ホームランド Homeland シーズン4 第2話 2つの責任 Trylon and Perisphere

リンク広告 テスト




第2話 2つの責任 Trylon and Perisphere

監督/Keith Gordon 脚本/Chip Johannessen

【ストーリー】

■メリーランド州アンドリュース統合基地。
イスラマバードでリンチされたサンディの遺体が棺に入れて運ばれる。
ロックハートはサンディの夫人・ジェニファーにキャリーとクインを
紹介する。あの現場に一緒にいたものたちだと。キャリーは心から
お悔やみを言うと語ると、ジェニファーは安全だと言われていたことを
語る。ロックハートは痛ましくてやりきれないとし、子供が3人居て、
一人はまだ小学生だと語る。子供たちはと問うと話すまでもなく父親が
踏み殺される動画はネットに拡散されているのだという。ロックハート
は明朝私のオフィスで会議だと語る。クインの様子がおかしいことに
気がつくが彼は動揺しているのだというキャリー。君は冷静だなという
と明日9時にオフィスで逢おうというロックハート長官。

キャリーは自宅へと車で戻るがため息をつく。車から降りると家の中
からフラニーの鳴き声が聞こえていた。それを聞いてキャリーはまた
車に乗って出て行こうとするがマギーがドアを開けて出てくる。
帰っているのであれば知らせなさいというと、キャリーは遅いのでホテル
に泊まるというが、バカを言わないでとして、フラニーに対してママ
が帰ってきたよと語る。だっこしてあげてという彼女は何も心配は
ないという。キャリーはフラニーを抱っこすると髪の毛が随分と伸びて
いることに気がつく。

クインはその頃アパートに戻りプールサイドで一人酒を飲んでいた。
管理人のエディは巨漢の女性だったが、クインがプールに飲み終わった
アルコールのビンを投げるのを見てそれを止める。あなたは家賃を
半年分前払いしてくれたとし、日頃滞納分を取り立てる身としては
驚いているがプールにビンは入れないでと語る。割れたら水を全て
入れ替えないといけないのだという。随分とベロベロに酔っている
のねとする中、二人はセックスするのだった。

■イスラマバードオンマヤ医科大学
アーヤンはラヒムに対してもう君のせいで人生は滅茶苦茶だと語る。
アメリカの蛮行を暴いたのだというラヒムに対して、その結果CIA
が殺されたとし暴動もボクのせいになるのだという。ボクの動画だ
として顔まで写っているのだという。誰かに常に見られているという
アーヤン。ラヒムは考えすぎだと言うが、アーヤンは君はこの国の
ことが分かっていないという。
そんな中学校にはアーヤンを尋ねてテレビのカラメマンとインタビュ
ワーがやってきて、アメリカの空爆で結婚披露宴中に殺されたのは
あなたのご親族でしょと問われる。その後CIA支局長が殺されたが
正義の裁きが下ったと思いますかと問われ、気持ちを聞かせて欲しい
と言われる。アメリカ人は人殺しだがCIAを殺せば同じことだと語る。
でも無人機の爆撃は止まったというインタビュワーから、その影響
ではないのかと言われ、オレは家族が殺されたのにいい加減にしろと
告げアーヤンは逃げる様に去っていく。
アーヤンは寮に戻ると窓からはラヒムにインタビューしている姿を
目撃し、彼は戸棚にしまってある大量の薬品をバッグに詰め込むと
バスに乗って出て行く。

クインはエディと朝を迎える。エディはその場限りの関係に気にしない
様告げるが、クインは朝飯を食いに行かないかと誘う。

一方キャリーはマギーがフラニーの面倒を見ているのを見ていた。
キャリーに赤ちゃんを抱っこしてあげてと語るが無理だという。もう
行かないと行けないのだとすると、またこっちに異動になったのか
というマギー。2、3日居るだけだとするとフラニーはどうするのかと
問われる。ミルクだけのことじゃないとし父さんは大見得切った割りに
子育ては手伝ってくれないのだという。ベビーシッターが来ている
時は良いが・・今夜きちんとその事について話をしようというマギー。

