ウォーキング・デッド The Walking Dead シーズン6 第6話 迷いの森 Always Accountable

リンク広告 テスト




第6話 迷いの森 Always Accountable

脚本/Heather Bellson
監督/Jeffrey F. January

【ストーリー】

ダリルは再びサシャとエイブラハムの車に合流してウォーカー
たちを誘導する。もうすぐ20マイルだとし、642号線に出たら
奴らとの距離を開けるようと無線で連絡を取り合う。
いよいよ642号線にさしかかると左折する。すると突然待ち伏せ
していたものたちによって襲われる。
ダリルは一度バイクが転倒して負傷。サシャたちの車も後続車
から銃撃を受けてついに脇道を反れてぶつかってしまう。

ダリルは倒れた衝撃で体中を負傷していた。
人気のない森の中でバイクを倒して自らの体も倒れるように
して休む。周りは何故か火災で焼けたようになっていて
死人もウォーカー化しているものの焼け焦げていた。

サシャたちに無線で呼びかけるダリルだが応答はない。ダリル
は特に左手を負傷していた。バイクに備え付けられていた
バックパックから治療しようとして救急セットを取りだそうと
すると人の気配を感じる。バイクを木の陰に隠してクロスボウ
を持って辺りを見回る。すると二人の女性ティナとシェリー
がいた。降参だとして手を挙げる中、後ろからドワイトに
よって殴られる。
ダリルは意識が朦朧とする中、彼らの会話が聞こえてくる。

「きっと前哨地の兵士だ。彼を嫌っている。使い方は?知って
る。パティと合流したらこんな暮らしは終わりだ」

ダリルは目覚めると手を縛られ目の前には銃を構えたドワイト
の姿が有った。黙って居れば殺さないという。ダリルは人違い
だと告げるが・・
歩いて何処かに向かう。シェリーはティナに対して水を飲ませ
る。脱水前に飲んでと。ダリルに対しては見つかったら引き渡す
人質だとして自分たちは筋を通す・・そういう信念だという。

パティを拾うだけだというドワイト。トラックを見たら給油口
を開けてファームビューから森の中を走ったという。スウィー
トウォーターに出た所で火を放ち車に走った。飛び乗る
死者がボンネットに飛びかかった・・そして爆発した。倒れた
所を仕留め焼き払ったという。お前らがしたことなのかと
ダリルは尋ねる。テレビもラジオも付かなくなり森は奴らで
溢れていたという。町に居た奴らも炎によって焼かれたこと。
彼女はD.Cにいたがみんな戦っていると思っていた。誰もが俺
たちのように・・・「戦っているハズだ」「きっと勝てる」と
思っていたがバカだったというと、ダリルは今はバカじゃない
のかと問う。

「疑わない俺たちは鈍いか?今引き金を引かないのは間違いか?
本気で知りたいとし人の為に殺し、屋根と食事を与えられたら
俺は何か見逃しているのか?教えて欲しい俺はバカなのか?」と。

ダリルはいいやと否定すると、住める場所ならあるので助けて
やるという。奴らの仲間なんだろうというと、この状況なら
何とでもいうハズだとして信じるべきじゃなかったという
ドワイト。

パトリック燃料社に到着する一行。しかし鉄柵の中はウォーカー
だらけだった。
「パティ・・・」「きっと死んだ」
シェリーは別のプランを考えましょうと語る。ここを去るんだ
というが、ティナは私のせいで・・と責任を感じる。
ティナは今からでも戻って私のせいにすれば良いという。
そんな中ティナが崩れ落ちた瞬間、ダリルは彼らのカバンを
持って逃げ去る。ドワイトは逃げるダリルに発砲。
カバンが必要だとして持って行かないよう訴えるが・・・
ダリルは安全な場所にいくと手に結ばれていたロープを
解いて無線でサシャたちに連絡する。しかしやっぱり応答がな
かった。そんなダリルの前に一体のウォーカーが歩いてくるが
武器がバッグの中に入っていてなかなか取り出すことが出来ず
に居た。なんとかクロスボウを取り出すと矢を話す。
しかしバッグからは「インスリン・冷凍保存」と書かれたもの
が入っていることに気がつく。

