ウォーキング・デッド The Walking Dead シーズン6 第11話 未知なる世界 Knots Untie

リンク広告 テスト




第11話 未知なる世界 Knots Untie

脚本/Matthew Negrete
Channing Powell
監督/ Michael E. Satrazemis

【ストーリー】

エイブラハムとサシャはいつものように見回りの巡回をする。
その際エイブラハムは砂漠でラクダに鍵を飲まれた時の話を
して彼女を笑わせる。
そんな中目の前でマギーの姿を見ると、こんな世界なのに子供
を産むなんて何が起きるか分からないのに・・とエイブラハム
は理解出来ないとする発言をするが、サシャは寧ろこんな世界
だから産むのだという。バカには分からないなとエイブラハム。
サシャはシフトが変わったので今後は私が監視台に立つので
あなたはユージーンと見回りをすることになると言われる。
彼がもっと貢献したいと言っていること。そういうことか・・と
呟くと”またな”と言って別れる。

エイブラハムはロジータと一緒に暮らし同じベッドで寝ていた。
何を考えているのかと問われるとユージーンが巡回することに
なったことを話す。彼は銃の分解の仕方を覚え蓋し、彼は私に
化学(ケミストリー)を教えてくれているという。相性(ケミスト
リー)は教えられるもんじゃないだろうとしてキスする二人だが
彼の頭に有ったのはサシャのことだった。
さっきは凄かった・・言葉では言い表せないというエイブラハム。
ロジータは給油車のブレーキランプが割れていたのでネックレス
を作ったとしエイブラハムに見せる。そんな彼女に
ロジータ・エスピノーザ!お前はほぼ完璧だと語る。ロジータは
バスタオルを羽織るとシャワー室でつけてみてと語り彼を誘う。

マギーは夜になって支柱を立てていた。
これで倍の量のトマトが作れるとグレンに告げる。配給を増やし
たいがまだ芽が出てこなかった。大丈夫育つよというグレン。

そんな中ジーザスは拘束されていたにもかかわらず抜け出して
リックの家に居た。カールは何をしているのかとして銃口を
向けると彼は絵を見ながら君のママとパパを待っているのだと
いう。俺はジーザスだと語る。
ジーザスは急いで出て来たリックとミショーンに対して話し合お
うという。リックは寧ろどうやって出て来たのかと問うと、出口
は2つ警備は1人で窓もあるし縄を解いて鍵を開けられたという。
武器庫も見て来たがよく揃えて豊富だという。しかし食料が少ない
事を指摘する。
みんなで話し合う。ここには何人住んでいるのかと問うと54人か?
というジーザス。マギーはもっと居ると語る。ダリルに対しては
出会いは最悪だったが同類だと語る。”生きて居る”んだと。
置き去りにすることも出来たのにそうしなかったこと。
俺の住む町は取引相手を増やしたいのだという。車を奪ったのは
君たちが厄介な人間に見えたからで、だが俺が間違っていたと
いう。君たちは良い人たちであり協力し合えるという。我々は
家畜を育てているし農園もあること。トマトや穀物、ソルガム
もある。リックは信用出来ないというが、連れて行くとし車で
一日の所にあるので自分の目で確かめてくれと。取引相手を
増やすって何処かと取引しているのか?というマギー。世界が広が
るよというジーザス。

デニースはダリルにオーツ麦ケーキを持ってくる。
複合糖質とオメガ3が取れるという。しかしダリルはその行為
を遠慮するとして途中で何か探して食べるという。狂犬とか?
というと、これってソーダのお礼なのかというと、デニースは
そうだという。あなたは知り合いによく似ているという彼女。
上手そうに見えないクソみたいだというが、犬を食べるよりは
マシでしょとデニース。

リックはカールにジーザスが言っていることが本当ならば
全てが変わるという。カールにミショーンのことを説明する。
何となくそうなったこと。昨夜だけの関係だとして誤解しないで
くれというがカールは別に良いんだという。ゲイブリエルに
ジュディスを預けるので出発の準備をするよう告げるが、
カールは自分はここに残ると語る。誰かがここを守らなければ
ならないしこの顔だと印象も悪いとカール。

■感想

嵐の前の静けさなのか。

「希望」的なものと「現実」的な未来が見え隠れする中で、
それを実現するのも壊すのも価値観の違う人間の存在や
欲望が常につきまとっている感じ。

それを象徴しているのが今回初めてワードとしても登場する
ジーザスの街”ヒルトップ”のコミュニティ内でも起きた。
町長・グレゴリーを刺した事件。
街の住民のイーサンは弟・クレイグを助ける為に起こした
行動が町長を刺すこと。規律正しく平和のような街なのに
搾取するものたちが背後で控えていて、それによって操られて
しまった格好だった。

ニーガンという言葉が改め登場したのも印象的だった。
S6-9の中で、ニーガンの使いのものをダリルがランチャーで
吹き飛ばした事が印象的だけど、そのニーガンの魔の手は
“ヒルトップ”にも訪れていた様子。

第9話 決死の一夜 No Way Out 脚本/Seth Hoffman 監督/Greg Nicotero 【ストーリー】 ...

