バーン・ノーティス 消されたスパイ Burn Notice シーズン6 第8話 決死の駆け引き Unchained

リンク広告 テスト




第8話 決死の駆け引き Unchained

脚本/Alfredo Barrios Jr.
監督/Alfredo Barrios Jr.

【前回までのあらすじ】

アンソンの行き先を見つけたとしてアトランティックシティ
のモーテルで次のセットを受け取るという。ネイトにアンソン
のことを監視してくれと頼むがネイトは彼を捕まえ、マイケル
たちが来るのを待っていた。いよいよマイケルやピアースたち
がやってくる中、突然目の前でネイトもアンソンもライフル銃
の銃弾によって亡くなってしまう。

【ストーリー】

マイケルは朝から電話する。忙しいのは分かるが担当者に
繋いでくれとし、弟の事件のことだという。

『スパイは政府の役人の使い方を心得ている。』
捜査状況を聞きたいとするが、起きてきたフィーはFBIの電話が
融通が利かなくて役に立たないんでしょと語る。マイケルは
起こしてゴメンと語るが、フィーもまだ刑務所生活が抜けない
ので眠りが浅い事を語る。あなたもあまり寝ていないのでしょ
とし、ネイトを殺した犯人はFBIが見つけてくれると語る。
しかしマイケルは一ヶ月も経っているのに何も報告もないという。
自分で調査を始めたらどうかとし、私も手伝うというフィー。
しかしマイケルはこの件でフィーには関わらないで欲しいと
告げもう誰も失いたくないのだという。フィーは自分自身のこ
とは自分で守れるという。

『政府の役人から情報を聞き出すには職場から離れた場所で
接触する方が良い。』
マイケルはFBI捜査官の一人を監視しトイレに行くのを見計らい
接触。セクストン捜査官だろうとすると、彼もマイケルの事を
知っていて弟の事件の件で来たのだろうという。捜査中としか
言えない事を告げると、マイケルは腰の銃に手をつける。
脅すつもりなのかと問われ、知ってることを喋って欲しいだけ
だという。もう捜査は打ち切られていること。捜査していたら
突然上のものから捜査から手を引けと言われたとし説明もなか
ったという。ブラウン捜査官は何か揉めているのかとして
やってくるとマイケルはもう帰ると語る。

ピアースがマイケルの家に来ていた。
ラングレーから苦情が来ているとし、FBIを脅すなんて気は確か
なのかという。手に銃を握ったまま質問をしただけだという。
事件捜査は打ち切られたと言われたという。CIAから捜査権を
奪ったのも真相を暴く気がないのでしょうと。手がかりは
掴んでいてもファイルはもう封印されただろうという。
サムはFBIに探りを入れたらダチのダチがファイルを手を回して
くれるという。ただし条件として別の捜査を手伝うということとの
こと。FBIが現在追いかけている”皆殺し”のブライアン・クイン
というボストンのギャング、ドーチェスターヒルのボスが逃走中で

ヤツは密売、賭博に殺しの容疑をかけられているという。クイン
の右腕を見つけているとし、ジェームズ・リアリー(通称:ジミー)
がマイアミに潜伏しているのでボスもこの辺に隠れているハズ
だという。俺たちはボスの居場所を吐かすのを手伝うことだと
いう。ただし時間がなく、ノース・マイアミ病院に証人が入院
しているとのこと。ネイトのファイルを見つけたらピーターと
ジェシーで調べるという。マイケルはサムにその仕事手伝うと
言ってくれと語る。

担当しているのはウッズFBI捜査官だった。
彼と共にノース・マイアミ病院の証人・ケリー・デュークの
ところにいく。彼はギャングのNO.2でクインをつるし上げる
最後の切り札だが一週間程度の余命だという。彼が亡くなれ
ば立件できなくなるとのこと。何としてでもクインを捕まえて
法廷に引きづり出したいという。マイケルはオレとジョーを
逮捕して一緒に逃がすのだという。一緒に居る間に居場所を
聞き出すとのこと。追跡装置をマイケルに付けておくとし、
祖その代わり尾行はしないでくれと語る。急いで見つける為には
これしかないと告げると、マイケルはこの作戦をやるには
まずはネイトのファイルを渡してからだと告げる。

ピアースとジェシーでファイルを調べるがめぼしい者が無かった。
指紋も容疑者も一切出ていない報告書。ジェシーは一つだけ凶器
の弾道検査の報告書で凶器はマイヤーソン工業で製造された
スナイパーライフルだという。販売経路を当たろうとし、裏から
聞く手があるだろうと。販売部長のオーナーの息子・ウェイン
は理想的な鴨だという。地元の名士と上流階級の嫁、本人は
パーティー好きだという。協会の総会に出ることになっている
のでジャクソンビルに言って仲良しになるという。クラブで
恥ずかしい写真を取れば脅せる事を語る。

