24 リブ・アナザー・デイ シーズン9 24:Live Another DAY 第5話 3:00 p.m.-4:00 p.m.

リンク広告 テスト




第5話 4:00 p.m.-5:00 p.m.

脚本/Sang Kyu Kim、Patrick Somerville
監督/Omar Madha

【前回までのあらすじ】

マークは過去ジャックによってされた仕打ちに対してオードリ
ーの前でバウアーの名前を決して耳に入れないと考えていた。
そんな中タナーが操縦する無人機が乗ったられたこと。ケイトは
ジャックがデモの群衆に発砲して大使館に入りタナーと接触した
事を報告。ジャックはタナーに対して君の無人機を乗っ取った
技術がこの後ロンドンの市民へのテロに使われようとしている
ことを告げ、阻止するためにもフライトキーを渡して欲しい
という。スティーブは大統領にジャックが通信室に人質を
取って立てこもっていることを報告。ジャックは大統領に対し
てイェーツという男が開発した無人機を乗っ取る技術がマーゴ
ットの手に渡ったことを告げる。ナビードは無人機の操縦によ
って罪のない人をこうげきすることを断るが、マーゴットは
娘の指を切断した為にナビードは仕方なく言うことを聞く。
ケイトはジャックの居る通信室に入るとこれから海兵隊が
入って来てフライトキーを回収するだろう事を告げ、私がジャ
ックの代わりにアップすると語る。それを信用しろというのか
と問われ私は貴方を信じていると語る。海兵隊が突入してくる
中、ケイトはコルデロ大尉たちに対して、本件はCIAが引き継ぐ
事を語る。

【ストーリー】

ジャックは拘束される。コルデロはケイトに対して何の権限で
作戦の邪魔をしたのかとし、大使館内での管轄は海兵隊だと
主張する。我々の部下が被害に遭っているというコルデロに
対してジャックはケガさせる事が目的ではなくテロを止めよう
としたのだという。コルデロはケイトに対して上司に抗議する
ので覚悟しろと語る。現場からはフライトキーが見つからない
として騒ぎになる中、ジャックはケイトをその場から逃がす為
に軽く暴れる。海兵隊はケイトを退席させる中、ジャックが
通信していたクロエとの無線機を手にする。

ケイトはクロエと交信するとフライトキーは手元にあるがどう
やってアップすれば良いのかと問う。4G通信が出来る環境を
用意してくれというクロエ。
エリックはケイトに対して本当にジャックを信用するのかと問う
と信じている事を語る。それならば誰かにテロがあることを
話すべきではないかとするが、そんな事を言っても誰も信じない
と告げだからダナーの無人機が乗っ取られた証拠を見つける
のだという。クロエに分析させる為にジャックは彼女に接触した
のだという。今は攻撃を止めることを考えないと行けないと
告げる。
エリックが持っていた端末を使いUSBを指して解読プログラム
を再起動すると自動的に続きのアップが再開される。2分で
アップは完了するとする中、証拠はどのくらいで突き止められる
かと問う。それは分からないが、結果が分かり次第然るべき人に
渡して欲しいと頼む。

シモーネの手当をする中マーゴットは娘の元に行く。
手が痛むでしょと告げると悪いのは貴方ではなく私だと言う。
ナビードの計画に気がついていればこんなことをせずに済んだ
のだとして許してくれと語る。

マーゴットはナビードの元に行く。
娘が苦しむことを望む母はいないと語る。ナビードは二度と
彼女にあんな酷いことは辞めて欲しいとし、何でもするという。
現在4機までデータリンクが終わったこと。10機全てが済んだら
書き換えコードを送るという。