S6-9の中でも語られていたけど「何もかもがニーガンの物」。
ジャイアニズムを踏襲しているようなニーガンとは一体
どんな形をしているのだろうか。
半分だけで取引が終了するというのは甘い考えで、悪者は
搾取出来るだけ搾取するというのが寂しいけどこの世の常なの
だろう。だからこそ一度でもそれを渡せば相手をつけあがらせて
しまう。

町長はそんな中が頑として半分での取引に拘っていたのかな。
だからこそニーガンも邪魔だと感じたのか。

■グレゴリーとマギー

マギーがグレゴリーと取引の先鋒に立つことになった。

アレクサンドリアに足りないものは食料で、ヒルトップに足り
ないのは労働力と武力。
このヒルトップの街もある意味では、戦いに関してはイマイチ
統率が取れていない。

労働力と引き替えに食料を与えるという取引。
「食糧不足は混乱を招く」
ということで冒頭ではアレクサンドリア側が不利な状況に有った
が、ニーガンに狙われていることを知って今度はヒルトップ側
が不利な状況が訪れる。

グレゴリーは自分を刺した男の弟が人質にされたことで激怒し
助ける価値が有るのかとしているが、マギーは父の教えを引用
し、「怒りよりも許しの方が強い」と語る。

ハーシェルさん、良い娘を育てたな。

しかしマギーがあまりに欲を出すと、結局ニーガンと似た様な
ことをしていることにならないかと心配になる(笑)

■子供を望むことはエゴなのか

こんな世の中で子供を望むのは大人のエゴなのか。
なかなか難しい問いかけはこれまでにも起きたことだけど、
マギーの妊娠に際してエイブラハムの心が揺れている。
ただ彼の場合子供が欲しいのかそれとも今後の関係に於いて
ロジータとの関係を続けるべきかそれとも心に映し出される相手
のサシャとの関係を続けるのかで悩んでいるのか。

しかし今回は意外と近代的医療装備のあるハーマンとの出会いで
エコー写真が見られて、マギーの中の新しい生命が見られた。

なかなかトマトの芽が出ないとしていた彼女だけれど、お腹の
中の子供は確実に育っている。

■ローリーに見るニーガンの残虐性

ニーガン(Negan)のリーダーのことを”救済者(the Saviors)”
と表現していたのかな。
かつて総督(The Governor)なんてのも出て来たけど・・

街の壁を作り終えた頃に、奴らが現れて代理のものが来て要求を
飲めと脅されたという。ローリー(Rory)という16歳の少女が
目の前で殺されたこと。

スペルは違うがリックに取って妻の名前がローリ(Lori)だった。
何かの因縁か。

■ニーガン退治へ

個人的にはまだジーザスのことが信用出来ないけどどうなんで
しょうか。今回は仲裁役をしていたけど、彼だけがどうも
戦いに達観しているというか、サバイバルに長けているという
か・・

もう疑い出すときりがないな。

ニーガンたちは20人くらい見かけたと語っていたね。

ミショーンはあんまり気乗りしていなかった感じにも見えるが。

■使用された曲

・Walking Dead Main Title Theme
Performed by Bear McCreary

■出演者

リック・グリムズ (Andrew Lincoln) 保安官
ダリル・ディクソン (Norman Reedus) メルルの弟
グレン・リー (Steven Yeun) 市街地組、アジア系
マギー・グリーン (Lauren Cohan) ハーシェルの次女
カール・グリムズ (Chandler Riggs) リックの息子
ミショーン (Danai Gurira) 剣を持つ女性
キャロル・ペレティア (Melissa Suzanne McBride) 妻
ジュディス・グライムズ (Chloe & Sophia Garcia-Frizzi)

エイブラハム・フォード (Michael Cudlitz) 軍曹
サシャ・ウィリアムズ (Sonequa Martin-Green) タイリースの妹
Dr.ユージーン・ポーター (Josh McDermitt) 博士、原因を知る?
ロジータ・エスピノサ (Christian Serratos) フォードを好き?
タラ・チャンブラー (Alanna Masterson) 総督と行動を共にしていた
ゲイブリエル・ストークス (Seth Gilliam) 神父
スペンサー・モンロー (Austin Nichols) 息子
アーロン (Ross Marquand) リックに接近・スカウトマン
Dr.デニース・クロイド (Merritt Wever) 精神科医

グレゴリー (Xander Berkeley) “ヒルトップ”のリーダー
ポール・”イエス”・ロビア (Tom Payne) リックたちが連れて帰る
バーティ (Karen Ceesay) 黒人
カル (James Chen) ヒルトップ、アジア系
フレディ (Brett Gentile) ヒルトップ、ヒゲ
Dr.ハーラン・カーソン (R. Keith Harris) ヒルトップの医者
イーサン (Justin Kucsulain) 帰宅するヒルトップ住民、死亡
クリスタル (Kimberly Leemans) ヒルトップ、戻って来た一人
アンディ (Jeremy Palko) ヒルトップ、戻って来た一人、エイブと
ウェスリー (Ilan Muallem) ヒルトップ、ヒゲ、戻って来たと
エデュアルド (Peter Luis Zimmerman) ヒルトップ、
ティム () ニーガンに殺される
マーシャ () ニーガンに殺される
ローリー () 16歳、”救済者”のリーダーに殺される
クレイグ () ニーガンに人質にされる、イーサンの弟

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336