キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 Castle シーズン5 第12話 ポルノ王の死 Death Gone Crazy

リンク広告 テスト




第12話 ポルノ王の死 Death Gone Crazy

脚本/Jason Wilborn
監督/Bill Roe

【ストーリー】

ボー・ランドルフが車から降りてパーティー会場にやってくる。
しかしランドルフを待ち構えるようにしてデモに参加している
ものたちは「ボー・ランドルフを排除しろ」「ハレンチ野郎!」
として抗議の声をあげる。ランドルフはAV製作会社で
「女子大生、超ハッスル(College Girl Gone CRAZY)」シリーズ
を作り相当な売り上げを記録した人物だった。
パーティー司会者でビデオ制作のプロデューサーでもある
トロイ・スティックランドはランドルフがやってくると一言
マイクでの挨拶を求める。ここに居るみんながシリーズを盛り上
げてくれたのだとしてありがとうと語る。
しかしランドルフは浮かない顔をしていた。バーテンダーは
そんな彼にもう一杯飲みますか?と問うと、気分じゃないのでまた
今度・・・というが、次回は無いか・・と呟く。

リックは”嘘だろう!”と悲鳴をあげるとマーサはやってくる。
被害者になりきって執筆しているのかとし静かに死んでよと言われ
る。ネットで自分の名前を検索したらアレクシスのサイトが有った
のだという。動画サイト・・ビデオブログだという。
マーサは良いじゃないというがリックは良くないという。
アレックスの動画を再生すると「今日はロックフェラーセンター
でマックスとアイススケートをした。スケートが下手な振りをし
て彼に抱き留めてもらった」と語る。マーサは私に似てカメラ
写りが良いとするが、世界中に個人情報を垂れ流していることを
問題視する。具体的過ぎるのだとし不用心であること。
今は時代が違うんだとしネットストーカーが潜んでいるのだとい
う。そんな興奮するリックの元に電話。マーサはケイトから
の電話だとし素敵な殺人事件で気分を紛らわしたらどうかと告げ
る。

現場に向かう中、リックはケイトにアレクシスのことを語る。
最近の子はみんなやっているわよというケイト。しかしリック
はネットに投稿したものは永遠に残るのだとし慎重になるべき
だという。ああいう動画をアップしていないだけマシよと。
ポルノシリーズだろうとすると、ケイトは以前捜査に登場した
ランドルフだという。ランドルフとは冷凍人間の事件で会った
なと。その彼が被害者なのか?と。

ラニは遺体は個室で発見された首を絞められたという。
首のアザはブラジャーのホックだという。
エスポジートは凶器は遺体の横にあったという。女性が誘惑して
個室に誘い込んで殺したものなのか。11時50分にはバーに居た
のを確認。11時58分に遺体が発見されているという。凶器からは
DNA採取が出来るか分析してもらうという。ラニはブラジャーを
ケイトに見せるとスルトゥーラ製でサイズ36Dだというラニ。
ケイトは高級ねとし1枚200~250ドルするものだという。そんな
高いのかとすると男性はスニーカーにそのくらい出すでしょ
と。エスポジートはスニーカーは実用的だろうというが・・・
リックはエスポジートに口論では勝てないことを告げ制止する。
売っている店は多くないはず。買った人を調べてというケイト。

ライアンは招待客リストはあるが、当日パーティーには金を
渡せば誰でも入れると綺麗な女性は無料だったのだという。
今分署で事情聴取をしているとのこと。
サイトに載せる為にビデオ撮影したのならば何か写っているので
はないかというリック。撮影はプロデューサーのトロイがして
いたとのこと。セキュリティによると今晩ボーはボディガード
をつけていたのだという。ケイトはエスポジートたちにボディガ
ードから話を聞いてとし、ケイトたちはトロイから話を聞くとい
う。

