キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 Castle シーズン5 第3話 秘密 Secret’s Safe with Me

第3話 秘密 Secret’s Safe with Me

脚本/Terence Paul Winter
監督/John Terlesky

スポンサーリンク
レンタグル大336

【ストーリー】

女性は血を流して倒れる中、その血で何かメッセージを書く。

アレクシスは大学寮に入る為に荷造り。何も全部持っていくこと
はないというリック。補助輪なしで自転車に乗れたときにパパ
が作ってくれたというメダルも持っていた。寮の部屋は狭いので
少し置いていけという。マーサは寧ろ持って行きなさいという。
娘も大学生。ベッドの下を見て怪物はいないと言っていた時が
懐かしいという彼女。怪物は居る・・寮の男子学生だと。
アレクシスが行く前に話した方が良いわよというマーサ。
リックは性教育か?というと、あなたとケイトのことだという。
私は知っているとし朝ベッドに隠れていたでしょと。母親なんだ
から分かるのだという。自分で気づいたら悲しむとしあの子には
言うべきだという。

ケイトと現場で会うリックからアレクシスに話したことを知り
彼女は焦る。母にはバレていたという。リックは娘は誰にも話さ
ないというが、アレクシスがラニに話したら危険だとし、ラニ
からエスポジートに渡り、エスポジートからライアンに伝わる。
そしてライアンは隠さないから警部にも知られることになると。
私たちはパートナー解消だというと、大丈夫だとしてアレクシス
もその辺のことは分かっているという。
ケイトはアレクシスの反応を気にする。何か関係のことを言って
いたのか。コメントは無かったとし引っ越しの事で頭がいっぱい
だったのだという。

ラニは今朝清掃員が遺体を発見。
被害者はウェンディ・デュプリー(25歳)、胸に一発撃たれている
こと。9mm弾だという。ダイイングメッセージがあるとすると
そんな猶予を与えるなら素人の犯行だろうと。LIEとはどういう
意味なのか?ライってライヤー(嘘つき)の意味なのか。それとも
犯人の名前なのか。LAY(セフレ)の意味なのか。
エスポジートは被害者のサイフがあるとしフィラデルフィアから
来ていたようだという。ホテルにチェックインしたのは昨日の
午後で大金を持っていること。4000ドルが入っているというライ
アン。経済状況を調べてというケイト。
携帯には分かりやすいメッセージが入っているという。
「俺はダマされない、逃げても無駄だ。見つけ出して償わせてや
る。」
送信元もフィラデルフィアで、相手はジョエル・プラットだとい
う。

ジョエルから話を聞くと、街一番のチーズステーキサンド店を
経営していて彼女はウェートレスとして働いているという。彼女
に銀行に売り上げ金を入れてくるように頼んだが入金されて
おらず持ち逃げされたのだという。「緊急で仕方が無かった2倍
にして返す」と言っていたという。あなたが殺したのか?という
ケイトにそうだと思わず話すジョエルだが、勢いで言ってしまっ
ただけで俺は殺してないよという。会っても居ないという。
切符を購入したのは分かったがいつの電車で来たものなのか。

しかしウェンディは何故金を盗みニューヨークに来たのか?
LIEの意味も分からないという。
ケイトがコーヒーを取りに行く間にリックは一人考える。
LIEと言えば・・・ロング・アイランドエクスプレスウェイ、
名文学協会、ラブ・イズ・エブリシング・・。
そんな中ケイトのデスクの電話が鳴った為にリックは電話に出る。
電話はラニからのもので勝手に出ても良いのか?と言われる。
メモを取ってと言われ、「薬莢の指紋をデータベースにかけたが
該当者無し。DNAは検出されたので調査中だ」と。
そこにケイトが戻ってくると私のものに手を出さないでという。
秘密にしているものだってあるのだと。リックはケイトの引き出し
に入っていた棒人形が気になる。棒人間集会で殺された被害者?
と問う。
ライアンはウェンディの経済状況を調べたが4000ドル盗む必要は
ないという。昨日はタクシーに乗ってカードで払っていること。
行き先は8丁目とマーケット通りの角。今日もそこに乗せていって
と言われたのだとタクシー運転手は証言していると。