エイドリアンとクロエは送られてきたデータコードを見て居た。
クロエエイドリアンに対してソースコードのどの辺に異変が
あるか分かるかと問うと、イェーツは三カ所に分けてその後
無人機のトランスポンダ信号に埋め込んだのだという。これが
書き換えコードだと語る。クロエはケイトに対して無人機を
乗っ取った証拠が見つかったのでキャプチャーしたものを送る
のでプログラマーに見せるよう告げる。
ケイトはジョーダンに電話すると、スティーブに電話を繋いで
欲しいと頼む。そしてタナーの無人機がフライトキーから書き
換えられた証拠が見つかったと語る。無人機を乗っ取って米英
の兵士を殺した証拠だという。まだテロを起こすつもりだと
いうと、スティーブはジョーダンに本当かどうかを確かめ、
マリアナに対して大統領に電話するよう告げる。
——————————————————–

■CIAと海兵隊の構図

大使館を守るのは海兵隊の管轄だと言うことで、今回はケイト
が出過ぎたマネをしたことによるコルデロ大尉からのクレーム
が有ったけど、クレームはともかく生け捕りにせずに殺そうと
しようとしている作戦自体相当な問題な感じも受ける。
まぁジャックの存在ってアメリカに捕らわれていても凄く
複雑で面倒なので、殺してしまうと言う選択が手っ取り早いの
だろうけどね。
ただ一連の事件の真実・真相を知る前に殺すというやり方は
賢明ではないのは明らか。

■ケイトはジャックから証拠を引き継がれる

フライトキーのデータ。上手いことジャックがケイトを逃がす
ように追い込むところもまたさりげなくテクニシャンだな
と思ったけど、いよいよジャックも捕まってしまうのかという
感じだった。

しかしケイトはきちんとジャックの意図を汲んでクロエと接触
して情報を送信。その情報の中に無人機を乗っ取る証拠がある
のかどうか。
エイドリアンが何か妨害するのかと思ってヒヤヒヤさせられる
のだけど、その意図はないようだ。前回主張したように彼として
はこの施設を6年もかけて築き上げただけに守ろうとしていた
こと。ジャックによってかき乱されたくない意図が有っただけ
だった。
エイドリアンの優秀さを表すようにして、海兵隊の分析官たち
が全く見つけることの出来なかった書き換えプログラムに於いて
そのコードを一瞬にして見つけ出してしまったこと。

まぁ強引と言えば強引な流れだったけど、ジャックのしている
事が正しいことを示された。

■いよいよ乗っ取られる

乗っ取りの危険性があることを知りすぐに上空を航行している
無人機を近くの基地に下ろすよう命じるが、その動きに気が
ついたマーゴットやナビードたちの行き詰まる展開が用意される。

第七空母の1機が反応しないというところから始まって6機が
乗っ取られてコマンドが反応しないというコバーン。

RQ-29 ヴァンガードに搭載されたレーザー誘導ミサイルは
全6機で、1機だけで街の半ブロックが破壊できるというもの。
核施設を狙われればどれだけの被害が待っているのか想像も
付かない中で、一番近い機体は一時間後に英国領空権に到達する
というものだった。バンガードには最新のステルス機システム
と防衛システム、レーダー赤外線センサーには写らないように
設計されているということで、アメリカとしては自らの手で
自らのクビを絞めることになる。

■マークの判断ミス

オードリーは自分を責めず父親である大統領には貴方が必要だと
して語る。
なかなか判断は難しいものがあり、マークの取った行動の全て
が間違いではないとは思うのだけど、大統領に報告せずに大統領
を守ろうとして取った行動が裏目に出てしまうということで
かなり辛い状況になる。「これでジャックの苦労が分かったか?」
みたいな展開にも思えるけどね。

■マーゴットの情報を集める

益々アメリカへの殺意が「HOME LAND」みたいになってきている
けど、2年前にアメリカの無人機が発射したミサイルが集会場を
爆破し、マーゴットの夫を殺害していた。マーゴットの夫は
占領軍に対して正当に戦っていたことを語り、米英はそれを
テロリストとして呼んだ事を語る。アメリカ政府は民間人を
巻き込んだ事実を隠蔽しているとしていて自分がいかされたのは
指名のためだと語る。大統領には正義を求めるとして三時間
以内に私が定める場所に投稿することを求める。

