ウォーキング・デッド The Walking Dead シーズン6 第5話 波打つ不安 Now

リンク広告 テスト




第5話 波打つ不安 Now

脚本/Corey Reed
監督/Avi Youabian

【ストーリー】

Wolfによって襲われたアレクサンドリアは一応の静けさを
取り戻すが、壁一枚隔てた外にはウォーカーの群れが多数押し
寄せており、ディアナはハシゴに登ってその光景を見ると
ショックを受ける。しかし夫・レジが作った壁のお陰で最悪の
事態は避けられていた。そんなレジのプレートの入った壁を
見つめる。

ディアナは住民が会話するのを耳にする。
戻って来たミショーンはマギーに対してグレンはニコラスと一緒
だったこと。彼が思いついて建物をモヤして奴らの気を反らして
戻す計画だったが、私がやろうとしたが彼がやると言ったのだ
という。煙が上がるハズが上がらず、進むしかなかったことを
語り無事ならば何か合図を送ると言っていたこと。

そんな中外から門を開けろ!という声が聞こえる。そこにいた
のはリックだった。多数のウォーカーの群れをかき分けてなん
とかリックは門にたどり着くとミショーンたちは扉を開ける。

ディアナは放心状態だった。町の壁にはウォーカーが叩く音。
果たしてこの壁は持つのかどうか。リックは聞こえるだろうと
し、見たものも居るはずだという。奴らの半分がここへきたこと。

層になって取り囲んでいること。怖いのは分かるとし、初めて
見ることだろうこと。経験したことがないだろうが、今は安全
だという。トラックが衝突した所は念のために補強しようとし、
壁ならば持ちこたえるハズだと語る。
ダリルやエイブラハム、サシャが戻ったらコイツらも導いてく
れるとし、グレンとニコラスも門にたどり着くとして必ずだと。
何をすべきか分かっている。物音は最小限にして夜は窓に
ブラインドを降ろして消灯して欲しいこと。墓場のような静まり
かえればそのウチに・・というと、実際に現在でも墓場だという
フランシーン。リックが沈黙している中、アーロンが沈黙を
破るように採石場のバリケードが決壊してウォーカーが全員
こっちにやってきたのだという。リックの作戦のお陰でそれを
阻止出来たのだという。半数が反れたことを告げる。
ボクは以前ダリルと人材捜しに出たことが有ったが、缶詰工場を
見つけて喜ぶボクに彼は「人捜しは?」と言ったこと。だが僕は
従ったとし、結局罠にハマりリュックを置き去りにしてしま
ったこと。僕らを襲った連中が町を襲ったのは僕のせいだという
アーロン。話は今度にしようというリック。
そんな中ディアナは何処へともなくフラフラっと歩いて行って
しまう。

ジェシーは自宅にまで押し入ってきた女性wolfの遺体を外に
運ぶと他のwolfの遺体のある現場に持って行く。そして
穴を掘る彼女にリックは辞めるんだと語る。殺人者を中には
埋めないという。しかし今は外に出られないというと、リック
は待つんだと語る。

一部住民たちは食料庫に殺到する。
食料品を管理しているオリビアはなるべく食料を節約する為に
協力して欲しいことをいううが、明日死ぬかも知れないのだ
としてみんな語り出す。家族を飢え死にさせる訳にはいかない
としてケントたちは勝手に缶詰を持って行こうとしていると
スペンサーがやってきて辞めるんだと止める。生きる為に必要
なみんなの食料だとすると、僕が怠ったことが原因だという。
だが外のトラックは僕が止めなければ壁を突き破っていたと
いう。ブルースたちはその時何処に居たのかと塔と、こんな
ことをしていたら秩序が失われて争いが起きるという。町が
崩壊するかどうか今が分かれ道だというスペンサー。それを
みて居たディアナは久しぶりに笑顔を取り戻す。

■感想

「現実を受け入れること」。
これがシーズンを通して、アレクサンドリアの町の住民には
必要なことのようだ。これまでリックたちは散々この現実
と戦ってきた訳だけど、ここの人たちはまた一からそんなリック
たちが味わって来た現実というものを一つずつ段階をこなしな
がら成長していかねばならないのかも知れない。

前回モーガンはそれを受け入れるまでを描いたし、この町の
人の中でも少しずつ現実と接しながら現実的行動を求めていく。

なによりも・・・
誰もが気になるグレンの生死。

リックにしてもミショーンにしても、作戦に失敗した過程で
危険な状態に陥りウォーカーに囲まれていたりしたんだけどね。
その辺は完全に省略した感じで、再びアレクサンドリアの町
からの再開だった。