アーヤンのインタビュー映像を見ているロックハート。
キャリーが会議の為にやってくるとクインはまだ来ていないとし、
途上国に行った途端にルーズになったのかと嫌みを言われる。
この映像みたかと問われ、結婚式の動画を撮った人物だという。
ヘイサム・ハッカニの甥だと分かったとし、イスラマバードの医科大
の楽聖だという。声高に報復を歌うわけでもなく至って理性的な話
ぶれだという。このままではイスラマバードは修復で出来無くなる
というキャリーは私をあの支局を任せて欲しいという。カブールは部下
でも大丈夫だという。イスラマバードはあんな形でサンディを失った
のであれサンディを失った真相を突き止めないといけないというキャリー。
ロックハートは君が結婚式を爆弾で吹き飛ばした・・それが真相だ
と語るとそのせいで私までつるし上げに合い、国務省はあの辺で我々が
動くのを嫌っていたのだという。これを口実に支局を閉鎖に追い込む
気でありもうすぐ上院情報委員会の聴聞会があるという。君はそこに出て
国務省の思惑はアメリカの為にはならないと委員会を説得するのだとし、
今後二度とミスを犯さないと誓ってこいというロックハート。
キャリーはその後はどうなるのかと問うと、君には指揮官として責任を
取ってもらうとし支局長を解任するという。この際考え直せとし、
これからは子供と暮らすよう告げる。

エディとクインは朝食店へ。ディップチキンを食べるエディき一方的に
語る。無口なのねと語るとおれは聞き役に徹する方が得意だという。
エディは心配だとし夕べの貴方は寝ている時に魘されていたのだという。
正直キツイ一週間だったというクイン。話してみる気は有るのかと問わ
れると、あるけど言えないんだという。
そんな中二人の客が太ったエディと一緒に居るクインのことをバカに
する発言が聞こえてくる。
エディはもう行こうと告げこういうのは慣れているというが、クインは
何がおかしいのかと問う。笑っていただろうと告げ良いから言えと
語る。急にだんまりかと告げると、男は彼女が体重計に乗ったら「1人
ずつ乗れ」って表示が出るとして笑う。それを聞いたクインは二人を
ボコボコにするのだった。

■感想

大義の為に多くの人を助けること、そのために少数の者を犠牲にする
こと。

そんな事情が交錯しているシナリオで、皮肉にも犠牲者を出している
のは共に自国の人たちによるエゴの産物であり、扇動的で、自分の
利益以外のことに盲目的な視線しか持たない人たちが暗躍している
ところが憎らしいところだね。

ヘイサム・ハッカニの親族がその犠牲になり、更に突き詰めれば犠牲者
はアーヤンという人物が抽出される。
かつてブロディがアメリカに帰国したときにはヒーローの様な扱いを
受けていたけれど、このアーヤンという人物もまたノーベル平和賞
を受賞したマララ・ユスフザイのような象徴的人物のようになるのだ
ろうか。

ハッカニが殺されるのは仕方がないけど、同じ場所にいたアーヤンは
殺してはいけないとする状況は誰が見ても難しいものがあり、
これを言い出すと国際的なテロリストたちは国民全員を人質に取るよ
うな形で市民生活に溶け込んでしまうところがある。
自ら血を流さずに相手を倒すということ事態が難しいことで、
無人機とか爆撃機などを使っている時点で、全てはそんな倫理観で
語られる次元の話なのかという気がする。

生け贄のようにされたサンディもまた同様に犠牲にされたけれど、
共に背後には自国の極右の存在が関わっている感じがするしね。

大義を持って他国を侵略して、空爆を行うCIAやアメリカ軍だけど、
それが正しいことなのかどうかという事が今後議題の中で取り上げら
れそうだ。

そして個人レベルの話ではやはりキャリーが仕事を名目にして子供から
目を反らしている現実に無責任さを感じていくのだろうし、そんな彼女
の行動を見て、求めていたのは彼との赤ちゃんではなく、ブロディとの
生活だった所が有るんだろうことを感じさせるものが有った。

あのままキャリーを赤ちゃんと共に過ごさせていれば殺しかねないと
いうことで、この世の中では親の虐待が無くならない理由がそこには
あるのだろうし、必ずしも誰もが母親としての資格を持っているという
ことは無いのだろうね。それを防ぐ手立ては何なのかというところにも
言及していくことになりそうだ。

そしてクインが今回は完全にグロッキーな状態になってしまった。
この人はこれまでにも大義のために人を殺してきているのに、目の前
で同僚が殺されたこと、助けられなかったことが大きく影響している
のか。
イスラマバードでは助ける事が出来なかった感覚をアメリカにまで
持ち込んでは、相手のことも良く知らない一夜限りの女性のことを
助ける状況の中に彼の悲しみと憤りが交錯するところだけど、
多くの人を影で助けているCIAの仕事が決して感謝されることのない
ところでただ自ら身を削って働いているのに対して、一人の巨漢の
女性エディの心を解放し、感謝されることで少しでもクインの心が
晴れると良いんだけどね。
ケンカを吹っかけてきた二人の男も自分たちは殴られないとでも
思ったのか。無用なところで弱者を貶すことで憂さ晴らししようと
思ったのかも知れないけど、結果的にやられたことで被害者面する
というのもなんだかマヌケな感じ。暴力は確かにいけないのだろうけど。