ジョーンズを外で待つ。
ライアンとエスポジートは近くに居た背の高い男に対してジョー
ンズかと問うがそれを否定する。スカーレット・ジョーンズは
私だというと美女だった。ボディガードだろうと問うと、何が
有ったりかと問う。私は車で待つように言われて指示に従っていた
だけだという。遠ざけられている感じがしたとし、クラブに入って
からは彼の事を見ていないのだという。不審者は?事前に危険な
分析はしたが怪しかったのはティファニー・ショウだという。
ソフトコアポルノに出ているよなとエスポジート。ボーの元恋人
だが二ヶ月前にボーが振ったのだという。しつこくつきまとって
いたとし接近禁止命令を受けてもつきまとっていたとのこと。
クラブに入るのを止めたという。

トロイに話を聞く。
ティファニーは知っているとしぶっ飛んだ子でボーにかなり執着
していたという。しかし今日は見ていないという。このシリーズ
には俺も初めから関わってきたという。ボーは母に捨てられ
父の顔は知らない人物だとし彼に取っては会社が家族だったこと。
世間には女ったらしとかハレンチと言われていたが温もりを持っ
ていたという。当日のパーティー映像を見せてという。
そこにcooのゲイリー・ムーアがやってくる。ビデオを撮ってくる
とする中でゲイリーにもティファニー以外に心当たりは居ないか
と問う。毎日のように脅迫されていたこと。道徳に五月蠅い人、
出演女優の恋人や父親、女優からも出演を後悔しているとして
言われていたという。脅迫の内容は残っているのかというリックに
対してデータベースが会社にあるという。

エスポジートはライアンがパーティー会場VTRを見ているのを見て
オッパイ調査は進んでいるかと問う。それを聞くとだからお前は
恋人が出来ないんだなと。広報担当に聞いたがティファニーの
ブラは凶器と同じ36Dだという。でも当日彼女を会場では見ていない
とのことだった。
VTRにはボーの姿が写っていた。何かを見つけたみたいだとして
そのタイムコードは11時50分。近くでピンクのドレスの女性が
見ていること。キャンディス・メイフィールドだった。
私は行きたくなかったが友達から誘われてこんなハメになったと
いう。
ボーは何処に歩いていたのかと問うと照明でよく分からなかった
とし初めて見た人なのでよく覚えていないという。

■感想

S4-3に登場したボー・ランドルフが今回の被害者。

第3話 君と永遠に Head Case 脚本/David Grae 監督/Holly Dale 【ストーリー】 リックは郵便...

この時のエピはリックはアレクシスが大学生になる前という
時期だったので、リックとしては不謹慎な!って感じで怒り
浸透していた感じだけど、現在はまさにアレクシスはリアル
女子大生になっている訳で、ドラマの中の世界観が息づいている
ようで上手く出来ている。
意味合いは全く違うがビデオブログという名のブログを世界に
向けて発信しているアレクシス。

男がビデオブログを作っても大して異性関係では事件性になら
ないと思うけど、アクセス数を稼ごうとするあまり奇っ怪な行動を
起こして儲けようとする輩が増えている。
女性は男性からセクシャル的なことで問題が起きそうだよね。

AVの制作者が殺害されたことで容疑者は多いだろうなと思った分
だけアリバイを精査していく作業には慎重を期すモノが有った。

ボディガードだとされるスカーレットの存在が至るところで
現れて、司法妨害しまくりの怪しい状況だったので捜査を難しく
した。しかし彼女は元々はボディガードをしている訳でもなく、
大男相手にして依頼人を守る事なんて出来るのだろうか?

■事件

「女子大生、超ハッスル」シリーズで人気のAVの制作者の
ボー・ランドルフがパーティー中のトイレで殺害される。
殺された凶器が現場に落ちていたブラジャーだったことで、
犯人は容易に見つかるかに思われた。特にランドルフのことを
執拗に追い回していた女性・ジェニファーがいたということで
第一容疑者となっていく。下着もまた彼女のものだとされる
が・・

■捜査

エスポジートが事件の関係者に思いを寄せるところが何とも
言えないな。確かにスカーレット・ジョーンズは可愛いけど、
まさかボディガードが女性とは思わなかった。

一応容疑が晴れたというだけでまだまだ事件が解決していない
のに酒を飲みに行く安易な行動。

多くの人はランドルフが殺されたのであれば、相手はティファ
ニー・ショウだろうとしていた。
みんなから話を聞くとティファニーはぶっ飛んでいて、ランドルフ
と別れた後にもつきまとい、接近禁止命令さえも破っている。
しかし同時にランドルフの態度自体や言動もおかしくなり始めて、
子供番組への出資を考えているという。

こうなってくるとある意味では想像するのも難しくはない。
AV女優の人って結婚して子供を持つのが難しく無いのかな。
子供にはなんと言って説明するのか気になるな。

捜査では防犯カメラ映像は相当役に立った。
そもそも今回の事件は、パーティーで11時50分にバーに写っている
のが見られて、トイレで遺体として発見されたのが11時58分。
僅か8分の間に何か出来る人が居たのだろうか?