その住所は貸倉庫だった。
管理人に話を聞くと彼女は確かに来たという。入札の申し入れ
だとし中身が競売にかけられる差し押さえ物件だという。
リックはそれで分かったとしLIEは逆から見ると317だとし、そう
伝えたかったのだろうと。倉庫の借り主はヨハン・フレミングだ
という。ガラクタの中事件解決の鍵があるかも知れないが、令状が
間に合わないという。
入札に参加するのはペギー、ビッグ・パーシー、フランキー、
フェリックス。ここでは現金しか使えないがリックは2000ドルを
持っていた。しかしフェリックスが大金を提示した為に、リック
は軍資金が尽きかける。そこでケイトは小切手を使ってビッグ・
パーシーから現金を買い取る。彼は小説家のリックだとして、
パーシーは母親が彼の小説のファンなので金を出しても良いと
いう。ケイトは次の小説にあなたの母親の名前を出すそうよと
いうと、ユーニスが母親の名前だぞという。その甲斐も有って
なんとかリックが買い取る。
ライアンは317番の借り主のことを調べたが名前も住所もデタラメ
だという。

■感想

いよいよアレクシスも大学寮へ引っ越しの時期。
捜査の関係上リックとケイトの関係は秘密にしているが家族
には話した方が良いのではないかという。

犯人が残したダイイングメッセージの意味は何なのか。

被害者の経済状況を調べた結果、金を盗むような人間では
ないことが分かる。

リックとケイトは職場でもその関係を隠し通しつつ捜査する
ことが出来るのか。

そんな中、リックはケイトのデスクから棒人形を見つけて一体
何のものなのかと問い詰めていく。

■事件

路地裏で殺害された女性の遺体。女性は自らの血液でダイイング
メッセージを書いていて「LIE」と書いたように見えた。
被害者はウェンディ・デュプリー(25歳)。
彼女はフィラデルフィアのチーズステーキサンド店のウェイト
レスとして働いていて、店主のプラットは脅迫めいたメールを
彼女に送っていたが、彼女は銀行に預ける為の金を持ち逃げした
のでメッセージを送ったことを認めるが、彼女とはその後会って
はいないという。

調べていくウチにタクシー運転手が2日連続で彼女を有る場所に
乗せていったことが分かり、その場所は貸倉庫だった。
ウェンディはその金を使って倉庫を買おうとしていたのではない
かという。LIEと書いたのは317号だとして借り主はヨハン・
フレミングだが金を支払わないために競売にかけられることになる。

リックが金の力を利用してガレージを買い取るが・・・

ケイトはリックの小切手を勝手に使うけど、相当額使っていた
ぞ。流石金持ちと言わざるを得ないのか。

■捜査過程

ガラクタは人にとってはカラクタだけど本人にしか分からない
ものって有るんだよね。

ドラマとしては癖があり、殺されたウェンデイはやはり6週間
前に地下鉄によって自殺した人物。ただ自殺だとしているのは
殺害された根拠がない為で、防犯カメラも都合良く壊れている。

ウェンデイの双子のウェンデルはアンヘリカのお抱え運転手だ
った。
アンヘリカによると泥棒に入られ金庫が破られブレスレットである
ピンクダイヤ400万ドル相当がウェンデルが盗んだとするが、
何処にもダイヤはなく、保険金詐欺も視野に入れての捜査。

そもそもアンヘリカの家には共犯者と二人で侵入したハズで、
地下室で警報装置を切る役割を果たしている人物画居る。

競売で最後まで争っていた人物は中身を知ってそれで最後まで
粘っていたのではないかとされていた。

■アイテム

ケイトが持っていた人形にも父親との大事な思い出が込められて
いた。

リックがアレクシスに渡したペンダントは初めて娘が自転車に
乗れたことでもらった思い出の品。

先日見た「うわさのツインズ リブとマディ」の8話だったか、
思い出の品をガレージセールで売って金にしようとしていたが、
やはり売るべきものと取って置くべきものがあるのは明らか。