■マーゴットの居場所を掴む

3時間以内にマーゴットを捕らえるか、無人機のシステム乗っ取り
を取り返すかしないと大統領を差し出すことになる。

アルハラジのVTRにIPアドレスが埋め込んであったこと。
ナビードの部屋が監視されていることも知らずにベラベラと
会話していることで、イアンに見破られて嘘の情報を組み込ま
れていた。

ケイトを外して、現場にはスティーブが直接行くも、まさに自分
の功績にしようとして行動している様にしか見えないね。
こういうところで人の欲心が現れるのかな。
ただマークからの要求が厳しい事情も有ったりしたのだろうけど。

結局嘘だと分かり今すぐに避難すべきだとして連絡を取った
時には無人機からの攻撃があって建物は爆破された。
こうしてまたアメリカの無人機がやり玉に挙がるな。

■ジャックと大統領とオードリーとマーク

マークとしてはジャックを二人に引き合わせることは無念以外の
何者でもないのだろう。個人的な感情によって今回の事態は
ミスを犯した中に、二人が会うことでオードリーを守ろうとした
との主張があるけど、実際には二人の恋路が再び再燃しないか
と緊迫感を持っていたのかも。
それでも大統領はジャックを完全には信用していなかった。
オードリーは逆にジャックのことを信用し始めている感じ。
男性陣がジャックを牽制し、女性陣が受け入れる立場を見せて
居るところを見ると如何にも、男性のプライドの問題が関係して
いるようにも思える。

■真意・心情が読みづらいシモーヌ

この人、まばたきしないで瞳孔を開いたままにしているので
とても不気味に写る。着飾っていると多分綺麗な人なんだろう
けど。眉毛も金髪で薄く感じられるのでその不気味さに拍車を
かけているのかな。ナビードに対する感情は嘘ではないように
見えたけど、いざとなるとやはり母親には逆らえない。

■使用された曲

・24 Theme
Written by Sean Callery

■出演者

ジャック・バウアー (Kiefer Sutherland) アメリカ人、
ケイト・モーガン (Yvonne Strahovski) CIAロンドン支局
マーク・ブードロー (Tate Donovan) 大統領首席補佐官
クロエ・オブライエン (Mary Lynn Rajskub) 反逆
ジェームズ・ヘラー (William Devane) 大統領、認知症
エリック・リッター (Gbenga Akinnagbe) CIAロンドン支局
ジョーダン・リード (Giles Matthey) CIAロンドン支局・ヒゲ
エイドリアン・クロス (Michael Wincott) ハッカー・リーダー
スティーブ・ナバロ (Benjamin Bratt) CIAロンドン支局・支局長
オードリー・ブードロー (Kim Raver) マークの妻、ヘラーの娘
マーゴット・アル・ハラジ (Michelle Fairley) 大統領を狙う
クリス・タナー (John Boyega) 中尉、無人機操作

コバート (Colin Salmon) 海兵隊・大佐
ロン・クラーク (Ross McCall) 大統領府、マークの部下
シモーヌ・アル・ハラジ (Emily Berrington) マーゴットの娘
イアン・アル・ハラジ (Liam Garrigan) マーゴットの息子
ナビード・シャバス (Sacha Dhawan) シモーヌの夫
ケヴィン・コルデロ (Alec Newman) 海兵隊・大尉
キャロライン・フォウルズ (Miranda Raison)
アラステア・デービーズ (Stephen Fry) イギリス首相

シェル (Mandeep Dhillon) ハッカー
ストッシュ (James Allenby-Kirk) ハッカー
ピート (Charles Furness) ハッカー・帽子
マリアナ (Christina Chong) CIA

— (Dexter Galang) Hostage
— (Provence Maydew) Hostage
— (Julian Moore-Cook) Marine
— (Abubakar Salim) Secret Service Agent
ファジル (Daniel Singh)
本人出演 (Kay Burley)
— (Nathanjohn Carter) CIA Agent
— (James L. Muller) CIA Agent
— (Kazi Dinsmore) United States Marine
— (David Georgiou) ハッカー
— (Jorge Leon Martinez) US Secret Service
— (Leah Perkins) Police Sergeant

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336