その頃、サシャとエイブラハムはダリルの安否を気にする。
バイクがなくヤツの薬莢が落ちているのを見つけて生きて居る
ことを語る。しかしサシャはここは襲撃しようにも誰も通らない
ハズなのに一体誰をターゲットにしていたのかと疑問に思う。
私たちがターゲットのハズはないこと。サシャは改めて無線で
ダリルを呼びかける。今頃アレクサンドリアに向かっている
だろうというエイブラハム。しかしサシャはあり得ないとし
彼は追跡のプロなので彼の方から探してくれるという。
マスでもかいていろというのか?という彼に違うとし、サシャ
は自分たちの痕跡である足跡などを残してサンライズ自動車保険
の看板のビルに入る。そのドアには”ディクソン”と書いておく。
エイブラハムはウォーカーが歩いている為に退治しようとする
がサシャは止める。余計な痕跡は不要だという。

■感想

今回はウォーカーを率いて行進しているダリル、サシャ、
エイブラハムのことを描いたエピソード。

またしてもグレンの生死に関する結果はお預け。

今回何よりも辛いのは、また別の集団のいざこざに思いっきり
巻き込まれてしまうダリルたちの姿が有ったこと。
ダリルの格好良い黒い革ジャンもバイクが倒れた時にボロボロ
になっていたし、エイブラハムは鉄条網に突き刺さるウォーカ
ーに近づいた時にアーミーカラーのTシャツを思わず破いてしま
った。お腹が出ている状況で暫く行動していたけど、最後は
彼らが入った一家は軍人だったらしく、エイブラハムに
ぴったりの制服が有り、衣替えしていた。

■この界隈で起きていることは何なのか

結局この世界、何処でも同じようなことが起きていることを
示しているのだろうけど、ダリルが出会ったドワイトやシェリ
ーの話では最初は優しいものたちだったが次第に豹変していき
ルールを設けていたことを語っていた。

「それが人間の性だ」。

そのルールは元々は安全の為に取引するようになったとして
いたけど、その結果共同体とは別のサバイバル的要素を持ち
合わせる集団になってしまった感じ。
物々交換のようなことをしてもそれら交換するものが無くなれば
死を意味する。

シェリーはワシントンD.Cから来たティナを助ける為、そして
このコミュニティのルールにウンザリして逃走する計画を
立てた感じ。
パティがどうとか言っていたので仲間なのかどうかって感じ
だったけど、色んなブログで言及されているようにパティとは
逃走する際のトラックだった様だね。

ダリルたちが最初に642号線を左折した際に狙ったのは、
逃げようとするドワイトたちを狙ったウェイドという人物が
率いているものなのかな。

■「人間の性」vs「生存本能」

二つの言葉は同じことを意味するのか、それともそこに違いは
有るのか。
この世界に居れば誰もが一度は喪失感に苛まれてしまう。
しかし次第に立ち直るのが人間の良いところだろうし、それが
生存本能というものだろう。
ここ数話連続して、モーガン -> ディアナに「生きたい」
する気持ちを吹き込んだ。そして今回は何処か今まで愛する
人を失ったサシャと首都にいけば希望はあると考えていた
エイブラハムの喪失感によって自暴自棄になる姿が有るも、
今回はそんな二人に「生きたい」と思わせる活力を再び植え付
けたようなエピソードだった。

一方でダリルたちは癖のある人物たちと出会う。
昔リックは仲間に入れるかどうかの基準として
「生きた人を何人殺したか」「ウォーカーを殺した数は?」
みたいな質問をしていたことがあったよね。
ダリルは一度は相手に主導権を握られるも、握り替えした後に
は、ドワイトにも同様の質問を投げかけていた。
ドワイトは生きた人間は一人も殺した事がないとしていたけれど
殺しはしないがだましはするのかという感じで一気に形成は
逆転して再びダリルから全てを奪っていった。

■サシャとエイブラハム

サシャはダリルのスキルを知って自分たちが下手に動くよりも
相手が見つけてくれると思ったのだろう。足跡を残したり、
壁にディクソンと書いたり・・・

サシャはエイブラハムがやたらとウォーカーを殺したがっている
ことに違和感を唱えていたけど、確かに不要な痕跡を残すと
「ここに誰かいる」と相手に悟られてしまうのでそれをするのは
最小限に留めたいところだけど、過去にも倒せる時に倒さない
ことでウォーカーに噛まれるというシーンが有ったからな。
せめてあの扉に閉じ込められたウォーカーは倒しておくべきだ
と思う。

