。確かにルークはやんちゃな子
だが良い子だという。前科について尋ねると家庭のトラブルで
ルークが勝手に車を使ったので警察を呼んだこと。あくまで
懲らしめるつもりだったという。子供のバツに警察を使うのは
よくない事を語る。そんな中ルークは室内でクスリを飲んで
倒れていた。911を呼ぶ。

ホノルルハワイメディカルセンター。
ルークは意識を取り戻す。アルコールと抗不安剤の飲み過ぎで
胃洗浄をしたとのこと。バカやって頭に来てやけ酒を飲んだ
のだろうと。ルークから話を聞くと、今朝ジェイクからの電話
でビックリして思わず母親のクスリを飲んだのだという。
本当にエミリーは亡くなったのかと問うと、いつもあそこの窓
からエミリーの寝室に入っていたという。夕べ何が有ったのか
と問うと、ケンカしただろうことは聴いていると問い詰める。
エミリーが家の金を盗んだことは知っているのかと問うと、
そのことでケンカしていたのだという。オレは5千ドルなんて
要らないという彼は必要ならば自分の親から取るという。
何の金なのかエミリーは言わなかったのだという。
コノはそれを聴いて彼はエミリーに本気だとして、素手で彼女
を殺すようには見えないという。スティーブは金の流れを追う
よう告げる。

アラモアナ高校。
エミリーのロッカーを調べにいく。
ダニーとロリは懐かしい思い出だと語る。しかしロリはハイス
クールは大嫌いだったとのこと。ダニーはロリは優等生っぽい
ことを言うとダニーは体育会系でしょと。確かにチアリーダー
を追いかけていたという。写真が有ったがその女性が誰なのか
Mrサマーズ校長に聞いて見ようという。現在集会をしている
ということだった。
——————————————————–

■今回の事件

アラモアナ高校に通う17歳の学生エミリー・ウィンターが
殺害される。彼女はとても優秀な生徒で、父子家庭で育ち
彼氏にはルーク・プレストンという人物がいた。
エミリーは親の小切手から5千ドルを使い込んでいる状況の中、
友人のカレンが何か知っているものとして調べていく。
すると数週間前にカレンは脅迫されていて、何者かが性交渉
シーンを盗撮していてそれをネタに5千ドルを要求されていた
事を知る。

■カレンを脅していたものを特定していく

カレンから話を聞いた後、彼女は何者かと電話していた為に
その電話の相手が誰なのかを調べる。
その調べる方法がスピードガンのような電波をキャッチして
かけている相手の電話番号を盗み出す装置。こんな装置は
本当にあるのか?有ったら相当問題になりそうなものだけど(笑)
カレンの電話番号が分かっているのであれば、そんな装置が
無くてもファイブオーなら調べられそうな気がするが・・
この部署令状などなくても超法規的措置で捜査しているし。

相手はプリペイドカードで誰かは分からなかったが、GPSで
居場所が分かるものとして調べる。相手は亡くなったエミリー
の父親。未成年と性交渉なんてあり得ないとしていたけど、
ハワイ州は16歳が同意年齢で合法なのだという。
エミリーはなんと父とカレンの関係を知っていたいうのだから
驚き。
しかし第三者にこの関係がバレているというので別れるべき
だと警告されていたとのこと。
ビデオで盗撮されていて、5千ドルはカレンにその脅迫が送ら
れてきていたものだった。

■シェルバーン関連

この流れがシーズンの核で柱だというのは分かるけど、もう
そろそろ飽きてきた。ホワイトが頑なに隠しているシェルバー
ンの正体は誰なのか。アダムもホワイトを拉致して拷問にかけ
ているし、スティーブもまたホワイトに問いただす。
警察もホワイトがヒロを銃で脅して拉致していることを熟知して
いる感じなので、スティーブもこれ以上は助けようがないこと
を暗に示唆している。しかしそれでもホワイトは語ろうとは
しない。

■揺すってきた相手

どのようにして性交渉しているビデオを手に入れているのか。
フォンは校長のパソコンがスパイウェアが入っていて遠隔操作
しているとしていたけど、スパイウェアはトロイの木馬になり
ルックブックのファイルの中に潜んでいたことを語る。
ルックブックとは電子アルバムのことだけど、その辺の流れの
意味がよく分からなかった。
元々は校長が盗撮しているのかなと思っていたけど、話を
聴くと、そのルックブックが生徒一人一人に配られていて、
それでそれぞれの生徒のPCの中に組み込まれたということなのか。