■捜査2

ランドルフが死亡後の24時9分に会社にカードキーを使って入館
している事実が判明。犯人は彼を殺してカードキーを盗んでオフ
ィスに入ったものなのかどうか。
当然オフィスにも防犯カメラが設置して有り、入り込んでいた
のはスカーレットだった。

「邪悪な双子のせいにするのは古いぞ」とはリック談。

ランドルフは神経質になる程にSDカードを用心して持っていた事。
その中には果たして何が入っているのか。
そして次々と変わるスカーレットの嘘の証言。誰が雇い主なのか。
その可能性を一つずつ潰していく。

当初のスカーレットはミンディ・ノートンに依頼されセックス動画
を取り戻して欲しいということだった。
(後にミンディは司法妨害をちらつかせて嘘の証言をしたことを
認める。)

■容疑者

・ロナルド
容疑者は多かった。その中でも脅迫状のデータベースにも入って
いる”良識の声”を設立したロナルド・アームストロングは
テレビにも出ていてAVに対して否定的見解を見せていた。
彼のサイトには
「我が国は汚されている。ランドルフが警告を無視すれば怒りの
制裁を下すしかない」

仲間が窓を割り人形を燃やしたりした行動を取っている。

・セス・パリーノ
スカーレットが目撃情報の似顔絵で争った相手を作った。
その相手は鼻を折り肋骨を折っているので病院に来るはずだと
されていた。その相手がセスだった。
リックは「ゴッドファーザー」のヴィトー・コルレオーネを例
に挙げて、マフィアのパリーノの娘がポルノに出たのではないか
とされた。パリーノ貿易に行くとなんとそこに居たのは、
女子大生版ではなく男子版のビデオ・「男子学生超興奮(College
Guys Gone Nuts)」。
話を聞くと当初ボーは乗り気だったが突然手を引いたのだという。
子供番組に出資するとしていたとのこと。

彼によると11時30分に髪の毛が茶色とショートの女性と口論して
いたという。口の上にはホクロが有ったという。
それがティファニーの変身した姿だと判明する。

・物証のランジェリー
持ち主はティファニーのものだった。
ランジェリーはアッパーイーストにある店のもので6人が購入。
そして今朝ティファニーが無くしたので取り寄せていたことが
判明。
話を聞くとティファニーは何故彼が別れたかったのか理由が
知りたかっただけだという。そこでも拒絶されたので近くに居た
男とセックスし、その時にトイレにブラを忘れて行ったとのこと。
11時45分の話で運転手も知っているハズだという。

・三度目のスカーレット

何よりもブライアント公園でゴミ箱の中から現金を渡す姿が
撮られていた。そしてミンディはスカーレットに金で雇われて
嘘の証言をしていたことを語る。
SDカードについて尋ねるが中身は知らないとのこと。雇い主は
リトル・フロッグという子供番組を作っている会社。

・ピアース / リトルフロッグCEO

子供や孫のために会社を作ったという。子供が性や暴力に触れて
育つのが心配。6週間前にボーとは会って彼からポルノだけで
終わるつもりはないとされたが、何とか手を引かせる為に
彼の不正に繋がる情報を盗もうとしてスカーレットを雇っていた
事を知る。

■結論

ピンクのドレスの女がキーマンとなった。
彼女の名前はキャンディス・メイフィールド(25歳)。幼稚園の
先生であの日のパーティーに来ていた。彼は過去にボーと関係
を持っていてその時の映像を隠し撮りしている。
彼女の本当の名字はアームストロングでロナルドの娘だった。
彼女が父の抗議活動をさせにければ映像を公表するしかなかった。
公表されれば家族の恥になるということで殺すしかなかった
のではないかとされる。

