グッド・ワイフ the Good Wife シーズン4 第22話 疑惑の投票箱 What’s in the Box?

リンク広告 テスト




March 24, 2013
第22話 疑惑の投票箱 What’s in the Box?

脚本/Robert King、Michelle King
監督/Robert King
——————————————————–
いよいよイリノイ州知事選の前日。
ザックは18歳の誕生日を迎えて初めての投票だった。
期日前投票を行うためにザックは43区の投票所から投票する為
に訪れる。投票所で案内をしているナナ・ジョーはザックの
姿を見て投票は初めてかと問うと、名前を聞かれてザック・
フロリックだという。同じ名前の候補者がいるわねというナナ
は彼のジョークだと思い、私はナナ・アイゼンハワーよと語る。
そんな中、4人の候補者がいて、民主党のピーター・フロリック、
共和党のマイク・クレスティーバ、そして第三の党には、
Alberts Seamus OdellとRenee Axeldunの名前が有った。
ザックはピーターの所に印をつけて投票する中、二人の男たち
が奧から投票箱を運んでくる。あまりに不自然な人物であり
しかも封印が採れていることも有って、ザックは撮影し、選挙管理
員だというバックリーに話すが、写真を撮るのは駄目だとして
追い出されてしまう。

その頃ピーター陣営も明日の投票日に備えて当選した時のことを
考え色々とシミュレーションしていた。ジャッキーはイーライに
対して介護士のクリスティアンもステージにあげて良いでしょと
問う。そんなイーライの元にアリシアから電話が鳴り、ザック
が先ほど期日前投票に行ったら43区でクリスティーバの不正投票
らしく投票箱が置かれていたのだという。箱の封印が破れていて
撮影している事を語る。それを聞いたイーライはダイアンに
言ってこの件で投票箱を無効票に出来ないか相談して欲しいという。
イーライはムーディにクレスティーバに不審な動きが有ることを
語ると、クレスティーバば一番強い選挙区がアディソン41区だと
知って手をうつという。バキュームカーを使って中身をまき散らす
だけだとし、あくまで事故だと語る。

ケイリーは独立する仲間のアソシエイトのステイシーたちと
借りる物件を見に来ていた。不動産業者のジョンによると、
一平米600ドルだと言われる。ステイシーはもうここよりも安い
ところはないとするが、予算オーバーだった。人件費を抑えれば
なんとかなるというが、差し引きできるのはカリンダの人件費
だという。金を減らせば引き抜けないというと路線変更するしか
ないとステイシーたちは語る。しかしカリンダは大きな戦力だと
し、安くて良い戦力なんてそんな都合の良い人はいない事を語る。
カリンダに再交渉してくれと言われるケイリーは一時間後にまた
いつものバーで逢おうと告げる。

期日前投票箱の不正の是非を巡り、この投票箱を認めるべきか
どうかが行われる。判事はチャールズ・アバーナシー。
ピーター側の弁護士にはロックハート・ガードナー弁護士事務所。
そしてクレスティーバ側弁護士には、赤ちゃんを連れて同情を
惹く作戦を取るパティ・ナイホルムだった。
アバーナシーが法廷に入ってくる中、ジュディに対してあくび
をすれば移るだろうとして声を掛ける。
アリシアは早速今回の問題を提起し、投票箱に信頼性に疑問を
持つものがあるという。パティも赤ちゃんを連れてやってくる
とどうしても私の母乳を与えないと寝付かないと告げ法廷に
赤ちゃんがいることを予め了承を得る。
問題は43区・第5投票所での事で、封印されていない投票箱が
運ばれてくるのをザックが見て写真を撮ったという。
その証言をザックは判事たちの前で語ると、アリシアは”正直
にね”と声を掛ける。

パティは証言台に座るザックに対して過去に逮捕歴がないかと
して証人に対する信憑性を問う。過去に警官の声を録音して
逮捕されたことがあるとし、8ヶ月の間にこれで二度目だと
いう。前回は麻薬所持で質問されていると言われるが、所持
はしていないと否定する。しかしパティはいつも権力に反抗
的なのかと問うと、ザックは間違っている時だけだと語る。
そこにダイアンも急いで法廷に駆けつけてくる。
判事は深夜に突然開かれた法廷故にパジャマパーティにようこそ
と皮肉る。