■今回は2つの流れ

・マイケルがFBI捜査官たちに協力してボストンのギャング
“ドーチェスターヒル”のボスの居場所を探り出す為に協力する。

・マイケルが協力することで、ネイトとアンソン殺害に関する
FBI捜査官の調査書・ファイルを見せてもらい、ピアースと
ジェシーで捜査する。

■マイケルが協力して手に入れたもの

FBIの報告書は分厚い割に大した情報がないという。
ただジェシーの話では弾道分析から使用された銃が製造して
いた会社名マイヤーソン工業とスナイパーライフルだという
ことが発覚する。そのマイヤーソンの弱みを握って顧客リスト
を手に入れるとのことだけど、FBIが本気出せばこんなリスト
の提出は訳がない感じがする。余程調べたくない意図が存在
しているのだろうか。

後にジェシーが接触する中で、最後に私は地元警察や政治家
に献金しているので無駄だとしてウェインは開き直った所が
あるけど、どの企業にもありがちな裏帳簿の事を口にして
ピアースが脅しに荷担した。「ハッタリよ!」というピアース
さんが格好良い。インドのムンバイの偽造防止チームに左遷
されたけど、そこまで酷いことだったのか。

因みに銃を販売したのは、州北部の民間軍事会社”プライオン
グループ”。これに属しているものの中にマイケルに近い者は
居たりするのかなぁ。

■マイケルはフィーと潜入捜査

一緒に逃走することで信用させるという手口は意外と多いね。
今回FBIがターゲットにしているクインの右腕の男・ジミーを
逮捕し、先に逮捕されていたマイケル扮するロビー・ドイル
とフィー扮するドーンが警察車両を襲って逃走する。

マイケルはボストン警察で仕入れた情報をクインに売りたいと
いうことで、クインに会わせて欲しいと語る。
情報とは証人であるデュークの居場所だった。

■逃亡者

今回の件は警察には知らせず行ったことから、ジミーとマイケル
が逃走した途端に地元警察によって検問が行われた。
逃走していたマイケルたちが見つかる際に立体駐車場に逃げ込ん
で車を爆破させて逃走したけど、フィーはこんな時でもハイヒー
ルを履いていたので逃走にはまるで向かないし、飛び降りた時に
あのピンヒールって折れたりしないものなの?

■オレ様バックルに通信機が・・

しかし倉庫に連れて行かれる中で過去に靴にマイクを仕込ん
だものがいたとして着替えさせられることになる。
マイケルがバックルだけは・・・と瞬間に凄く怪しいように
思うのだが・・・

■クインと接触。そして作戦の最終段階

電話を使ってマイケルとしてはなんとか居場所を知らせようと
してフィーに電話する。マイケルは信用された為にクインの
オフィスに通されて自分が居るのはマイアミ・ビーチで
マッカーサーコーズウェイの見える場所。
「思わず燃える」と語ったことから火事になっている場所が
目印となった。防御して味方を待つ訳だけど、マイケルならば
もっと良い方法論を見つけられた感じもする。

■フィーはマイケルに自分の存在を認めさせたかった?

「ヤバかったよね。あなた。」
「一人でも上手くやれた。」
「ウチで待っていれば良かったわ」

マイケルはフィーの一連の会話の中で、”みなまで言うな”
的オーラを発していたので、一人では無理だったということを
マイケルに認めさせたかったのではないかと思ったのだけど、
結局一人でも出来たのだろうか?

「今から私がいなきゃ出来ないことも有ると教えてあげる」

ということで、長い夜は続く。

■最後までピアースを疑ってゴメン

正直ピアースが一連の件で一枚絡んでいるのかと思っていた。
でも今回がこのドラマでの最後の出演なのね。

なんかピアースも仲間に入れてチーム・マイアミお助け隊に
なって欲しい気がする。

■使用された曲

■出演者

マイケル・ウェスティン (Jeffrey Donovan) スパイ
フィオナ・グレナン (Gabrielle Anwar) ”フィー”、武器商人
サム・アックス (Bruce Campbell) 元相棒
マデリン・ウェスティン (Sharon Gless) マイケル母
ジェシー・ポーター (Coby Bell) 民間の警備員

ピアース (Lauren Stamile) CIA捜査官
ウッズ (Brian White) FBI捜査官、サムの知人

ジェームズ・リアリー (Billy Smith) クインの右腕
ブライアン・クイン (RD Call) ボストンの”ドーチェスターヒル”ボス
ウェイン・メイヤーソン (Michael Houston King) 武器製造会社営業部長
セクストン (Bill Kelly) FBI捜査官
ブラウン (Daimion Johnson) FBI捜査官
— (Horatio Tihanyi) Jimmy’s Guy
— (Sonya McCarter) Uniformed Officer
ケリー・デューク (Ronald Shelley) ギャングNO.2、証人
— (Christopher De Stefano) FBI捜査官
— (Tommy O’Brien) Night Club Patron
— (Christina Rodriguez) 警察官
グリーン () 営業
クロエ () グリーンの秘書
シェーン () クインの部下・フィーを監禁
ディラン () クインの部下・フィーを監禁
トリクシー () ストリップ
シナモン () ストリップ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336