ガレージセール内で購入したものの中には、ゲイツにとっては
大切なものが含まれていた。

■結論

殺されたウェンディ、そして倉庫を借りていたウェンディ。
この二人はなんと双子。
「ザンの別名から取ったものだ。ザンは「Wonder Twins」の
片割れ(Zan & Jayna)。「SuperFriends」を知っているだろう」

としていた。

二人は現場写真のUSBと義眼を持っていて、10年前にペンシル
ベニア州で起きた追突逃走事件で両親を失いその犯人を見つけよう
としていたようで、事件の写真には割れた義眼が写っていたこと
からもその片眼の男を捜していた様だ。

映画「逃亡者」では片腕の男を捜すが、ウェンデルの場合は片眼
の人物を捜していた。

ただ犯人を捕まえたけど、今回は「眼」に引っかけたのか、
ゲイツのリックを見る眼が怖かった(笑)一度はあれだけ喜ばせた
訳だしね。

犯人はカービー・スミスだったけど、現場に義眼が落ちていた
ならすぐにDNAで判明しそうな気がするが・・

■その他

それぞれに大事にしていたもの

ケイトの棒人形

母の葬式の際に退屈にしている時に父がその場を抜け出して
コニーアイセンドに連れて行ってもらったという。小枝やヒモを
拾って作ったもの。

ゲイツはガラクタの人形のファン

ガレージセールからリックたちが購入してきたものだけど、
その中にはガラクタだと思っていた人形が入っていた。
リックがあげるとした際にはゲイツはもう目の色を変えた。
幼い時から集めていた人形シリーズみたい。
「警部も乙女だ・・・不気味」として笑っているのを見て
怖がっていた。

結局リックたちがネックレスの隠された場所だと思った壊して
しまうけど外れ。しかしそこに有った人形はゲイツのもので
こっちにあるのがリックからもらったものだということで
二つ眼の人形(双子座人形)を壊してしまった。

リックの奢り

今回の彼はケイトのデスクの電話に勝手に出てしまった。
電話してきたのはラニだったけど、署内では二人の関係がバレて
は不味いのに、俺は良いんだと語る。
メモを探している際に、上述したケイトの棒人形を見つけ出し
それが何かを知りたくなっていく。

リックのお宝は?

やはり何と言っても娘のアレクシスがお宝だろうね。
そのアレクシスがいよいよ大学の寮へ。
帰宅した際になんとなく広い部屋を見て寂しそうにしていたな。
でもマーサがこの家に住んであげるとして便乗していた。

■使用された曲

・Castle Theme
Written by Robert Duncan

■出演者

リチャード(リック)・キャッスル (Nathan Fillion) 作家
キャサリン(ケイト)・ベケット (Stana Katic) NY市警12分署殺人
マーサ・ロジャーズ (Susan Sullivan) キャッスルの母親。女優
アレクシス・キャッスル (Molly C. Quinn) キャッスルの一人娘
ハヴィエル・エスポジート (Jon Huertas) ベケットのチーム
ケヴィン・ライアン (Seamus Dever) ベケットのチーム
ラニ・パリッシュ (Tamala Jones) 検視官
ヴィクトリア・ゲイツ (Penny Johnson Jerald) 主任・警部

アンヘリカ・ヘンリー (Caroline Lagerfelt) 富豪、金庫を盗まれた
フェリックス・ゴザリアン (Shaun Duke) 貸倉庫の中身を知っていた
マルコ・ヴィンストロリ (Chad Lindberg) 金庫を貸倉庫から盗む
ビッグ・パーシー・ジェンキンス (Kevin Brown) 競売参加
カービー・スミス (Rob Nagle) アンヘリカの執事
ジョエル・プラット (John Littlefield) チーズステーキ店オーナー
— (Carlease Burke) Storage Manager
— (Dennis Cockrum) オークショナー
フランキー (Paul Zies) 競売参加
ペギー (Jacqueline Herrera) 競売参加
ウェンデル・デュプリー (Alex Arleo) “ヨハン・フレミング”
ウェンディ・デュプリー (Tara Batesole) 25歳、ウェイトレス

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336