証人としてバックリーが呼ばれる。
私はザックに写真を撮るのを辞める様言ったとし、それでも
止めないので警察を呼んだのだという。投票箱は今週の初めから
置いて有ったもので部屋から部屋に移動させたものだという。

判事は突然立ち上がると、自分には座骨神経痛が有るので20分
置きに立って歩かないと医者に怒られるのだという。
アリシアたちはバックリーに対して切れている封印の件の説明
を求めると、持ち上げようとしたらその拍子に破けたのだろう
と語る。アリシアはバックリーは共和党員でしょと問うとそれ
を認める。

知事選は接戦になると事前の調査で明らかにされていた。
しかもトップの二人の差は1000票程度ではないかと言われて
いたのである。
アリシアたちは投票箱の差し押さえを求めるとし、開票して
一方的に偏った投票書だったらこちらは詐欺罪で訴える予定
だという。
ウィルはカリンダに対して、投票箱の件を調べて欲しいこと
を告げケイリーにはバックリーの身辺を洗いクレスティーバ
との繋がりを探して欲しいという。
ケイリーはカリンダを呼び止めると、新事務所に於いて希望の額
は払えそうにないとした上で説明しようとすると、カリンダ
は”セールストークは止めて”と語る。一年以内に必ず給与を
10%アップすることを告げると、カリンダは最初の3年間は事務所
の利益の5%を分配してと語る。立ち上げに参加出来るのを
喜べと言うのならば5%が最低ラインであり、諸経費無しの正味で
と語る。

休廷中、ウィルはパティに話しかける。
製薬会社はピーターよりもクレスティーバ派が多い事を語る。
法廷が再開されると、ナナ・ジョーが証人として呼び出される。
ベレー帽姿の彼女。投票箱を誰かが運んでくるのを見たかと
問うと大きな箱を抱えてくるのを確かに見たとウィルに語る。
パティはナナに対して視力検査を最後にしたのはいつなのかと
問う中、異議を唱えようとするダイアンだが、判事があまりに
法廷内を歩き回る為に「弁護士ペリー・メイスン」じゃないんだか
らと不満を述べる。パティはナナから遠くに離れると、私が
指を何本立てているか分かるかと問うが、彼女には見えなかった。
しかしウィルはすかさず反論すると、その男たちは遠くにいたのかと
問うとナナは近くに居た事を語る。

そんな中、問題とされる、投票箱の45S-721が届くのだった。
ダイアンは今すぐ開示しようと告げ詐欺行為が有ったか調べる
べきだという。判事も同意すると開示する。
すると3万843票ある中、2685票がクレスティーバで、残りの28158票
はピーターに投票されていることが判明する。
判事はダイアンたちに申し立ては取り下げるかと問うと、私たちは
選挙のプロセスを尊重すると語る。するとパティ側は一転して
これは不正票だとし集計からは除外するよう求めてくる。
——————————————————–

いよいよシーズン4も最終話。
果たしてピーターは知事に選ばれるのか。
そしてロックハートガードナー弁護士から独立しようとしているケイリー
の意識は本物なのか。

最終話の演出なのか、場面転換する時の余白の時間が妙に長かった。
NHKによる演出というよりも、制作陣が意図的に0.5秒くらい余白のタイミング
を伸ばして気を持たせる作りにしていた感じだね。

■弁護士は信用するな

実にくだらないところで法廷が稼働しており、しかもそれがイリノイ
州の知事を左右するかも知れない重要なところなのに、
深夜の法廷なので無礼講とばかりに、判事は徘徊老人化しているわ、
証人は視力が弱いとか、メマンチンという認知症の薬を飲んでいる
とか、「事件は会議室で起きているんじゃない現場で起きている」
ならぬ、「選挙の命運は市民が握っているんじゃなく法廷で起きて
いる」状態。