エイブラハムは外回りに出た際にロケット弾と葉巻を発見した。
それを見つけた時の彼の気持ちは心躍るところが有ったのか。
最悪の状況の中でも小さな喜びというのは感じるところが有っ
て、サシャが言うように不要な殺しをしなかった為に、ウォー
カーが肩にぶらさげていたロケット弾を不要に爆発させること
はなく回収出来た。

ただこのシーン、葉巻が完全にフラッグになっているのかと
思った(笑)どう考えても罠だろうと思っていたので、
ロケット弾のケースを持ち上げたり、葉巻を吸ったりすると
爆発する仕掛けになっているのかと思った。しかもあの
ロケット弾を抱えるウォーカーにしても落下したら爆発。
エイブラハムがここで命を落としてしまうのではないかと
不安にさせられた。

結局エイブラハムはサシャについて来たのは彼女の暴走を監視
する意味も有ったけど、彼女に対する好意もまた存在して
いたってことなのかな。

■幾つかの謎

・ティナの死

ティナがかつての自分の村??に戻った際にカーラとデリーという
人物がドワイトたちの作戦によって亡くなっていたことを知る。
北に行くとしていたので当然この家からは離れているのだろうと
思ったのか結局焼死していた。
ただ気になるのは彼女たちはビニールのようなもので覆われて
いたこと。
そしてティナはウォーカー化した彼女たちによって首をかじら
れてしまうけれど、これってシェリーがティナをハメたもの
ではないのか。生きる為の人間の性というものがここで現れ、
ティナのことはこれ以上連れていけないと感じたようにも思え
る。それならいっそのこと、知り合いの家で亡くなることを
選ぶのがベストだと思ったのではないかと。

・ダリルのバイクとクロスボウの行方

もう彼を象徴するアイテムの一つとなっていたので、これら
を彼から取り上げるというのはちょっと考えづらい。
都合良くシェリーとドワイトはまた元の組織・集団に戻ろうと
していたみたいだけど、そんな都合良く行くはずもない。
ダリルが最後に無線で呼びかけていた際に返信したのはドワイト
なんだろうね。無線はそんなに遠くには電波は届かないことを
考えれば20マイルも進んだ彼らが仲間と連絡が取れるハズが
無いですから・・

「後悔するぞ」と語っていたけど、まさにウェイドたちに
殺されたように思う。またはバイクが故障してウォーカーに
囲まれたか?

■使用された曲

・Walking Dead Main Title Theme
Performed by Bear McCreary

■出演者

リック・グリムズ (Andrew Lincoln) 保安官
ダリル・ディクソン (Norman Reedus) メルルの弟
グレン・リー (Steven Yeun) 市街地組、アジア系
マギー・グリーン (Lauren Cohan) ハーシェルの次女
カール・グリムズ (Chandler Riggs) リックの息子
ミショーン (Danai Gurira) 剣を持つ女性
キャロル・ペレティア (Melissa Suzanne McBride) 妻

エイブラハム・フォード (Michael Cudlitz) 軍曹
サシャ・ウィリアムズ (Sonequa Martin-Green) タイリースの妹
Dr.ユージーン・ポーター (Josh McDermitt) 博士、原因を知る?
ロジータ・エスピノーサ (Christian Serratos) フォードを好き?
タラ・チャンブラー (Alanna Masterson) 総督と行動を共にしていた
ゲイブリエル・ストークス (Seth Gilliam) 神父

ジェシー・アンダーソン (Alexandra Breckenridge) スタイリスト
ロン・アンダーソン (Austin Abrams) 息子
サム・アンダーソン (Major Dodson) 息子
ディアナ・モンロー (Tovah Feldshuh) 元オハイオ議員
スペンサー・モンロー (Austin Nichols) 息子
アーロン (Ross Marquand) リックに接近

ドワイト (Austin Amelio) ダリルに銃を向ける
シェリー (Christine Evangelista) ドワイトの仲間
ウェイド (Darin Cooper) 群れのリーダー
カム (Matt Lowe) 腕を噛まれる?
ティナ (Liz E. Morgan) インスリンが必要な子
— (William Curtis Coppersmith) Dwight’s Henchman

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336