ドラマとしてはポイントは・・

・キャリーの仕事と子供の問題
・イスラマバードの支局長だったサンディの死に対して情報を交換して
いたであろうスパイの存在の究明。
・情報漏洩している人物の特定。
・イスラマバードで爆撃から奇跡的に生き残ったアーヤンの今後。
・アーヤンが持っていた薬は?
・人事的な異動を通してどういう構成になっていくのか。

アメリカ国民を助ける為に無尽蔵に動き回るキャリーの行動の原点は
何処に有るのだろうか。
キャリーが何故紛争地域に行きたがるのか。ロックハートとの駆け引き
の中で、キャリーは取引を申し出て自分をイスラマバード赴任させる
ように語る。誰もが行きたくない場所でロックハート自身も

「何故パキスタンに戻りたい?まともな国とは言えない掃きだめで
良いんだな」

としていたけれど、普通は左遷されて行くような場所に自ら求めて
行こうとする。
子供の件を除いても何処かで、自分にしか出来ないとする強迫観念が
あるように見えるし、その辺の彼女の心情はよく分からない。

今回登場する赤ちゃんがまさにブロディと似ていた。
見て居ると彼を思い出して可愛がるのかなと思ったけど、赤ちゃんと
ブロディとではやはり違うようで、手に掛けて殺そうとする中に、
自分の生活を犯そうとするものたちを排除するという行動が見え隠れ
して、血のつながりのあるものに対しても殺意を抱いてしまうのだから
まるで文化の違う相手に敵対心を持つという行動もまた人間として
根幹にある感情の一つなのかな。

ソールの相棒のようなダールが久しぶりに登場。
ロックハートは使えないのでソールに復帰する気がないかと尋ねる。
その気が有るならば国務長官に後押しするとしていたけれど、
クロッカーって誰なんだろうか。

キャリーはイスラマバードに戻る事になった。
クインには一緒に欲しいと頼んだし、ソールにも警備を任せたいこと
を語っていた。ソールもまたミラとの関係で揺れているけど、CIAは
家庭を持つのが難しいね。

・ジョーダン・ハリス役のAdam Godley

「SUITS/スーツ」でイギリスから来た弁護士事務所の弁護士・ナイジェル
役を演じていた。経営が危ないときにやってきたものたちだったよね。

■使用された曲

・Homeland Main Title
Performed by Sean Callery Feat. Chris Tedesco

■出演者

キャリー・マシソン (Claire Danes) CIAカブール支局長
ピーター・クイン (Rupert Friend) CIA職員・イスラマバード支局
ファラ・シェラジ (Nazanin Boniadi) CIA職員・金融
マーサ・ボイド (Laila Robins) イスラマバードの大使館員
アンドリュー・ロックハート (Tracy Letts) CIA長官
ソール・ベレンソン (Mandy Patinkin) 民間軍事請負業者
ミラ・ベレンソン (Sarita Choudhury) ソールの元妻
アーヤン・イブラヒム (Suraj Sharma) 結婚式に空爆される、学生
マギー・マシソン (Amy Hargreaves) キャリーの姉

ジョーダン・ハリス (Adam Godley) 元イスラマバード支局工作員
エディ (Emily Walker) アパートの管理人、ぽっちゃり
ラヒム (Akshay Kumar) アーヤンの友達
キラン (Shavani Seth) アーヤンの友達
ダール・アダル (F. Murray Abraham) CIA
ジョジー (Tal Raviv) マギーの娘
ルビー (Lee Raviv) マギーの娘
— (Riaz Solker) キランの父
— (Kira Wilkinson) キランの母
— (Bhavna Singh) インタビュワー
— (Jo Dee Butler) ベビーシッター
— (Armand Aucamp) Frat Boy
ジェニファー (Barbara Marie Immelman) サンディの妻
— (Dennis Benneyworth) 司祭
ファハド・ガジ (Tamer Burjaq)
スコット (Stephen Jennings) 大将、葬式で会う
— (Adam Neill) 巡査部長、クインの釈放

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336