今まで白だ白だとうるさく唱えていたモノが状況によって黒だ黒だと
言い直し始める始末。よく言えばご主人様・クライアントに
忠実だけど、悪く言えば真実・真相なんてどうでも良いんだな
って感じの実に滑稽且つ皮肉なエピソードだった。
ダイアンが”投票箱の中身が偏りがあるのであれば詐欺罪で訴えま
す!(キリッ)”としていたのに、今度はシラーっと「私たちは選挙の
プロセスを大切にします」と語る所に、恥も外聞もないなって
感じだった。

アリシアが法廷デビュー・投票権デビューのザックに”正直に・・”
と語るのが実に空しさを覚えるところ。
「分からなければ分からない・・そう証言するのは偽証ではないよ」
(ウィル談)。君たちは子供をどういう大人に育てようとしているのか
と小一時間だ。

■ハラヘリヘリハラ。メシ喰ったか!!

3万票の期日前投票の無効の是非を争っている中で、
共通の敵が出来ることによって、パティとロックハードガードナー
が手を組んで対処するという辺りは面白く出来ていた。
今度は連邦地裁に期日前投票の全票80万の無効の難癖を付ける男が
現れたのである。

忘れた頃にやってくる。
そんな難癖を付けるて来るのはピーターの事務所でイーライが目を
付けられた時に出てきていた選挙参謀のカラハリオスが再登場。
判事がそんな彼のことをカラハラハリオスさんと語る姿に、
その響きがハラヘリヘリハラみたいに聞こえてきた。

名前が今回一つのポイントとなっていたようで、ジョーダンは
私の第三政党のアルバート・オデルの表記は、O’DELLなのに
ODELLとなっているとして元々はアイルランド系なのに、これだと
イングランドの名前になってしまうと語る姿。イリノイには
15%がアイルランド系でアポストロフィーが勝敗を分けることを
語っていた。

あっさり本名がアルバート・スタインマンだと分かりユダヤ系で
あることがロビンの調査によって判明される。
そもそもカラハリオスという名前自体、何処の国のルーツなんだ
と。

更にジョーダンからは、イーライに指示されてやったことだとされ
2月18日のことだとされていたけど、当時の選挙参謀はジョーダン
だったことが描かれ、あの仕組まれた挫折が有ったからこそ今
花開く時が来たって感じだね。

■フロリック・アゴス弁護士、作っちゃおうよ!

ついに実現しそうな流れだった。
その流れを後押ししたのは、皮肉にもウィルでありコリンであり・・
アリシアが困惑して自分自信の見失い、そんな状況の中で重大な決断
をすることへの怖さは有る。

そもそも今回の知事選に関しても、僅か3万票とはいえ不正した事実
が有るわけで、それがVTRに残り、そして裁判記録としても争って
いたという証拠が出来てしまったので、流出する可能性がある。
ピーターに職がある限り、アリシアはある程度好きな事が出来そう
な感じだけど、その知事も今後どうなっていくのか分からないし、
ウィルとアリシアの車内キスは、パジャマパーティー故の深夜のノリ
とは言えないような愚かなもので、、何処かで撮影されていることに
でもなれば、知事としての地位や”セントアリシア”的地位を脅される
可能性も高い。

ザックがシーズン4で2度に渡ってITツールを使って証拠の品を
押さえたように、記録として残されている可能性が常にあるという
前提で動かないと、政治家の家族としては恐いものがあるんだよね。

■カリンダ様、なんて身勝手な・・・

最近のカリンダは妙に金にシビアになっているところがあるな。
ライバルであるロビンが出来た為のものなのか。

カリンダはウィルとの交渉に於いてケイリーの事務所(架空だとされて
しまったが)を引き合いに出して交渉に挑んだのに、ケイリーが
ロビンと交渉していることを知ったカリンダは、”私にオファーして
おいてロビンにオファーするなんて・・”、”くたばれば良い”と
する下品な言葉を投げかけていた。英語で聞くとそのまんま
“Go to hell、ケイリー”だった(笑)

ロビンは今の給料よりも2割アップだと言われ、ロビンの給料を
把握しているカリンダとしては、自分よりも評価されているみたい
な扱いをされてより怒ったのかも。
まぁロビンのプライドからくるブラフっぽい流れだったけど、
金髪で事務所の看板になりそうなロビンが評価されていることに
カリンダとしても不当であり、ちょっぴり其の中にはやっかみが
含まれているのかも。