リックたちが居なくなった時に大活躍していたキャロルとか
モーガンが居ないのが気になるけれど、何処かでお休み中
なのか。

急激に訪れた変化に人々の精神状態がどうなのかが気になる
ものとして存在している。
気になるのはディアナ。見た目からしてフラフラとして
いて一番ダメージ性が高いようにも見えた。しかし彼女は
色々と全体を眺めて改めて自分は生きたいと感じたのだろう。

夫が残した町を守りたい・発展させたい意図も有るのかも
知れない。彼女は町を新たに築くために地図を開いて
必要なものを書き留める姿が有った。
また息子の存在も彼女を支える唯一のものとして存在している。

もう一人気になるのはリックによって父親を奪われて
反発心を見せていたロン。
ロンがリックの居る見張りの展望台に来た際に、話有って
いたけど、ロンはウォーカーの中にリックを突き落とすとか、
また武器の使い方を習う過程でリックを殺してしまうのでは
ないかと思わせた。
ただやはりロンのことをカールが助けたエピソードが有った
ので、それが一躍彼の心に入れ替えさせたのかな。

消えてしまったイーニッドは何処に行ったのか。
カールは彼女を見つけに行こうとして外に出ようとしていたし
グレンが戻らないことに業を煮やしたマギーが一度は外に出よう
としたが、妊娠している事実が有り、結局待つことにした様子。

アーロンは「人を集めていた」時には胡散臭いヤツだと思って
いたけど、とても誠実な人物だということが今回描かれた。
自分のミスのせいでこの町のことをwolfたちに知られたこと。

最後にフラフラっとジェシーの前に出て来たのは、モーガン
が閉じ込めたwolfの人なのかな。

そしてジェシーとリックのキスシーン。
更にタラとデニースのキスシーンが有った。

両者共に現実を受け入れて乗り越えた感じだけど、
スコットって注射器で膿のようなものを出していただけだった
けど、ウォーカーに襲われたという訳では無かったのかな。

亡くなったものたちを壁に追悼の意味で名前を書いていた。
最後にマギーはグレンが生きて居ることを期待して消すことにした。
先日のミショーンとデビッドのエピソードを思い出してしまうな。
亡くなった際に腕に書かれたメッセージを消して居たよね。

■使用された曲

・Walking Dead Main Title Theme
Performed by Bear McCreary

■出演者

リック・グリムズ (Andrew Lincoln) 保安官
ダリル・ディクソン (Norman Reedus) メルルの弟
グレン・リー (Steven Yeun) 市街地組、アジア系
マギー・グリーン (Lauren Cohan) ハーシェルの次女
カール・グリムズ (Chandler Riggs) リックの息子
ミショーン (Danai Gurira) 剣を持つ女性
キャロル・ペレティア (Melissa Suzanne McBride) 妻

エイブラハム・フォード (Michael Cudlitz) 軍曹
サシャ・ウィリアムズ (Sonequa Martin-Green) タイリースの妹
Dr.ユージーン・ポーター (Josh McDermitt) 博士、原因を知る?
ロジータ・エスピノーサ (Christian Serratos) フォードを好き?
タラ・チャンブラー (Alanna Masterson) 総督と行動を共にしていた
ゲイブリエル・ストークス (Seth Gilliam) 神父

ジェシー・アンダーソン (Alexandra Breckenridge) スタイリスト
ロン・アンダーソン (Austin Abrams) 息子
サム・アンダーソン (Major Dodson) 息子
ディアナ・モンロー (Tovah Feldshuh) 元オハイオ議員
スペンサー・モンロー (Austin Nichols) 息子
アーロン (Ross Marquand) リックに接近
Dr.デニース・クロイド (Merritt Wever) 精神科医

ヒース (Corey Hawkins) 遠征していて戻ってくる、ドレッド
トビン (Jason Douglas) 警備監督
スコット (Kenric Green) ヒースの遠征、黒人
ブルース (Ted Huckabee) 建築現場・ヒゲ
アナ (Vanessa Cloke) 女性住民
バーバラ (Mandi Christine Kerr) 女性住民
フランシーン (Dahlia Legault) 女性住民、リックの件を話す
オリビア (Ann Mahoney) メガネ、リックの件を話す
エリック (Jordan Woods-Robinson) アーロンの仲間、ゲイ?
ケント (David Silverman) ブルースに似てる
ベッツィ (Jasmine Kaur) デビッドの妻
バーンズ (Justin Miles) アレクサンドリアの住人
イーニッド (Katelyn Nacon) 子供
エリック (Jordan Woods-Robinson) アーロンの仲間、ゲイ?
— (Jeff Glover) Bald Wolf

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336