ジャレットという人物が犯人だったけど、この子相当重罪を
している気がするし、正直脅迫された際に、金を渡す際に
ボコボコにされるとか無かったのかな。
問い詰め方も相当ヤバく、袋をかぶせて崖から突き落として
脅すようなやり方をしていた。弁護士が入ったら相当ヤバイ(笑)

■盗撮が役立つ

性交渉を撮影していたということは、ずっと深夜は録画している
状況なので、エミリーが殺害されている状況も描かれていた。
犯人の顔を調べると顔認識・照合の結果マイケル・アンジェリコ
だと判明。
20年で5、6件の殺人に関与し、逮捕歴はなく、デビューはチェ
チニアだとしてホワイトがやたらと詳しく話していた。一流の
殺し屋で報酬は25万ドル。運輸保安局に調べるととっくに
出国してマニラに行っているという。ハワイではデヴィッド・
サヴェージという名前で行動していた為に、その偽名での足取り
を追っていく。

■民事事件の裁判

エミリーの父・グレッグに尋ねると、自分は理学療法士で職場
で何かあるようなことはないという。デヴィッドの写真を
見せるが知らない人物とのこと。
ただ現在グレッグは裁判の陪審員をしていたこと。
とても小さな民事で工事現場で骨折した労働者が治療費と給料
の支配らを求めているのだという。
ただどんな裁判の陪審員をしているとか話をしても良いもの
なのだろうか??

■裁判

建設中にバルコニーが落ちてきて足を追ったという原告が
ヘドステン建設を訴えたもの。大した裁判ではないが、弁護士
はニューヨークから呼び寄せられ、陪審員コンサルタントの
オーウェン・サザーランドまで呼ばれているという。
グレッグが陪審員を抜けて代わりに補充されたのはレイ・ドノ
ヴァン。彼の妻宛の口座に金(5万ドル)が振り込まれていること
が判明。

背景にはヘドステン建設の大手・デバヴレン建設が関係して
いて、バルコニーが落ちたビルの鉄鋼を調達していたのが、
デバヴレン建設。本来はピッツバーグからの輸入品を中国の
粗悪品を輸入していて、8億ドルを浮かしていたのだという。
ハワイの町中にこの粗悪な鉄鋼が使われているということで、
相当大きな事件になった。

ただ一言言わせてもらえれば、ヘドステン建設が原告と和解金
を払っていれば一番簡単に解決できて、デバヴレン建設は
心配する必要もなかったのではないかという気がする(笑)

■拉致されたホワイトを救出

アダムにヤクザに拉致されたことを知りスティーブが単独で
助けに行く。ホワイトはアダムの部下から父の行方について
尋ねる。もう死んだものだと思っていたけど、ヒロはどうやら
死を偽装しているだけで、ホワイトもそれに手を貸している
様だ。そろそろこの流れにも決着をつけて欲しいところ。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Superstition by Cradle 2 Grave

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 鑑識
カマコナ (Taylor Wily) 友達、エビ店
ジョー・ホワイト (Terry O’Quinn) スティーブの上官
ロリ・ウェストン (Lauren German) 国土安保省のプロファイラー
チャーリー・フォング (Brian Yang) 鑑識

アダム・ノシムリ (Ian Anthony Dale) 弁護士、ヒロの息子
ルーク・プレストン (Blaise Godbe Lipman) 学生
リック・サマーズ (Christopher Cousins) 校長
ジャレッド・バーク (Bryan McClure) “ルックブック”、盗撮脅し
グレッグ・ウィンター (Clayton Norcross) エミリーの父
エミリー・ウィンター (Shannon Rohan) 17歳、被害者、アラモアナ高校
オーウェン・サザーランド (Sam Anderson) 陪審員コンサルタント
カレン・サージェント (Courtney Coleman) エミリーの親友
ベン・サージェント (Duke Kimhan) カレンの父
バーブ・プレストン (Stephanie Conching) ルークの母
コートニー (Lea DiMarchi) 学生
アン・キャロル (Eliza Escano-Vasquez) 判事
本人出演 (Cradle 2 Grave)
ジェイク (Jonah Ho’okano) 学生
ロブ・レッドフォード (Maurice Johnson) デバヴレン建設
— (Russell Subiono) Construction Worker
— (Raj K. Bose) Ala Moana Academy Vice Principal
— (Paul Edney) Hospital Patient
— (Tory Laitila) JAG Lt. Cmdr.

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336