■気になる要素

・パティ役のMartha Plimpton

S1-5、S1-17、S2-21、S3-22、S4-22に登場。
いつも”赤ちゃん”で判事から同情を引こうとする。
調査員として活動しているアンドリューも子連れで頑張って
いるんだよね。
過去のシーズンを見ても分かるように終盤に登場する弁護士
だね。
判事に媚びると言う意味では、先週登場した、”田舎”、”新人”
が売りなナンシーと似ているかも。いつまでそれらを売りにした
弁護が出来るのかってことだね。
この人、1970年11月16日生まれ。何処まで赤ちゃんが生まれた
という役を演じられるのか(笑)

・イーライとスウィーニー

イーライは選挙選の朝、ホラー映画をテレビで見ていた。
ホラー映画に見えなかったな。

スウィーニーはケイリーたちが小さな反乱を起こそうとしているの
を見て、「レ・ミゼラブル」だな・・”レジスタンス万歳!”と語る
姿が有った。

・クリスティアン

ジャッキーが完全に気に入ってしまった相手。
軽度の認知症という意味では、今回投票所で受け付け業務をして
いたナナ・ジョーが同様のものが有ったね。

・ザックの功績

かつてザックを捕まえようとした警察はその後汚職で解雇されたそ
うだ。

・トリビア的な・・。

「グレイズ・アナトミー」にもジョージ役で出演していたT.R. Knight。
NHKさんのコラムでは、今回のアポストロフィーでO’DELLの件で、
「グレーズ・アナトミー」でのジョージがGeorge O’Malley
でありアポストロフィーがついた役名であることが指摘されている。
今回ブルームバーグ市長とパティ・ハリス副市長が出演していたけど、
「グレイズ・アナトミー」のメレディス役のEllen Pompeoが2007年に
結婚式をした際に立ち会ったのが、市長と副市長のこの二人だった。
市長とはマサチューセッツで同郷で、Ellen Pompeoさん自身アイルランド
系の血が流れている。

ピープル誌より
http://www.people.com/people/article/0,,20160033,00.html

■使用された曲

・David BuckleyのThe Good Wife Theme
・BeckのBlack Tambourine
・The ChevinのChampion
・Joan OsborneのLumina

アリシア・フロリック (Julianna Margulies) 弁護士
ケイリー・アゴス (Matt Czuchry) 検事
カリンダ・シャルマ (Archie Panjabi) 調査スタッフ
ウィル・ガードナー(Josh Charles) 法律事務所の共同経営者
ダイアン・ロックハート (Christine Baranski) 法律事務所の共同経営者
ピーター・フロリック (Chris Noth) アリシアの夫。元州知事
イーライ・ゴールド (Alan Cumming) ピーターに雇われ調査員

ジャッキー・フロリック (Mary Beth Peil) ピーターの母・虫が・・
ザック・フロリック (Graham Phillips) アリシアの息子
グレース・フロリック (Makenzie Vega) アリシアの娘
ロビン・バーディン (Jess Weixler) 調査員

パティ・ナイホルム (Martha Plimpton) クレスティーバ側弁護士・子連れ
コリン・スウィーニー (Dylan Baker) アリシアのクライアント
チャールズ・アバーナシー (Denis O’Hare) 判事
クリスチャン・ロマノ (Yul Vazquez) ジャッキーの介護士、前科あり
ジム・ムーディ (Skipp Sudduth) 民主党の仕事人
ジョーダン・カラハリオス (T.R. Knight) 第三政党の選挙参謀
パトリス・レスナー (Ana Gasteyer) 連邦裁判所・判事
トレント・バックリー (Christopher Denham) 選挙管理員
ナナ・ジョー (Estelle Parsons) 選挙監視
本人出演 (Michael Bloomberg) 市長
ジョン・ガルトナー (Robbie Sublett) 不動産
ステイシー (Julie Sharbutt) ザックの仲間のアソシエイト
— (Tim Falter) Businessman Voter
— (Jon Douglas Rainey) Campaing Volunteer
パティ・ハリス

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336