令状を取って家宅捜索。
ボーから500万ドルが渡るようなメールが有った。
エコー写真がキャンディスの手に有りそれがボーの子供で有った
こと。
実はボーは本当に赤ちゃんが出来たのを機会にマジメになろうと
していたこと。
更にビデオ業は廃業することを語っていたということを耳にする。

動機があるのはトロイだった。何よりもパーティーのカメラ映像
が三脚で固定されていてアリバイに使おうとしていたこと。凶器
のブラにはDNAが付着しトロイのものだった。一緒に作って来た
ビデオ会社を辞めることに抵抗したようだ。

■その他

・アレクシスとVLOG

確かに上述したけど女性はあまり個人情報を明かすべき
ではないように思う。特にVLOGなんかをして顔出ししている
人は特にね。

アレクシスがビデオチェックしているリックの元に来ていた。
「私がケダモノの標的にならないか心配なんでしょ?」
「女は個人情報を公開しすぎるのは良くない。
「ただのブログだよ。いつも冒険しろというのに信じていない」

2度目の話し合いでは、リックもパパの頃とは時代が違う
ことを語り、ネットの情報は残り履歴書代わりにもなってしまう
こと。特に将来の面接官やネットオタクも見ていること。

アレクシスはデジタルに囲まれて育った世代。
注意しても情報は流れる事を語る。自分がアップしなくても友達
が掲載してしまう可能性もある。
「私をクッションに包んで洞窟に隠しておくことは出来ない」
とし、私は慎重だし頭もいいのよとして、自分の人生だとし
心配することはないと語る。

・女性の装飾品

冒頭でエスポジートたちが女性の下着が200ドルとか250ドル
すると聞いて驚いて反論していた。ラニは男性も靴に金をかける
としていたけど、女性は靴にも服にもバッグにも至る所に
金をかけているので、あのまま言い争いをしても勝てるような
気がするけどリックが止めていたな。まぁ強くは言えないのだ
ろうけど・・

・男性としての矛盾

アダルトビデオを何処かの世代では見る時がある。
全世代の人が見るとは言わないけどね。
今まで女性を性の対象で見ていたものが親になった時には、
娘の心配をしなければならないという矛盾。
これはなかなか難しい切り替え所があるよね。

■使用された曲

・Castle Theme
Written by Robert Duncan
・Jungle Boogie by Kool & The Gang

■出演者

リチャード(リック)・キャッスル (Nathan Fillion) 作家
キャサリン(ケイト)・ベケット (Stana Katic) NY市警12分署殺人
マーサ・ロジャーズ (Susan Sullivan) キャッスルの母親。女優
アレクシス・キャッスル (Molly C. Quinn) キャッスルの一人娘
ハヴィエル・エスポジート (Jon Huertas) ベケットのチーム
ケヴィン・ライアン (Seamus Dever) ベケットのチーム
ラニ・パリッシュ (Tamala Jones) 検視官
ヴィクトリア・ゲイツ (Penny Johnson Jerald) 主任・警部

スカーレット・ジョーンズ (Kelly Hu) ボディガード
トロイ・スティックランド (Chad Donella) プロデューサー
キャンディス・メイフィールド (Gillian Alexy) ピンクのドレス女
ロナルド・アームストロング (Conor O’Farrell) “良識の声”
セス・パリーノ (Lex Medlin) ランドルフと争い、パリーノ貿易
エヴァン・ピアース (Spencer Garrett) リトル・フロッグ社
ゲイリー・ムーア (Anthony Starke) AV会社COO
ティファニー・ショウ (Vail Bloom) ランドルフの元恋人
— (Sean Poolman) バーテンダー
— (Melorine Adler) キャンディスの友達
— (Angela Fong) キャンディスの友達
— (Carmela Mondello) キャンディスの友達
— (Shantiel Alexis Vazquez) キャンディスの友達
ボー・ランドルフ (Jordan Belfi) “女子大生超ハッスル”AV製作
— (Desi Jevon) Frat Guy
— (Akeem Mair) Club Goer
— (Arne Starr) Police Sketch Artist
ミンディ・ノートン
マックス

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336